『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

A 回答 (6件)

医学漫画なら過去にこんな質問がありました。


「質問:医者が出てくる漫画教えてください」
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2128908

生物学なら…岡崎二郎作品はどうでしょうか?
『国立博物館物語』
 恐竜の進化をコンピューター内で再現する学者達が活躍する漫画です。
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=07025064

『ファミリーペットSUNちゃん! 』
 喋るオオサンショウウオが主人公の、生物コメディ漫画です。
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=07112108

『NEKO2』
 ネコ語を話す少女とネコや身近な生き物の生態を描いた漫画です。
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=07060010

『緑の黙示録』
 植物の生態を利用した怪奇事件を描くミステリーです。
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=07110571
    • good
    • 0

医療モノなら「スーパードクターK」がまず思い浮かびます。


生物学というか動物をテーマにしているのなら「ペットショップ・オブ・ホラーズ」「アニマルチャンネル」ですね。
    • good
    • 2

・「Dr.コトー診療所」(1~18巻、以下続刊)


東京の大学病院から、古志木島という離島の治療所へやって来た医師・五島健助<ごとうけんすけ>。島にいるたった1人の看護師・星野彩佳<ほしのあやか>とともに、今日も島民の健康を守るために頑張るというストーリー。

・「華にナースコール」(全12巻)&<続編>「はあとにナースコール」(全8巻)
主人公は、大学病院の内科病棟で働いているナースの柏木華<かしわぎはな>。そんな彼女が患者さんとの壁にぶつかった時に支えてくれるのが、同じ内科病棟で働いている研修医の川島昭平<かわしましょうへい>。そんな2人や看護師&医師仲間といろんな患者達との心温まる交流を描いたハートフルストーリー。
    • good
    • 0

「ごくせん」の作者・森本梢子さんの「研修医なな子」なんか結構おもしろいです。



病院が舞台のほのぼのコメディーですが、ほどほどに医学の知識も入ったり病院の裏側を面白く描写しています。
    • good
    • 0

森本梢子「研修医なな子」


外科研修医の女の子のドタバタコメディです。
下の回答者さんもあげていますが、「動物のお医者さん」も面白いです。
    • good
    • 0

手塚治虫の「ブラックジャック」


 言わずとしれた、無免許医の話。医大に行っていたので、描写はリアルで、治療に関してはは理論的。空想上の病気もあるので、そのあたりは要注意。
佐々木倫子「動物のお医者さん」「おたんこナース」
 獣医学部の学生の話と新米看護婦さんの話
藤崎聖人「ワイルドライフ」
 獣医さんです。
未読ですが、
「ブラックジャックによろしく」
「Dr.コトー診療所」
「医龍」
はドラマにもなりました。どれもお医者さんの漫画です。

 他にもたくさんあって、書きしれないので、他の方の意見も参考にしてください。過去にも似たような質問が出ていたと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医者が出てくる漫画教えてください

お医者さんが出てくる漫画が最近多いように思いますが、全部読んでみたいのです。当方は、漫画には弱くて『ブラックジャック』くらいしか読んだことはありません。出来れば題名、巻数、出版社、などをお教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「エン女医あきら先生」水城まさひと(現8巻まで、以下続刊)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4832261576/503-0652139-6883956

「ゴッドハンド輝」山本航暉(現28巻まで、以下続刊)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063129993/qid=1146641553/sr=1-9/ref=sr_1_10_9/503-0652139-6883956

「スーパードクターK」真船一雄(文庫版は24巻まで)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063605124/qid=1146642270/sr=1-24/ref=sr_1_2_24/503-0652139-6883956

「監察医SAYOKO」安富高史(全5巻)ヤングチャンピオンコミックス:秋田書店

「風の宿」小山田いく(全8巻)少年チャンピオン・コミックス:秋田書店

 他にも色々ありますよ。
http://www.d5.dion.ne.jp/~k-kuro/igaku.html

「エン女医あきら先生」水城まさひと(現8巻まで、以下続刊)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4832261576/503-0652139-6883956

「ゴッドハンド輝」山本航暉(現28巻まで、以下続刊)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063129993/qid=1146641553/sr=1-9/ref=sr_1_10_9/503-0652139-6883956

「スーパードクターK」真船一雄(文庫版は24巻まで)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063605124/qid=1146642270/sr=1-24/ref=sr_1_2_24/503-0652139-6883956

「監察医SAY...続きを読む

Q生物関係のマンガ

生物関係の知識が増えるマンガあったら教えてください。
動物園・水族館とか研究所だとか生物関連だったらなんでもいいです。

お願いします。

Aベストアンサー

他の方ともかぶりますが、

・佐々木倫子「動物のお医者さん」(白泉社)
 言わずと知れた名作なので是非。

・秋山亜由子「虫けらさま」(青林工芸舎)
 漫画というよりも絵本に近く、
 独特の方言と話で非常に面白いです。
 が、ネットを使わないと見つけるのは
 難しいかもしれません。

・今市子「文鳥様と私」(あおば出版)
 鳥に興味があっても無くても面白いと思います。

・黒沢明世「みんなの動物園」(秋田書店)
 動物園の新人飼育員が主人公の漫画です。

・小川隆章「渺々」(講談社)
 見つけるのは難しいかもしれませんが、
 一番オススメしたい海洋漫画です。

最後の「渺々」のページをリンクしておきます。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063345882/qid%3D1143966032/249-9760840-9117107

Q「王」と「皇帝」の違い

 「王」と「皇帝」の違いについて、疑問をもちました。
 取り敢えず、国語辞典で調べてみたのですが、

王 → 国王
国王 → 国の君主
王国 → 王が治める国

皇帝 → 帝国の君主
帝国 → 皇帝が治める国

 というふうに、たらい回しにされてしまいました。
 歴史的に見ると、ヨーロッパにおける封建時代には「王」が多かったと思います。でも、ローマ帝国は「帝国」ですから、代々「皇帝」です。中国では、今までいくつもの国が生まれては消えていきましたが、殆ど「皇帝」だったと思います。
 いったいどうゆう基準で王と皇帝、王国と帝国は分けられるのでしょうか?

Aベストアンサー

参考URLがわかりやすい説明をしていると思います。

参考URL:http://blog.goo.ne.jp/yappi27/e/c56dbc94a16040b9a40093bb96cf099f

QCHEMICAL SECRET(Tim Vicary著)のあらすじ

CHEMICAL SECRETを全て訳さないといけないのですが、内容が全然つかめません。大まかに、どんなお話なのか教えて下さい。よろしくお願いします。ちなみに趣味の読書というわけではないので、結末のほうを重点的に教えてくださればありがたいです。

Aベストアンサー

日本語で書かれた要約を探す場合はアマゾンのカスタマー・レビューを参照したり、グーグルで検索してみたりするとよいですよ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0194229998/250-4184941-8984247

ただ通常レビューの場合はおいしい部分(結末等)は隠しますので、今回のような場合はあまり役にたたないかもしれません。
英語で書かれたレビューではそのへんもう少し詳しく説明してあるものもありましたので興味があればグーグルで検索してみて下さい。ネイティブの人が書いた文章ではないものが多いので少々読みにくいですが、内容はとれると思います。

で、それらを総合すると以下のようになるみたいです。私自身は読んでいないので細かい部分でまちがいがあるかもしれません。ご自分で読みながら確かめてください。
- ある所に中年の化学者(無職)と二人の子供が住んでいる。妻が死んだ後すっかり落ち込んでしまったJohn(主人公)は仕事もやめ子供二人とただ貧しい暮らしをおくっていた。
- ジョンに塗料を作る会社での仕事が舞い込む。ジョンはそこで塗料の安全性を検査する仕事に従事し、安定した収入を得、素敵な女性と出会う。しかし一方でジョンは自分の勤める工場が、製造の段階ででる汚水を地域の河川に垂れ流し汚染していることに気づいていた。
- ジョンの娘(Christine)は環境ジャーナリスト(Simon)と結婚する。Simonは工場の汚水問題にも敏感で、ある日クリスティーンと他の友人2人と一緒に工場の排水溝に蓋をしに行くことにする。
- その際、クリスティーンが汚染された川に落ち、汚水を大量に飲んでしまう。命に別状はなかったものの、妊娠中であったクリスティーンは汚水が胎児に与えるかもしれない影響を心配する。

父親が汚染問題に加担していると感じていたクリスティーンは、ジョンと話すことを拒絶し、ジョンはクリスティーンを見舞うこともできない。一方町では工場の安全性についての公聴会が開かれ、会社側はジョンに嘘(工場からの排水には危険性はない)をつくよう要請するが、クリスティーンのことなどですっかりまいっていたジョンは、自分の知っていることをあらいざらいぶちまけてしまう。
結果的にジョンは工場をくびになり、もとの貧しい生活に戻る。クリスティーンは汚水に落ちた日から半年後に全く問題のない美しい赤ん坊を産む。

日本語で書かれた要約を探す場合はアマゾンのカスタマー・レビューを参照したり、グーグルで検索してみたりするとよいですよ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0194229998/250-4184941-8984247

ただ通常レビューの場合はおいしい部分(結末等)は隠しますので、今回のような場合はあまり役にたたないかもしれません。
英語で書かれたレビューではそのへんもう少し詳しく説明してあるものもありましたので興味があればグーグルで検索してみて下さい。ネイティブの人が書いた文章ではないものが多い...続きを読む


人気Q&Aランキング