以前に地下鉄の広告で、確か「リニアモーターカー建設促進協議会」なる団体がリニアモーターカーが大阪<->東京間を結ぶ漫画を画いていて、その漫画では、リニアモーターカーが大阪<->東京間を南アルプス山脈の下に造ったトンネル内を通過するように画かれていました。リニアモーターカーは本当に南アルプス山脈の下を走るのでしょうか。
そうだとすると、私の以下の推測は正しいでしょうか?

1.リニアモーターカーではほとんど外の景色を楽しめない。
2.今の新幹線とは別の軌道上にリニアモーターカーを建設するとなると、いずれ今の新幹線は時代遅れになり、
使われなくなって、新幹線軌道は高速道路もしくは別の高速交通システムのために使われるようになる。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

◆Naka◆


再登場させていただきます。「補足」を読ませていただきました。
はい、リニアモーターカーは実験で終わる可能性も、まだまだあります。
その必要性に対する疑問や、環境等への影響問題が解決されないままの現在のリニアはあまり立場が良くない、というのが現状ですね。
それに代わって有力視されているのが、先の回答で書かせていただいた「第二東海道新幹線(仮称)」です。
これは、現在の東海道新幹線が、在来線の東海道本線に沿った形で作られたのとは一線を画し、かなり内陸寄りに作られます。最高速度は350km/h程度、東京~大阪間を1時間30分~2時間ほどで結ぶという計画です。
実際問題として現在の新幹線車両でも、わずかな改造で350km/h運転は可能ですから、あとはそれを実現するための高規格線路の敷設だけが課題となります。

また、第二東海道新幹線は、新大阪において山陽新幹線に乗り入れ、博多(または以遠)までの直通が可能になりますので、実用性は高いです。
リニアの場合は、リニア車両と従来の新幹線車両の両方が走れる路線の開発を新たにしない限り、山陽新幹線への乗り入れはできませんので、新大阪以西への利用客にメリットはないと思われます。
さて、どうなりますでしょうか?? (^^;)
    • good
    • 0

山脈の真下を通るトンネルを掘るのは、コスト面から見て難しいのではないでしょうか。


結局、必要なところだけトンネルを掘って、メインは地上でしょうね。新幹線と同じように。

リニアで外の景色を楽しめないのは残念ですね。
でも、そうなりそうな気がします(というか他の方の回答からも確実でしょう)

今の新幹線は、「新幹線があっても、JR在来線は消滅してない」ことを考えると、今後も残るでしょうね。
何も全ての東京人が大阪に行きたいわけではないですから。
京都に行きたいという人もいるはずです。
    • good
    • 0

zeffoさんの質問に合った件ですが、東京~大阪間に中間駅を作る計画が確かないはずです。


あくまで中間に関しては現在の東海道新幹線を利用していくのが当初計画のはず
しかし、新幹線の開通に夜在来線の廃止や、当初の計画のない駅の新設など現在の新幹線ですら予定道りに行ってないのが現実
どうなるのでしょうか?
    • good
    • 0

tonton5775 さんの推測は仮にリニアが実現された場合1は正しいと思いますが、2はそんなことはないと思います。



そのまえにはたしてリニアモーターカーによる高速鉄道は本当に必要になるのでしょうか?
私は、高速鉄道は新幹線のレベルアップで良い様に感じます。で、2の推測は正しくないと思いました。

リニアは騒音、衝撃等の問題もあることから、山中を通過する計画だと思いますが、500km/hの加減速に必要な距離、エネルギーはどうなるんでしょうか?山中に駅を作ってもそこまでのアクセス手段も必要になりますよね。その問題もどうなるのか興味深いところだと私は思います。

すいません、返答のつもりが僕も疑問になっていたので、長々書いてしまいました。
    • good
    • 0

◆Naka◆


リニアモーターカーが実際に営業運転をするとして、計画路線通りに建設されるとは到底思えません。実際には名古屋までは現在の中央東線、中央西線に沿った形となる可能性が高いです。
その名古屋も当初は通さないつもりだったようですが、名古屋市民の猛反対に会い、結局通すことになったということですね。

さて、1についてですが、リニアはこれまでの新幹線以上に、環境に配慮した設計が至上義務となることは明らかですから、防音壁が異様に高くなっています。
また新幹線以上に直線が基調となりますので、必然的にトンネルが全体の半分以上を占めることになり、景色はほとんど楽しめないと予想できます。
ただ、その分乗り心地は非常に快適なものになるでしょう。
余談ですが、乗り心地が良いとスピード感を感じないのは、路面の悪い一般道と高速道路で100km/h走行したときのスピード感の違いをご想像いただければよろしいと思います。

では2についてです。リニア(または第二東海道新幹線)の必要性について考えてみると、現在の東海道新幹線が来年品川新駅を開業して増発に備えても、需要に追いつかなくなってしまう、つまり輸送の限界に達しているという理由が挙げられます。
したがって、リニアが開業したとしても、現在の東海道新幹線の使命が終わるわけではありません。また、新大阪以西においては、リニアとフル規格新幹線の乗り入れは事実上不可能ですから、東京から広島、博多方面へ利用する人は、リニアを利用すると、新大阪での乗り換えを余儀なくされるため、これまで通り新幹線を利用する人が多いと思われます。
その辺りの事情もあって、リニアではなく第二東海道新幹線(最高時速350km/h程度)も有力視されています。

下記(↓)参考URLは、「リニア中央新幹線」についてのページです。ごらんになってみてください。

参考URL:http://www.pref.aichi.jp/kotsu/

この回答への補足

その辺りの事情もあって、リニアではなく第二東海道新幹線(最高時速350km/h程度)
も有力視されています。
<以上参照文です>
ということは、リニアモーターカーは実験で終わる可能性があるということですか?

また、Nakaさんの回答を読ませていただくと、リニアモーターカーの営業区間は大阪<->東京区間に限定されるようですが、もしそのとおりだと我々関西以西に田舎を持つ人間にとっては、新大阪での乗換えが必要になり、帰省時の交通手段としては、あまり魅力のあるサービスにはならないかも知れませんね。

補足日時:2001/01/07 20:04
    • good
    • 0

確かに予定図ではそうなっていますが、実際はどうでしょうか?政治に振り回されそうな気がするのですが。


新幹線も、当初は名古屋と京都の間は、鈴鹿山脈を貫いて建設する予定でした。しかし、予想外の断層の山にはばまれて、現在の路線になったといいます。

さて、推測についてですが、
1はおおむね当たっていると思います。ただ、景色以前に
トンネルや防音壁などで見えないといった方が正しいかも
しれません。
2は、無くなる事はないでしょう。何らかの形で残ると思います。
    • good
    • 0

1.について。

そうでしょうね。リニアモーターカーは大都市間の速達を目的とするので、車窓の景色は考慮されないでしょうね。というよりも時速500Kmじゃ景色なんぞ見えないでしょうし。
2.について。今の「こだま」のような、小都市間の輸送に限れば需要はあると思うので無くなりはしないと思いますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリニアモーターカーの駅について

よろしくお願いします。
リニアモーターカーで走行中は理解できるのですが、駅に入る時などはどうするのでしょうか。立地条件の問題などで駅にはポイントなどあるはずですが、リニアモーターカーでは、どういうふうに軌道を変えるのでしょうか。
そもそも軌道は駅とセットということなんでしょうか。複々線なら駅も複々線に合わせているということでしょうか。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

get-miyakoさんに補足させていただきます。

http://www.rtri.or.jp/rd/maglev/html/yamanashi_turnout_J.html

ですね。

駅に入る時、分技する時などは 電磁石の極の向きを変えるようなプログラムを施すか 他の力学的な装置を使うと思います。

参考URL:http://www.rtri.or.jp/rd/maglev/html/yamanashi_turnout_J.html

Q簡単なリニアモーターカーの作り方

今度、学校の課題研究でリニアモーターカーを作りたいなあと思っています。でも、予算が1万2千円ぐらいしかありません。高校生でも作れる方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

http://forum.nifty.com/fchem/log/rika/5286_main.html
【5982】以下参照

Q中国のリニアモーターカーについて

以前、スルッとKANSAIのラガールカードを購入したのですが、カードの右下に小さく「乗り物シリーズ リニアモーターカー(中国)」と書かれており、リニアモーターカーらしきものが描かれています。

中国にはすでに客を乗せて走るリニアモーターカーがあるのですか?あるとしたら、日本の新幹線よりも速いんですか?また、日本は山梨でリニアモーターカーの実験をやっているようですが、いつ出来るのでしょうか?日本の技術ではまだまだ先の話なのでしょうか?現在、開業しているリニアモーターカーは世界にいくつあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>日本でのリニアモーターカーの開業にはまだ時間がかかるようですね。

永久に無理じゃないでしょうか(笑)
中国のリニアはドイツ製のを中国向けにしたものですが、そのドイツでさえリニアの実用化はしてません。
ドイツも同じ理由でやはり実験段階で止まってます。
あれは中国だから出来たと思って良いと思います。
採算無視の建設費や維持費。直線的に敷設可能な用地取得などが出来ないと難しいので、国家レベルで事業が出来る中国ならではの発想でしょう。今は空港アクセス鉄道としてのリニアですが、中国全土に広めるときに予算の都合とかどうするか見物です。
中国なら出来るかもしれませんね。

技術などでは日本はリニアを有効に利用してます。
代表的なところでは後楽園遊園地のリニアゲイル。
都営大江戸線などです。
浮上式高速鉄道なんかにつかわなくても、もっと有効な利用法があるということですね。
リニアは日本はかなり進んでいると思いますよ。

Qところで「リニアモーターカー」ってどうなったんですか?まだ実験してるんでしょうか?

こんばんは

当時小学生だった私がTVや雑誌で、リニアモーターカーの実験様子や未来の乗り物として特集されていたのを思いだしました。

そこで質問なのですが、
「リニアモーターカー」の実験ってまだ続いているんでしょうか?
実用はされるんでしょうか?
それはいつのことになるんでしょうか?
なぜこんなに何年もかかっているんでしょうか?

以上4点についてご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

3の回答者です。再びこんにちは(^o^)

私は、リニア試乗会の際に受けた説明会での記憶をそのまま回答に書いたのですが、5の回答者より指摘があったので「ありゃ? ウソを書いてしまったのかな?」と思い、再度調べてみました。

> 磁力と二酸化炭素は直接関係ありません。回転モーターの電車だってCO2は発生
> しません。(火力発電所で発生しているけど)

↓こちらに書いてある通り、「速度と単位輸送量とCO2発生量を比べた時、環境に優しい輸送手段と言える」というべきでした。
http://www.linear-chuo-exp-cpf.gr.jp/gaiyo/index.html#2

> 「浮上」といっても、空を飛んでいる訳でないので、高速走行中に地震があれば
> 危険なことに違いないです。

↓これは、こちら
http://www.linear-chuo-exp-cpf.gr.jp/chodendo/index.html#5
の中の
「どうして壁にぶつからないの?(案内の原理)」という項目中の説明文に「左右の浮上・案内コイルは、電線により結ばれ、車両が中心からどちらか一方にずれると、自動的に車両の遠ざかった側に吸引力、近づいた側に反発力が働き、車両を常に中央に戻します」とありますが、「この理屈により地震の際にも安全である」と試乗会の際に説明を受けたんです。

私は、理科系知識は全く詳しくないので磁力とかそう言ったことはよくわからず、説明を受けても自分の乏しい知識の中で短絡的な理解をしてしまった部分があったかもしれません。
また、リニア試乗会を定期的に開催するのも、リニア賛成派の世論を作ろうとしているのかもしれません。
でも、実際に試乗し、説明を受けた記憶を辿って、一生懸命回答しましたので、どうぞ行き届かなかった理解と表現はお許しくださいね。
それから、試乗を体験し、開発に携わった方々のお話を直接うかがった私としましては、ハナから否定するのではなく、何とか諸問題を片付け、実現化したいものだと思っております。

本当にカッコよかったんですよ~、リニアモーターカー・・・。
いずれにせよ、年に何度か試乗会が行われていますので、リニアに興味をお持ちの方は実際に試乗されることをオススメします! 

3の回答者です。再びこんにちは(^o^)

私は、リニア試乗会の際に受けた説明会での記憶をそのまま回答に書いたのですが、5の回答者より指摘があったので「ありゃ? ウソを書いてしまったのかな?」と思い、再度調べてみました。

> 磁力と二酸化炭素は直接関係ありません。回転モーターの電車だってCO2は発生
> しません。(火力発電所で発生しているけど)

↓こちらに書いてある通り、「速度と単位輸送量とCO2発生量を比べた時、環境に優しい輸送手段と言える」というべきでした。
http://www.line...続きを読む

Qリニアモーターカーについて

リニアモータには、リニアパルスモータ、リニア誘導モータなど回転型モータ同様たくさんの種類のリニアモータが存在していますが、今春、愛知で開催される万博で走る国内初の磁気浮上方リニアモーターカーや国とJRが開発しているリニアモーターカーはどのような種類のリニアモーターカーを採用しているのでしょうか?また、国内初の磁気浮上方の採用との事ですが、今までにもリニアモータカーが実用されたニュースを聞いた事があるのですが、そのリニアモータカーはどのような仕組みで走るのですか?

Aベストアンサー

万博で走る国内初の磁気浮上方リニアモーターカー・・・常電導(×伝導)式。中量輸送。100km/h前後。浮上高さは 10mm以下。通常の鉄道より、急勾配、急曲線、急加速、急減速に強く、騒音が少ない。

JRが開発している・・・超電導式。大量輸送。高速度。

今までにもリニアモータカーが実用された・・・車輪走行式。中量輸送。100km/h前後。大阪市、東京都、神戸市、福岡市、仙台市各地下鉄で実用化または計画中。
従来型のモーターをリニヤモーターに置き換えただけで、レールや車輪は従来の鉄道と基本的に同じ。
車輪径を小さくできるので、トンネル断面積を小さくできる。急勾配、急曲線に強いなどの特徴がある。

以上簡単ですがこんなところです。

Q電車の側面についてる番号→新幹線、リニアでは?

在来線の車両には、「キハ」とか「クモハ」とかと
何かの番号が記されていますよね?
あれの法則性がわかるHPなどがあれば教えて頂きたいのです。

また、同じようなものが新幹線にもありますか?
さらに、実験中のリニアにもあるのでしょうか。
実用化されたらどういった表記になるでしょうか?

ご存知のかたがいらしたらよろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

 こんばんは

 在来線については、参考URLの下にある「資料集」から、列車記号の意味をご覧ください

 新幹線にもありますが、カタカナはなく、数字だけで表します

例:521-1(500系新幹線の1号車)を使って説明します

10の位
1・・・グリーン車
2・・・普通車
3・・・食堂車
4・・・2階建グリーン車
5・・・2階建普通車
6・・・2階建食堂車

1の位
1・2・・・制御電動車
3・4・・・制御車
5・6・7・中間電動車
8・9・・・中間付随車
”-”の後の数字は製造番号ですが、この番号は必ずしも1からというわけではなく、
E223-1001のようなこともあります

 長くなりましたが、この辺で

参考URL:http://www.hyper-train.net/rail/rail.html

Qリニアモーターカーは南アルプス山脈の下を走るの?

以前に地下鉄の広告で、確か「リニアモーターカー建設促進協議会」なる団体がリニアモーターカーが大阪<->東京間を結ぶ漫画を画いていて、その漫画では、リニアモーターカーが大阪<->東京間を南アルプス山脈の下に造ったトンネル内を通過するように画かれていました。リニアモーターカーは本当に南アルプス山脈の下を走るのでしょうか。
そうだとすると、私の以下の推測は正しいでしょうか?

1.リニアモーターカーではほとんど外の景色を楽しめない。
2.今の新幹線とは別の軌道上にリニアモーターカーを建設するとなると、いずれ今の新幹線は時代遅れになり、
使われなくなって、新幹線軌道は高速道路もしくは別の高速交通システムのために使われるようになる。

Aベストアンサー

◆Naka◆
再登場させていただきます。「補足」を読ませていただきました。
はい、リニアモーターカーは実験で終わる可能性も、まだまだあります。
その必要性に対する疑問や、環境等への影響問題が解決されないままの現在のリニアはあまり立場が良くない、というのが現状ですね。
それに代わって有力視されているのが、先の回答で書かせていただいた「第二東海道新幹線(仮称)」です。
これは、現在の東海道新幹線が、在来線の東海道本線に沿った形で作られたのとは一線を画し、かなり内陸寄りに作られます。最高速度は350km/h程度、東京~大阪間を1時間30分~2時間ほどで結ぶという計画です。
実際問題として現在の新幹線車両でも、わずかな改造で350km/h運転は可能ですから、あとはそれを実現するための高規格線路の敷設だけが課題となります。

また、第二東海道新幹線は、新大阪において山陽新幹線に乗り入れ、博多(または以遠)までの直通が可能になりますので、実用性は高いです。
リニアの場合は、リニア車両と従来の新幹線車両の両方が走れる路線の開発を新たにしない限り、山陽新幹線への乗り入れはできませんので、新大阪以西への利用客にメリットはないと思われます。
さて、どうなりますでしょうか?? (^^;)

◆Naka◆
再登場させていただきます。「補足」を読ませていただきました。
はい、リニアモーターカーは実験で終わる可能性も、まだまだあります。
その必要性に対する疑問や、環境等への影響問題が解決されないままの現在のリニアはあまり立場が良くない、というのが現状ですね。
それに代わって有力視されているのが、先の回答で書かせていただいた「第二東海道新幹線(仮称)」です。
これは、現在の東海道新幹線が、在来線の東海道本線に沿った形で作られたのとは一線を画し、かなり内陸寄りに作られます。...続きを読む

Qリニア模型のレール

車台を走らせるレールなわけですが、インタネットで買うつもりなのですが種類が多すぎてよくわかりません。
必要な条件ですが、
(1)Nゲージレール(系?)
(2)レール部分が金属(電流を通すため)
の二点です。
どなたかこの条件にみあう商品を教えてはいただけないでしょうか。。;

Aベストアンサー

リニアっぽい列車を走らせると仮定してお答えします。
Nゲージのレールを発売しているのは主に国内メーカーでは2つあります。
トミックスとカトーというところです。
鉄道模型を取り扱ってるお店ですとたいていおいてあります。
直線レールはだいたい25センチぐらいで 2条のレールと枕木と土台となってます。
曲線レールは本線用としては 半径25センチぐらいから35センチぐらいですね
双方とも立派なカタログがありますので参考にしてください

Qリニアモーターカーについて

 リニアモーターカーが2020年をめどに運行を目指しているみたいなニュースを目にしたんですが、リニアモーターカーって1980年代くらいから、イベントなどで実験的運行や研究開発が進んでいましたよね
 しかし、これだけ長い時間が運行までに必要となっているのはどうしてでしょうか?

 そもそも、リニアモーターカーってそんな必要なんでしょうか?
 今の鉄道と比べてどれくらいの恩恵が期待できるのでしょうか?

Aベストアンサー

>リニアモーターカーって1980年代くらいから、イベントなどで実験的運行や研究開発が…

それは主として「常伝導式」といって、愛知万博のあった平成17 (2005) から営業運転を始めています。
すでに実用化されているのです。
http://www.linimo.jp/index.html

>リニアモーターカーが2020年をめどに運行を目指しているみたいな…

こちらは「超伝導式」といって、つくば博や横浜博などでお披露目されたものとは違います。

>これだけ長い時間が運行までに必要となっているのはどうしてでしょうか…

やはり技術開発にかける費用と人手の問題でしょうね。
前進の国鉄時代も含めてJR東海に、あるいはまた電機メーカー各社、鉄道車輌メーカー各社に、湯水のごとく使えるお金があれば、すでに実用化されていたことでしょう。

このようなことはリニアに限ったことではありません。
私が昭和40年代 (1970前後) に勤めていた某電機メーカーでは、日本自動車研究所などと協同で、電気自動車の研究を始めていました。
あれから 40年、ようやく電気自動車も一般向けに市販されようとしていますが、まだまだガソリン車の代替になるだけの性能はありません。

>そもそも、リニアモーターカーってそんな必要なんでしょうか…

おおむね下の方々と同意見ですので割愛します。

>リニアモーターカーって1980年代くらいから、イベントなどで実験的運行や研究開発が…

それは主として「常伝導式」といって、愛知万博のあった平成17 (2005) から営業運転を始めています。
すでに実用化されているのです。
http://www.linimo.jp/index.html

>リニアモーターカーが2020年をめどに運行を目指しているみたいな…

こちらは「超伝導式」といって、つくば博や横浜博などでお披露目されたものとは違います。

>これだけ長い時間が運行までに必要となっているのはどうしてでしょ...続きを読む

Q山陽新幹線と東海道新幹線はなぜ速度が違う?

本日広島から新横浜までのぞみで帰ってきました。
同じのぞみでも広島から岡山の区間はずいぶんゆっくり走っていたのに、大阪を過ぎるとぐんぐんスピードが上がってきます。私は以前にこまちにも乗ったことがありますが、東海道新幹線(大阪->東京)がもっとも速度が速い気がします。同じ新幹線でなぜ区間によって速度が違うのでしょうか?広島から岡山の区間に特にカーブが多いとも思えないのですが。。。。

Aベストアンサー

◆Naka◆
pochi-kunさんのおっしゃることが正しいです。
これに、あと2つ(+1つ)理由が加わります。
1つは、姫路~新大阪間では最高速度が抑えられていること。
もう一つ、山陽新幹線は防音壁が高いことです。

博多方面から乗ってくると、姫路を過ぎてしばらくしてから減速し、そのまま新大阪まで走っていきます。このため一層、東海道区間で速く感じられるのでしょう。

また東海道新幹線は設計が古く、マトモな防音壁などないに等しいですが、山陽区間を建設中の頃は、環境問題がクローズアップされつつあった頃ですので、防音壁が高く作られています。よって、足元にある近くの建物等が見えないため、速度感がなくなります。

さらに同じ山陽区間でも、特に広島~岡山間が遅いということはありませんが、今回tonton5775さんがお乗りになった区間では、一番線路の状態がいい場所(最も新しい)ですので、揺れや振動が少なく快適だったためでしょう。

さて、「こまち」についてですが、東京からお乗りになると、大宮までの最高速度は110km/h、大宮~宇都宮間は240km/h、宇都宮以遠で275km/hとなります。
つまり最高速度に達する頃には、外の景色への興味も失い、速度にも慣れていて、速さを感じられないのでしょう。
また、東北新幹線は宇都宮あたりまで、山陽新幹線にも増して防音壁が高く、ほとんど景色など楽しめませんから。

もう一つ、MAX(E1、E4)の2階席に乗ると、更にスピード感はなくなりますよ

◆Naka◆
pochi-kunさんのおっしゃることが正しいです。
これに、あと2つ(+1つ)理由が加わります。
1つは、姫路~新大阪間では最高速度が抑えられていること。
もう一つ、山陽新幹線は防音壁が高いことです。

博多方面から乗ってくると、姫路を過ぎてしばらくしてから減速し、そのまま新大阪まで走っていきます。このため一層、東海道区間で速く感じられるのでしょう。

また東海道新幹線は設計が古く、マトモな防音壁などないに等しいですが、山陽区間を建設中の頃は、環境問題がクローズアップされ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報