こんにちは、質問させてください。

現在、法人の運営をしておりまして、知り合いから折角会社をやってるなら、レンタカーの法人カードを作った方が得だと言われ、とりあえず日産レンタカーのカードを依頼してみました。

マーチサイズなら24時間5000円と、普通に借りるよりかなり安い事に驚いたのですが、他のレンタカー会社も同じような割引率でしょうか。

トヨタレンタカーですと、全車種にナビやETCも付いているという事ですし、トータル的にお得な会社は他にもあるようでしたら、契約しておくことで、いざという時に車が無くても、数社回る事ができるかなと考えております。

それぞれの会社に問い合わせればよいのでしょうが、数社の営業マンと話をして値段やサービスを聞く形よりは、数社の法人カードを使っておられる方がおられれば、ぜひお話を伺いたいと思います。

料金的にはどこも法人カードですと似たような物でしょうか。
また、ナビやETC等、サービスにはかなりムラがあるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

自動車ディーラーで営業をしています。

参考になれば。
たまにディーラーが諸事情でレンタカーを借りる時があります。
その時のディーラーに対する仕切り価格がマーチやヴィッツクラスで、大体1日5,000円程度です。レンタカーの法人カードの仕組みは詳しくないのですが、法人ユーザーでも5,000円の価格は安いと思います。
任意保険の内容などは各社大体同じと思います。
    • good
    • 0
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご解答ありがとうございます。
こちらのサイトはgoogleで法人 レンタカーで検索してみるとひっかかったのですが、月単位で借りれる会社が数社載ってるだけでして、具体的に身近なレンタカー会社の法人契約での値段やサービスの比較といった事は書いておりませんでした。

質問の仕方が悪かったようで申し訳ございません。
会社で月単位で借りたりといったことは無く、荷物の移動といった、1日、2日借りるといった、一般的なレンタカーの利用の仕方となります。

お礼日時:2007/01/19 20:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q解散した法人に対する損害賠償請求

都市再生機構が保有する法人が解散し
(閉鎖事項全部証明書では
平成25年12月1日解散
平成26年3月19日清算結了)
前法人の業務移管先として新たな法人が活動を開始しています
(平成25年12月1日より)。

既に解散した法人からこうむった被害を
新たな法人に損害賠償請求できますか。
もしできない場合はどのような方法がありますでしょうか。
お教えください。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>子供が親の財産を相続した場合は財産・負債ともに相続すると聞いたと思います。

そうですね。「賠償責任」も、法定相続人が相続する、と言うのが通説です。

>法人の場合はどのような条件のときに
>継承前法人の財産・負債を継承する権利と義務を持ちますでしょうか。

法人が持っていた権利と義務(賠償責任も含まれる)は、清算結了と同時に消滅します。

法人の解散は「官報に載る」ので「官報への記載により、貴方に対し解散の告知をしたのと同等の法的効力」を持ちます。

なので、貴方は「清算結了してしまう前に、損害賠償請求訴訟を起こし、賠償せよと命じた判決を得る必要があった」のです。

それをしないで、のほほんと過ごしていた貴方は、清算結了と同時に、損害賠償の請求権を失います。法は「権利の上に胡坐をかいている人間は保護しない」のが基本です。

もし、清算結了前に、判決を得ていれば、その瞬間に「確定判決債権」を得ます。

債権を持てば、解散後、清算結了する前までに「債権があるので清算せよ」と、債権回収する事が可能でした。

しかし、今となっては「完全に手遅れ」です。

貴方は「清算結了前に裁判を起こし、清算結了前に判決を得ていなければならなかった」のです。

なお、他の方の言う通り「解散するのを知らなかった」は通じません。「官報に解散の事実が載った瞬間、貴方は解散の事実を知った事になる」のです(「本当に知らなかった」としても「法的には知った事になる」のです)

そのため、質問者さんのケースでは「何もしなかった貴方が悪い」と言う結論になります。

>子供が親の財産を相続した場合は財産・負債ともに相続すると聞いたと思います。

そうですね。「賠償責任」も、法定相続人が相続する、と言うのが通説です。

>法人の場合はどのような条件のときに
>継承前法人の財産・負債を継承する権利と義務を持ちますでしょうか。

法人が持っていた権利と義務(賠償責任も含まれる)は、清算結了と同時に消滅します。

法人の解散は「官報に載る」ので「官報への記載により、貴方に対し解散の告知をしたのと同等の法的効力」を持ちます。

なので、貴方は「清算結了して...続きを読む

QバイクにETCを付けました、ETCカードを挿入したが、カードのIC部分

バイクにETCを付けました、ETCカードを挿入したが、カードのIC部分とETCの感知部分が合わない、
大丈夫?これでゲートが開きますか?カードとETCの感知部分が合わないとゲート開きませんよね?
ICチップの位置が悪いの?ICの一部がETCの一部に接していれば開きますか?

