ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

command > /dev/null 2>&1

というコマンドがありましたが意味がわからないので教えてください。
> /dev/null
部分は、出力を捨てるということだと思いますが、
2>&1
部分がわからないです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Unix ではファイル記述子というのがあって、番号、多くの場合 0, 1, 2 が使われます。

0は入力、1は普通のメッセージ出力、2はエラーメッセージの出力というように使い分けされています。

さて、ご質問ですが、command > /dev/null という部分は、command の普通のメッセージ(ファイル記述子1番)を /dev/null というファイル(このファイルは特殊で、ここに出力された内容は全て捨てられます)に出力されます。で、残る "2>&1" という部分ですが、これは2番のファイル記述子を1番というファイル記述子にする、という意味になります。

従いまして、"command > /dev/null 2>&1" とすることで command からの全てのメッセージは(/dev/nullに)捨てられる、つまり、エラーがあろうがなかろうが出力されるメッセージは何もないことになります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
2 がエラー出力
&1 が標準出力の出力場所
ということでしょうか。

お礼日時:2006/07/06 14:00

シェルの種類が不明ですが、少なくともbashの場合、


>&
これで出力ファイル・ディスクリプタ(記述子)の複製を行います。

したがって、
2>&1
この場合、ファイル・ディスクリプタ2に、ファイル・ディスクリプタ1の複製を使用するという意味になります。
これらはbashのmanコマンドで詳しく解説されています。

リダイレクトは左側から評価されるので、最初に
command > /dev/null
が評価され、標準出力が/dev/nullを指すようになります。
続いて、
2>&1
が評価されて、標準エラー出力が標準出力の複製となります。このとき、最初の評価で標準出力は/dev/nullを指しているので、結局、標準エラー出力として与えられる「標準出力の複製」は/dev/nullとなります。

なんだか分かりにくいですね。説明が下手ですみません。。。

参考URL:http://www.linux.or.jp/JM/html/GNU_bash/man1/bas …
    • good
    • 4
この回答へのお礼

参考になるサイト情報も示していただき、ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/11 17:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qsedの置換文字に変数を使用したいのですが・・・

あるファイルの特定の文字を変換し、上書きをする処理を行いたいのですが、sedの置換文字に変数が渡せなくて困っています。

例:
X="a"
Y="b"
echo test.txt | sed 's/${X}/${Y/g}' >test.txt

sedでは置換文字に${X}といった変数を使用することはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

' ・・・' で囲まれた中の$はそのままドルマークです。変数展開をするなら、'・・・'で囲んではいけません。

何も囲まないか、"・・・"で囲むかです。

Qシェルスクリプトでファイル内の数値文字列を数値として扱うには

失礼します。
シェルスクリプトでファイル内のテキスト(数値文字列)を取得して、それを使って計算するにはどうすれば良いでしょうか?

str:ファイル内のテキスト(数値文字列)

res=$(( $str + 1 ))

・エラー
")syntax error: invalid arithmetic operator (error token is "


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

bashをご使用と判断して

res=$(( $str + 1 ))
ではなく、
res=$(( str + 1 ))
だと思います。

> exprもやってみたのですが、処理が遅くなるので使いません。
興味があって以下のシェルで検証してみました。

#!/bin/bash

str=1
i=0

echo 'Using $((str + 1))'
date '+%H:%M:%S.%N'

while [ $i -lt 10000 ]
do
str=$(( str + 1))
i=`expr $i + 1`
done

date '+%H:%M:%S.%N'

exit

$ ./test.sh
Using $((str + 1))
09:18:46.290418000
09:18:56.929345000
これをexprに書き換えたところ
$ ./test2.sh
Using expr
09:19:00.302748000
09:19:19.259990000

exprだと19秒ですが、$(( 演算 )) だと10秒程度なので、演算が多くなれば確かにexprは不利ですね。

bashをご使用と判断して

res=$(( $str + 1 ))
ではなく、
res=$(( str + 1 ))
だと思います。

> exprもやってみたのですが、処理が遅くなるので使いません。
興味があって以下のシェルで検証してみました。

#!/bin/bash

str=1
i=0

echo 'Using $((str + 1))'
date '+%H:%M:%S.%N'

while [ $i -lt 10000 ]
do
str=$(( str + 1))
i=`expr $i + 1`
done

date '+%H:%M:%S.%N'

exit

$ ./test.sh
Using $((str + 1))
09:18:46.290418000
09:18:56.929345000
これをe...続きを読む

