gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

事務職なんですが会社の図面に興味を持った、
ど素人です。超やさしく分かりやすく説明頂ければ幸いです。

タイトルの記号等の粗さ加減が分かりやすく知りたい
のです。例えば「 0.01S ▽▽▽ FL 」と表記されて
いた場合、数値凹凸で言うと、どの程度のことなのでしょうか?
凹凸0.001以下位だよというような簡単明解な回答だと嬉しいです。

また、お勧めなHP等ありましたらお教え頂けると幸いです。

よろしくお願いしますm(__)m

gooドクター

A 回答 (1件)

0.01S ▽▽▽ FL の意味は、次の通りです。



0.01Sは、面の凹凸の差で、単位はμmです。数字が小さいほど、凹凸が小さくなり、ピカピカになります。
0.01μm以下という値は、光の波長に匹敵する数値です。0.1Sでも非常にきれいな面になるのに、0.01Sですかあ! レンズか反射鏡の、精密なヤツのようですねえ?

▽は、その個数で、凹凸の差の範囲を示します。
▽   → 最大100μm
▽▽  → 最大25μm
▽▽▽ → 最大6.3μm
▽▽▽▽→ 最大0.8μm
個数が増えれば、凹凸の差が小さくなっていきます。JIS規格として正式にあったのは、3個までだったと思います。

0.01Sという数値が記載されていれば、三角などは不要のはずなのですが、加工現場では、
・▽を書いておくと表面粗さが指定されていることを識別しやすい、
・▽の個数によってランク付けすると、程度をパッと把握しやすい、
などの視覚的なメリットがあるので、セットで記載します。

なお、Sの数値や、▽の個数を必要以上に厳しく設定することは、加工費の増加に繋がりますので、設計者は適切な値を検討して、図面に記入する必要があります。

FLという文字は、加工方法を指定する記号で、ラッピング、またはラップ加工と呼ばれるものです。インターネットで検索すれば、すぐにわかります。

しかし… この図面、10年以上前の図面ですね? それとも御社の製図方式が遅れてるのかしら? というのは、表面粗さのJISでの表示方法は、1994年(だったか?)に改定されて、今はこの三角記号は廃止されているからです。
今は▽に代わる記号があって、それは表面記号で検索するか、JISの「製図」という本に出ています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変、わかりやすく御説明いただき、有難うございました。
おかげ様で、よく理解できました。

御指摘の通り超精密な鏡面部品の図面です。

製図方式が遅れているみたいですね。新しく書かれる
図面にも▽が使われているみたいです。

質問させていただいた図面は10年位前のものだと思います。

お礼日時:2008/01/08 11:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング