団伊玖磨の「ぞうさん」の原調が何なのか知りたくて調べています。
様々な調で演奏され、その調によって様々な性格を見せる「ぞうさん」。
本来の性格はどんなだったのか気になります。
関連する情報をお持ちの方、御回答をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

わたしも、ヘ長調以外、見たことはありません。



童謡集の楽譜は、ほぼ間違いなくヘ長調ですし、10年程前に出版されたNHKの、「にっぽんのうた・ふるさとのうた」という本でも、ヘ長調で紹介されていました。

クラシックなどでソプラノ、テノールの歌手が歌ったりする場合、移調はされるでしょうが、これはあくまでも観賞用のアレンジ。お母さんや子どもたちには、今も昔も、ヘ長調の「ぞうさん」が一番歌いやすく、親しまれているはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

出典が明記されてると説得力ありますね。
音域も、ヘ長調であれば誰もが歌いやすいですね。
しかも、旋律に「ファ」がないので児童用のハーモニカでも
演奏可能なのですね。
「原調」だけでなく「歌いやすく親しまれている」という観点での御回答、
大変参考になりました。

お礼日時:2002/05/05 23:16

私が今まで出会った譜面(ピアノ伴奏つき)は全てヘ長調でした。


実際の演奏ではなく楽譜であれば,特に断っていない限り原調のことが多いようですので,たぶんヘ長調だったのではと思いますが…。
個人的な感覚では,やはりヘ長調でゆったりと演奏するのが自分のイメージに合います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は普段管楽器をやっているせいか、変ロ長調やハ長調、時には変ホ長調で
演奏する機会が多いのですが、言われてみると昔歌ったのは
ヘ長調だった気がします。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/05/05 23:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q若手演奏家の演奏会をプロデュースしてくるれる企業・・・。

はじめまして。uokizaです。

若手演奏家の演奏会をプロデュースしてくるれる企業を教えてください。

条件は200~300人程度のホールで若手のプレイヤーの演奏会を主催・企画してくださり、事務作業をすべてやっていただけるところです。

無名(同じ楽器の中ではそれなりに有名なのですが・・・)な
フルーティスト(国内大手コンクールファイナリスト)のリサイタルを京都にて今年の11月に企画中なのですが、独奏者・出演者が東京で活動中なので東京でも同様なリサイタルを同時期に企画していただきたいのです。

個人企画で2公演分の企画は負担が重過ぎるので事務作業をすべてやってくださるプロの企画会社を探しています。

プロの企画者を探しています。
アマチュアでプロ気分の方はお断りです。
(以前ひどい目にあいました。)

マネージングフィーの割合はお任せします。
出演者のギャラは安くてかまいません。
(最悪なくてもかまいません)
チケットノルマは出演者でさばけるのは60人程度です。
チラシのデザインは出演者でできます。

どういうところに相談すればよいのでしょうか?

はじめまして。uokizaです。

若手演奏家の演奏会をプロデュースしてくるれる企業を教えてください。

条件は200~300人程度のホールで若手のプレイヤーの演奏会を主催・企画してくださり、事務作業をすべてやっていただけるところです。

無名(同じ楽器の中ではそれなりに有名なのですが・・・)な
フルーティスト(国内大手コンクールファイナリスト)のリサイタルを京都にて今年の11月に企画中なのですが、独奏者・出演者が東京で活動中なので東京でも同様なリサイタルを同時期に企画していた...続きを読む

Aベストアンサー

> 私は「名義主催」者ではなく、「主催」者を探して> いるので、しっかりとプロデュースして下さる企業> を探しています。(広告渉外・・・等)

残念ですが、その演奏家の活動を支援してくださるスポンサーが出てこない限り、難しいですよ。邦人のほとんどの演奏家は、自腹で演奏会を催しているのです。チケットが売れればそれだけ自己負担は減りますが、知名度が低ければ当然チケットだって売れませんから、現実的には困難な点が多々あると思います。

そのあたりも含めて一度音楽事務所に問い合わせてみてはいかがですか。その上で、どのように演奏会を開催するのがよいか、お決めになったらよいかと思います。

スポンサーもその演奏家あるいは演奏会を支援するのに何らかのメリットがないと、なかなかお金は出してくれません。

Q『ブーツを履いたぞうさん』

昔『みんなのうた』でやってたらしいのですが
『ブーツを履いたぞうさん』(もしかしたら題名が違うかもしれません)
アフリカ生まれのぞうさんが
で始まるのですが
何かこの曲について詳しいことを教えてください
お願いします

Aベストアンサー

「ブーツをはいたぞうさん」
作詞:深町純
作曲:冬杜花代子
(参考URL 「ぶ」の項参照。)

NHK「おかあさんといっしょ」の歌のひとつです。10年くらい前に、坂田おさむお兄さんが番組の中でギターを弾き語りしていたのを、子どもと聴いておりました。

だいたいの歌詞の内容はこんな感じでした。

アフリカ生まれのぞうさんがボクの町へやって来た→ぞうさんは生まれて初めて見た雪に大はしゃぎ、雪あそびに夢中になって、足にあかぎれをつくってしまった→やさしい靴屋さんがぞうさんにブーツを作ってあげた

ちょうどこの季節、番組で歌われてるかも知れませんね。「おかあさんといっしょ」のCDにも入っているかも…。

参考URL:http://www.st.rim.or.jp/~tokyo/okasan/song/

Q童謡 ♪ひとりのぞうさん・・・この曲の最後ってどんな歌詞だった?

♪ひとりのぞうさんくもの巣にかかってあそんでおりました あんまり愉快になったのでもひとりおいでと呼びました。♪って歌詞の童謡
ひとり、ふたりってどんどんぞうさんが増えていくのですが、最後ってどんな歌詞で終わるのだったのでしょうか?
子供が幼稚園で覚えてきたのですが、どんどんぞうさんが増えていくだけでいつまでも終わりません。
確か 10人まで来たらくもの巣が切れてしまったような気がしているのですが、どんな歌詞だったのか思い出せません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

http://www001.upp.so-net.ne.jp/asobinohiroba/page095.html

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Hanamizuki/5064/file/game/zousann.htm

http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/zousantokumonosu.html

ちょっと検索してみましたが、最後の歌詞にはいろいろなバージョンがあるようです。

私が知っているのは、上の3番目の歌詞です。

Q演奏家の心情と演奏方法

こんばんは。
どんな楽器でも良いのですが、演奏家として、人前に立つ方に質問させて下さい。

極端な話ですが、楽しい曲を演奏しなくてはいけない直前に悲しい出来事がありました。
演奏会で楽しいはずの曲のなかにそれ以外の感情が出てしまう人は、
音楽家として良い事か悪い事かわからなくなりました。

歌詞の内容が怒りとか憤りを表現したい曲なのに、他の感情を出してしまう事を、表現が深いとか、人間味があって良かったと感じるのか、それともその曲を理解していない・雑念が多いと感じるのかどちらなのでしょうか?

そう言う心情を知りながら、表現したい本質と違う感情が入り混じった音楽を先日ライブで耳にしたのですが、とてもプロとは思えませんでした。

でも、解散コンサートで感極まって泣いてしまうのなんかは結構ぐっときたりもしますが。

支離滅裂ですみません。
なんでも良いので思いつくことがありましたら、是非ご回答ください。お待ちしています。

Aベストアンサー

アマチュアですが、(元)トランペッターです。

私自身はあまり好きなエンターティナーではありませんが、美空ひばりさんはどんな時にも「悲しい酒」を歌うときにはセリフの部分で涙を流しました。
これが<プロ>というものではないでしょうか?

自分の感情に雑念があろうとも、観衆の前では感動を与える演奏(とはかぎりませんが)をするのがプロフェッショナルだと思います。
5FFさんがご覧になったエンターティナーは、甘えを持った素人ではないかな、と思います。私ならば「入場料返せー!!」と怒鳴ったかも知れません。

聴衆は、エンターティナーが悲しいときに楽しい演奏を聞かせてくれたとき、より一層大きな感動を覚えます。
逆に、聞き手が落ち込んでいるとき、素晴らしい音楽はその人を元気付ける力を持っています。
だから、エンターティナーは、真剣に演奏に打ち込んで欲しいのです。自らの感情を捨てて・・・

メチャクチャな文章ですみません。以上が私の感想です。

なお、演奏家ではなく、指揮者ですが岩城宏之さんの著書の多くに指揮者の立場として、演奏中の感情や思いがたくさん綴られています。ご興味がありましたらご一読下さい。

アマチュアですが、(元)トランペッターです。

私自身はあまり好きなエンターティナーではありませんが、美空ひばりさんはどんな時にも「悲しい酒」を歌うときにはセリフの部分で涙を流しました。
これが<プロ>というものではないでしょうか?

自分の感情に雑念があろうとも、観衆の前では感動を与える演奏(とはかぎりませんが)をするのがプロフェッショナルだと思います。
5FFさんがご覧になったエンターティナーは、甘えを持った素人ではないかな、と思います。私ならば「入場料返せー!!」と...続きを読む

Q本来楽器でない品物を見事に使いこなす

皆様こんにちは。

浅学当方、皆様よりぜひともご情報賜りたく、お手数ですが何卒よろしくお願い申し上げます。

皆様、元来は楽器ではないその他様々の品物、これを見事に音楽へ応用したケース(グラスハーブ等)や、また使いこなしたアーティストの方々。これを皆様ご存知でしたら、ひとつ当方にご教授頂けませんでしょうか。

ちなみに当方はトニー谷氏の大ファンでありますが、いまだに氏を超える「楽器でない楽器」の使い手を存じ上げません(もちろん当方の勉強不足もございますけれど、やはりトニー谷氏は稀代の天才であります)。

 http://www.youtube.com/watch?v=vWxPh7W9dtA

皆様、お手数お掛け致しますが、ひとつ何卒よろしくお願い申し上げる次第であります(礼)。

ちなみに皆様、初音ミク嬢のネギ、あれはまたチト違うのでありましょうか???

Aベストアンサー

はじめまして。

お気にめされるかどうか・・・

大阪代表
横山ホットブラザーズ
http://www.youtube.com/watch?v=I39iR-E6-OA
http://www.youtube.com/watch?v=cTjdqtokQLY

先に書きましたリンク先では横山ホットブラザーズの代名詞でもある「のこぎり演奏」(ミュージックソーというそうです)が聞けます。
後のリンク先では、ほうきとバイオリンの弦で演奏をしたり、皿回しを乗せたハーモニカを鼻で吹いたり等々。

よろしければ、一度ご覧下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報