大学のレポートで「文学の中に出てくる精神病理的な問題を抱えた人たち」という課題が出ました。文学に出てくる登場人物、または作家などで精神病を抱えた人でも良いそうです。
できれば近代の作家で書きたいと思っています。
どなたか良い人物をお知りでしたら教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

偉人の作品や伝記を精神医学の立場から解明して、精神の病気がその人の創造活動に与えた影響や意義を明らかにしようという学問分野で、「病跡学」とか「パトグラフィー」というのがありますが、その手の本をちょっと覗くといろいろな固有名詞が出てくるので選択肢が拡がると思いますよ。

(まあその手の授業なんでしょうが)

私の手元にはこんなのがあります。
『天才の心理学』 E.クレッチュマー
『天才』 宮崎音弥
『天才 創造のパトグラフィー』 福島章
福島先生の本には巻末に参考文献が40ほど紹介されていて便利です。

上記の本で言及がなく、いま思い浮かべられる作家ですと、河に投身自殺したバージニア・ウルフ。

好み問題があるので何ともいえませんが、参考文献の豊富さと作品の短さ(作品を読む必要に迫られた場合に都合がいい)を考えると芥川龍之介が書きやすいと思います。

もし気が変わって登場人物を取り上げるのなら、土居健郎という精神科の先生が漱石の十の作品から主要人物を取り上げて論じた本があり、参考になると思います。
もちろん精神科医が興味をもつくらいですから「問題を抱えた人たち」という切り口に適合しています。  『漱石文学における「甘え」の研究』
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんの情報ありがとうございます!

お礼日時:2006/07/22 00:19

島尾敏雄『死の棘』


めちゃくちゃ重い長編小説ですが、テーマにはぴったりかと思います。マイナーなのでレポートは非常に書きにくいのですがね。。。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2006/07/22 12:42

 美術家の草間弥生は作家としての顔も持っていますが、自身の強迫神経症をベースにした作品を書いています(もちろん版画等の美術にも作者自身の精神病が投影されています)。


 著書も『すみれ強迫』『蟻の精神病院』等といったものがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/22 00:16

村上春樹の『ノルウェイの森』に出てくる「直子」は精神病でした。



参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%AB% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この本、ぜひ読んでみたいです。
ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/22 00:15

精神病院で治療して再び文壇に蘇った宇野浩二、精神病院で亡くなった島田清次郎、母親が狂人だったので自分もと恐れた芥川龍之介、死後夫人に精神病だったとと公表された夏目漱石、衝動的にいきなり居合わせた人達をぶん殴った徳富蘆花、黴菌を極端に恐れた泉鏡花、狂言自殺の繰り返しで現状から逃れようとした太宰治・・・



戦前の文学者の例は多いです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/22 00:14

一つ前の芥川賞を受賞された女流作家、糸糸(で一つの漢字です)山秋子さんは躁鬱病だとインタビューで答えていました

    • good
    • 0
この回答へのお礼

躁鬱病の作家さんて多いんですね~。
ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/22 00:12

亡くなりましたが、中島らも氏は、躁鬱病でした。


病気との闘いをつづった作品があります。(下記リンク)

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4413093186/25 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2006/07/22 00:11

北杜夫は躁鬱病でした。

躁の時の作品と鬱の時の作品を読み比べたり比較したりすると面白いかもしれません。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/5035/ …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

読み比べ、ぜひしてみたいです!
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/22 00:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q結城秀康の息子

結城秀康の息子(嫡男)は越前福井藩主松平忠直ですが
何故結城姓では無いのでしょうか?
秀康は結城家を継いでいるのだからその嫡男の忠直も結城姓で良いと思うのですが?

Aベストアンサー

慶長9年(1604)に松平姓に復したとの史料もあるようです。
少なくとも越前福井藩主の初代は松平秀康とされています。

結城秀康に関する出生から死去までの概略は下記のURLをご覧ください。
  http://dic.nicovideo.jp/a/%E7%B5%90%E5%9F%8E%E7%A7%80%E5%BA%B7

Q文学のレポート課題で悩んでいます・・・

こんばんは。
今、文学のレポート課題で悩んでいます。
『二つ以上の作品が(一見全く違うようにみえても)物語として構造を分析すると、実は同じような構造として示せると思われる2つ以上の作品をあげ、その構造を示し、共通点と相違点を示してください。』
という課題なのですが、この課題の中で使われている「構造」の意味がわかりません。
私は韓国ドラマが好きなので、それを題材にしたいと思っています。
何かアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

私的な解釈になってしまうので、見当違いだったらすみません。

「構造」というのは、物語の作りのことです。「A→B→C→D」と流れる、順番とか、仕組みのことです。
「物語として」というところが「構造」を解釈する上でのポイントですね。

例を出しますと、
例えば桃太郎の場合。
「おばあさんが川で桃を見つけて持って帰る」→「桃からは男の子が生まれる」→「男の子が鬼退治に出かける」→「仲間を見つける」→「鬼を倒す」→「財宝をたくさん持って帰る」
という流れです。

これを一寸法師でやってみると、
「子供ができない老夫婦が神様にお願いする」→「おばあさんに子供(一寸法師)ができる」→「一寸法師が京へ武士になるために行く」→「娘のいる家で働かせてもらう」→「娘と外へ出ると鬼がいる」→「鬼を倒す」→「打ち出の小槌を得て大きくなり、財宝を得て娘と結婚する」
となります。

このときの構造の共通点は、
「共に初めは御婆さんに視点があり、外見上に由来する名前をつけられ、目的を持って家を出、鬼を倒して利益を得る」
などということがいえます。(この二つは似た話なのでかなり言いやすいですが)
また、相違点を探してみると、
「桃太郎にはコンプレックスが何もなく、鬼を倒すことによって、普通→良い状況になったが、一寸法師は『小さい』というコンプレックスがあり、それが鬼退治によって解消されて悪い→良いという状態になる話となっている」
「一寸法師は只一人で旅をし、お椀や打ち出の小槌といった小道具がクローズアップされているが、桃太郎にはサルやキジやイヌといった『仲間』の要素があり、それぞれの物語に味を出している」
などということが言えます。

私は韓国ドラマにはあまり詳しくありませんが、質問者さんの好きなジャンルということでもありますし、上記のような解釈に自分の工夫を入れて書くとより良いものが書けると思います。

私的な解釈になってしまうので、見当違いだったらすみません。

「構造」というのは、物語の作りのことです。「A→B→C→D」と流れる、順番とか、仕組みのことです。
「物語として」というところが「構造」を解釈する上でのポイントですね。

例を出しますと、
例えば桃太郎の場合。
「おばあさんが川で桃を見つけて持って帰る」→「桃からは男の子が生まれる」→「男の子が鬼退治に出かける」→「仲間を見つける」→「鬼を倒す」→「財宝をたくさん持って帰る」
という流れです。

これを一寸法師でやってみる...続きを読む

Q結城紬と絢結城紬の違いって?

こんにちは♪
ネットオークションで、着物を買おうと思っているんですが、やけにお値打ちな結城紬を見つけました。
それには、絢結城紬と書いてあったのですが、結城紬とは何か違うのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
結城紬いいですね~。私は和服の仕立てを少ししているものです。

「結城紬」は
茨城県の結城市を中心にその周辺の鬼怒川沿いの栃木県の所
までが、結城紬の産地となっています。

でもこの結城紬って奥が深くて、その中には、
「重要無形文化財 本場結城紬」
というものがあるということをご存知でしたか?

これは、その条件として、
・真綿から手で糸をつむぎ出して織る
・手くぐりにより柄付けを行う
・地機と呼ばれる古来からの結城紬用の織機で作られる

というもので、専門の方も多くなく、一反の結城紬が手織りで
出来あがるまで大変な手間と時間がかかります。
ですから、金額も当然高いものになります。

これとは別にまた、「本場結城紬」というのがあり、
これは高機という織機で手織りで織られます。

そして、その他の「結城紬」というのがあるわけなのです。
これは、機械織りのものも(一部として使われていても)
入ることになります。

簡単な見分け方として、結城紬には、商標としてのいろいろな
ラベルが貼られていて、
「結城紬」のレベル等で微妙にそのラベルのデザインが
違うことです。
「重要無形文化財 本場結城紬」のラベルは、『結』印が、
その他「結城紬」のラベルには『紬』印が入ります。

ですから、「結城紬」を仕立ててもらった時は、
このラベルのある反物の端の部分を大切に取っておかなければ
ならないのです。これが証明となるものだからなのですね。

#1の方も答えられていますが、
「絢結城紬」は機械織りでしょう。
でなければ、ネットオークションでお値打ち金額で出てきても
当然で、それに、これを反物として買ったとしても、
10万円以下の金額のようですね。
機械織りだからと言って悪いものではないはずなのです。
「(絢)結城紬」というふうに「結城紬」という名前が
ついているのですから。
「結城紬」は「大島紬」や「黄八丈」と並んで、
名前そのものが、「紬」としてのブランドのようなもの
なのですね。

