社内で、今後のインターネット利用のための委員会の設置を考えています。その際、委員会の名称を「IT委員会」か「インターネット委員会」どちらにするのか、討論があるようです。もちろん、名称の決定権は、PCを触ったことがない上司です。
ITとは?インターネットとは?それぞれ定義つけるとしたら、なんといえばいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

単に「IT」といっても、色々な略称に使われます。



「インターネット利用のための委員会」ということですので、
この場合は、「IT」よりも、「情報技術」の方が適切だと思います。

また、「インターネット利用(活用)」のみが、目的ならば、
「インターネット委員会」も、適当だと思います。


私の場合、以下のように言葉を定義しています。
JISの場合は、良く分かりませんが・・・

IT(この場合は、情報技術ですね)は、コンピュータ関係に留まらず、
あらゆる”情報”を活用する技術です。

インターネットは、コンピュータを介した情報共有技術です。
    • good
    • 0

みなさんの回答で定義としては十分だと思いますが


会社での利用になる場合、単にインターネット利用のみならず、社内ネットワークシステムとの統合、最終的には社内経理・総務的な処理を含む情報システムや社内外における業務システムの統合が主眼になってくるかと思います、

その場合には インターネットがメインとなる部門名ではなく、情報処理、情報技術、といった腫範囲を名目とした部門名のほうがなじみやすいと思います。
    • good
    • 0

うちの会社でも以前同じことをしましたが失敗に終わりました。


その時は「インターネット委員会」でした。

縁起を担いで「IT委員会」に・・・というのは冗談ですが、
「IT」の方が広義なのでITの方がいいかなと思います。
インターネットもどの道広義なので、やるべきことが細かく
決まっているなら、ITでもインターネットでもなくもっと
限定した名前をつけたほうが意識の統一をし易いと思います。

他の方もおっしゃっているので蛇足になりますが、一応定義を。

IT・・・InformationTechnorogy:情報伝達/利用の技術
Internet・・・主に情報伝達の手段。
ネットワーク間を繋ぐ技術を主眼においたTCP/IPを基幹にしている。
上位・下位プロトコルに依存しない。
    • good
    • 0

言葉の説明だけ。



森首相なんかがよく言っているITは、
「インフォメーション・テクノロジー」
(スペル分からなくてごめんなさい)
の略です。
訳すと「情報技術」となります。
インターネットはその「情報技術」によって生まれた,
情報をやり取りする一手段です。

大ざっぱに言って、
「ITの一部がインターネット」と言っても、
間違いではないと思います。

以上、参考までに。
    • good
    • 0

 インターネットは大学や企業や家庭を結ぶ世界レベルの「ネットワーク」そのものを指します。

ITはそれを実現する「情報通信技術」を指します。

 ですから、インターネットを利用するための委員会であれば、「インターネット委員会」の方が適切かと思いますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIT講習会って・・・

IT講習会に参加をしようかと思っています。
実際参加された方に内容とか、受けた感想などを聞きたいと思っています。
私の友人が参加したので聞いたのですが
年配の方が多くあまり良い返事ではなかったものですから・・・。

Aベストアンサー

受講者ではなく、インストラクターの方で、近くの公民館や学校・公共施設等に行っています。

対象は、初めてパソコンを触られる様な方って感じです。
年齢的には、高齢者が殆どですが、20代~色々とおられます。
そこそこ触れる方もおられますが、全くの初心者の方は
文字の入力も大変時間がかかりますし、マウスのダブルクリックがうまく行かずに、
中々前に進まない場合もあります。

内容的には、パソコンってなに?から電源の入れ方、
文字の入力の仕方から始まって、文章の編集(太字にするとか色をつけるとか削除するとか)、印刷、
後は電子メールのやり方とインターネットの見方(ブラウザの機能とか検索の仕方など)で、三日か四日のコースです。

地方によって若干違うのかも知れませんが、大阪・神戸間では、どこに行っても
テキストが違う事はありますが、大抵内容的には、こんな感じでしょ~か。。。

インストラクターによっても違うみたいですが、私の場合、
クラスによって、少し触られてる方ばかりが集りますと、
その方達の日ごろの疑問等に答える時間を多くしたり、
ちょっと便利な使い方…なんてのを紹介する時もありますが、
全くの初心者の方が多いと、その人達に焦点を合わせて進めるので、上記の様なテキスト通りになります。

maju17さんがおうちのパソコンから、この書き込みをされているのでしたらば、とりあえずパソコンの電源を入れて、このサイトまで辿り付いて文字を入力されている訳ですから、ちょっと物足りないかな?って感じでしょうか。。。

でも独学でされているのでしたら、もしかしたら「あ、こんな方法もあったんだ?」とかって新しい発見もあるかも知れませんね♪

受講者ではなく、インストラクターの方で、近くの公民館や学校・公共施設等に行っています。

対象は、初めてパソコンを触られる様な方って感じです。
年齢的には、高齢者が殆どですが、20代~色々とおられます。
そこそこ触れる方もおられますが、全くの初心者の方は
文字の入力も大変時間がかかりますし、マウスのダブルクリックがうまく行かずに、
中々前に進まない場合もあります。

内容的には、パソコンってなに?から電源の入れ方、
文字の入力の仕方から始まって、文章の編集(太字にするとか色を...続きを読む

QIT講習会の講師希望なのですが・・・。

門真市でIT講習会の講師をしたいのですが、どうやって探せば良いのでしょうか?
いくつか、派遣会社をあたってみましたが私の所からは遠方ばかりです。
どなたか、知ってる方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

 IT講習会は、基本的に地元市町村の開催ですから、門真市の場合も、門真市で講師を雇用しているはずです。まずは、市に電話をし、IT講習の担当課につないでもらい、その上で聞いてみてはどうでしょうか。
 現在、全国いたるところで、IT講習が実施されていますが、この講習自体は1年間のみの限定です。大体の市町村が1月か2月には、終えるものと思われます。
 それと、講師ですが、どこの市町村も地元の業者、ボランティアを最優先で雇用しているはずです。特に、私の市の場合は、1講習20名の生徒を募集して実施、アシスタントも3名ほどつけております。ただし、金額は安い、と思っていただいた方がよいでしょう。
 講師に1時間5千円をつけるところはないでしょう。当市のように、市の職員でまかなっているところもありますので。せいぜい、1講習3千円程度でないでしょうか。
 講師のなり手については、どこも少し人材不足の気味ではあります。ですから、講師でなくともアシスタントでも、ということであれば、おそらく、空きがあるように思えるのですが。
 まずは、門真市に電話をし、メドがありそうなら、市役所に行き、アシスタントからスタ-トしてでも良い、ということで、担当者の方に努力を認めていただき、講師の道を実現させていってはどうでしょうか。
 
 それから、市町村によって、実施方法は、それぞれ異なりますので、市の広報、ホームページ等に目を通され、その上で、自分で確認をしていってください。
 がんばってください。

 
 

 IT講習会は、基本的に地元市町村の開催ですから、門真市の場合も、門真市で講師を雇用しているはずです。まずは、市に電話をし、IT講習の担当課につないでもらい、その上で聞いてみてはどうでしょうか。
 現在、全国いたるところで、IT講習が実施されていますが、この講習自体は1年間のみの限定です。大体の市町村が1月か2月には、終えるものと思われます。
 それと、講師ですが、どこの市町村も地元の業者、ボランティアを最優先で雇用しているはずです。特に、私の市の場合は、1講習20名の生...続きを読む

Q最近twitterで噂の『相互フォロー推進委員会』とは何ですか?また、

最近twitterで噂の『相互フォロー推進委員会』とは何ですか?また、皆に疎まれがちのようですが、それはなぜですか?

Aベストアンサー

簡単に言えば「余計なお世話」だからだと思います。

相互フォロー推進委員会が疎まれている原因は、彼らの行動理由である「twitterとは相互フォローありきのシステムである。」という点にあると思います。
しかし、twitterを利用するユーザーは同システムを1、コミュニケーションツールとしてインタラクティヴに利用する方法(相互)2、情報をアナウンス、または享受するためのツールとして利用している方法(一方通行)3、メモのような個人のみという場合を含む狭い範囲内で利用する方法(プライベート)という3つで使い分けていると考えられます。もちろん人によっては各分類に跨って利用する場合もあり、それが一般的だと思います。
相互フォロー推進委員会のメンバーは上記の1番以外は「twitter知らず」とし、例えばフォロー数とフォロワー数に乖離が見られるユーザーに持論を展開し、相互フォローを促していきます。この行為が言われた人にとってはまさに「余計なお世話」であり、言われた側は場合によってはその推進行為が「強制的」に感じられ不快になるのだと思います。

特に「相互フォロー推進委員会東京支部長」であるjbotsystem氏が糸井重里氏に相互フォローを求めた件では、「相互フォロー」に関する持論を寝耳に水のごとく展開された糸井氏が困惑する様が見て取れると思います。有名・著名人だってファンとの相互関係を築くためにtwitterを利用していれば、それ用にアカウントを取得すると思いますし、もちろんそうやってファンとの交流を楽しんでいるユーザーもいますが、そればかりではありません。相手の利用状況を確認せず、または確認した上でさらにtwitter知らずという烙印を押すのはやはり一方的な押し付けではないでしょうか。もしくはもっと言葉を選ぶべきだと思います。

ここからは私の持論ですがmixiのような旧来のSNSと違い、上記の1、2、3番どのユーザーもゆるい繋がりを持っているというのがtwitterの魅力だと私は考えています。個別のアカウントは相互フォロー関係になることによりそこに社会性が生まれます。それが面倒だからtwitterを利用しているというのが私の本システム利用理由です。ですので私はどちらかと言えば相互フォロー推進委員会は「あってもいいけど、ちょっと余計なお世話だな」と考えています。

参考URL:http://ameblo.jp/jdotsystem/entry-10628623912.html

簡単に言えば「余計なお世話」だからだと思います。

相互フォロー推進委員会が疎まれている原因は、彼らの行動理由である「twitterとは相互フォローありきのシステムである。」という点にあると思います。
しかし、twitterを利用するユーザーは同システムを1、コミュニケーションツールとしてインタラクティヴに利用する方法(相互)2、情報をアナウンス、または享受するためのツールとして利用している方法(一方通行)3、メモのような個人のみという場合を含む狭い範囲内で利用する方法(プライベート)とい...続きを読む

QIT、ITとは言うものの…。

コンピュータの普及によって、私達にとってなくてはならない存在になってきました。しかし、一方でコンピュータに触れたこともない人が依然として存在しているのも事実。このような方に対して、何かしらの教育や支援が必要だと思いますか?各地でIT講習会が始まったのは、良いことだと私は思ってます。それすら、興味を持たない・参加しない人もいます。呼びかけても、参加してほしい人が参加しないのは、余計なお世話なのでしょぅか?また、次の世代の子供達には、どのような情報教育をしていくべきなのでしょぅか?意見を下さい。

Aベストアンサー

子供にIT教育なんかする必要はない、と思っています。昔コンピュータの入力
装置としてパンチカードが主流だった頃、それ専門のキーパンチャーという
職業がありました。今、そんな人いますか?まあ、その人たちはワープロオペ
レータとして今も活躍の場は残っているでしょうけれど、今後コンピュータが
どういう具合に進化していくか、確定的なことを言える人はいないでしょうし
(予想するのは自由ですが)、例えば音声入力が主流になる時代が来たりした
ら、今ブラインドタッチができるといって得意になっている人たちは骨董品に
なってしまうわけですね。将来役に立つかどうか分らないような技術を教え込む
より、もっと基礎的なことを教えるとか、人間としての基本的な感性を養うとか
すべきですね。

QIT初心者です。ITパスポートのテキストで勉強しているのですがDNSが

IT初心者です。ITパスポートのテキストで勉強しているのですがDNSが理解できず質問させていただきます。

DNSを利用することで各ドメイン名に対応するコンピュータのIPアドレスを見つけられるということなのですが、意味がつかめません。
ドメインはサイトのアドレスで、IPアドレスは各コンピュータのアドレスですよね。
サイトはネット上にあるのであって、特定の一台のコンピュータ上にあるものではないのですからドメインに対応するIPアドレスなんてないじゃないかと思ったんです。

どんなサイトも同じだと思いますが、例えばヤフーのドメインwww.yahoo.co.jpやhotmailのメールアドレスのドメインに対応するコンピュータのIPアドレスってどういう意味なのでしょうか、、?
どちらもネット上にあるだけで、ある特定のPCに収まってるものではないじゃないですか。
どなたかご存知の方、ご教授のほど宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

発想の出発点が逆です。IPっていうのは、Internet Protocolの略で、インターネット上にあるコンピュータ(一台とは限らない)を指し示すための情報であり、それをローカル用に転用しているに過ぎません。もちろん複数のコンピュータがいる場合は、ルータなどで振り分けを行っていますけどね。なのでインターネット上のコンピュータは、全てIPアドレスで識別します。

よって、www.yahoo.co.jpというURLだけだと、本来は何のことだかわからないので、名前解決を行ってURLをIPアドレスに変換しなければなりません。この役目を果たすのがDNSサーバです。URLを入力すればそのサイトにつながるのは、DNSサーバがURLをIPアドレスに変換してくれているからなのです。またDNSサーバは、自分が知らないURLが来た場合はさらに上位のDNSサーバに名前解決を依頼します。なので1台のDNSサーバが世界中のURLを知っている必要はありません。

勉強していればいずれ解りますが、IPアドレスにはクラスというものがあって、A~Eに分類されており、ローカルで自由に使って良いのはクラスCである云々と参考書に書いてあるでしょう。クラスCのアドレスをインターネット上に流すことはできません。ただご家庭LANの中にあるPCは全部クラスCですから、このままではインターネットに出て行けなくなるので、ルータがプロバイダから配給されたより上位のクラスのアドレスに変換し、接続できるようにしています。IPアドレスが無尽蔵ならこんなことはしなくていいんですが、4バイトのIPアドレスを世界中で使うためにはそんな贅沢が許されないため、面倒なんですけどIPをローカルIPとグローバルIPに分けて、ローカルIPは好きに使っていい(お隣さんが同じIPアドレスを使っていても、ルータで切り離されているから問題ない)と言うことにしています。

発想の出発点が逆です。IPっていうのは、Internet Protocolの略で、インターネット上にあるコンピュータ(一台とは限らない)を指し示すための情報であり、それをローカル用に転用しているに過ぎません。もちろん複数のコンピュータがいる場合は、ルータなどで振り分けを行っていますけどね。なのでインターネット上のコンピュータは、全てIPアドレスで識別します。

よって、www.yahoo.co.jpというURLだけだと、本来は何のことだかわからないので、名前解決を行ってURLをIPアドレスに変換しなければなりません。...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報