初めての店舗開業を成功させよう>>

ISO14001での話ですが、環境側面を評価し、著しい環境側面を特定していきますが、その評価の仕方について質問です。
当社では全部署にコピー機が入っていて、全体ではけっこうな量を使います。でも部署毎ではたいした量ではないので、部署ごとで環境側面の評価をすれば、著しい環境側面になりません。ですので、環境目的にもあがってこないので環境マネジメントプログラムで、コピー用紙の削減、というものが出てきません。
全体でみればかなりの量になるので取り組みたいのですが、なにかいい用法はないでしょうか。環境側面の評価を部署ごとではなくて全社でみても問題は無いのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

微々たる量も積もればものすごい量・・そうですね。



環境配慮面
まず,現状把握の項目にあがらなければ,評価も何もありませんし
ましてや,改善目標も設定されないでしょうね。
・・ということは多分ご理解の上だとおもいますし
その上での質問だと思いますが。

環境改善項目は下から見たものと,上から見たものは
やはり違う事がしばしばあります。
ご指摘の通り,コピー用紙などはその代表例でしょうね。

総括的に全体の現状把握を行い,使用内容に問題がないか(ゴミになってるとか)の評価をする必要がありますね。
そのうえで,全体目標とそれに整合した部門目標そして対策ということでしょうか。

目標は全体だけでも評価基準さえはっきりしていれば問題ないと思います。
(そのように評価する・・と定められていれば)

コピー用紙にかぎらず,「紙」という考え方もあります。
(ペーパーレスに結び付ける手法:かなり難しいですが・・)
裏白の紙をいかに再利用しているかなど


必要なものと不必要な物が絶妙のバランスで存在しますので
なかなか,このコピー用紙の削減というのは難しいんですよ,実際

評価方法は,
1 紙のゴミの量
2 コピー用紙の購入量
3 コピー用紙の再利用量 等など

但し,コピー用紙自体が通常再生品ですから
(再生品を使っていないのならここから始めて下さい)

これの購入を減らす・・という事が=環境配慮
ではないということは誤認識下さい
(再生品の購入量は逆に増やす事が環境配慮です)

問題視するべきは,ムダに使用されている「コピー用紙」の量のはずです
この部分に最終的に着眼して下さい
(紙は無くせないんだから・・・)

あっ,それからコピー用紙で大きな目標設定すると後で自分の首を絞めますから要注意を・・

あまり,まともなアドバイスでは無かったですね・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
今まで、部署ごとに環境側面を抽出→部署ごとに評価→著しい環境側面抽出→全社でまとめる→環境目的へということをやっていましたが、部署ごとに抽出→全社でまとめる→評価→著しい環境側面抽出→環境目的へ というほうが、細かいものももらさないようですね。
あとは、ご指摘のとおり、あまり大きな目標を設定し過ぎないようにします。

お礼日時:2002/04/02 19:18

特に部署ごとに評価しないといけない事はなく、全体で評価して良いと思います。


ただ、責任区は明確にしておく必要があります。全体の方が用紙の購入量の推移などが見えやすいのではないでしょうか。要は、第3者から見て真剣に誠実に環境問題に取り組んでおられる事がわかる様なしくみになっている事が大事だと思われます。コピー用紙の削減はたいていのところは取り組んでおられるので、コピー機がたくさんあるのにそういう取り組みがない方が不自然に取られる可能性もあります。こういう書き方をすると監査対策の様ですが、私は「監査=社会からの目」と捉えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速にありがとうございます。
そうですね。やっぱりコピー台数が多いのにコピー用紙の削減にとりくまないのはおかしいですよね。
再度、環境側面の評価方法を検討します。

お礼日時:2002/04/02 19:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事務所の環境目的・目標は?

いつも大変お世話になっております。kaichinです。
またまたISO14001に関する質問です。
(質問ばかりでなく、他のジャンルでは回答してます)
私の事業所は、全国に工場や営業所がありますが、その本社の総務部が、独立した建屋(小さい2階建て)にあります。ISO14001活動は今年にスタートしたばかりで、紙・ゴミ・電気の目標がありますが、小さい総務部は、みんなが頑張ると、元々の消費量が少ないもので効果が高くなります。担当者が悩んでいまして、近い将来煮詰まるのでは?と言う悩みです。似たような境遇にある方、事務仕事の目的・目標はどうバリエーションを広げると良いのでようか?今の所、グリーン調達位しか浮かばないのですが。

Aベストアンサー

紙ゴミ電気はあくまで「おまけ」と考えた方がいいと思います。
事務所部門で、自分が使う紙ゴミ電気といった直接的な環境側面、マイナスの環境側面を扱ったところで、継続的改善や達成度管理は困難です。

本質は、総務部の本来の業務の中に環境側面を見出すことです。
おっしゃるようなバリエーションをいくら考えたところで、こういった間接的・プラスの環境側面を扱っていなければ、来年に改訂される規格の要求には間違いなく耐えられなくなります。
そもそも、紙ゴミ電気だけで認証取得できたことが不思議なくらいです。審査登録機関はどちらでしょうか。

お悩みの点、手本となるものは少ないと思いますが、がんばってください。

QISO9001の教育訓練について

おつもお世話になっております。
ISO9001の6.2人的資源についての質問です。
「教育訓練または他の処置の有効性を評価する」
とありますが、どのような方法で有効性を評価すればよろしいのでしょうか?
有効性を評価するには、教育計画と教育結果を示す記録が無いと評価はできないのでしょうか?
ちなみに、弊社では、必要な力量を明確にするために「スキルマップ」を作成しており、上司が仕事振りを観察して一年毎にそのスキルマップを見直し、改訂を行っております。これだけでは有効性を評価したことにならないのでしょうか?
お手数ですが、教えてください。

Aベストアンサー

#5です。

「正確に書こう」と努めたら、わかりにくくなったようです。ご質問に直接答えます。

『上司が仕事振りを観察して一年毎にそのスキルマップを見直し、改訂を行っております。』

⇒その「上司」が

・「明示した計画」あるいは「記録として残してある計画」に基づいて
・「教育・訓練を実施」していて
・「仕事振りを評価」する手段を持ち
・かつその手段が客観的にわかる
・評価結果が明示されている

という条件がそろっていれば、そのスキルマップは「教育訓練の有効性の評価」につかうことができます。

逆に言えば

・計画は上司の頭にしかない
・計画はない、いきあたりばったり
・教育・訓練は具体的に実施していない(単にOJTと書いただけならNG)
・評価手段が不明確
・評価の結果、計画どおりどうだったかが不明確

だったら、アウトです。

『有効性を評価するには、教育計画と教育結果を示す記録が無いと評価はできないのでしょうか?』

⇒そうです。先ほど書いたとおりです。

QISO14001の目標について

はじめて質問します。
今度私の会社ではISO14001に準拠したマネジメントシステムを
構築する事になりました。
そこで環境目標の一つに「消費電力の削減」をかかげようと思っているのですが
具体的な削減量を設定する段階でいったい何パーセントにすればよいかまったく
見当がつきません。
2年3年と統計を取っていればある程度の数字は出せると思うのですが、
初年度の為何のデータもありません。
実際の行動としては、
1、不必要な照明は必ず消灯
2、エアコンの設定温度の管理
3、コンピュータの節電(例えば昼休みには電源を切る)
等微々たるものしか出来ません。
ちなみに消費電力の大半は製造設備の為、ここの部分は手をつけられない状態です。
今回は上記3項目の事務系のみにしぼりこみ、もし完全に実施できた場合の削減効果はいったい何パーセントほどになるのでしょうか?
実際に実行されている会社の方がいたら、その具体的数字をお教えいただきたく思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.数値根拠
 特に根拠はなく、ムリがない目標数字、ということですね。
2.行動計画
 (1)各階(本社オフィス)に管理責任者を決めて、毎日、チェックリストで、エアコン温度、離席時の消灯、ゴミ分別などをチェック(印、時間、チェック者名)します。月末で閉めて、5日までに総務担当へ渡します。その際、各階のコピー機のカウンター数値も記入します。
 (2)ゴミは、ペットボトル、空き缶・ビン、一般ゴミの3種類のゴミ箱に入れます。毎週金曜日に、一般ゴミ以外は出します(一般ゴミは月・金)。
 (3)紙、電気の使用量は、総務担当がとりまとめ、翌月、結果をメール(ノーツを会社で使ってます)してきます。
 (4)エアコンは、冷房27度以上、暖房?度以下(手元に資料、今ないので)。
3.参考資料
 神奈川県が平成10年11月11日に記者発表で「ちりもつめればやま運動」
 総務部行政システム改革推進室事務改善担当(内線2417)
 ボックスNo.22028、とあるので、ファックスとか何かで取り出せるのでしょうか?

Q「順守」と「遵守」の違い

「順守」と「遵守」には違いがあるのでしょうか?
国語辞典では並列で出ていますので、全く同じ意味と解釈できますが、なぜ2種類の表現があるのでしょうか?

Aベストアンサー

「遵守」が本来の用字、「順守」は代用表記です。

常用漢字のうち、新聞協会用語懇談会が新聞や放送で使わないことを決めた11字に「遵」が含まれています。
→ 謁、虞、箇、且、遵、但、脹、朕、附、又、濫

「遵」は当用漢字(昭和21年)にも入っていますが、昭和29年3月の国語審議会報告「当用漢字補正資料」で当用漢字表から削除する候補28字に含まれていました。
→ 且、丹、但、劾、又、唐、嚇、堪、奴、寡、悦、朕、濫、煩、
  爵、璽、箇、罷、脹、虞、謁、迅、逓、遵、錬、附、隷、頒

日本新聞協会では翌4月1日からこの補正資料を採用し、「遵守」→「順守」、「遵法」→「順法」などの書き換えを行っています。

昭和56年に当用漢字表が廃止、常用漢字表が制定された際にも、新聞協会では当用漢字補正資料を30年近くも採用していた経緯から、11字を使わない取り決めはそのまま継続されています。

そのような経緯から、公用文や教科書では「遵守」、新聞や放送では「順守」といった不統一が半世紀も前から続いているわけです。国語辞典にもかなり昔から併記されているはずです。


新聞や放送では、常用漢字表とその音訓の範囲で使用することを原則としていますが、この11字のほかにも追加や削除された例外があります。詳細はその都度、紙上で発表されています。

「遵守」が本来の用字、「順守」は代用表記です。

常用漢字のうち、新聞協会用語懇談会が新聞や放送で使わないことを決めた11字に「遵」が含まれています。
→ 謁、虞、箇、且、遵、但、脹、朕、附、又、濫

「遵」は当用漢字(昭和21年)にも入っていますが、昭和29年3月の国語審議会報告「当用漢字補正資料」で当用漢字表から削除する候補28字に含まれていました。
→ 且、丹、但、劾、又、唐、嚇、堪、奴、寡、悦、朕、濫、煩、
  爵、璽、箇、罷、脹、虞、謁、迅、逓、遵、錬、附、隷、頒
...続きを読む

Q製造における品質保証と品質管理の業務の違い

製造において品質保証課と品質管理課とでは、どのように役割が違うのでしょうか?(似てるという見解もあるようですが、あえて役割をきちんとわけるとしたら)以下は現時点での自分の認識です。

品質保証:
・顧客のクレームに対してその原因を調査し、原因をつきとめ、対策の実施や体制整備を行う。
・その中で製品の検査等も行う。
・顧客から受ける監査対応、認証機関からの監査対応
・内部監査の実施

品質管理:
・製品の検査

※ちなみに監視機器、測定機器の校正業務(社内校正、外部校正含め)はどこの部署が行うのが一般的ですか?使用する製造部署でしょうか?品質保証部が行うのはおかしいですか?
その会社が決めることというのは、承知済みですので、一般的な見地からお願いします。

Aベストアンサー

 大手メーカで品質保証の責任者を務め、その経験をいかして今は脱サラし、ISO 9001(品質マネジメントシステムの国際規格)の主任審査員もひとつの仕事にしています。

 品質保証と品質管理はかなり違います。品質保証と検査とはそれ以上に隔たりがあります。包含関係で言えば、まずやるべきことが単純な(仕事が限られた)検査があり、その検査を取り囲むようにあるのが品質管理(つまり品質管理の一部が検査です)、その品質管理をも包含するようにあるのが品質保証です(つまり品質保証の一部が品質管理です)。

 品質保証は、素人向けにごく簡単に言えば、検査や品質管理などの仕組み(システム)づくり、体制づくりまでも含めます。たとえば、品質保証は従業員の(決めごとを守るような)しつけまで責任を負い、規律よい会社の体質づくりまでカバーします。ですから品質保証は、製造部門だけではなく、営業や設計に対してもモノを言い、ある意味でその仕事の品質(出来ばえ)まで管理します。設計の基準づくりまでも目を光らせます(設計の基準そのものを作るのではなく、設計の基準が適正に作られるように管理します)。もちろん、それを守って仕事をするようにも管理指導します。

 あなたが書かれた「顧客のクレームに対してその原因を調査し、原因をつきとめ、対策の実施や体制整備を行う」は、どちらかというと品質管理に含まれるべきものです。品質管理は製品(またはサービス)に近い部分を扱うわけです。製品品質の統計的な調査・分析と改善実施も品質管理が行います。そうしたことがシステマチックに出来るように仕組み(あるいは基盤)づくりをするのが品質保証です。

 繰り返して言えば、品質保証は、仕組み・ルール・手順・基準づくりをします。なお、ここで言う品質とは製品の品質に限定されず、仕事の品質までを指します。それが品質保証なんです。ですから、品質保証の仕事はかなり経営に近い部分の仕事までするわけです。
 その一環として、たとえば品質保証では工程FMEAや設計FMEAあるいはFTAも行うような手順・基準も定め、関係部門で実施させますし、QC工程図をどのように作成すべきかのルールさえも策定します(そのルールにしたがってQC工程図を作るのは製品に近い立場にいる品質管理が行います)。
 ですから、品質保証の仕事をすると、会社の強みや弱みなどほとんどのこと(経理などは除きますが)が分ってきます。

 監視機器、測定機器の校正業務(社内校正、外部校正含め)は、かなり大手のメーカではそれを専門に扱う部門(たとえば計測機器管理部門)があったりします。そこまで行かない場合は、製造部門がやることもありますし、品質管理部門がやることもあります。
 品質保証部門は、計測機器部門や品質管理部門が管理する監視機器・測定機器が適正であることを保証できる仕組みを構築して維持します。具体的に言えば、校正基準器の管理をどうするかの決めごとをつくる、監視機器・測定機器を保管する場所の環境(温度・湿度など)基準を決める、(監視機器・測定機器を社内校正する場合は)校正要員の必要な力量を定める、校正の有効期限(あるいは頻度)を(監視機器・測定機器の種類や用途ごとに)決める、監視機器・測定機器を校正しようとしたときに異常があった(狂いが発見された)場合の処置の手順を決める…等々を行い、もちろん、それらが決められたとおりに運用されているかも適宜、巡回・監査して確かめます。それが品質保証です。

 大手メーカで品質保証の責任者を務め、その経験をいかして今は脱サラし、ISO 9001(品質マネジメントシステムの国際規格)の主任審査員もひとつの仕事にしています。

 品質保証と品質管理はかなり違います。品質保証と検査とはそれ以上に隔たりがあります。包含関係で言えば、まずやるべきことが単純な(仕事が限られた)検査があり、その検査を取り囲むようにあるのが品質管理(つまり品質管理の一部が検査です)、その品質管理をも包含するようにあるのが品質保証です(つまり品質保証の一部が品質管理です...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報