ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

canon、epsonのレーザプリンタの歴代の最高位機種について教えてください。canonのLBP3410とLBP1310はわかるのですが・・・
お願いします・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

プリンタの修理屋です。



最高位機種と言う意味合いの問題はありますが、質問であげられた機種は最高位機種とは言いにくいですね。

大昔はA4でスタート、その後B4機、A3機と順次発表されました。
また、途中からカラー機も登場しましたので、複雑かも知れません。

A3モノクロ機に限って言えば、LBP-A304E、LBP-A304EII、LBP-A304G、LBP-A304GII、LBP-A309GII、LBP-730、LBP-750、LBP-850、LBP-880、LBP-910、LBP-1810、LBP-1820、LBP3800、LBP3950 と続いてきました。
ラインナップのポジションが安定してきたのはLBP-A309GII以降ですね。

質問であげられたのはA4機ですが、LBP-8、LBP-A408、LBP-A404、LBP-A404E、LBP-A404GII、LBP-A404F、LBP-450、LBP-470、LBP-1310、LBP3410、と続いてきました。
A4機はA3に比べてバリエーションが少ないため、廉価版(もしくは反主流)として登場しても、A4ではフラッグシップとなってしまったケースもあります。
LBP-450は当時主流となりつつあったフィルム定着(オンデマンド)ではなく、昔ながらのヒーター定着でした。
フィルム定着は現在の様に高速印刷ができなかったので、あえてヒーター定着にしたようです。フィルム定着でLBP-430という機種もありましたが、価格も印刷速度もLBP-450の方が上で、A4機の最高位機種として扱われていました。

また、A3機でもデスクトップではない大型の機種で、LBP-930、LBP-930EX、LBP-950、LBP-1910と進化してきた機種もあります。
想定しているユーザーが少々違いますが、絶対的な価格はこのクラスが一番高いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング