こんにちは。現在引越しのために荷作り中で、困ったことが起きたため
質問させていただきます。

私は写真を撮るのが大好きで、今までにもたくさん撮りました。
大切な思い出の写真ばかりですが、中には今となっては別にいらないものも
あります。
そんな写真が大量に出てきて、処理に困ってます。
普通のごみと同じ扱いにしても問題ないと聞きましたが、大丈夫でしょうか?
それともどこかお寺や神社に持っていった方がいいのでしょうか?
(友達と騒ぎながら学校で撮ったりしたもので、写真自体はいたって普通の
写真です。心霊写真の類ではありません)

個人的には、お寺ないし神社に持っていった方がいいかなと思います。
そんな重い気持ちじゃなく、ドライブがてらお寺(神社)まで行って、
ちゃんとお別れをしに・・・。
もし、「ここに持っていくといいよ」という場所があれば教えてください。

私は名古屋近郊に住んでますので、東海・関西地方なら行けます。
長野あたりまででも大丈夫です。

申し訳ありませんが、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

特に信仰心のためでなければ、そのまま燃えるゴミに出して問題ありません。


万が一、見られることが心配でしたら、小さくちぎって何の写真か判らないようにして捨てればよいでしょう。

ゴミに出すことに抵抗があるのでしたら、#1のかたの云われるように、河原などで燃したらいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
河原で燃やすことにします(煙を出しても怒られないような場所を
探さなくちゃ・・・)
ちぎって捨てるのもいいのですが、何せ膨大な量でして (^^;
昔友人とやり取りしたFAXも、まとめて燃やすことにします。

ありがとうございます。助かりました。

お礼日時:2002/03/12 09:16

こんにちは。


若干混乱が見られますが、要するに、
供養なりなんなりした方が良いかどうかですね?
必要ないでしょう。
敢えて言うなら「焼く」くらいでしょうか。
確かにそのままごみ置き場に持っていくのも妙な気がしますし、
何かの間違いで他人に見られたりするのも嫌ですしね。
どちらにせよ特に信仰心とか無いんでしたら供養は必要ないでしょう。
そんな特殊な部類の写真(昔の恋人とか)じゃないようですから。
遠くまでドライブに行くくらいなら、
河原でたき火がてら焼いた方が良いんじゃないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

捨てて誰かに見つけられるのもいやだし。。。
「焼く」ことにします。

情報、ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/12 09:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古いお守りやダルマなどはどうすればいいのですか?また、神社やお寺に持っ

古いお守りやダルマなどはどうすればいいのですか?また、神社やお寺に持って行く時は購入した神社やお寺じゃないと駄目ですか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

明けましておめでとうございます。

神社によれば、
古いお守りなどのお納め所という所がありますからそこに納めてください。
もし無ければ巫女さん神主さんに聞いてみるのもいいかもしれません。
預かってくれますよ。

それとお守りは受けた場所に収めるのが一番だとは思いますが、
若し遠距離にある神社で受けたお守りの場合は付近の神社でも構わないと思います。
どちらにせよ納めるんですから。

Q上手に「普通の写真」をケータイのカメラで撮る方法

タイトル通りなのですが、綺麗に撮るコツとか
あれば教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

複写なら太陽光を写真が光らないように均一にあてます。写真と携帯の距離は40cm~1メートル程度離れるようにズームで調節してください。携帯がブレないよう両手でしっかり構えます。写真と携帯のレンズ部分がきちんと平行になるよう構えて撮ります。携帯にライトとかストロボが付いている場合ですがシャッターが切れるときに点灯しないような設定か、どうしても光る場合は指か黒紙でライトを隠して撮ってください。携帯のライトが点灯すると写真の一部に丸い光が入る可能性があります。注)ベストな太陽光は薄曇りの日の柔らかい光の状態です。今までの説明は写真の撮り方ですが一番簡単で綺麗な方法はスキャナーをお持ちでしたら写真をスキャニングしてメールでご自分の携帯に写真を送る方法が一番です。自分はAUですので確か120×160ピクセルでJPEGで送れますが他社の携帯でも7メールとかで送れるはずです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=919905

Q1日に神社とお寺に行ったらまずいでしょうか

両親がキリスト教なので初詣とは無縁だったのですが、両親と離れましたので、明日は初詣に、とはいっても1日の午前中くらいですが、行こうかと思っています。
近くの神社はよく散歩に行くし、そういう意味でもお世話になっているので良い機会だからと、初詣に行きたいと思っています。
しかし、近くの神社・お寺を調べると今一番お願いしたい事柄に最適なのは、一駅隣のお寺が適切なようです。
近くの神社に行って、そのまま電車で隣のお寺と考えているのですが、これはまずいでしょうか。
お願いの効果がなくなるとか、呪われるとか、そういうことがあるのなら近所の神社は後日としてお寺だけに行きたいと思います。
でもお寺で初詣ってあるのでしょうか。初詣=神社というイメージがありますが…。

なお、お願いする内容は同じ事です。2カ所でお願い2倍、という意図はありません。
でも効果が高くなれば、と思っている節はあるのでそんな贅沢は許されない気もします。
詳しい方、教えていただけますと幸いです。

私としては特にまずいことでないのなら、自分としては問題に感じる行動とは思わないので、両方行ってきたいと考えています。

両親がキリスト教なので初詣とは無縁だったのですが、両親と離れましたので、明日は初詣に、とはいっても1日の午前中くらいですが、行こうかと思っています。
近くの神社はよく散歩に行くし、そういう意味でもお世話になっているので良い機会だからと、初詣に行きたいと思っています。
しかし、近くの神社・お寺を調べると今一番お願いしたい事柄に最適なのは、一駅隣のお寺が適切なようです。
近くの神社に行って、そのまま電車で隣のお寺と考えているのですが、これはまずいでしょうか。
お願いの効果がなくなる...続きを読む

Aベストアンサー

仏教にも神道にも詳しいわけではありません。

日本には神仏習合の慣わしが昔からあります。

http://kousyoublog.jp/?eid=2451

なのでキリスト教の寺院とイスラム教の寺院に続けて参るのとは違って、日本ではごく普通の事だと思います。

>2カ所でお願い2倍、という意図はありません。

ずいぶんに遠慮深いお考えだと思います。
どうぞ両方でしっかり2011年のお幸せをお願いして下さい。

Q写真を撮るのも撮られるのも苦手

私は20代、社会人の女性です。

写真を撮るのも、撮られるのも好きではありません。
撮るのが苦手なのは技術がないから、機械に弱いから。
撮られるのが苦手なのは自分の容姿が好きになれないから。
しかし周りの友達が撮るのも撮られるのも好きな子たちばかりで戸惑っています。

そんな友人たちに撮った写真をFacebook上に無断で載せられてしまいます。
載せられるのが嫌で仕方ないのですが、揉め事を起こしたくないため
「載せないで」って言えません。

友人の結婚式も写真面では苦痛です。
本当はカメラを持たずに参加したいのですが、
思い出を残すための結婚式なのになんでカメラ無し?と思われそうで、
泣く泣く使い慣れないデジカメを持って参列しています。

お祝いしたい気持ちはあるのに、カメラのことが気どうしても気になってしまいます。
周りにあまり写真が苦手な人がいないので、
自分が少数派なのは百も承知なのですが時々本当につらくなってしまう時があります。

このつらさから開放されたいのですが、何をどうすればいいのでしょうか。

写真嫌いを隠して友人たちと付き合うことにちょっと疲れてしまっています。

私は20代、社会人の女性です。

写真を撮るのも、撮られるのも好きではありません。
撮るのが苦手なのは技術がないから、機械に弱いから。
撮られるのが苦手なのは自分の容姿が好きになれないから。
しかし周りの友達が撮るのも撮られるのも好きな子たちばかりで戸惑っています。

そんな友人たちに撮った写真をFacebook上に無断で載せられてしまいます。
載せられるのが嫌で仕方ないのですが、揉め事を起こしたくないため
「載せないで」って言えません。

友人の結婚式も写真面では苦痛です。
本当はカメラを持...続きを読む

Aベストアンサー

お気持ちはよくわかります。
特に撮影する側になったとき、大切なイベントとか失敗の許されない状況下におかれたときはものすごくストレスに感じます。

私の場合写真歴はそこそこあります。
なので、うまく撮れて当たり前というふうに周りの人たちは思っています。
が・・・親戚の結婚式、子供の入学式や卒業式など、失敗すると取り返しがつかないときに限って失敗をやらかしてしまうんです。
ここ一番というときに、緊張のあまり手ブレをしてしまったり、カメラの操作ミスをしてしまったり、シャッターチャンスを逃してしまったりと、普段めったにしないような失敗をしてしまいます。

まず、撮影日が近づいてくると胸騒ぎがしてきます。
前日の夜は殆ど眠れません。
最近は撮影事があると、ものすごく憂鬱です。
以前は大好きだった写真撮影が、苦になって仕方ありません。

フィルムカメラの時代はみんなそれほど写真を撮っていませんでしたが、今はTwitterやFacebook、あるいはブログにアップするために、老若男女を問わずやたら写真を撮りたがります。
でも、写真を撮っているとそれに集中してしまって、自分が楽しめていないことが多いんですよね。

私の周りに、まったくと言っていい程写真を撮らない人がいます。
誰に何を言われようが、頑として撮りません。
質問者さんもご自分のスタンスでいかれたほうが、嫌なことから開放されて楽になれると思います。
人は人です。
しんどい思いをしてまで周りに合わせる必要はないと思います。

どうしても撮らないといけないときは、失敗して当たり前くらいに思っときましょう。
私も最近はそう思うようにしています。
私たちはプロじゃないんですから・・・。
頑張って撮ってあげたというだけで喜んでくれるものです。

お気持ちはよくわかります。
特に撮影する側になったとき、大切なイベントとか失敗の許されない状況下におかれたときはものすごくストレスに感じます。

私の場合写真歴はそこそこあります。
なので、うまく撮れて当たり前というふうに周りの人たちは思っています。
が・・・親戚の結婚式、子供の入学式や卒業式など、失敗すると取り返しがつかないときに限って失敗をやらかしてしまうんです。
ここ一番というときに、緊張のあまり手ブレをしてしまったり、カメラの操作ミスをしてしまったり、シャッターチャンス...続きを読む

Q神社とお寺

結婚式は神社でやることも多いですよね?
でもお葬式はお寺からお坊さんに来ていただくことが
多いですよね?
これって、どうしてなんでしょう?

Aベストアンサー

神社とお寺って分けて考えなくても良いのではないでしょうか。

昔、日本での土着の宗教はいわゆる神道であり、神話の世界でした。
すなわち、日本には八百万の神々が居て、山にも森にも川にも海にも各々に神様が宿っているものだと云われていました。
当時の日本は非常に原始的な宗教だったものですが、ここに大陸から仏教が伝わって来ました。(6世紀頃)
仏教は体系が整えられており、人々への教えがあり、唱えるべき念仏、お経があるので日本人はこれを新鮮に受け止め、それまでにあった神話の世界も同化して受け入れてしまったようです。

元々、世の中に神様はたくさん存在すると考える民族ですので大陸からの新しい概念も抵抗なく神様の一種として取り込んでしまったようです。
これが神仏習合という考え方であり、日本はこの考え方でズ~~~ときまして、明治新政府が発足した時に天皇を絶対的な存在として神格化する都合上、日本神道こそが我が国の最も神聖な宗教であるとしたいために、廃仏毀釈運動といって仏教を弾圧したのです。

後にこの運動は収まりましたが、この時以降、日本人は仏教と神道とを分けて考えるようになっていったのです。
仏教伝来から1300年もの間、日本では神様と仏様はセットで捉えられていたものが、明治以降130年位の間が神と仏を分けているのに過ぎません。

今でも古いお寺や神社に行きますと、お寺の敷地内に祠が祭ってあったりします。

日本人は宗教心が無いと言われますが、外国のように一神教の信仰を持っていないだけで、八百万の神々が見守っていてくれるという宗教心は誰でも持っているのではないでしょうか。
その証拠に、正月には初詣、お盆には先祖を敬い、子供が生まれたらお宮参り、七五三のお参り、受験祈願、良縁祈願、厄払い、果ては新車購入時に安全祈願等々、、、頻繁にお寺や神社にお祈りしていますね。

>結婚式は神社でやることも多いですよね?

補足しますと、現在の日本での神前結婚式の形式は、明治時代に時の皇太子(後の大正天皇)のご成婚の時に東京大神宮にて行なわれた形式を真似して民間人にも一般的に広まった形式のものです。
それまでの一般人の結婚式というのはよく時代劇にあるような民家の座敷で隣近所・身内の人が集まってその人達の前で『三々九度』を交わして『高砂や~この浦舟に帆を上げて~』という謡曲「高砂」を誰かが謡うという今で云う人前結婚式スタイルですね。
最近の若い人達は神前結婚式は古臭いから今風の人前結婚式を好む風潮がありますが、何の事は無い、昔の長屋の結婚式スタイルに戻っただけですね。

神社とお寺って分けて考えなくても良いのではないでしょうか。

昔、日本での土着の宗教はいわゆる神道であり、神話の世界でした。
すなわち、日本には八百万の神々が居て、山にも森にも川にも海にも各々に神様が宿っているものだと云われていました。
当時の日本は非常に原始的な宗教だったものですが、ここに大陸から仏教が伝わって来ました。(6世紀頃)
仏教は体系が整えられており、人々への教えがあり、唱えるべき念仏、お経があるので日本人はこれを新鮮に受け止め、それまでにあった神話の世界も同...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報