Q起動しているサービスを確認するコマンド

初歩的な質問で恐縮ですが、ご教示いただけますと幸いです。

起動しているサービスを確認するために以下の2つのコマンドを打ってみるのですが、結果(出て来るサービス名)が違います。
このコマンドの違いについてご教示いただけますでしょうか。

(1)service --status-all
(2)chkconfig --list

Aベストアンサー

(1)service --status-all

サービスの現在のステータスを調べるコマンド

(2)chkconfig --list

OSのブート時に自動起動するサービスを調べるコマンド

違いが出るのは、
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから起動したサービス
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから、あるいはエラーで停止したサービス
・ブート後に実行はされるがすぐに停止して常駐しないサービス (ntpdate とか)

あるいは、(1)ではサービス名が表示されない物もあるので、どのサービスがどんなステータス出力をするのか知っておく必要もありますね。(service network statusとか)

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む

Qシェルスクリプトの実行、「source」と「.」の違いについて

bashのシェルスクリプトを書いています。
当方、Mac Snow Leopard を使っているため、seq コマンドがデフォルトでは使えません。
そこで、.bashrc 内に、seq 関数をあらかじめ自分で定義して、他で使い回したいと思っています。
.bashrc の中に、
function seq() {
i=$1
while [ $i -le $2 ] ; do
echo $i
let i=$i+1
done
}
と、関数を定義しました。
seq 関数をターミナル上で実行すると、
>seq 0 2
0
1
2
と正しく、表示されます。次に、

#!/bin/sh
seq 0 2

と記述したシェルスクリプト(temp.sh)を「source」で実行すると、
>source temp.sh
0
1
2
と正しく、表示されますが、「.」で実行すると、
>./temp.sh
./temp.sh: line 2: seq: command not found
と言われます。
どのような理由によってこの違いが出るのでしょうか??

bashのシェルスクリプトを書いています。
当方、Mac Snow Leopard を使っているため、seq コマンドがデフォルトでは使えません。
そこで、.bashrc 内に、seq 関数をあらかじめ自分で定義して、他で使い回したいと思っています。
.bashrc の中に、
function seq() {
i=$1
while [ $i -le $2 ] ; do
echo $i
let i=$i+1
done
}
と、関数を定義しました。
seq 関数をターミナル上で実行すると、
>seq 0 2
0
1
2
と正しく、表示されます。次に、

#!/bin/sh
seq 0 2

...続きを読む

Aベストアンサー

追記

source は現在のシェルで実行し、結果がそのまま現在のシェルに適応されます。
今回の temp.sh なら
> source temp.sh

> seq 0 2
と入力したのと同等ということになります。

> ./temp.sh
この . はコマンドではなく、 temp.shへのパスを指定するものです。
実行ファイル名だけでコマンドとして実行できるのは、環境変数PATHで指定したディレクトリにあるものだけです。それ以外は、その実行ファイルへの絶対パス、または相対パスが必要となります。
これは、カレントディレクトリにある実行ファイルも例外ではありません。
環境変数PATHに . が無い場合は、 ./ファイル名 と相対パスを指定する必要があります。
(この点は、常に . がPATHにあるように振る舞うMS-DOSやコマンドプロンプトとは違います)
逆に、PATH上にあれば(例えば、 PATH=$HOME/bin:(以下略)となっている時の $HOME/bin )、 temp.sh とファイル名だけで実行できます。

また、こうしたコマンドは新規プロセスで実行されますので、環境変数を除いて、現在の設定は継承されません。
対話的ではないbashや、 shとして起動された bash は .bashrcを読まないので、そこに書いてあることは無効となります。

追記

source は現在のシェルで実行し、結果がそのまま現在のシェルに適応されます。
今回の temp.sh なら
> source temp.sh

> seq 0 2
と入力したのと同等ということになります。

> ./temp.sh
この . はコマンドではなく、 temp.shへのパスを指定するものです。
実行ファイル名だけでコマンドとして実行できるのは、環境変数PATHで指定したディレクトリにあるものだけです。それ以外は、その実行ファイルへの絶対パス、または相対パスが必要となります。
これは、カレントディレクトリにある実行...続きを読む

Qbashなどのシェル変数の値に改行を含める事は可能でしょうか?

タイトルの通りですが、通常のシェル変数の値として

 [prompt]$ aaa="bbb<改行>ccc"

のようなセットを行い、

 [prompt]$ echo $aaa
 bbb
 ccc
 [prompt]$

のような結果を得たいのですが、可能でしょうか。

Aベストアンサー

可能です.
というか,やってみたら出来ることがわかると思います.こんなところで聞くより早い.
なお,sh/bash系では改行文字は特にエスケープせずそのまま入れられます.

aaa='bbb
ccc'

QコマンドプロンプトのERRORLEVELについて!

コマンドプロンプトの記述で、ERRORLEVELというのがありますが
そのERRORLEVELが、0の場合は正常終了と考えていいのでしょうか?

Aベストアンサー

>if not ERRORLEVEL 1 goto aaa
>教えていただいた上記記述なんですが、
>1じゃないということは、2~255も含まれるのではないのでしょうか?
>素朴な疑問ですいません。

if文の文法については、if /? で調べてください。

if ERRORLEVEL 1 goto aaa は、ERRORLEVEL が1以上の時にgoto aaaするという意味です。ということを#4の人が書いてるのですが・・・
従って、その否定である、
if not ERRORLEVEL 1 goto aaa は、ERRORLEVEL が1未満つまり0のときにgoto aaaします(負になることはないので)。

Qsqlplusで表示が変なので、出力を整形したい。

いつもお世話になっています。

サーバにアクセスしてsqlplusで、
データを調べたいのですが、
出力形式が見づらくて困っています。

よくわからいのですが、
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
---------------------------
1の値 2の値
3の値
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
---------------------------

上記のように意味不明な形式で出てきます。

例えばこんな風に

select カラム1,カラム2,カラム3 from hoge;

カラム1 1の値
---------------------------
カラム2 2の値
---------------------------
カラム3 3の値

等のように分かりやすく表示できないでしょうか?

ちなみにOracle9iR2を使用しています。
sqlに関するツールは使用できないルールでして、あくまでsqlplusのコマンド上でみやすくしなければなりません。

分かりづらくですいませんが、皆さま、ご教授お願いします。

いつもお世話になっています。

サーバにアクセスしてsqlplusで、
データを調べたいのですが、
出力形式が見づらくて困っています。

よくわからいのですが、
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
---------------------------
1の値 2の値
3の値
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
-----------------------...続きを読む

Aベストアンサー

SQLPLUSを起動して、

SQL>set linesize 列数

でどうだ。

SQL>show linesize

で確認ができる。

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

Qunix の exit 1, exit 0について

unixの超初心者です。
viで作るプログラムで、if 構文の中に、exit 0 とexit 1がありますが、exit 0は、正常終了。
exit 1は、異常終了と言葉では理解してますが、よくわかりません。
(1)じぶんの理解では、exit 0がif文がとりあえず終わったと、
そして、exit 1は、後にも続くかも?みたいに理解してるんですが、elseの後なので(elseがあっても入ってない時がある)。
どうでしょうか?
(2)それと これは fiの前に入れるものなんでしょうか?
最後のexit 0は fiの後に入れてるようですが?間違い?
(3)if,else,fi. if,else,fi. if,else,fiと続く場合exit 1 を入れてないif 文もありますが、どうちがうんでしょう?
(4)exit だけの場合との違いは、何なんでしょうか?
すごく混乱してます、よろしくお教えください。

Aベストアンサー

exit にあたると、その時点で処理は終了されます。
なのでIF文の分岐でExitがあれば、そこで終了。
その下のロジックは処理されません。
Exit 0 と後ろにつける数字は終了ステータスを示します。

通常は0 を正常として、1を警告、2をエラーなどにします。
これを実行元に返し、プログラムが正常に終了したかどうかの判断元にします。
例えば、2が返された場合は、システム管理者にメールを送付するなどのアラートなんかにも使われます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング