ドコモユーザーなら、ドコモ光が断然おトク

研磨剤としてのガーネットは日本で、どんな業界で、どのように活躍しているのですか?また、需要はどのくらいあるのかとか、流通の経路とか、いろいろ教えて下さい。ド素人ですので、噛み砕いた回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

船舶鋼板のミルスケールや塗装の剥離に高圧噴射して叩き付けることに利用しています。

リサイクル利用できる研磨材料して使われています。

この回答への補足

リサイクルできるということは、一度購入すれば何度も使えるので、新しく購入するということが少ないということでしょうか?

補足日時:2006/07/01 13:02
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ガーネットの姿が少し見えました。

お礼日時:2006/07/01 13:11

申し訳ありませんが、需要に関してはわかりませんが、活躍の場としては、「ウォーター・ジェット・カッティング」も有名だと思います。


超高圧の水の中にガーネットを研磨剤として混ぜて、細いノズルから勢い良く噴出して、鉄やアルミなどの金属や、ゴム、プラスチック、セラミックス、ガラス、繊維、段ボールなど、「熱」による切断では問題があるものに多用されています。

企業の宣伝になりますのでここではURLでの紹介は控えますが、「ウォータージェット」で検索すると、いろいろ載っていますので、確認されることをお勧めします。

加工コストは高いのですが、前述の「熱」の影響も無く、又、任意の形状が短時間で加工できることで最近需要は多いようです。
水に加える圧力も、最近では4000気圧(1cm2当たり、4トンの圧力)を超えるポンプも開発され、研磨剤のガーネットを混入することで、鉄板であれば10cm以上の厚さのものまで切れるようです。
土木工事でトンネルやダム建設などでも、コンクリートや岩石の切断に、現場で活躍しているようです。

質問内容から反れますが、ガーネットを使わないで水だけでカットする方法は、食品業界でも使われているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「ウォーター・ジェット・カッティング」調べてみます!

お礼日時:2006/07/03 18:29

市場や流通に関してはよく分かりませんが、ガーネット(ザクロ石)という鉱物は硬度は川砂の主成分である石英より少し高く、非常に一般的な鉱物として普通の変成岩中で沢山見つかるという特徴があると思います。



同じく研磨剤として利用されるダイヤやコランダム(ルビー、サファイヤ)に比べると硬度は低いのですが、これらはガーネットほど一般的な鉱物ではないので、どこでも産出するわけではありません。

日本にもガーネットを採掘していた鉱山は過去にいくつかあったと思いますが、現在はほとんど輸入になっているのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。インドあたりから入ってくるというのは聞きましたが、日本でも出たんですね。

お礼日時:2006/07/03 18:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報