ISO14001での話ですが、環境側面を評価し、著しい環境側面を特定していきますが、その評価の仕方について質問です。
当社では全部署にコピー機が入っていて、全体ではけっこうな量を使います。でも部署毎ではたいした量ではないので、部署ごとで環境側面の評価をすれば、著しい環境側面になりません。ですので、環境目的にもあがってこないので環境マネジメントプログラムで、コピー用紙の削減、というものが出てきません。
全体でみればかなりの量になるので取り組みたいのですが、なにかいい用法はないでしょうか。環境側面の評価を部署ごとではなくて全社でみても問題は無いのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

微々たる量も積もればものすごい量・・そうですね。



環境配慮面
まず,現状把握の項目にあがらなければ,評価も何もありませんし
ましてや,改善目標も設定されないでしょうね。
・・ということは多分ご理解の上だとおもいますし
その上での質問だと思いますが。

環境改善項目は下から見たものと,上から見たものは
やはり違う事がしばしばあります。
ご指摘の通り,コピー用紙などはその代表例でしょうね。

総括的に全体の現状把握を行い,使用内容に問題がないか(ゴミになってるとか)の評価をする必要がありますね。
そのうえで,全体目標とそれに整合した部門目標そして対策ということでしょうか。

目標は全体だけでも評価基準さえはっきりしていれば問題ないと思います。
(そのように評価する・・と定められていれば)

コピー用紙にかぎらず,「紙」という考え方もあります。
(ペーパーレスに結び付ける手法:かなり難しいですが・・)
裏白の紙をいかに再利用しているかなど


必要なものと不必要な物が絶妙のバランスで存在しますので
なかなか,このコピー用紙の削減というのは難しいんですよ,実際

評価方法は,
1 紙のゴミの量
2 コピー用紙の購入量
3 コピー用紙の再利用量 等など

但し,コピー用紙自体が通常再生品ですから
(再生品を使っていないのならここから始めて下さい)

これの購入を減らす・・という事が=環境配慮
ではないということは誤認識下さい
(再生品の購入量は逆に増やす事が環境配慮です)

問題視するべきは,ムダに使用されている「コピー用紙」の量のはずです
この部分に最終的に着眼して下さい
(紙は無くせないんだから・・・)

あっ,それからコピー用紙で大きな目標設定すると後で自分の首を絞めますから要注意を・・

あまり,まともなアドバイスでは無かったですね・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
今まで、部署ごとに環境側面を抽出→部署ごとに評価→著しい環境側面抽出→全社でまとめる→環境目的へということをやっていましたが、部署ごとに抽出→全社でまとめる→評価→著しい環境側面抽出→環境目的へ というほうが、細かいものももらさないようですね。
あとは、ご指摘のとおり、あまり大きな目標を設定し過ぎないようにします。

お礼日時:2002/04/02 19:18

特に部署ごとに評価しないといけない事はなく、全体で評価して良いと思います。


ただ、責任区は明確にしておく必要があります。全体の方が用紙の購入量の推移などが見えやすいのではないでしょうか。要は、第3者から見て真剣に誠実に環境問題に取り組んでおられる事がわかる様なしくみになっている事が大事だと思われます。コピー用紙の削減はたいていのところは取り組んでおられるので、コピー機がたくさんあるのにそういう取り組みがない方が不自然に取られる可能性もあります。こういう書き方をすると監査対策の様ですが、私は「監査=社会からの目」と捉えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速にありがとうございます。
そうですね。やっぱりコピー台数が多いのにコピー用紙の削減にとりくまないのはおかしいですよね。
再度、環境側面の評価方法を検討します。

お礼日時:2002/04/02 19:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q環境ISO非通常時に有意な環境側面の対応

ISO14001のシステム構築中の担当者ですが
予備審査の指摘で
「化学物質Aについて非通常操業で有意となっているがどう対応しているか不明」
との指摘受けました、非通常作業の手順書のような物はあるのですがこれを持っ
ているだけではまずいのでしょうか、どなたか教えて下さい。

化学物質Aは通常、非通常、緊急事態全てで有意となっており
通常からは・・・・使用量削減の目的・目標活動に繋げています
緊急事態では・・緊急訓練を実施しています
確かに非通常でどうするかはちょっとあいまいで、使用量削減の目的・目標活動
ですと答えたかったのですが、非通常で量の削減というのもおかしいと思います
通常、非通常、緊急事態は次のように定義しています
通常:正常な操業状態
非通常:装置の停止、立ち上げ
緊急事態:事故、地震、火災等 以上

Aベストアンサー

> 非通常作業の手順書のような物はあるのですがこれを持っ
> ているだけではまずいのでしょうか

まず、「持っているだけ」ではまずいでしょう。それを使って
どうするのかが、明文化されていないと。

例えば、非通常時を「装置の停止、立ち上げ」と定義付けて
いるのですから、その化学物質Aがある装置の停止で発生が
抑えられ、立ち上げで発生するのであれば、手順書に従い
停止、立ち上げを行ない、手順書にある基準値になることを
確認し、記録する、とでも書いておき、手順書には、その
基準値、運転で XXppm、停止で 0ppm になることを確認する
と書いておく。

で、別途、確認の履歴があればOKでしょう。

Q環境ISO14001ってなぜできたんでしょうか?

今大学の課題で困ってます。環境問題を扱っていますが、環境問題と合理性を組み合わせると答えが出てこないのでISO14001の出来た理由が知りたいです。
出来れば環境問題の合理性を考えるとしたら、今後考えていくべきエコライフのようなもののヒントのような事柄も少し教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

こんばんは
今までの環境問題はいわゆるパイプエンド方式で、排出規制を遵守させることが主な目的として規制中心で行われてきました。
ところが、地球温暖化対策や化学物質の環境リスク評価、廃棄物問題などの単なる規制だけでは解決できない問題が残ってしまいました。
国の環境基本計画(平成6年策定)では「循環・共生・参加・国際的取り組み」を基本テーマとして、環境対策の転換が図られました(規制そのものは残っています)。企業活動の環境負荷低減を経営の中に取り組んでいかない限り今後環境改善は期待できないことから、ISO14000が推進されるようになりました。
エコライフはなかなか実践が難しいですが、学生さんが考えるのであればライフサイクルアセスメントで、どのような動作が環境に対して効果があるのか検証してみるのなんか面白いと思いますが。例えば牛乳パックを古紙として回収するか、燃料として熱エネルギィーとして回収するかなど。

QISO14001環境側面について

ISO14001の環境側面抽出ですが、商品を納品又は販売する場合はOUT区分に入らないですよね?

中間廃棄物処理業者が処理の過程でリサイクル可能な成果物を納品した場合でもOUT区分には入らないと解釈できるでしょうか?

どなたかお分かりになる方、ご回答をお願いします。

Aベストアンサー

追記の補足です。
中間廃棄物の業種という事ですね?

廃棄物をINとした場合OUTにリサイクル品・産業廃棄物(最終処分場・埋め立て)として記載します。

産業廃棄物場合は別にアウトソースの監査及び確認が必要です。其方で運搬するのか?後工程の産廃業者が運搬するのか?どちらにせよ処理後運搬しますよね?“運搬許可書”と最終の廃棄物施設の許可証や許可証の期限等々の確認が必要になります。

厳密に言うと其方から排出された“廃棄物”が間違いなく処理されて埋め立てに使われるのか?を証明する必要があります。

埋め立て地まで見に行く必要は在りませんが御社から出発する車を写真に撮り途中の道順を看板を入れ写真に収め最終処分場の入り口で又撮る。
実際にその処分場で処理されているのかを確認(証明)しなければなりません。(違法投棄の問題)

OUTに最終処分場と記載して明確にしないと問題になりますよ。

車の排気ガスなど“営業車・トラックの使用”と題名を付けINで「車も購入」「燃料使用(ガソリン・軽油)」OUT・「廃車」「排ガス(CO・CO2・NOx)」
更に排出物がどのような物であるか?「排ガス(CO・CO2・NOx)」更にどの法律に触れるのか?・・・
分けていたら後の処理が楽ですよ。

分けて組み立てた方が分り易いと思います。工程は工程、運送は運送、更に工程の分割として考えた方が整理が付くと思います。

環境ISOの場合、環境に起因する全ての項目に整合性を保つ必要があります。一般企業でも産業廃棄物を出す場合、購買先の選定が必要になります。許可証があっても実際にその製品が処理出来るのか?又その能力が在るかを確認する必要があるのです。「任せたからいいだろう」では難しいですよ。

追記の補足です。
中間廃棄物の業種という事ですね?

廃棄物をINとした場合OUTにリサイクル品・産業廃棄物(最終処分場・埋め立て)として記載します。

産業廃棄物場合は別にアウトソースの監査及び確認が必要です。其方で運搬するのか?後工程の産廃業者が運搬するのか?どちらにせよ処理後運搬しますよね?“運搬許可書”と最終の廃棄物施設の許可証や許可証の期限等々の確認が必要になります。

厳密に言うと其方から排出された“廃棄物”が間違いなく処理されて埋め立てに使われるのか?を証明する必要...続きを読む

Q製品及びサービスの環境側面

ISO14001の事務局をしている者です。環境側面の抽出に関して、社員に良い事例を示す事が出来ないかと悩んでいます。設計開発や営業等は容易に考えられるのですが、製造部門や総務部門等が、いくら考えても出てきません。”活動”の側面が多い部門について、何か良い事例が載っている書籍やHP等を知っている方、或いはご自分で色々やられている方等、教えて頂けるとありがたいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 私も事務局経験者です。
 参考書やHPは・・・残念ながら知りません。 私はセミナーで貰ったテキストを役立てています。

 サービスの側面ということですが、ライフサイクルアセスは実施されましたか?WEB検索するとたくさん出てきますが、端的に言えば製品の生涯追求です。製品として送り出した後の環境影響を把握し、活動に結び付けます。

 総務は非常に難しいですよね。自分の所では、環境教育を一手に引き受けてもらっています。部署内に限定しないで、「環境教育による意識改善によってどんな環境影響が出るのか」という良い環境側面を抽出できます。

 コレが正解かどうかは分かりませんが、責任者一人事務局一人で切り盛りできる程度の中企業で、とりあえず審査は通っています^^;

Q環境問題を訴える言葉として「地球に優しく」という言葉の使用は適切ではないのではないでしょうか?

私はこの地球上に温暖化をはじめとする環境問題など一切存在しないと考えている者なので、最近の猫も杓子も「エコ」「エコ」と言っている状況には正直うんざりしています。
それも変わり者が私的にのたまわっている分にはいいのですが、近時では政府いや国際会議などの場でも議論されるようになり、二酸化炭素の排出権が取引されるようになったり将来的には環境税の導入なども真実味を帯びてきており、私には全く理解不能かつ不愉快な事態です。
そこで教えて頂きたいのですが、
(1)本当に温暖化などという現象は起きているのですか?起きているとするのならばその根拠は何ですか?
地球46億年の歴史の中では今よりも二酸化炭素の量が多く、地球全体が熱帯雨林気候のような時代もあり(恐竜が栄えていた時代にはCO2の量は現在の6~7倍あり、気温もずっと高かった。そうでなければあれほど巨大な生物が生きていけるだけの植物が賄えない)、また逆に全世界が氷に覆われた氷河期の時代もあり、地球の気候は1億年とかもっと長いスパンで変動しており、人類の活動の影響で気温が上がったと言うのには正確なデータが地球の歴史から考えるとあまりにも短く説得力に欠ける(地球の誕生から今日までを1年とすると人類の生産活動が本格化した産業革命から今日まではたったの2秒に過ぎない。そんな一瞬のデータだけで地球の長い歴史の気候変動を無視し、人類の活動の影響で温暖化が進んでいるとするのには無理があるのではないか)。
(2)また、仮に温暖化が進んでいるとしても温暖化して我々人類にとって何か不利益があるのですか?あるいは地球が滅亡するというような事態が起こるのですか?
温暖化で全地球の平均気温が3~5℃上がり北極や南極の氷が融け、海水面が上昇し南太平洋のツバルとかいう国やイタリアのベニス等が沈んだとしても大したことではないのではないか。また、気温の上昇により世界各地の水が蒸発し砂漠化が進行することにより地球上の人類全体を養っていくだけの食糧が取れなくなると言う話もあるが、そんなことは先進国で経済力がある我が国にはあまり関係のないことなのでないか。
それに先程も述べたとおり仮に温暖化が進んで気温が現在より3~5℃上がったとしても地球の長い歴史ではもっと過酷な環境であった時代もあり、温暖化により地球が滅亡するということは考えにくいのではないか。
(3)温暖化が進むと我々人類にとって何か不利益があるとしてもそれは我々人類が生活を営んでいく上で環境が悪化し住みにくくなるというだけで、地球は別に何も困らない訳であり、環境問題を語る上で「地球に優しく」と言う言葉の使用は適切ではないのではないか。「エコ」ではなくむしろ人間の「エゴ」なのではないか。
本当に地球を守りたいということであれば、人類がこの地球上から居なくなることが一番の環境保護につながるのではないか。地球も人間以外の生物にとってもそれが最も喜ぶことなのではないか。
本当に地球を守りたいと声高に叫んでいる連中はそのことを理解した上で、環境保護を訴えているのか?自分の命を投げ出す覚悟があって環境問題を語っているのか、私はおおいに疑問を感じます。

以上の通り私には現在の環境問題を巡る議論の意味が全く理解できません。大変愚か者で申し訳ありませんが、どなたかこのような愚か者の私にも分かるようにこの問題についてご教授頂けますでしょうか。

私はこの地球上に温暖化をはじめとする環境問題など一切存在しないと考えている者なので、最近の猫も杓子も「エコ」「エコ」と言っている状況には正直うんざりしています。
それも変わり者が私的にのたまわっている分にはいいのですが、近時では政府いや国際会議などの場でも議論されるようになり、二酸化炭素の排出権が取引されるようになったり将来的には環境税の導入なども真実味を帯びてきており、私には全く理解不能かつ不愉快な事態です。
そこで教えて頂きたいのですが、
(1)本当に温暖化などという現象...続きを読む

Aベストアンサー

現在のエコブームにうんざりというのはよくわかります。今こそ慎重な議論が必要でしょう。極端な環境政策を主張する人の中には、この機会に乗じて儲けてやろうという人たちがいてまともな議論をやりにくくしているようです。従来の社会体制をひっくり返したい人や政党にとっても恰好のネタになってます。

本質的な問題は持続的発展ができるのかということではないでしょうか。極端な自然破壊が進めば森林伐採で自滅したイースター島のようなことにもなりかねない。人口は急増しており、途上国も資源多消費型の発展を進めているので、資源制約やら自然破壊で行き詰まりそうだという予感がブームを後押しているような気がします。

従って、質問者のように具体的にどんな問題があるのかを見極めることが重要だと思います。鳩山政権の中期削減目標2020年に90年比25%削減は、エコブームへの悪乗りで経済への影響を考えていません。

以前、環境NGOの人が、家畜のゲップが温室効果ガス増大の一因なので日本では食肉禁止にすべきだとか、自動車を禁止して自転車しか使えないようにすべきだと主張していました。十分な検討もせず中期目標を世界に約束してしまうと、われわれの生活を犠牲にしなければいけなくなるかも知れません。

ツバルの人は国が水没すると騒いでいますが(地盤沈下が主な原因という説もあります)、水没するのが困るなら、日本の過疎地域に移住してもらった方がずっと安上がりかもしれません。お互いエコブームに乗って儲けようとする輩に騙されないようにしましょう。

現在のエコブームにうんざりというのはよくわかります。今こそ慎重な議論が必要でしょう。極端な環境政策を主張する人の中には、この機会に乗じて儲けてやろうという人たちがいてまともな議論をやりにくくしているようです。従来の社会体制をひっくり返したい人や政党にとっても恰好のネタになってます。

本質的な問題は持続的発展ができるのかということではないでしょうか。極端な自然破壊が進めば森林伐採で自滅したイースター島のようなことにもなりかねない。人口は急増しており、途上国も資源多消費型の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報