日曜大工で玄関の修繕をしています。
木下地をくみ、その上にコンパネを2枚貼って、12mmのフローリングを
1枚張り込みます。
端部の上がり框90角の木を止めたいのですが、細かい納め方と下地の作り方がわかりません。ご存じの方がいれば教えてください。
ちなみに、ゆかの仕上げは土間から350MMです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

現在の状況が良くわからないのですが、床を張って後は上がり框だけ取り付けるとゆう状況でしょうか?


先に框を取り付けたほうが固定するにはいいんですが、床に合わして框を固定するのなら、框の床側に30ミリ角程度の木下地を床の厚みに合わせて(フローリングとコンパネ2枚を合わせた厚さ)に釘やビスで固定します。
下側はハシゴ状に260ミリで木下地を作ります、作り方はまず上下の木を框と同じ長さに切って、その二本の木下地の厚さを引いて300ミリ間隔で本数を切ります(2メートルなら7本)それをハシゴ状に組んで框の取り付け位置に固定します、このとき框の前側より30ミリ位後ろになるように固定して下さい、そして框の床が当たる部分に木工ボンドを塗って下地の上に載せて床側は抑えておくか隠し釘などで数箇所固定します、下側は下地から釘やビスなどで固定します正面は化粧板などを張ると良いでしょう。
下を空けておきたいのなら両端に大きめの木を立てておくのも良いでしょう。この場合は床鳴りの心配があります。
隠し釘(通称折れ釘)など材料はホームセンターに行けばそろいます、がんばってみてください。
    • good
    • 0

言葉だけでは中々うまく伝えられないので、図書館か本屋さんで木造建築技術関連の図書を閲覧してみてください。


なるべく図解の物が良いと思いますよ。

ちなみに、そう言った書籍を多く発行している出版社のアドレスを載せておきます。
参考になると良いのですが。

http://www2.books.or.jp/asp/cat/cat.asp?sc=8901

参考URL:http://www2.books.or.jp/asp/cat/cat.asp?sc=8901
    • good
    • 1

詳しい取り付け方は知らないんですが・・・



下地はある程度まではコンクリートで作って、その上に
材木を起き、それの表面を綺麗に水平にして、その上に框を
置く事になると思います。(高さはその材木を削って調整)

見えているコンクリートのところにはタイルを張ることになると
順番としては「框」をつけてから「床」になります。
床板を繋いで繋いで、そうして最後は壁際まで行き「巾木」
といわれる板を壁の一番下に貼って壁と床の角の部分を隠します。
最初に框をつけるのは、そうしないと一番汚い繋ぎ目の部分が
框のところに来てしまうからです。

と、この事は判るんですが、ここから下は予測です。

框の取りつけですが・・・下は木でしょうか
繋ぎ方は、ちょっと聞いたことがないのでわかりませんが

たぶん・・・框の化粧面の後の面から下に向かって斜めに
くぎを打ちこんで止めるんじゃないでしょうか。
その場合あまり太い釘だと、割れそうですし。細いと
固定できないような気が・・・。

やはり詳しい方に聞いてみてください(^^;

框の化粧面にキズがつかないように(玄関の顔ですからね)
コタツ布団とかでカバーして作業してください。

ケガしないようにがんばってくださいね(^^
ところで・・・水をさすみたいですが、下みたいなのもありますよー

参考URL:http://www.eidai-sangyo.co.jp/product/union/floo …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上がり框を傷から守る方法について

完成間近の戸建て新築中です。
上がり框がL字型でL字の角に物を当てて傷が付きやすい状態です。
その角を保護するものを探しています。
適当な物を教えてください。ステンレス製の金物が良いかなと思っていますが
購入サイトもわかれば教えてください。

Aベストアンサー

ステンレスだと妙に浮いちゃうのではないでしょうか?

生活していれば多少の傷はしょうがないと思いますよ、何かをビス止めしたりしたら、後で外した時にその跡が嫌になると思います、ビス跡にしても金物にしても普通に付いたキズより奇異ですよ。

角だからキズが着くって事は無いでしょう、考えすぎると全てにカバーが必要になってきませんか、はっきり言って変だと思います、そのまま使用したほうが良いと思います。

Qコンパネt12mmと構造用合板t12mmどっちが強度がありますか

 日曜大工で物置を作っています。コンパネは白くてきれいですが、構造用合板

 のほうが安いんです。このカテゴリー 金属関係と屋根関係については、

 回答者になれるんですが、木工は良く解らないので、ご指導よろしくおねがいします。

 

Aベストアンサー

構造用合板には強度の区分がありますが、コンパネは表面の粗さの規定しかありません。
よって強度は構造用合板の方が安定していると申し上げられます。
参考までに、
構造用合板1級では、曲げ、圧縮強度、曲げヤング係数が規定されています。
針葉樹が多い2級では曲げヤング係数だけが規定されています。
枠組み壁工法では壁倍率によって使い分けられています。

コンパネは完全耐水合板とも呼ばれるように湿潤状態に強く出来ています。
しかし構造用合板はコンパネと同等(1類)もしくはワンランク上(特類)の耐水性能を有しています。
これは主に接着剤の分類から来る特性です。
詳しくは検索サイトから情報収集してください。

ただし、建築対象が『物置』ならばどちらでも大差はありません。
板表面のきれいさを取るなら「コンパネ」、コストと強度を取るなら「構造用合板」と考えてください。
ちなみに、私が営業で物置を作る場合の材料の選択要素は「安い方」です。
オマケですが、両者は微妙に大きさが違うことはご存知ですね。
コンパネは1800×900、構造用合板は1820×910です。

構造用合板には強度の区分がありますが、コンパネは表面の粗さの規定しかありません。
よって強度は構造用合板の方が安定していると申し上げられます。
参考までに、
構造用合板1級では、曲げ、圧縮強度、曲げヤング係数が規定されています。
針葉樹が多い2級では曲げヤング係数だけが規定されています。
枠組み壁工法では壁倍率によって使い分けられています。

コンパネは完全耐水合板とも呼ばれるように湿潤状態に強く出来ています。
しかし構造用合板はコンパネと同等(1類)もしくはワンランク上...続きを読む

Q靴を脱ぐ場所は?玄関に大きな石の段差がある場合

先日、行きなれない料亭にに行った時
玄関の靴を脱ぐところで、廊下にあがるところに
一段、階段になるような感じで、楕円形の岩がありました。
調べてみると、恐らく
上がりかまち、と呼ばれるものだと思いますが

靴はこの上がり框の上で脱ぐものですか?
それとも、その下、土足で歩く部分の場所に脱いで
上がり框には、裸足であがるものですか?

木製だったら土足であがることはない、と思いますが
裸足で岩の上に上がるのが、なんとなく(冷たいし)抵抗があり

とっさの判断で、その岩の上で靴を脱ぎましたが
かなり恥ずかしいことをしてしまったのでしょうか?

Aベストアンサー

正しい使い方です
沓脱石あるいは単に踏み石と呼びます。
元々は湿気を避けるために日本家屋の床が高かったことから設けられました。
茶室の躙り口には必ずあります。
昔は道路は舗装されていませんでしたので履物は汚れ易かったために脱ぐ際に泥が足につかないように設けられたものです。
場合によってはここで足を洗いました。
ハイヒールだと乗るとすこし怖いかもしれません。
最近は足腰が弱った高齢者用に木製やアルミ製のものが復活してきています。

上がり框というのは玄関間と土間との間にあって一段さがった板張りの部分前面の横木のことです。
踏み石同様に日本家屋の床が高かったことから取り付けられました。
古いお屋敷などでは、玄関間が畳敷きでした。
土間との間を上り降りするのに一段低い板張りの床が設けられていました。
この板張りが強度の関係で横長の板を使わずに、短い板を並べました。
この並んだ板の断面を隠すために渡された横木です。
この板張りの部分は式台と呼ばれますが、式台という代わりに上がり框と呼ぶこともあります。
時代小説などでは、上がり框に座って話し込むなどという情景描写があります。
場合によっては、式台の板張り部分の前に踏み石=沓脱石が置かれている場合もあります。
いずれにしましても沓脱石の上で履物を脱いで上がります。

お料理屋さんや旅館などで来客が複数の場合には、一人の人が履物を脱いで上がればすぐにお店の方が沓脱石の上から履物を取り沓脱石の脇におろします。

最近の旅館は団体客が多いことから、式台や沓脱石を兼ねてスノコが敷かれています。
大概は横に下駄箱があります

現在は玄関の土間部分が高くなっている構造の家が多く住居の床面との高さの差が小さいことから式台も沓脱石も使われなくなっています。
マンションでは当然ありません。(居住床の入口側の横木が上がり框です)
御存知がなくても止むを得ません。

正しい使い方です
沓脱石あるいは単に踏み石と呼びます。
元々は湿気を避けるために日本家屋の床が高かったことから設けられました。
茶室の躙り口には必ずあります。
昔は道路は舗装されていませんでしたので履物は汚れ易かったために脱ぐ際に泥が足につかないように設けられたものです。
場合によってはここで足を洗いました。
ハイヒールだと乗るとすこし怖いかもしれません。
最近は足腰が弱った高齢者用に木製やアルミ製のものが復活してきています。

上がり框というのは玄関間と土間との間にあって一段さが...続きを読む

Q大工素人工事でが軒下の土間を適当にコンクリで仕上げてしまってるために(

大工素人工事でが軒下の土間を適当にコンクリで仕上げてしまってるために(10年前くらい?)
軒下入り口に水が溜まるので、

ホームセンターにある一番小さいU字側溝を4つ使いL字型に敷設し、
段差をなくすために
1m×1mくらいの既設の土間の上から、モルタルをかぶせて仕上げたいのですが、

ドアの入り口と同じ高さに側溝を合わせてと、ここまではいいのですが

この点で問題が
新たにモルタルをかぶせる厚みが少ないところで1センチくらい
深いところで3センチ程度しかありません・・・
やはり1センチでは、割れてしまうでしょうか?(場所は人が行き来するくらいです)



1、そのままモルタルを打つ
2、ハツリである程度ボコボコニしてモルタルを打つ

できれば1,2で済むと楽なのですが
モルタルを打つところをすべて5センチくらいの深さまではつりモルタルを打つのは手間で
避けたいです。

Aベストアンサー

境目の形状は直線になるようにしましょう。
忠実に薄くするのではなく、縁端の所だけ少し厚目にするとか。
どうしても気になるようでしたら、幅20CM程度の間は、台所用くらいの金網を挟むとか。
いずれにしても、セメントは標準より少し多めのほうが良いです。
出来上がりの色合わせに関しては今回無視。 御健闘を祈ります。

Q相撲の「夏場所」等の名称についての疑問。

(1)相撲の五月場所が夏場所とされるのは何故ですか?
また、(2)冬場所がないのはなぜですか?
・・・・・・・
一月場所(初場所):両国国技館
三月場所(春場所):大阪府立体育会館
五月場所(夏場所):両国国技館
七月場所(名古屋場所):愛知県体育館
九月場所(秋場所):両国国技館
十一月場所(九州場所):福岡国際センター
・・・・・・
(1)この表を見るとわかりますように3月場所が春場所で5月場所が夏場所と、「春」のわずか2ヶ月後に「夏」となっています。
しかし一方で秋場所は夏場所の4ヶ月後です。
このことを説明できる合理的な解説をお願い致します。
この点に関しての私の考えは、本来は1月場所を春場所としたかったが、新年として年始めを祝う日本の文化を尊重した結果、初場所という名称をつける必要があった、だから1月は春場所と名付けられなかった。そこで代わりに3月を春場所とした。このように考えましたがいかがでしょう。
(ちなみに1月が春なのは旧暦が理由と考えましたが合ってますか?)
ただ、この考えでは未だ、(2)冬場所が存在しない理由を導けえません。なぜ九州場所と表記し、冬場所と表記しなかったのか、春夏秋はあるのに冬場所がないのはなぜなのでしょう。


一体これらの疑問点にはどのような理由があるのか、どなたかご意見又は答えを提示いただければ幸いです。

(1)相撲の五月場所が夏場所とされるのは何故ですか?
また、(2)冬場所がないのはなぜですか?
・・・・・・・
一月場所(初場所):両国国技館
三月場所(春場所):大阪府立体育会館
五月場所(夏場所):両国国技館
七月場所(名古屋場所):愛知県体育館
九月場所(秋場所):両国国技館
十一月場所(九州場所):福岡国際センター
・・・・・・
(1)この表を見るとわかりますように3月場所が春場所で5月場所が夏場所と、「春」のわずか2ヶ月後に「夏」となっています。
しかし一方で秋場所は夏場所の4ヶ月後です。...続きを読む

Aベストアンサー

江戸勧進相撲の伝統から来ています。
相撲会所(いまの相撲協会)が作られ、公許勧進相撲
が始まったのは貞享~元禄時代で、当時は年一、二回
原則として3月(春場所)または10月(秋場所)でした。

年二場所が定着したのは明和3年からです。
春場所は2、4月の時もあり、秋場所が11月の時もあり
ましたが、旧暦の11月は冬です。  しかし秋は実るが
冬はさびれるということで、「冬場所」の言葉は嫌って使い
ませんでした。  千秋(穐)楽の言葉もあります。
(一月場所がはじまったのは、文化10年浅草が初の
土俵となった時です。)幕末までこのままです。

世が騒がしくなり混乱期です。   六、七月場所になる
こともありました。夏ですが秋場所と呼んだのでしょう

明治13年春、夏の二場所制が定着しました。1月と5月
です。大戦中の昭和18年まで長く続きました。
この春は新暦なので初春の意味でしょう。

戦時中の昭和19年は戦時意識高揚のためとして、初の
年三場所が開催されました。春、夏、秋(1、5、11月開催)
です。   いまの元です。
戦後は混乱期です。

混乱が収まり、昭和24年より年三場所制が定着。
昭和28年より年四場所、1,3、5、9月になり、春場所が
1月から3月へ押し出され1月は初場所になりました。
初、春、夏、秋場所です。

昭和32年の年5場所を経て、昭和33年よりいまの年
六場所制になったわけです。
1、3、5、7、9、11月、初、春、夏、秋は従来通りで、
7、11月には季節名は付けられないので、開催場所名に
したわけです。

なお江戸時代の春、秋場所は誰が名付けたかは知り
ませんが、当時の番付表や浮世絵に書かれており、
周知され、準公用語と思われます。
ただ前記の弘化時代の一月場所を春場所と呼んだかは
さだかではありません。
弘化14年の浮世絵では一月場所と書かれています。

江戸勧進相撲の伝統から来ています。
相撲会所(いまの相撲協会)が作られ、公許勧進相撲
が始まったのは貞享~元禄時代で、当時は年一、二回
原則として3月(春場所)または10月(秋場所)でした。

年二場所が定着したのは明和3年からです。
春場所は2、4月の時もあり、秋場所が11月の時もあり
ましたが、旧暦の11月は冬です。  しかし秋は実るが
冬はさびれるということで、「冬場所」の言葉は嫌って使い
ませんでした。  千秋(穐)楽の言葉もあります。
(一月場所がはじまったのは、文化10...続きを読む

Qコンパネ台車の自作

コンパネ台車を自作したのですが、重い荷物を載せたら早速キャスターが取れてしまいました。

コンパネ厚が12mmくらいなので、それに合う木ねじとなると、小さめになるために、固定が弱過ぎるようです。
コンパネの上部は平面である必要があるので、少し穴を開けてボルトで止めるとかが考えられますが、木ねじだけでできる強力で簡単な方法はあるでしょうか。

Aベストアンサー

上部を平面にしておきたいならば、下部(裏側)に角材などを取付け、その角材に対し長めの木ネジを使用しキャスターを止めてはいかかでしょうか?
角材の固定方法としては、木工用ボンド+表側からの木ネジ固定でかなりの強度は出ると思います。

Q「場所場所によって変化する」ことを上手く表現する言葉はないでしょうか?

「場所場所によって変化する」ことを上手く表現する言葉はないでしょうか?

時間の経過に伴い,物事が変化するとき,「時々刻々と変化する」という表現が使われます.このような感じで,場所が変われば物事が変わることを,スマートに表現する言葉はないでしょうか?「場所場所によって変化する」でも良いですが,そのまま過ぎます.「津々浦々」という言葉を思いつきましたが,これの意味する場所とは地理的な場所に限定され,場所一般ではありません.例えば体の部位とか,宇宙空間とか,どんな「場所」にも使える「時々刻々」に対応するような言葉はないものでしょうか?

Aベストアンサー

「所々で変化する」
【※所々】ところどころ

でどうでしょうか?

Qコンパネ・MDF・合板の強度について

こんにちは。

現在、ドラムの防音用に自転車チューブの上に910x1800の板を乗せて振動対策を仕様かと思っています。

今日、ホームセンターに行ってみましたが、MDF、ラワン合板、コンパネ等の板がありました。
厚さが同じ12mmとして、強度はこの3つでどのような順番なのでしょうか?
特に強度に差がなければ、安いコンパネか処理の少ないMDFにしたいと思っています。

以上、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

コンパネT1 F☆☆☆ ラワン合板T2F☆☆☆☆とすると
まず材質的にはほぼ同等でラワン系の材を使用しています。純粋のラワンは伐採しすぎて無い為あくまでもラワン系の材です。違いは1.接着剤T1=フェノール樹脂系メラミン樹脂系の接着剤を使い耐水性が高い。T2=ユリヤ樹脂接着剤を使い、多少の耐水性は期待できますが屋外の使用には向きません。2.ホルマリン放散量第三種ホルムアルデヒド発散材料=F☆☆☆これは住宅で使用の場合見える部分で使用できません。使用できるのは屋根裏や見えない部分と家具の芯材など。規制対象外となる建築材料F☆☆☆☆=住宅の見えるところでも使用可能。
ただし余程過敏ではない限りF☆☆☆でも問題ないと思います。振動対策に使用されるだけなら。壁全面使用するとかなら問題ありますが。

ホームセンターで売っているコンパネは恐らく下地用でF☆☆☆で見た目もあまりよくないと思います恐らく2等品です(板面の欠点他で1等品2等品に分類されます)見た目はラワン合板が綺麗に見えると思います。
強度は変わらないので後は見た目、ホルマリン放散量、価格で判断されればいいと思います。私ならコンパネ買います。

コンパネT1 F☆☆☆ ラワン合板T2F☆☆☆☆とすると
まず材質的にはほぼ同等でラワン系の材を使用しています。純粋のラワンは伐採しすぎて無い為あくまでもラワン系の材です。違いは1.接着剤T1=フェノール樹脂系メラミン樹脂系の接着剤を使い耐水性が高い。T2=ユリヤ樹脂接着剤を使い、多少の耐水性は期待できますが屋外の使用には向きません。2.ホルマリン放散量第三種ホルムアルデヒド発散材料=F☆☆☆これは住宅で使用の場合見える部分で使用できません。使用できるのは屋根裏や見えない部分と家具...続きを読む

Q行ったら吐き気のする場所があるのですが、そういう場所には何かあるのでし

行ったら吐き気のする場所があるのですが、そういう場所には何かあるのでしょうか。
その場所とは、以前に行ったことのある場所であることもあれば、全く見知らぬ場所の場合もあります。
その場所の地名を考えただけでも、気分が悪くなり脈拍が上がることがあります。

Aベストアンサー

わたしも、稀にありました。
吐き気とかはないですが、血の気が引いてきて手が冷たくなってきます。
酷いと足が前に進みません。挙げ句膝が震えて立ってられなくなった事も。
本当に普通の建物だったのですが。
わたしの場合、元々怖がりなので、そのせいもあるかもしれないです‥。

何度も行っている場所で、そこで何か嫌な記憶があったりという事もありますが、
初めての場所でも確かにあります。
年のせいか、最近はなくなりましたが‥。
地名を考えるだけでも、ですか‥。
気になりますよね。
でも、どちらにしても、質問者さんにとって良い場所ではないと思います。
出来るだけ考えず、近づかない方が良いと思いますよ。
どうしても行かなくてはならないなら、1人ではなく誰かと一緒に行って下さいね。

専門的な勉強をしていないのに、回答してしまい申し訳ないです‥<(_ _)>

Q耐力壁にコンパネと構造用合板どのような事が起こる?

障子を取り払い板張り耐力壁で耐震化を考えています。手に入りやすくローコストなコンパネでの施工を考えていました。でも構造用合板の使用をすすめられました。素人目には作りの違いがわかりません。具体的に将来どんな不都合が生じるのでしょうか?お分かりになる方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 構造用合板というのはJAS(日本農林規格)にて定められた強度や耐久性・耐候性などの品質を確保して製作された合板で、コンパネはそうした規格によらず作られたものと考えてください。
 合板で耐震壁を構成するには所定の厚みの構造用合板をN釘という建築用の太い釘で所定のピッチで柱・梁・土台の四周と中央の間柱で打ち付けなければ耐震性を発揮できません。
 コンパネで普通の釘を使って張っても効果はゼロではありませんが、期待した効果は得られませんし、経年と供に結露にやられて腐るリスクもあります。

 また、耐震補強を専門外の人が行うのもおすすめできません。
耐震壁はバランス良く配置しないと地震時に建物がねじれて却って崩壊しやすくしてしまう危険がありますし、耐震壁の端っこの柱には抜け落ち防止の金物やアンカーを設置しないと地震時に耐震壁が地震の力を受け止める前に柱がすっぽ抜けて壊れてしまう危険もあります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング