ふるさとは遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの
よしやうらぶれて異土の乞食となるとても
帰るところにあるまじや
ひとり都のゆふぐれに
ふるさとおもひ涙ぐむ
そのこころもて
遠きみやこにかへらばや
遠きみやこにかへらばや

室生犀星の「小景異情」について、2つほど質問があります。
(1)「ひとり都のゆうぐれに」の「都」は多分東京のことを示しているのでしょうが、「遠きみやこにかへらばや」という「みやこ」のほうは、故郷の金沢のことですか?
(2)「帰るところにあるまじや」と言っていますが、室生犀星には何か故郷に帰れない事情があったのでしょうか?

どちらか片方だけでも構いませんので、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

犀星の親友、萩原朔太郎は、おっしゃるように「都=東京」にいて故郷の「みやこ=金沢」を思っていると解しています。


また朔太郎は、犀星の境遇を「母親と争い、郷党に指弾され、単身東京に漂泊して~」と述べています。「 」内は下記参考図書より引用。
ただ、吉田精一氏は、「帰郷時に、東京にあって思郷の思いを抱いていた当時を懐かしみ、そんな気持ちになれる東京に帰りたいものだ」という意味に解しています。「 」内は回答者の要約。
その説によれば、「都」「みやこ」はともに東京で、この詩は現実の故郷への幻滅、あるいは愛憎半ばする思いをうたったものということになります。

いずれの説が正しいか、私には判断がつきません。

参考図書 吉田精一「現代詩」学燈文庫
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まさか文壇でも解釈が分かれているとは知りませんでした。ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/24 13:34

 「一見しただけでは、東京で作ったのか郷里で作ったのか分りにくいようだけれども、しかしそれは郷里を離れようとするときの別れの心と、もはや再び帰らぬという決意を歌ったものである」(伊藤信吉「現代詩の鑑賞(上)」新潮文庫)という説が穏当だと思います。



 ふるさとは、今ここにあってのそれでは断じてなく、遠きにあっての「思い」こそが貴重なのであり、その思慕の念が切々として歌ともなって湧いてくるのである。よしんば他郷の空の下で乞食となってさ迷うとも、ここふるさとには戻るものではない。なのに帰ってきた挙句のこの幻滅、この落胆は耐えられない。
 東京での癒されぬ憔悴の日々が、誰もが見知らぬ他人だけの中での孤独の充たされぬその日暮の中での追慕果てない望郷の、あの真摯な希求、あの愛欲を超越した純粋さを、今このふるさとの地においてしみじみと懐かしみ涙ぐむばかり。嗚呼、この純粋な思慕の念を今ここに反照させつつ、改めてここ故郷を出立しよう。まさに「帰ろうではないか」あの遠く離れた都に、この「ふるさと」からはずっと遥けき、対比としての「みやこ」の地へと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

伊藤信吉さんの説を詳しく紹介していただき、ありがとうございます。
しかし今、自分としてはどっちの説か面白いか、というとなかなか決められないですね。

お礼日時:2006/08/24 13:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q室生犀星「小景異情」

ふるさとは遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの
よしやうらぶれて異土の乞食となるとても
帰るところにあるまじや
ひとり都のゆふぐれに
ふるさとおもひ涙ぐむ
そのこころもて
遠きみやこにかへらばや
遠きみやこにかへらばや

室生犀星の「小景異情」について、2つほど質問があります。
(1)「ひとり都のゆうぐれに」の「都」は多分東京のことを示しているのでしょうが、「遠きみやこにかへらばや」という「みやこ」のほうは、故郷の金沢のことですか?
(2)「帰るところにあるまじや」と言っていますが、室生犀星には何か故郷に帰れない事情があったのでしょうか?

どちらか片方だけでも構いませんので、お願いします。

Aベストアンサー

犀星の親友、萩原朔太郎は、おっしゃるように「都=東京」にいて故郷の「みやこ=金沢」を思っていると解しています。
また朔太郎は、犀星の境遇を「母親と争い、郷党に指弾され、単身東京に漂泊して~」と述べています。「 」内は下記参考図書より引用。
ただ、吉田精一氏は、「帰郷時に、東京にあって思郷の思いを抱いていた当時を懐かしみ、そんな気持ちになれる東京に帰りたいものだ」という意味に解しています。「 」内は回答者の要約。
その説によれば、「都」「みやこ」はともに東京で、この詩は現実の故郷への幻滅、あるいは愛憎半ばする思いをうたったものということになります。

いずれの説が正しいか、私には判断がつきません。

参考図書 吉田精一「現代詩」学燈文庫

Q「遠きみやこにかへらばや」のみやこはどこ?(室尾犀星)

ふるさとは遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの
よしや
うらぶれて 異土の乞食となるとても
帰るところにあるまじや
ひとり都のゆふぐれに
ふるさとおもひ涙ぐむ
そのこころもて
遠きみやこにかへらばや
遠きみやこにかへらばや

作者はみやこにいるのですか?ふるさとにいるのですか?
「遠きみやこ」はふるさとのことですか?都会のことですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

NO1です。追記をさせていただきます。

「遠きみやこにかへらばや」は「抒情小曲集」に収録されている詩で、一部から三部まである「抒情小曲集」の「一部」の中の最初の「小景異情」の「その二(六まである)」です。

『「遠きみやこにかへらばや」のみやこ』は、東京であり、作者は現在故郷の金沢にいると考えられる根拠について次の三点を上げてみます。


筑摩書房の文学全集の「抒情小曲集」には、「『抒情小曲集』覚書」なる文が冒頭文中のいくつかの文章の最後にあり、その中に次のような記述があります。
「創作地」の小題名の中に、
  郷里金沢市千日町雨宝院といへる金比羅神社、(以下略)
「野及び散歩の地として」の小題名の中に、
  最も好みしは犀川べりなる蛤坂新道、(以下略)
「旅行」の小題名の中に、
  京都、上州前橋市近郊に旅せし時の作、及び「足羽川」の一篇等な  り。(以下略)
「暗黒時代」の小題名の中に、
  小曲集第三部は主として東京に於て作らる。(以下略)

以上のように創作地については、一部・2部が金沢・京都・前橋・足羽川(福井市)となり、三部が東京と考えられます。


三部の冒頭の詩が「都に帰り来て」で、その中に、
  みやこの海をわたり行け
さらに、「上野ステエション」の詩の中に
  北国の雪をつもらせ
  つかれて熱い息をつく汽車である
  みやこやちまたに
  遠い雪国の心をうつす

以上のように「みやこ」が東京を表す例が三部を中心に多数あること等からみやこが東京を表すと考えられること。


「かへらばや」の部分を文法的に考えると(詩で文法的に考えるのもあまり良くはないのですが)、
  「かえら」は四段の自動詞「かえる(帰る)」の未然形
  「ば」は接続助詞
  「や」は間投助詞と終助詞の二通りの見方ができる
  「ばや」はいづれにしても強い願望を表す。
 問題は未然形プラス接続助詞の「ば」が仮定条件を表すことです。仮定条件は現実に無いこと、行われていないことを仮に表現するという性質があます。つまり、作者はみやこには帰っていないが、帰りたいとの強い願望を持っていることを示していることになります。

三点の根拠から、『「遠きみやこにかへらばや」のみやこ』は、東京であり、作者は現在故郷の金沢にいると考えられます。

以上が一般的な解釈ですが、異説として作者が東京にいるとの考えがあることを付記します。

NO1です。追記をさせていただきます。

「遠きみやこにかへらばや」は「抒情小曲集」に収録されている詩で、一部から三部まである「抒情小曲集」の「一部」の中の最初の「小景異情」の「その二(六まである)」です。

『「遠きみやこにかへらばや」のみやこ』は、東京であり、作者は現在故郷の金沢にいると考えられる根拠について次の三点を上げてみます。


筑摩書房の文学全集の「抒情小曲集」には、「『抒情小曲集』覚書」なる文が冒頭文中のいくつかの文章の最後にあり、その中に次のような記述...続きを読む

Q室生犀星の本を読みたくて探しております

お世話になります
先日、とある本で室生犀星の詩が少しだけ紹介されていました。
今まで名前はよく耳にしましたが、どういうものか全く解らずにいました。
そこでこれを機に室生犀星の本を読みたいと考えています。
全てを網羅している書籍や持ち運びにも便利な手ごろな文庫など
御紹介頂けると助かります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ちょうど今頃の季節ですと、

 いづことしなく
 しいいとせみの啼きけり
 はや蝉頃(せみごろ)となりしか
 せみの子をとらへむとして
 熱き夏の砂地をふみし子は
 けふ いづこにありや

などの詩句が思い浮かびます。それにしても皮膚の触覚に訴えかける「熱き夏の砂地」がよく効いているのはもちろんとして、「蝉頃」とはすこぶる感覚的なとらえ方です。むかし、そんな季語でもあるのかと思っていました。詩人の造語なんですね。それでふりがなも振ってある。たぶん東京にいて、ふるさとの金沢を偲んでいるとも取れます。まさに「ふるさとは遠きにありて思ふもの」のヴァリエーションでもあるのでしょう。

犀星は終生詩人であったと思いますが、小説や随筆にも長く心に残るものがあり、また、俳句も独特ですよ。個人的に好きなものとしては、

◇わらんべの洟(はな)もわかばを映しけり
◇にさんにちむすめあづかりあやめ咲く
◇あんずあまさうなひとはねむさうな
◇栗のつや落ちしばかりの光なる

など。 
小説の代表作は、短編では『性に眼覚める頃』『或る少女の死まで』『あにいもうと』『舌を噛み切つた女』
長編では『かげろふの日記遺文』『杏っ子』
随筆、評論では『随筆 女ひと』『我が愛する詩人の伝記』
あたりかなと思います。というか、わたしがそのあたりまでしか読んでいないんです(汗)

これらを一冊にするには量的にも無理ですし、まして「全てを網羅」するには個人全集に当たるしかありません。WIKIPEDIAによれば生前と死後に一度ずつ刊行されているようです。

現実的な提案としては、気が向いたときに古書店めぐりなどをして、文庫本を中心に集めるたのしみをされるのはいかがでしょうか。
筑摩版の現代日本文學体系第47巻目(昭和45年刊)は無二の親友であった萩原朔太郎との抱きあわせになっていて、あれこれ不満はあるものの手頃な一冊かもしれません。

ちょうど今頃の季節ですと、

 いづことしなく
 しいいとせみの啼きけり
 はや蝉頃(せみごろ)となりしか
 せみの子をとらへむとして
 熱き夏の砂地をふみし子は
 けふ いづこにありや

などの詩句が思い浮かびます。それにしても皮膚の触覚に訴えかける「熱き夏の砂地」がよく効いているのはもちろんとして、「蝉頃」とはすこぶる感覚的なとらえ方です。むかし、そんな季語でもあるのかと思っていました。詩人の造語なんですね。それでふりがなも振ってある。たぶん東京にいて、ふるさとの金沢...続きを読む

Q碓氷嶺の南おもてとなりにけりくだりつつ思ふ春のふか

「碓氷嶺の南おもてとなりにけりくだりつつ思ふ春のふかきを」この詩に使われている
技法(修辞技法)や訳、内容を教えて下さい。

Aベストアンサー

白秋はしばしば軽井沢を訪れ、そこで有名な「落葉松」という詩をも詠んでいます。

これは、軽井沢から碓氷峠を越え、横川にいたる街道をたどったときに着想した歌の中でも、一等人口に膾炙しているものではないでしょうか。
歌意については、「碓氷峠の南側に至ってからというもの、標高が下がるにつれ、より春の深まりを体感せずにはいられない(それにつけ、峠の向こう側は......)」ということではないでしょうか。

なお、取り立てて指摘するほどの修辞的工夫が施されているとは思えませんが、碓氷嶺の屹立する南面に視線を向けたり、「ぬ」と「けり」の助動詞を連ねたりすることで、もはや引き返すことの出来ないほどの標高差を降ってきたことがより強く印象づけられるのではないでしょうか。

さらには、碓氷峠の南側を「春の深き」と詠むことで、北側の軽井沢が春まだきの中にあことがおのずと連想されると言えなくもないですよね。

その点では、川端康成の「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」の逆バージョンと考えられなくもないような気がします。

Q室生犀星(わたしがうまれたとき・・・)

友達の結婚式に出席したときに
司会者の方がお二人にはなむけの言葉として送った
室生犀星の詩を知りたいのですが,タイトルがわかりません。

わたしがうまれたとき 
父はさぞ喜んだことでしょう。
(ちょっと違うかも?)

で始まる詩です。
全文もわかればお願いします。

Aベストアンサー

回答ではありません。

一応、所属の図書館に行った折に『叙情小曲集/愛の詩集』(講談社文芸文庫)と『室生犀星全詩集』(筑摩書房)を探して見ましたが、該当作品は見あたりませんでした。
『全詩集』といっても、犀星の自選集なので、それこそ全部の詩が網羅されているわけではないので、いわゆる有名ではないものは、いくつも漏れている可能性があります。
というのも犀星は大変多作な詩人であり、全詩集の奥付を見ても、生前に刊行された詩集は24冊を数えます。
ですから、この中から一つの詩、それも、それほど有名ではない詩を見つけるのは、相当に大変な作業であると思います。

犀星は、私生児として生まれ、生後七日にして母親から切り離され、寺へ養子に出されます(このあたりの事情は自伝的作品『杏っ子』に詳しい)。
ですから、おたずねの詩に出てくる「父」というのは、まったくの想像の産物なのです。

彼は三十三歳で、父親になっています。考えられるとしたら、この時期以降のものではないか。

ところがこの長男も、わずか十一ヶ月で亡くなってしまう。この子どもを喪った哀しみが中心となっているのが『忘春詩集』です。
ですからこの前後あたりではないか、という気はしますが、断定はできません。
むしろ、犀星から探すより、結婚などのアンソロジーから探した方が近道かもしれません。

同詩集の中にこのようなものがありました(全文は文芸文庫参照のこと)。

  母と子

 母よ わたしの母。
 わたしはどうしてあなたのところへ
 いつころ人知れずにやつて来たのでせう
 わたしにはいくら考へてもわかりません
 あなたが本統の母さまであつたら
 わたしがどうしてこの世に生れてきたかを
 よく分るやうに教へてくれなければなりません

ご質問とはまるっきりちがっていますが、もし興味がおありでしたら、ご一読なさってください。

回答ではありません。

一応、所属の図書館に行った折に『叙情小曲集/愛の詩集』(講談社文芸文庫)と『室生犀星全詩集』(筑摩書房)を探して見ましたが、該当作品は見あたりませんでした。
『全詩集』といっても、犀星の自選集なので、それこそ全部の詩が網羅されているわけではないので、いわゆる有名ではないものは、いくつも漏れている可能性があります。
というのも犀星は大変多作な詩人であり、全詩集の奥付を見ても、生前に刊行された詩集は24冊を数えます。
ですから、この中から一つの詩、それも...続きを読む

Q中国文学の情というものについて

中国文学のなかで人間同士の「情」について詳しく書かれたものが
あればぜひ教えてください。

Aベストアンサー

『情』というのがどういうことを言うのか質問からはよく分からないのですが、友情とか愛情とかの事でしょうか。
例えば唐詩では、李白は男同士の友情をよく歌ってますし、杜甫の詩は家族への愛情があふれるものが多いです。男女間の愛情を歌ったものは、日本の和歌などに比べるとずっと少ないようです。

Q室生犀星の詩の中に出てくる「完全されて」の読み

室生犀星の「すぐれた実在」という詩があります。

一本の蜜柑の木であるが
一二三ばかりの実がなつている
黄ろい日光のやうな色をして
考え深さうになつてゐる
そのまるまるした格好がすなほに枝の上に離れられないもののやうに見える
みてゐると冬といふ季節の一番すぐれた温かさが感じられる
ものの円味がああも完全されて
ぽつかり空間をしきつてゐるのを見ると
……

……
という詩です。
ここの7行目を見ると「完全されて」とあります。
これは「かんぜんされて」と読んでよろしいのでしょうか?
あるいは、そういう読み方は他でなされてますか?犀星のオリジナルなのでしょうか?

ご教示頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

「完全する」(かんぜんする)というサ変動詞があります。日本最大の国語辞典『日本国語大辞典』(小学館)に載っています。小さな辞典にももちろんよいものはありますが、大きな辞典も引かないとだめです。
「完全する」の意味は「全うする」(まっとうする)とだいたい同じです。

Qゲームとかで 欲しいものはとれなくて 欲しくないと思ってるもの だけ取れるのってなんていいますか?

ゲームとかで
欲しいものはとれなくて
欲しくないと思ってるもの
だけ取れるのってなんていいますか?

Aベストアンサー

・マーフィーの法則
・物欲センサー
とか。

Q室生犀星の詩の題の読み方

五月という詩が気に入っていますが
これってさつきと読みますか
五月と読みますか

Aベストアンサー

「ごがつ」だと思われます。以下のURLを参考にしてみてください。

  http://www16.ocn.ne.jp/~ondoku/gr6gogatu.html

「さつき」と読むには無理があるようです。

Qこの世をばわが世とぞ思ふ望月の

「この世~」という道長の歌ですが、自分はこの歌を最初に知ったとき、「わたしの権勢も今は絶頂だけど、いつかは満月も欠けていくように衰えていくのだろう。」というネガティブな意味だと思いましたが、そういう解釈は変でしょうか。また、これは本当に道長の作なのでしょうか。道長はこんなに傲慢なやつだったのだと言いたいために、誰かが作ったということはないでしょうか。

Aベストアンサー

 同じ歌の類似した質問に回答したことがあります。
 参考になさってください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1526097.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング