痔になりやすい生活習慣とは?

俵万智さんの短歌、
男ではなくて大人の返事する君にチョコレート革命起こす

ここで歌われている「チョコレート革命」とは何でしょうか?
チョコはバレンタインデーに関係あるんでしょうか?
できれば、この短歌を意訳してください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

歌はもたらされました。


あとはわれわれがどう受けとめるか。これで作品が完成します。
われわれの数だけある、ひとつの作品のさまざまな相貌。

チョコレートで区切るか革命まで続けるか、
こうした話題がすでに心楽しい鑑賞のしかたそのものではないかと嬉しくなりますが、
私としては「チョコレート革命」とワンセットにしたほうが面白いかな、と思います。

「チョコレート」と「革命」という、まったく異質なことばが結びつき
イメージが衝突することで、新鮮な驚きが生まれるからです。

チョコレートという甘くとろける平和なお菓子と
革命という、社会の仕組みが根底から覆される現象・事態との組み合わせ。
そのギャップ、落差、おかしみ。
日常のややありふれた正面切って強調されることのないささやかなことが
急に鮮やかさをもって立ち上がってきます。

「日ごろよそよそしいあなたへバレンタインデーに私の心をチョコレートに託して差し上げることにした」
この気持ちをそのまま歌っても一向に構わないでしょうが、
これでは平凡に落ち着くと見た歌い手は、発想を転換し、
「これは私にとって小さな革命と言ってもいいくらいの決意だ。受け取るあなたも、それほどの衝撃的な出来事とならないとも限らない」
そう思って「革命」という言葉がひらめいたのかもしれません。

えっ、それだけのこと?
ええ、それだけのことです。深い内容を背景に秘めた短歌ではないかもしれません。けれども、たった一言異質なものを放り込むことによって、なんと日常が生き生きと輝いてくるでしょう。

以上、私なりの「鑑賞?」を綴ってみました。
参考に供するところあれば参考にしてください。
    • good
    • 0

私の意訳です。



まず、「チョコレート革命」  と、続けるのではなくて

「君にチョコレート。 革命起こす」
と、読みたいですね。

同僚(友達、同級生とか、、)程度にしか私の事を見てくれていない彼に、ただの同僚じゃなくて、あなたの事を好きな女の子だよって気付いてもらうためにチョコを渡す。
彼には思いも掛けないだろう、その行為が革命みたいでしょ?と彼女は言ってるんじゃないかな。
    • good
    • 0

「チョコレート革命」という歌集に収録されているくらいですから、


やっぱり「チョコレート革命」なんでしょうね。

まず、俵万智さんは「サラダ記念日」や
カンチューハイという単語を使った歌で有名になったように、
軽いフィーリングの単語と、少し重い漢字の熟語を組み合わせて、
そのミスマッチ感を短歌で上手に使うのは、彼女の常套手段です。

さて、そのうえで勝手に意味を解釈すれば……。

詠み手としては、異性を意識してアプローチしている男性だけど、
相手の男性は詠み手を異性としてじゃなくて、
大人対大人という、つれない扱いをしてくる。
それに対して不満をもつ詠み手が、
チョコレートという手段を使って蜂起して、
お互いの間に異性関係という革命を起こす、
(#1さんも書いているように、この場合、バレンタインデーと解釈するのが自然かと)
そんな意味合いなんじゃないかと、個人的には解釈しています。

そして、チョコレートを使った革命を、
この場合「チョコレート革命」と命名したかのように読める歌ですね。
    • good
    • 0

「チョコレート革命」ではなく「チョコレート、革命起こす」ということだと思います。

バレンタインデーには関係あるでしょうね。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「今日も今日とて」の意味を教えて下さい

「今日も今日とて」の意味を教えて下さい。
前後の文章から、単純に「今日も」という事かなと思ったのですが、「今日とて」がひっかかります。
「今日」は「キョウ」でいいんですよね?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

同じ意味の重ね合わせで、強調してるのです。

「今日も」、今まで通りなんだ、
「今日とて」明日になれば変わるかも希望をもっていたとしても、「今日とて」変わらない。という事ですね。

音を踏んで、何も変わらない事を強調表現しているのです。

Q安野モヨコさん「脂肪と言う名の服を着て」のラスト教えてください

以前、安野モヨコさんの「脂肪と言う名の服を着て」を購入したのですが、その数年後、ラストを加えた完全版が発売されました。
買いなおすのももったいないので、追加されたラストがどんなものなのか教えてください。

私が持っているものは、
激ヤセした半年後、主人公は偶然元エステ店の人と再会する。元エステティシャンは言う。「たぶん繰り返すわね 身体じゃないもの 心がデブなんだもの」。
主人公が大量のコンビニフードを食べながら「食べなくちゃ 食べて力をつけるんだ 力をつけるんだわ」というモノローグでラストです。
その後の内容についてお願いします。

Aベストアンサー

モヨコさんのファンなので買って頂きたいものです…(>o<;)
細かいトコは書きませんが超簡単にその後です↓

のこは痩せれば変わる!とまた30キロ減。マスコミを賑わすマユミは「のこを失った斎藤」に用は無く捨てる。社内で更に風当たりが強くなるのこは心身壊れ始め、身を守るため食べ、摂食嘔吐が進む。斎藤、のこに似た女と結婚。のこ倒れ入院→退院。

34ページもあるエピローグ(表紙込)。
これがあってこそ、あのお話は一層ズシンと来ます。摂食障害の怖さもですが「痩せる事への意識」や「依存性の関係の先にある結末」…機会があればぜひ読まれる事をお勧めします!

Q「採用担当御中」か「採用担当様」、どちらが正しいか。

会社にエントリーシートを郵送する時、宛先が「~株式会社 採用担当宛」となっていたら、「採用担当御中」ではなくて、「採用担当様」と書いて送った方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「御中」は 担当部署宛 担当者不明の場合。
今回の場合は担当者がわかっているので「○○様」とします。


人気Q&Aランキング