だから、商標とかのラベルがこの「絢結城紬」にもついて
いるはずと思うので、
確認出来ればいいなと思います。

参考URLです。
http://www6.ocn.ne.jp/~oyamashi/tumugi-01.htm
http://www.iwafune.ne.jp/~say/yuki16.html

参考URL:http://www6.ocn.ne.jp/~oyamashi/tumugi-01.htm,http://www.iwafune.ne.jp/~say/yuki16.html

こんにちは。
結城紬いいですね~。私は和服の仕立てを少ししているものです。

「結城紬」は
茨城県の結城市を中心にその周辺の鬼怒川沿いの栃木県の所
までが、結城紬の産地となっています。

でもこの結城紬って奥が深くて、その中には、
「重要無形文化財 本場結城紬」
というものがあるということをご存知でしたか?

これは、その条件として、
・真綿から手で糸をつむぎ出して織る
・手くぐりにより柄付けを行う
・地機と呼ばれる古来からの結城紬用の織機で作られる

というもので、専門の...続きを読む

Q精神病を抱えて仕事

精神科に通って6年になります。 情緒不安定性人格障害と診断されています。

最近の症状は、リストカット、幻聴や幻覚、不眠、過眠などです。

精神の病気って、なかなか治らなくてつらいです。

今まで、4度入院したことがあり、会社にも迷惑をかけてやめることになったりと、その都度、やっかいだなと思います。

仕事での人間関係で苦労したことはあまりないのですが、入退院を繰り返すことで信用がなくなってしまいます。

今仕事をしていません、もうすぐ結婚です。

彼と20歳離れているので、子どもができたら、学費などかかるので、わたしも仕事をしなくてはいけない時が来ると思います。

彼は、病気治すのが優先と言い、仕事はまだしないでほしいと言います。

前の職場で、資格をとったので、働こうと思えば全国どこでも働けると自分では思うのですが、彼は「前の仕事は大変すぎるから、絶対にやめて」と言います。

とりあえず、最近は英検の勉強を始めました。

始めて1ヶ月ですが、精神病の症状もあり、なかなか学生時代のように集中できません。

精神病を持っていて、できる仕事はどんな仕事がありますか?

やはり、偏見を持たれてしまいますか?

精神科に通って6年になります。 情緒不安定性人格障害と診断されています。

最近の症状は、リストカット、幻聴や幻覚、不眠、過眠などです。

精神の病気って、なかなか治らなくてつらいです。

今まで、4度入院したことがあり、会社にも迷惑をかけてやめることになったりと、その都度、やっかいだなと思います。

仕事での人間関係で苦労したことはあまりないのですが、入退院を繰り返すことで信用がなくなってしまいます。

今仕事をしていません、もうすぐ結婚です。

彼と20歳離れているので、子...続きを読む

Aベストアンサー

私も躁鬱病で4会休職したことがあります。私の経験から言うと、なるべく頭脳を使わない仕事が良いです。コンビニやファミレスの店員なんかその点ぴったりではないでしょうか?

Q結城紬の帯の季節は?

茶色の結城紬を単衣の結城紬の着物と一緒に、この夏購入しました。帯は茶系ですが裏がついていないものです。今の季節でも着用かのうでしょうか?いわゆる夏帯ほど透けていません。教えてください。

Aベストアンサー

夏帯でないなら盛夏以外のいつでも締めて大丈夫です。

私は紙布の八寸帯を持っています。和紙を糸にして織られたものでとても軽くて薄手のものなんですが。
なんと柄がサンタクロースです。
サンタじゃなかったら盛夏も含め一年中使えるものですが、必然的に今の時期にしか使えません。

つまり薄手だから冬は使えないというわけではないのですね。
茶系なら3シーズン使って大丈夫な帯だと思いますよ。

Qうつ病(精神異常)になった作家

うつ病(精神異常)になった作家さんは、どれくらいいるのでしょうか?

詳しく知っている人は、最後の作品とその雰囲気は?