Aベストアンサー

作動状態は車載器のランプで確認できるかと思いますが。
私のは初期型の分離タイプですが、
イグニッションONで赤ランプ点灯。
ETCカード認識中緑ランプ点滅。
認識完了で緑ランプ点灯です。
取説に書いてあるかと思います。

Q会社解散後の法人住民税についておしえてください。

期首6月1日
期末5月末日
という会社が、ある年の10月末日に解散登記を行い、翌年1月末日に清算結了登記をしたとします。
そして解散登記に伴う税務署への決算申告は解散日より2か月以内に行ったとします。

清算結了登記から1か月以内に清算決算申告をする必要があります。
これを期限内に行わずに、この会社は決算から1年間放置し、決算した10月末日の翌年の10月末日に清算結了決算申告をしたとします。

さてここで質問です。
解散から清算結了までの間も、法人市民税、法人県民税はかかってきます。
法人市民税、法人県民税が月割計算してくれたとして、
この会社が負担すべき法人市民税、法人県民税は
解散登記(10月末日)から清算結了登記(翌年1月末日)までの11月、12月、1月の3か月分でしょうか?
それとも
解散登記(10月末日)から実際に清算結了決算申告(翌年10月末日)を行った、1年分でしょうか?

Aベストアンサー

質問中の文章の中の「清算決算申告」は、正確に言うと「法人税の清算確定申告」になります。つまり解散登記の翌日から清算結了登記日までの期間の申告です。法人市民税と法人県民税の清算確定申告も基本的には法人税と同じ期間での申告となります。ご質問の場合は、おそらく法人市民税と法人県民税の均等割のことだと思いますので、申告が期限後というだけで計算期間は3ヶ月になりますので、清算所得が出なければ法人市民税と法人県民税の均等割3ヶ月分の負担になります。

Qetcのマイレージサービスを利用したいと思いますが、ETC車載器が中古

etcのマイレージサービスを利用したいと思いますが、ETC車載器が中古車で買ったときからついていて、車載器の登録番号とかがわかりません。この番号がわからなければマイレージサービスの登録が出来ないでしょうか?また登録番号を車載器側から調べる方法とかありますでしょうか?なお前の車の持ち主とは連絡できない状況です。

Aベストアンサー

「ETC車載器が中古車で買ったときからついていて車載器の登録番号」
中古車を購入した時点でナンバーが変わりますから貴方の費用でETCをセットアップする必要が有ります。2500円位でしょうか。
車載器の登録番号自体は車載器本体に記載されています。

Q【印鑑証明】法人解散後に取得できますか?

有限会社を経営しており、確か1~2年前に法務局その他に会社の解散(閉鎖)手続きをしました。
今もまだ解散した会社の名義で使用しているサービスを、個人名義と新法人の名義に変更(名義の譲渡)したいのですが印鑑証明等が必要だという。
今からでも名義変更を理由に印鑑証明を取得することは出来るのでしょうか?

名義変更(名義の譲渡)したいサービス
・一般電話回線 解散法人→個人 (これは印鑑証明いらなかったですか?)
・レンタルサーバー 解散法人→新法人(独自ドメイン取得済み。独自ドメインは新法人に受け継ぎたい。(こちらは印鑑証明と実印が必要との事)

または何か代替方法はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

教科書的な回答になりますが・・・

法人が解散しても、なお権利義務の主体になる必要があれば、まだ法人格消滅の実はないことになりますから、解散結了を取り消して清算人の印鑑証明が取れるようになるはずです。

が、実際には、その必要性を説明する書類とか、いろいろ面倒で、司法書士に依頼しても結構時間がかかるのではないかと思います。

QETC車載器がなくてもETCカードが使える

ETC車載器がなくてもETCカードが使えるというのは支払うときに係員にカードを渡せば車載器をつけなくても、カードの割引制度が使えるのでしょうか?またこの場合他の車でも使えますか?

Aベストアンサー

係りの人にカードを渡すか、無人の場合は、「ETCカード」と書いた差込口にカードを挿入すれば精算できます。
マイレージのポイントは貯まります。
BUT
深夜割引とか長距離割引などの各種割引は、「ETC車載機をつけた車が人の手を煩わすことなくETCゲートを通過したら」という条件がついていますから、割引制度は使えません。
 
請求はカードを持っている人にいきます。
他の車の車載機に自分のカードを差し込んでおけば、高速料金は、自分のカードから払うことになります。

Q法人の解散及び清算について

この度、法人を解散することになりました。
法人といっても、社員は代表者と配偶者のみで、
法人の資産、負債などもほとんどなく、
解散即残余財産確定、といった感じです。
この場合、解散時の確定申告と、清算確定申告と2回申告しますが、
解散時確定申告→清算確定申告の期間は、○ヶ月以上など決まりはあるのでしょうか?
2つの申告を同時にすることは可能でしょうか?

Aベストアンサー

たしか、解散後2ヶ月以上経ってからでないと清算結了できないはずです。

2ヶ月以上と決まっている理由は、本当に債務がないかを確認する期間と聞いています。(官報に載せて債権者に知らせる期間)
解散と清算結了を同時にできると、債務があるのにないと嘘をついて清算されてしまうことがあるため、これを防ぐためではないでしょうか。

QETCカードはクレジットカード一体型と専用カードどちらが便利?

