色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

お世話になります。
配管についていくつか教えて頂きたいのですが、
ネットでSGPやSTPGの配管を検索していた際
ニス付やニス無しというのがありました。

どういうものかわからなかったので
調べてみたのですが、どうも詳細について紹介してあるHPになかなか辿りつけません。
ニス付が高炉品
ニス無しが溶協品
と呼ばれているようなのですが、

1)これは製造方法が違うということなのでしょうか?
2)耐圧・成分・硬さ?など使用する際こういうときはニス付をしようするとかしないとか
根本的に何か違いはあるのでしょうか?
3)SGP-BやSGP-Eなど製造方法によって記号が後ろについているようですが
このEやBというのは高炉品や溶協品と呼ばれるものに関係あるのでしょうか?
例)Eは高炉品のことを示している。など・・・

わからないことだらけで申し訳ありませんが
お分かりになられる方回答よろしくお願いします。

gooドクター

A 回答 (2件)

メーカのホームページで確認されたのであれば,メーカに直接電話・メールしては如何でしょうか.



> 高炉品
とあるので,すす対策に後でニスを配管表面に塗っていのでは?

SGP 配管用炭素鋼鋼管(JIS G 3452)であれば,
製法や成分が規定されています.
    • good
    • 9
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング