教えて!goo限定 1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

昔は技術の日産と言われてたそうですが何時位の車が技術の日産と言える車なのでしょうか?
あと日産がここまで落ち込む原因は何なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

元々は技術のプリンスと言われていましたが日産が吸収合併して技術の冠詞をとって技術の日産となりました。


そういう意味ではプリンスの影が薄くなった頃まででしょうかね。
ポールニューマンが宣伝していたスカイラインの頃にはすっかり影を潜めていたように思います。

日産が落ち込んだ要因は様々あると思います。
ブルーバード910のころ(昭和50年代)には3頭政治といわれたように会長、社長、労働組合委員長が勢力争いに忙しくユーザーを省みなかったのが最初かと思います。
当時は組合が威力を誇示するために新型車の生産を遅らせてディーラーの新車発表会に肝心の車が無いという事態もありました。

そのような事態を許してしまったのには販売体制の弱さもありました。
日産のディーラーはメーカーの子会社が多く、社長といっても日産からの出向が多かったそうです。
そのため販売会社の収益を上げるよりも大量販売の功績で本社に戻ることを考える人が多く販売会社の体力は脆弱なままでした。
値引きしてたくさん売る体質になってしまったので商品力アップについて日産本体に文句をいう人がいなくなってしまったようです。
メーカーが値引き販売の赤字を補填できている間は良かったのですがメーカーの資金繰りが悪くなると値引き頼りの販売店も一気に売り上げが落ち込んであっという間に悪循環に落ち込んだようです。

もう一つ生産の現場と開発の力関係です。
生産現場でもっと工程を減らす作り方を提案しても開発部門では現場の工員がグダグダ言うなと取り合わなかったそうです。
それに反してトヨタでは作りやすく設計するというように現場の声を極力反映していたそうです。
ひどい時にはトヨタと日産で同等の車を作るのに日産が100工程ならトヨタは80の割合だったそうです。
それを同じような価格で売るのですから企業の収益体質には大きな差が付いて当たり前でしょう。
こういったことがトヨタの手抜きと言われる一因かもしれませんけどね。
でも工程が少なくても出来上がりが同等なんだから差が付いたともいえます。

しかしルノー傘下になって日産は変わったのですが今は日本市場をまったく無視してアメリカ市場ばっかり見るようになったので落ち込むのは当たり前かもしれません。
    • good
    • 5

昔はブルーバード、スカイライン、ローレル、セドグロ


シーマを乗りましたが、他社の同級と比較してアクセル
ワークの反応が良かったと思います。

ニッサンの車名は他社の同級より長くて覚えられないの
が難点ですね。例=リベルタビラ、インフィニティQ45
……何のことか解りにくい。

現行の車名は馴染みがないので「ニッサン」の認識がない
のが寂しいですね。初代シーマーのドアを閉めた時の静
粛性と発進時にボンネットを持ち上げて加速する感動は
懐かしい思いです。
今はクラウンで安全運転ですが。
    • good
    • 2

技術の日産について。



かつて、日産は"90年代までに技術の世界一を目指す"というスローガンを掲げて、マルチリンクサスペンション、RB26DETTやVG30DETT等の高性能エンジン、そしてATTESA E-TS、その他の走行性能諸々を充実させて行った時期がありました。その結果に登場したのはプリメーラであり、S13のシルビアであり、そしてなによりもR32のスカイライン、そしてBNR32のGT-Rだったのです。しかし、バブルがはじけて、この活動は終止符を打たざるを得なくなりましたが、現在でも日産の技術に生かされています。

日産凋落の原因。

何の事はないです。評論家連中が日産というメーカーに対して誹謗中傷(酷評、とは言いがたい非常に恥じるべき言動)を散々行った事です。そして、カルロス・ゴーン体制に入ってからは一部の無責任なエセファン達による裏切りも主な原因の一つです。
    • good
    • 0

フエアレディZが出てきた当時までは、技術の日産でしょう。


ケンとメリーのスカイラインからは、変わったかもしれないです。

日産が落ち込んだ理由は、あまりにもいろいろな兄弟車を出し過ぎたのが原因でしょう。
そして、技術革新をしてこなかった事も大きいです。

日産とトヨタでは、同じファミリーカーでも、日産の方がうるさいです。
代表的な例として、トヨタのカローラと日産のサニーでしょう。
カローラは、現在でも同じ名前で、改良モデルチェンジして、継続販売してます。
サニーは、国内では名前が無くなって、ティーダやティーダラティオという車に変わってしまいました。

ちなみに、サニーの兄弟車は、パルサー、リベルタビラ、ラングレー、プレセア、ローレルスピリットとあるのです。
あまりにも売れない車を多く造りすぎて、失敗したのです。

でも、トヨタも、名車の系譜にある「コロナ」や「カリーナ」が、無くなったのは寂しいです。

現役日産ユーザーからすると、今の日産の車には乗りたい車はないです。
    • good
    • 0

>あと日産がここまで落ち込む原因は何なのでしょうか?


私なりの考えです。
日産は売れる車ではなく、売ろうとする車をつくる。
トヨタはその反対の車をつくる。(だから個性がないのかな?)
    • good
    • 1

CMのキャッチフレーズですから・・・。


A12エンジンの事かな。
(良く回り(走り)、低燃費、故障知らず)

販売は外観デザインが1番らしいですよ。
車の性能はそんなに悪くない。(良いと言えるくらい。)
大企業病だったんでしょうね。
    • good
    • 1

技術の日産と言われたのは箱スカの当時ですネ


でも、あの頃はプリンスを技術ごと取り込みその効果が出て技術の日産と呼ばれたのですが、徐々にプリンスの色が薄くなるとにつけ技術の日産の名称も薄くなってきました。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日産自動車のキャッチコピーが「技術の日産」たる所以は?

日産自動車は自社のキャッチコピーを「技術の日産」としていますが、どこら辺の技術が他の自動車メーカーに勝っているのでしょうか?

NHKに戦後、高度成長時代の工業製品の開発秘話を扱った「プロジェクトX」という名物番組がありました。国内の主要自動車メーカーも取り上げられていましたが私の記憶では
富士重工 スバル360(低価格の量産車実現)
マツダ ロータリーエンジン(困難だったロータリーエンジンの量産化)
本田技研 CVCCエンジン(米国の排ガス規制をクリア)
など、他社が技術系の話題だったのに対し、日産は
フェアレディZ(ポルシェをしのぐスポーツカーとして大人気)
というように、販売での苦労、ボディスタイルの開発の部分に重点が置かれていたように思います。実際、スタジオゲストも当時のカーデザイン担当者だったし。(まあ、あの番組が自動車業界すべてを克明に描写しているわけでもないが。トヨタ車の紹介の回は見ていないので内容がわからない。)

「日産車は他社と違ってここがすごいんだぜ!」
というところを、一発お願いします。

Aベストアンサー

昔はニッサン党でした!

昔は日産自動車は日本一のメーカーでした、英国のオースチン社から技術導入して、機械として堅い製品を製造していました。
当時は技術偏重の会社であったため「技術の日産」と自他共に認める存在でした。

その当時のトヨタ自動車は海外からの技術に頼らず、機械としては甘い製品を製造していました。簡単に言うとガタガタになり易く寿命の短い駄目な自動車を作っていたのです。だから機械に詳しい人は日産車を好みトヨタ車を嫌う傾向にありました。

しかし製造技術に劣るトヨタは、人間工学に力を入れました。分かり易く言うと、使い安く乗り易い車造りに力点を置いたのです。そしてデザインの良い車造りに傾注しました。自動車を買う多くの顧客は機械には素人ですから、デザインや使い良さでトヨタの車をドンドン選びました。これが「販売のトヨタ」と言われる所以です!

結局時代の経過と共に、いつの間にかトヨタがニッサンを抜いてしまいました。商品は沢山売れると品質も向上します、クレームに対応出来なければ会社の存続が無いからです。ヤマハ発動機と組んだ事がトヨタの技術レベルを飛躍的にアップした原動力になったでしょう、結果世界一の自動車メーカーとなったのです。

過去にニッサン党だった私も、今ではニッサン車に乗る気にならず、トヨタのクラウンに乗っていますが、確かにニッサンを抜いた感覚を感じます。

昔はニッサン党でした!

昔は日産自動車は日本一のメーカーでした、英国のオースチン社から技術導入して、機械として堅い製品を製造していました。
当時は技術偏重の会社であったため「技術の日産」と自他共に認める存在でした。

その当時のトヨタ自動車は海外からの技術に頼らず、機械としては甘い製品を製造していました。簡単に言うとガタガタになり易く寿命の短い駄目な自動車を作っていたのです。だから機械に詳しい人は日産車を好みトヨタ車を嫌う傾向にありました。

しかし製造技術に劣るトヨタ...続きを読む

Qトヨタは技術力が無いの??

よくトヨタは販売力で勝っているだけ。
技術は日産。エンジンはホンダ。
良いのはハイブリッド技術だけ。
と言っている人が居ますがどう思われますか??

Aベストアンサー

トヨタの御術について低い評価が多いので、
異なった視点から、

企業の技術力を評価する基準として、特許の内容と,出願した特許が拒絶された件数を統計する方法があります。
新しい技術を開発すれば,必ずメーカーは特許を申請します。
しかし,他のメーカーが先に同じ技術を申請していれば,その特許は拒絶されます。
したがって、先行技術として引用された特許(他のメーカーの特許を拒絶した)が多いメーカーほど,技術的な優位性が高いと考えられます。
自動車だけでなく、製薬メーカーや素材メーカーの技術力を評価する方法として一般的な手段です。

2012年の結果が日経のサイトに掲載されていますが
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK25030_V20C13A1000000/
自動車関連で引用された公報数では
1位 トヨタ    7680
2位 デンソー   6101
3位 日産     5159
4位 ホンダ    3706
5位 マツダ    1509
6位 矢先総業   1265
7位 アイシン精機 1109
8位 豊田合成    922
9位 豊田自動織機  840 

トヨタの特許によって,最も多くの出願を拒否されたのはホンダ
ホンダの583件の特許は、692件のトヨタの特許により拒否されました。
反対に最もトヨタの特許を阻止したのは日産、
トヨタの859の特許申請をを、998件の日産の特許がブロックしました。
ホンダの連中がトヨタを憎む気持ちが解ります。

また,申請された特許について、調査会社がその特許の内容を調査し、特許の質をランク付けして企業の技術力を評価する方法もあります。
同じ2012年の評価では
http://www.patentresult.co.jp/news/2012/10/automobile.html

1位 トヨタ
2位 デンソー
3位 ホンダ
4位 日産
5位 BOSCH
6位 ヤマハ発動機

この評価ではホンダが日差より高い評価を得ています。

いずれにせよ,あれだけの研究開発費をつぎ込んでいるのですから、
お金のあるメーカーは,測定装置も実験施設よいものが使えます。
すなわち,良好な試験データが得られ,開発速度も速い。
自動車業界のエンジニアは,転職する人も多いですから,優秀な人材が集まります。
(ホンダのディーゼル開発部隊は,いすゞ出身者が多い)

いずれにせよ、このような情報は有料のデータが信用できますよ。
ただし高価ですが
特許資産価値ランキング 5万円

トヨタの御術について低い評価が多いので、
異なった視点から、

企業の技術力を評価する基準として、特許の内容と,出願した特許が拒絶された件数を統計する方法があります。
新しい技術を開発すれば,必ずメーカーは特許を申請します。
しかし,他のメーカーが先に同じ技術を申請していれば,その特許は拒絶されます。
したがって、先行技術として引用された特許(他のメーカーの特許を拒絶した)が多いメーカーほど,技術的な優位性が高いと考えられます。
自動車だけでなく、製薬メーカーや素材メーカーの技術...続きを読む


人気Q&Aランキング