クレジットカードを新しく作ろうと思っています。
車で高速もよく利用するのでETCカードも合わせて作りたいのですが、私の作りたいクレジットカードには「クレジットカードにETCカード機能が付いたタイプ」と「クレジットカードとは別にETC専用カードがあるタイプ」と2種類あります。
どちらのほうが便利で使いやすいのでしょうか。それぞれのメリットやデメリットがあったら教えてください。実際に使ってる方の感想などもお願いします。

Aベストアンサー

盗む人って一体型が分離型か解りませんから
カードが入っていれば盗みますよね。

となると、分離型とはいえ入れっぱなしとい
うのは車壊されて盗まれる危険が大なんです。

でも盗まれた後の被害は分離型のが少ないわ
けです。まさかわざわざ盗んだカードで高速
かっとびに行くわけでもないでしょうし。

なので盗難に合う確率は圧倒的に分離型で
入れっぱなしだと思います。

っていうことはやはりカードは抜いた方が安全
なんですよ。何度も言いますが盗む方は一体型
分離型か解らないのでカードは入っていれば
車壊してでも盗むでしょうから。

でも俺は盗難の不安よりも面倒なので分離型使
っていますがETCに入れっぱなしです。

安全と実用性をトータル的に考えれば一体型で
毎回抜き差しすることだと思います。

Q2月に法人を解散し、3月から個人事業になった場合の役員報酬の源泉税について

2月に法人を解散し、3月から個人事業になりました。
解散の手続きは税理士がやってくれました。
個人の届け出は以下の書類を提出済みです。
開業届(3月1日~)
青色申告届出書(3月1日~)
青色専従者の届け出(3月1日~)妻
源泉所得税の納期の特例は法人の時に提出してありましたが、今回の個人事業では届け出しておりません。届け出が必要でしょうか。
1月、2月は役員報酬を社長本人、妻がもらっておりますが、解散した法人名で源泉税の納付をするのでしょうか。3月~6月は、妻が専従者になっておりますので、個人事業の名前で納付をするのでしょうか。
7月10日の納期の特例の期限までの法人、個人の両方で納付するのでしょうか。
年末調整はどうなのでしょうか。

Aベストアンサー

「1月、2月は役員報酬を社長本人、妻がもらっておりますが、解散した法人名で源泉税の納付をするのでしょうか。」
そのとおりです。納期の特例を受けてるので、1月から6月分を7月10日までに、法人名で納付します。

「3月~6月は、妻が専従者になっておりますので、個人事業の名前で納付をするのでしょうか。」
7月10日の納期の特例の期限までの法人、個人の両方で納付するのでしょうか。」
法人の支払った役員報酬にかかる源泉所得税については、上記のとおり。
個人事業主になってからの青色事業専従者へ支払った給与については、納期の特例承認を受けてないのですから、個人名で毎月納付が必要です。

「年末調整はどうなのでしょうか」
1 法人が解散した時点での給与の支払い者に源泉徴収票を交付します。
2 源泉徴収票の交付を受けた者(元代表者、役員だった者)は、新たに給与の支払いを受ける立場になったならば、そこに上記の源泉徴収票を提出します。
 ご質問者の場合には「法人が作成した源泉徴収票」を妻に交付して、妻は新たに事業主になった夫にこれを提出することになります。

3 夫は個人事業主になったのですから、事業所得と1月2月の給与所得を確定申告書に記載して、税務署に提出します。

4 妻は、夫に年末調整をしてもらいます。


5 その他
法人の解散をしてくれた税理士がいるのでしたら、今後は法人の清算結了がありますので、まだ縁が切れてないはずです。
ご質問内容程度は税理士に聞けば、教えてくださる話だと存じます。

「1月、2月は役員報酬を社長本人、妻がもらっておりますが、解散した法人名で源泉税の納付をするのでしょうか。」
そのとおりです。納期の特例を受けてるので、1月から6月分を7月10日までに、法人名で納付します。

「3月~6月は、妻が専従者になっておりますので、個人事業の名前で納付をするのでしょうか。」
7月10日の納期の特例の期限までの法人、個人の両方で納付するのでしょうか。」
法人の支払った役員報酬にかかる源泉所得税については、上記のとおり。
個人事業主になってからの青色事業専従者...続きを読む

QANAマイレージVISAカードとETCカード

クレジットカードが次々増えていく中、ポイントを効率的に貯めたいといろいろ調べ検討した結果、ANAマイレージVISAカードにしました。たまったマイルで旅行に行くのが目標です。

同時にETCカードを申し込み利用しているのですが支払いはANAカードで登録している金融機関ですよね?その場合ETC利用分はマイルにいずれ交換できるのですか?
まだまだ分からないことが多く勉強不足なのですが教えてください。

Aベストアンサー

もちろんETCカード利用分(高速道路利用分)も(ANAの)マイル交換対象です。
最初の方の回答は多分「ETCのマイレージをANAのマイルと交換することはできない」ということでしょう。
支払い口座もANAカードと一緒です。

詳細は下記URLの一番下に載っています。

参考URL:http://www.ana.co.jp/amc/reference/anacard/ichiran/index.html


人気Q&Aランキング