私は、中島らもさんが好きでした。
麻薬中毒者で、うつ病でアル中でした。

最後かどうかは分かりませんが、「とらちゃん的日常」が彼が亡くなった後に、見つけた作品でした。
らもさんらしいネコとのつきあい方の本でした。

Aベストアンサー

>うつ病(精神異常)になった作家

夏目漱石が有名です。文豪と言われていますので意外かもしれませんが、鬱病をうまく芸術活動に結びつけた人物として、医学関係のサイトに出ています。また、太宰治も同様です。
該当のURLをコピ-しておきました。

以上参考までに。

参考URL:http://report.huuryuu.com/aboutneurosis/index.html

Q結城昌治のオススメ文庫本

伊坂幸太郎の「陽気なギャングが地球を回す」という推理(?)小説を先日読み、おお、おもろいやん、と感じました。
その本のカヴァー折り返しのところで文芸評論家が「結城昌治の再来」みたいなことが書いてあり、結城昌治も読みたくなったものの彼をまったく知らない私はオンライン書店で検索してみるもののどれを読むべきか悩んでます。
その文芸評論家の言うところの「結城昌治の再来」の意味がわかる感じの本、あるいは結城昌治のファンの方、
ナイスな本を紹介してください。今回は文庫に限定させていただきます。
よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

「死者に贈る花束はない」
「長い長い眠り」
「ゴメスの名はゴメス」

あたりがおすすめです。
基本的に本格推理、探偵もの、スパイもの
などが多く、「本格派推理」「ハードボイルト」の
日本のハシリみたいな人です。
ただ、伊坂幸太郎と似ているかどうか……

以下の個人サイトに、作品リストが
わかりやすく紹介されています。

参考URL:http://www.meitantei.com/author/yuki.htm

Q心理学に触れたイギリス文学作品を探しています。 イギリス文学 心理学 イギリス文学を用いて心理学

心理学に触れたイギリス文学作品を探しています。

イギリス文学 心理学

イギリス文学を用いて心理学の論文を書こうと思っています。
特にサスペンスやミステリーが好きなので、犯罪心理学の路線で行こうかなと考えていますが、未定です。
集団心理、思い込み(幻想、幻聴など)、多重人格でも何でも、何か心理学的なヒントが見つかりそうなイギリス文学作品があれば教えて頂きたいです。時代は問いません。
和訳されていない作品でも大丈夫です。英語で論文を書くので、むしろそっちがやりやすいかもしれないです。

どんどん挙げてくれたら嬉しいです!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シャーロック・ホームズはコカイン中毒だったとのことですから、病理心理学はダメですか?
ルイス・キャロルは幼児性愛者だったそうですが、これも病理心理学として使える?

Q結城未来さんはどこに?

結城未来さんというアナウンサーを知っていますか?いまはどこにいらっしゃるのでしょうか。

Aベストアンサー

以前競馬中継のMCをされていた結城さんでしょうか?
でしたら↓の事務所に所属していらっしゃいます。
最近はあまり見かけないですねぇ。
千葉市の広報番組をやってたかなぁ。
競馬場のイベントで時折名前を見かけます。

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/~cdz90290/index.html

Q世界的に有名な日本文学作家

生きている人でも死んだ人でも構いません。

各文学作家が具体的にどれくらい有名ということは知らないのですが、比較対象としてフランツ・カフカやナボコフを挙げます。彼らと同じくらい、もしくは彼ら以上に有名な日本文学作家と言えば誰でしょうか?存在しないのであれば日本で最も有名な文学作家でも構いません。
また、そういったものがまとめられているサイトや本が存在するのであれば、教えていただきたいです。

Aベストアンサー

 先ずは安部公房です。フランツ・カフカと安部公房そしてサミュエル・ベケットは78年に刊行された『疎外の構図』で比較対照されています。
 続いては芥川龍之介と井伏鱒二。共に作品の最後を書き換えていることで知られています。その改編が何故なされたのかに関する議論もあります。芥川なら『羅生門』と『地獄変』井伏なら『山椒魚』
 短編小説なら川端康成の『反橋』『しぐれ』『住吉』『隅田川』中編から長編にかけてなら野上弥生子の『秀吉と利休』や志賀直哉の『城の崎にて』などもあります。
 有名作家の定義ですが人それぞれによって異なることも大いにありそれが文学の持つ豊かさでもあり可能性のひとつでもあるので、お気に召さねば読み流して下さっていただければ幸甚です。
 海外の文芸評論で採り上げられる作家は西行や芭蕉といった歌人とその作品そして『源氏物語』も未だに健在です。不条理とのことであれば平安時代の『蜻蛉日記』が象徴的な存在かもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報