こんにちわ。私は沖縄に住んでる中学二年生です。
4月から導入される「ゆとり教育」。全然意味がわかりません。なにがゆとりなんでしょうか?第一、私たちにゆとりを与えるために考えてるみたいな事いってるけど当の子供たちにはゆとり教育に対するアンケートのひとつも回ってきません。ゆとり教育最高。なんていってる人どこにもいませんよ。それって勝手に上の人たちが子供の為にやっているという自己満ではないでしょうか?

まず一番嫌なのは週休2日制。聞こえはいいかもしれませんが現場(学校)では6校時が増えたり、テスト後に授業をもってこられるだけで生徒はよけいに疲れます。いいわけみたいに聞こえるかもしれませんけど朝から50分×6も子供の集中力が続くと思いますか?6時間目の授業なんて誰も頭になんて入ってないんですよ。高校なんかは土曜日は「補修」という形で結局授業が入ってくるそうです。それに、結局授業内容が少なくなると皆塾に行き始めるので6時間授業をした後、塾で4時間、意味ないんですよ。まじで。
これは私の意見なんですけどそれよりは土曜日があって毎日、5時間にしてくれた方がめちゃくちゃうれしいです。学校でも5時間の日と6時間の日ではみんなの顔色が違います(笑)
あと、変えるべくは教科書の内容ではなく先生だと思います。塾の先生と学校の先生。全然違いますよ。学校の45分授業より塾の50分授業の方がずっと短く感じるくらいです。ほんと、学校の先生に一度塾の授業を味わってもらいたいくらい。
まだまだいっぱい言いたい事あるんですけど長くなるんでやめます。皆さんの意見も聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中11~13件)

「ゆとり教育」どころか、「愚民教育」に他なりません。


文部省はかなり昔から名前を変えながら同じようなことを繰り返し、授業時間を減らしてきました。
しかしその成果たるや、ひどいものです。日本人の学力もじわじわを低下を続けています。特に80年代に行った時には、全国的に中学校の「校内暴力」の原因のひとつになったのではと言われています。

ゆとり教育は、数十年後にまで負の遺産を残すでしょうね。
教科書にも出てくると思いますが、資源も国土も無い日本は「加工貿易国」として成り立っていますが、学力の低下がこのまま進めば、そのための技術力を維持できなくなります。既に学生の理系離れが言われていますが、今後ますますひどくなっていくでしょう。技術力が低下=日本製品が世界市場で通用できない=更に経済が低迷、は避けられません。
そして、貴方も言われているとおり、時間が短くなった分、ますます塾通いに拍車がかかります。多少でも教育熱心な親や子供ならば、私立学校への進学を希望します。ですが、事情により塾にも私学にも通えない子供だって大勢います。スタート地点でハンディキャップのある彼らが、レベルの低い公立校で落ちこぼれてしまう可能性が高くなるのではと恐れています。
結果、学力の格差が不当なまでに大きくなることは避けられないでしょう。

私にはもうじき2歳になる息子がいます。
本当にこの先が心配です。それほど教育熱心な親ではないと思っていましたが、やはり「愚民教育」されるのはとても怖い。
    • good
    • 0

はじめましてCranです。


そうですよね…6時限目を終わる頃には
冬はとくに身も心も外も暗く寒くなります。
↑こんな事言うのが寒いと突っ込まないでね

政府いつも「小手先ばかりの政策」「なんでも後回し」「臭いものにはフタ」です。
「ゆとり教育」はその全てを含んでいます。
現状は「教員のレベル低下」「親のレベル低下」「子のレベル低下」と言う問題があります。

「ゆとり教育」という事で…
それらの低いレベルを「あたりまえの事」とする(臭いものにはフタ)
受験勉強は以前にも増して苦しくなる(なんでも後回し)
覚えなきゃいけない部分は減ったものの時限数は変わらず(小手先ばかりの政策)

「ゆとり教育」という事で当然
レベル低下は今のままかさらに悪くなります。
つまり「教員のレベル低下」「親のレベル低下」「子のレベル低下」という「三方一両損」ですね。
私思うに「三方一両損」って悪循環を別な言葉に摩り替えているだけに思えます。
私が見る限りですけど、政治家を含めた公務員はがんばっても手を抜いても
給料変わらないし首になることも無い。そこを一番最初に直すことが「ゆとり教育」なるものを成立させる前に重要だと思いますけどね…(あくまで私見ですけど…)
    • good
    • 0

私の様な大人だけが感じていることだと思っていましたが、現役の学生さんも同じように感じているのですね。


何だかホッとしました。(^_^)
私も「ゆとり教育」とは名ばかりの空虚な物としか感じられません。
何年も前から、学業に関して学校教育は塾には敵わないと言われてきましたが、とうとう投げ出したか、という印象しかありませんね。
足りない分は補習や塾通いで、というのでは本末転倒もいいところです。
結局、教師も週休二日制にしたい(長期休みもあるのに)とか、学校で補えない分を塾に回して、その分学校はゆとりの為の時間を設けているという言い訳が欲しいのかなと思います。
それよりも、児童数が減って空き教室まで出来ている昨今ですから、もっと教師の数を増やして細やかな対応が出来る様な少人数制の教育を始めたら良いのにと思います。
そうすれば、塾並みに個人のレベルに合わせた教育が出来るのではないでしょうか。
勿論心のケアもし易いでしょうし。
もっとも学校の先生が塾の先生のレベルに達していればの話ですが。
私の息子はこの春年長さんになりますので、来春から小学生になります。
このままでは本当にこの先が心配です。(^_^;

#5時間の日が嬉しいという話、そうだったなぁと懐かしく思いました。(^_^)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大阪市ゆとり教育を廃止 小学校の土曜日授業が復活

大阪市は来週、一部の小学校で土曜日の授業を復活させ、ゆとり教育からの脱却を進めることを決めました。大阪の橋下市長は
「大阪の子どもたちの学力が低下していること、非行率が高いこと、これはまぎれもない事実ですから、とにかく先生たちには頑張ってもらいたい。その先生を支えるための税投入は、惜しみなくやっていきたいと思いますね」と述べました。
土曜日授業は、10年前に完全週休2日制の実施にともない、廃止されたのですが、学力向上を掲げる橋下市長が市長選挙で復活を公約に掲げていました。
土曜日授業では、通常の科目に加え、英語教育や防災教育を行ったり、保護者や地域の人を講師として招いたりすることが検討されています。
大阪市教育委員会は、来週5つの小学校で先行実施したあと、2013年度から全ての小中学校で導入する方針だという事です。

まぁ大阪だけが日本人の学力を下げさせている訳ではありませんので、これで日本人の馬鹿っぷりが改善されるとは思えません。これを足がかりに、どのようなプロセスを踏めば、日本人の学力は回復するのでしょうか。

Aベストアンサー

「ゆとり」の意味の履き違えが原因です。

義務教育に必要な教育量は、時代の進歩や変化につれ、増加することはあっても、減少することはありません。
簡単に言ってしまえば、たとえば歴史の教育は、年を追う毎に、確実に歴史が増えるワケですから。

それにも関わらず、「学習量を減らす」と言う方向性が問題となった「ゆとり教育」は、「バカを増やす」と揶揄されて当然です。

違う言い方をしますと、ゆとり教育の狙いは、「詰め込み」ではない、ゆとりを持って「学ばせる」ことなどでは無かたんですよ。
結局の狙いは、「学力格差の是正」だったんですよね。
それも学力下位者を上に引っ張り上げるのでは無く、学力上位者を押さえつける形で。

しかし実際には、出来る子供は塾や私学に行きますから、塾に行かない子供などとの学力格差は拡大し、学力水準も二極化したと言われていますね。
一流大卒のみが賢く、二~三流の私大卒以下などはバカになり、大卒者にも関わらず、四則計算が出来ないと言うレベルです。

従い、現在の就職難は、景気のみでは無く、教育制度のミスも大だと思いますよ。
アジアの周辺国は、この10~20年間、日本に追いつけ・追い越せとばかり、教育にも力を注いできましたので、企業も安価で賢い外国人学生を採用する様になってきていますので。

本来は、所定のレベルに到達しない生徒には、正課以外の時間を使っても良いから、じっくり時間をかけて、所定のレベルまで引き上げると言うのが「ゆとり」であって、正課内のレベルは、国際水準なども考慮しつつ、徐々に引き上げられていくべきです。

出来る子供はどんどん引き上げて、海外の様な飛び級制度も採り入れたら良いです。
出来ない子供や、塾に通えない子供には、土曜日だけじゃなく、平日の放課後や日曜日も学校を解放し、教師をあてがえば良いです。
あるいはインターネットを利用すれば、学校と家庭が連携・連動して教育を施すことも可能です。

いつでもどこでも、好きな時に好きなだけ、自分のペースで学べる場を提供することこそが「ゆとり」です。
「土・日曜日は教育現場は機能しない」なんてコトが、教育に対し有効・有益であるハズが無いことだけは確かです。

「ゆとり」の意味の履き違えが原因です。

義務教育に必要な教育量は、時代の進歩や変化につれ、増加することはあっても、減少することはありません。
簡単に言ってしまえば、たとえば歴史の教育は、年を追う毎に、確実に歴史が増えるワケですから。

それにも関わらず、「学習量を減らす」と言う方向性が問題となった「ゆとり教育」は、「バカを増やす」と揶揄されて当然です。

違う言い方をしますと、ゆとり教育の狙いは、「詰め込み」ではない、ゆとりを持って「学ばせる」ことなどでは無かたんですよ。
結局...続きを読む

Qゆとりと団塊について思うことなのですが、皆さんはどう思われますか? ゆとり:近代的な知識と理論だけ

ゆとりと団塊について思うことなのですが、皆さんはどう思われますか?

ゆとり:近代的な知識と理論だけで物事をすすめる
団塊:積み重ねた経験だけで物事をすすめる
ハイブリッド:これまでの経験に新たな知識と理論を組み込んで物事をすすめる

残念ながらハイブリッドになる人は団塊世代の人がおおい。
新たなことを取り入れるのは比較的やりやすいけど、経験というのは一朝一夕で得られるものではない。
そこが団塊の強みであり、ゆとりの弱点でもある。
ただ、新たなことを吸収して扱うスピードはゆとりの十八番であり、時代の変化に敏感で柔軟に対応していく。
団塊からのハイブリッドの人はそれを受け入れるスピードと柔軟性にやや劣る分、常に時代の最先端を追いかけることがむずかしい。
だからこそ、常にリーダーは若い世代であり、その若い世代は先輩方から素直に学ばなければいけない。

Aベストアンサー

あくまでも私見ですが、世代や時代に関係なくリーダーには普遍の資質が必要のように思います。
一方で同様にサブリーダーというかリーダーの補佐役にも世代や時代に関係のない資質が必要と思いますし、その資質はリーダーの資質とも違うように感じます。
その上で、リーダーの資質のひとつとは質問にある「ハイブリッド」なのではと思います。
したがって、中高齢の優秀なリーダーは若さの必要性を理解しているので上手に若手(の知恵)の活用を行うし、若年の優秀なリーダーも経験の必要性を理解しているので上手に中高年(の経験)の活用を行うのでしょう。

余談ですが、あるベンチャー企業の若手経営者(といっても30代前半ですが)が「事務の派遣社員さんは必ず40代以上にしています。」とのことでした。
理由は社員が若く社会経験が少ないから社会経験の豊富な人がいないと大手の企業との折衝が難しくなるからとのことでした。
電話での受け答えやメールでのやりとりなどのちょっとした無礼や非常識(と相手に思われること)でビジネスチャンスを失うのが勿体無いということらしいですが、話を聞いていて「本当に頭が良い」と感心しました。

あくまでも私見ですが、世代や時代に関係なくリーダーには普遍の資質が必要のように思います。
一方で同様にサブリーダーというかリーダーの補佐役にも世代や時代に関係のない資質が必要と思いますし、その資質はリーダーの資質とも違うように感じます。
その上で、リーダーの資質のひとつとは質問にある「ハイブリッド」なのではと思います。
したがって、中高齢の優秀なリーダーは若さの必要性を理解しているので上手に若手(の知恵)の活用を行うし、若年の優秀なリーダーも経験の必要性を理解しているので上手...続きを読む

Q夫婦別姓、子供手当て、朝鮮学校授業料無償化、外国人参政権…これらの正体

夫婦別姓、子供手当て、朝鮮学校授業料無償化、外国人参政権…これらの正体は全て在日韓国人、在日中国人のための恐ろしい法案です。メディアにだまされてる場合ではありません。今すぐ菅直人を辞めさせ、小沢も活動ができないようにする必要があります。早くしなければ、とんでもない事になります。デモの呼び掛けがあったら、余程の事がない限り参加しなければならないと思います。以前はのほほんだった私ですらこね危機感です。これを見ても、まだ民主党のままでよいと思いますか??

Aベストアンサー

選挙で、民主党議員、公明党議員、社民党議員、共産党議員を落とす必要があります。
自民党議員も、在日とつながっている人は、落とさなくてはいけません。
マスコミは、いい加減に見て、ネットで、真実を知らなくてはいけません。
”在日特権を許さない市民の会”は、応援する必要があります。

Q学校の先生方の横暴

学校に営業に行ってつくづく思うのが、あまりに公立学校の教員の方々の常識のなさです。

無理な見積もりを無理な日程で作らせたり、何でもかんでも安くしろとか。
それくらいならまだいいのですが、

修学旅行とか宿泊学習の夜にお酒の場を設けさせたり、先生観光用のタクシーを
用意させたり、そのサービス内容が発注業者を決める要件という慣例が残っています。
私は接待と思ってますが、それって私達が旅費(バス代とか宿泊費)に上乗せして
わからないように請求してるだけで、最終的に児童生徒の保護者さま方に負担を
してもらってるのも同様です。
「自分たちは都から出張費がでるし、生徒に負担が行くだけだからサービスの
いいところがいい」なんて言う人もいるくらいです。

私はまだ結婚してないですし、子供もいないのですが、こんな人達が将来
自分の子を教えると思ったら許せない気がしました。

こういう教員を処分させるような方法ってないでしょうか?

Aベストアンサー

(1)教育委員会が、各学校に出している通知を入手します(情報公開請求で手に入るはずです)。「勤務の適正」とか「綱紀の保持」とかに関するものです。校外学習に関して直接触れたものもあるかもしれません。たいてい、「業者から接待や利益供与を受けないこと」といった趣旨のことが記されているはずです。

(2)見られた事実について、具体的事実(どの学校の誰がいつ何をした)と、何年の何号の通知に違反するとの指摘を記述して教育委員会に送ります。

(3)教育委員会が問題だと判断すれば、調査が入り、違反を確認すれば懲戒処分が行われます。
※(1)は無くても、接待等に該当することが示せれば可能性があると思います。

たぶん処分は戒告か減給ですが、飲酒なら停職もあるかもしれません。贈収賄と見なされれば当然懲戒免職ですが、それはたぶんないでしょう。もしその場合は旅行会社もダメージを受けます。

質問者様は旅行会社にご勤務と思われるので、こくはつに関しては会社との関係で問題になるかもしれません。しかし、匿名でも調査をしてくれるかもしれません。

ご質問のようなことは従来、長年の慣行のようになっていましたが、各地の教育委員会が綱紀粛正をおこなって、最近は行われなくなっているようです。特に飲酒は、たとえ接待でなくてもそれだけで懲戒処分の対象です。まだ慣例が残っているというご質問を見て驚いています。都とあるから東京都なのでしょうか。

時代の流れから見て、この種の慣例が消えるのは時間の問題でしょう。匿名でいいから教育委員会に通報しておけば、事実関係が確認できず、処分はなくても、禁止通知を出すなど対応してくれると思います(次回同じようなことがあったとき処分対象にできます)。

なお、昔からの慣行については、(質問者様に責任のあることではないと思いますが)旅行会社にも責任があります。修学旅行の旅費を高く設定していたことが知られ、生徒に解決金を返金した事件がありましたが、最近は反対に、学校から旅費を安くせよと迫られて、旅行会社でも苦労しているかもしれません。

(1)教育委員会が、各学校に出している通知を入手します(情報公開請求で手に入るはずです)。「勤務の適正」とか「綱紀の保持」とかに関するものです。校外学習に関して直接触れたものもあるかもしれません。たいてい、「業者から接待や利益供与を受けないこと」といった趣旨のことが記されているはずです。

(2)見られた事実について、具体的事実(どの学校の誰がいつ何をした)と、何年の何号の通知に違反するとの指摘を記述して教育委員会に送ります。

(3)教育委員会が問題だと判断すれば、調査が入り、違...続きを読む

Q「夜回り先生」 水谷 修先生について

今日、「夜回り先生・水谷修のメッセージ~いいもんだよ、生きるって」というテレビがNHKでやっていました。思わず見入ってしまったのですが、現在はどうしているのでしょうか。
ご自身も何かしらの病気と聴いたことがあるのですが・・。

Aベストアンサー

>■水谷先生よりお知らせ
>現在、体調不良のため、いただいた相談メールへのお返事ができません。
>すでにメールを送っていただいている方には大変申し訳ありませんが、
>いましばらくお待ちください。よろしくお願いします。

とのことです。

http://www.sanctuarybooks.jp/mizutani/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報