帰納法と演繹法を使って作文を書かなくてはいけないのですが帰納法と演繹法が何だか分かりません。教えて下さい!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

帰納法は、先に結論を述べて、後からそれを裏付ける説明をする方法で、逆に、演繹法は、説明を述べていき、結論にたどり着く方法ですね。



例えば、

「○○は○○です。というのも~」(帰納法)

「~ということで、○○は○○です」(演繹法)

というのが典型的な例になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答ありがとうございます!!
とても分かりやすい説明でよく理解できました!
これから回答を参考に作文に取りかかろうと思います。

お礼日時:2001/01/13 00:07

演繹とは「一般法則にもとづいて、特定の事例を推測する考え方」で、帰納とは「特定の事例から、一般法則を推測する」考え方です。


 例えば「数学の方程式の公式にもとづいて、特定の問題の正解を導く」というのは演繹的です。逆に「自然科学上のいくつかの現象を観察して、そこから万有引力の法則を考えつく」というのは帰納的です。
 英語では、演繹法をdeduction、帰納法をinductionといいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!
演繹法、帰納法、英語ではそういう言い方なんですね。
色々と分かったので嬉しいです!

お礼日時:2001/01/13 00:23

まず辞書を引く事をおすすめしますが。


簡単に言うと、帰納法、演繹法ともに物事の答えや証明を導くための手法です。
帰納法とは、経験や実績に基づいた証明で、沖縄に行ったことある人が「沖縄は暑いよ」と言うのは帰納法的な答えです。
一方、演繹法は、その場にある条件から推測して答えを出す方法で、「終電の時刻は11:50で今は12:10だからもう電車は来ない」というのは演繹法です。
いまいち自信無いけどこんなかんじです。
とりあえず辞書で調べた方がいいと思います。
下のURLはGooの中にある国語辞典です。トップページからすぐですが・・・

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/jp-top.cgi
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
具体例やGooの国語辞典のことなど教えて下さって
すごく分かりやすかったです!!
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/01/13 00:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数学的帰納法は演繹法?それとも帰納法?

数学や科学、論理において、
演繹法または帰納法
が使われると思います。

ところで、数学的帰納法は、そのどちらなのでしょうか?

どこかで、数学的帰納法は演繹法の一種、と聞きましたが、本当でしょうか?

でも、そうだとしたら、数学的帰納法という言葉は、誤解を招くというか、
たとえば、「数学的帰納法」を省略してたんに「帰納法」というのは、よくないのでしょうか?

Aベストアンサー

数学的帰納法という言葉が誤解を招く、というの確かにおっしゃる通りです。ですが、それで通っている用語なので大目に見てあげてください。また数学的帰納法を略して帰納法というのもわりとよく使われるので問題ないです。ただ、もし高校数学あるいは大学受験数学で使うなら、必ず数学的帰納法と書いてください。略して帰納法ではだめです。

よく漸化式を解く問題で、「推定して帰納法」なんていうテクニックを使いますが、これは正しくは、「帰納して演繹法」なんですよね。紛らわしいったらないですが、用語の混乱ということで納得されるのがよいと思います。推定することそのものが帰納法になっているので、それを数学的にきちんと演繹した、演繹的帰納法というとより正確な用語に近い気もしました。造語ですけど。

Q作文っ!! 

テーマは『水について』
水に触れていれば、どんな作文でもOKです(≧∀≦)
人に頼りすぎ!!だとは思いますが、誰か考えてくださいませんか??

Aベストアンサー

ペラ2~4枚では、或る程度絞ってこじんまり書いた方が良いでしょう。
ネタも、旧い経済書に次のようの疑問を呈している人がいました。
「ダイヤモンドと水とどちらが人間が生きて行くのに必要か?ダイヤモンドはなくとも生きて行けるし現にダイヤモンドを一度も見た事がないまま一生を終える人もいる。水はなければたちまち渇きをおぼえる。ところがダイヤモンドは大変に高価で一方水はほとんどただである。生命を維持するに重要なということならば逆ではないかと。」
その著者は疑問を残したままにしていました。
後世になってこの問題に答えようとした学者達がいました。答えは大きく分けて二種類に分かれます。
「水は雨の日に器でも置いておけば簡単に手に入る、川へゆけば簡単に汲める、手に入れるのに大した手間が掛っている訳ではない。一方ダイヤモンドは険しい山の中や遠い土地迄行って散々苦労して入手できる。入手する迄の労働の量が全然違うからである」
別の答。「水はたくさんあるからだ。水が少ししかなければ生命維持用にするだろう、さらにあれば炊事や洗濯用に、さらにあれば掃除用に、しかしそれに使ってもまだあれば、散水用にし、その上あればこぼれていてもほっとくだろう。それに対してダイヤモンドは欲しがる人に行き渡る量すらない、足りないから欲しい人で金が出せるものは他人より高く買う事によって入手しようとする」
これに、あなたの考えを書けば、多分用紙が足りないくらいの論述ができますよ。
ちなみに、最初の疑問を呈した学者はアダム・スミスで「諸国民の富」という本。答えははじめの方が「労働価値学説」、後の方は「限界効用学説」で三人の学者が別々にほとんど同時にとなえました。
(詳しい事は、高等学校か大学の教養で教わって下さい)

ペラ2~4枚では、或る程度絞ってこじんまり書いた方が良いでしょう。
ネタも、旧い経済書に次のようの疑問を呈している人がいました。
「ダイヤモンドと水とどちらが人間が生きて行くのに必要か?ダイヤモンドはなくとも生きて行けるし現にダイヤモンドを一度も見た事がないまま一生を終える人もいる。水はなければたちまち渇きをおぼえる。ところがダイヤモンドは大変に高価で一方水はほとんどただである。生命を維持するに重要なということならば逆ではないかと。」
その著者は疑問を残したままにしていま...続きを読む

Q「抽象化、具体化」と「帰納法、演繹法」について

ロジカルシンキングについて教えてください。

「抽象化、具体化」と「帰納法、演繹法」はどういう関係なのでしょうか。
WEB上にある情報や書籍化された情報は混乱しています。「抽象化=帰納法、具体化=演繹法」と解説している方もいらっしゃれば、「論理展開は帰納法、演繹法のみ」としている方もいらっしゃいます。

私の認識では、「抽象化≒帰納法」です。抽象化は無駄を排除する思考法である一方で、帰納法は一般化の方法であり、これらを同義とするのは間違っていると思います。
また「具体化≠演繹法」であると認識しています。具体化は端的に言えば大カテゴリを小カテゴリに分けることで、演繹法は大カテゴリを前提としてそれに当てはまる事象を論理的に思考する方法論であり、それらは似て非なるものだと思います。。

どちらもロジックツリーで表現されることが多いですが、、ピラミッド構造化してしまうから混乱を招いているように思います。
どちらも思考の方法論ではありますが、ピラミッドの構成法は異なるものなのでないかと思います。

論理的であることにおいて「抽象化、具体化」と「帰納法、演繹法」は外せない概念だと思うのですが、それらの違いを簡単に説明してくれいてる文献がないので、どなたか分かりやすく説明いただけないでしょうか。

ロジカルシンキングについて教えてください。

「抽象化、具体化」と「帰納法、演繹法」はどういう関係なのでしょうか。
WEB上にある情報や書籍化された情報は混乱しています。「抽象化=帰納法、具体化=演繹法」と解説している方もいらっしゃれば、「論理展開は帰納法、演繹法のみ」としている方もいらっしゃいます。

私の認識では、「抽象化≒帰納法」です。抽象化は無駄を排除する思考法である一方で、帰納法は一般化の方法であり、これらを同義とするのは間違っていると思います。
また「具体化≠演繹法」であ...続きを読む

Aベストアンサー

門外漢ですが。

私もあなたの説明されるように理解しています。

ただ、ここのカテよりも「哲学」のカテの方が、求める回答は得られるとは考えます。

Q論文・作文を書くための本

こんにちわ。今年から高校生になります。
この間、高校から「高校への希望や夢」という感じの作文の宿題が出ました。
正直驚きました。自分がこんなに文章が書けないとは。
私は国語が5教科で1番得意なので、どこかで自惚れていたのかもしれません。
とにかく、文章が全く書けないのです。
書けないといっても、用紙を埋めることはできたのですが、日本語になっていなかったり同じことを書いていたり。
文章の構成というものを全くわかっていないのだと思います。
私は目指している大学があって、そこはかなり難しい大学なので文章を書く練習もそろそろ始めなければいけないと思っています。
もちろんそれだけではなくて、文章を書くのが上手になりたいです。
こんな私でも文章の書き方を一から学べる、良い本はないでしょうか?
小論文・作文・感想文の書き方を学びたいです。それぞれの専門書でも良いです。良い本をご存知でしたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
春から高校生とのこと、おめでとうございます。
新高校生のように若い方が「文章を上手に書きたい」と志を立てられるとは、心づよいことです。
ぜひがんばってください。

ご紹介できるのは、文章一般というより論文・小論文の書き方に特化したものですが、
ご参考までに、私が感銘を受けた書籍を以下に挙げておきます。

・「理科系の作文技術」木下是雄
http://www.amazon.co.jp/%E7%90%86%E7%A7%91%E7%B3%BB%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%96%87%E6%8A%80%E8%A1%93-%E6%9C%A8%E4%B8%8B-%E6%98%AF%E9%9B%84/dp/4121006240/ref=sr_1_1/249-5098225-1556367?ie=UTF8&s=books&qid=1175250606&sr=1-1

・「論文の教室―レポートから卒論まで」戸田山和久
http://www.amazon.co.jp/%E8%AB%96%E6%96%87%E3%81%AE%E6%95%99%E5%AE%A4%E2%80%95%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%8B%E3%82%89%E5%8D%92%E8%AB%96%E3%81%BE%E3%81%A7-%E6%88%B8%E7%94%B0%E5%B1%B1-%E5%92%8C%E4%B9%85/dp/4140019549/ref=sr_1_1/249-5098225-1556367?ie=UTF8&s=books&qid=1175250489&sr=1-1

ふたつとも評判のよい本で、上記アマゾンのサイトにも
たくさんの方がレビューを書いて下さってます。
なので、どんな本なのかはそちらをご覧ください(←手抜き)

-----

さて、宿題とか受験に役立つかどうかはともかく^^)
私が個人的に一番お勧めしたいのはこれ↓

・「文章読本」丸谷才一
http://www.amazon.co.jp/%E6%96%87%E7%AB%A0%E8%AA%AD%E6%9C%AC-%E4%B8%B8%E8%B0%B7-%E6%89%8D%E4%B8%80/dp/4122024668/ref=sr_1_8/249-5098225-1556367?ie=UTF8&s=books&qid=1175249487&sr=1-8

大学生の頃に読んで、たいへん感激した本です。
それから十年以上、何度も読み返しています。
「文章の書き方を一から学べる」という類の内容ではありませんが、
「いい文章っていいものだなあ…」「いい文章が自分で書けたら素晴らしいだろうなあ…」
という憧れをかきたててくれました。
今でなくても、いつかぜひ読んでほしいと思います。

こんにちは。
春から高校生とのこと、おめでとうございます。
新高校生のように若い方が「文章を上手に書きたい」と志を立てられるとは、心づよいことです。
ぜひがんばってください。

ご紹介できるのは、文章一般というより論文・小論文の書き方に特化したものですが、
ご参考までに、私が感銘を受けた書籍を以下に挙げておきます。

・「理科系の作文技術」木下是雄
http://www.amazon.co.jp/%E7%90%86%E7%A7%91%E7%B3%BB%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%96%87%E6%8A%80%E8%A1%93-%E6%9C%A8%E4%B8%8B-%E6%98%AF...続きを読む

Q帰納法、演繹法

帰納法と演繹法を使って作文を書かなくてはいけないのですが帰納法と演繹法が何だか分かりません。教えて下さい!!

Aベストアンサー

帰納法は、先に結論を述べて、後からそれを裏付ける説明をする方法で、逆に、演繹法は、説明を述べていき、結論にたどり着く方法ですね。

例えば、

「○○は○○です。というのも~」(帰納法)

「~ということで、○○は○○です」(演繹法)

というのが典型的な例になります。

Q作文の書き出しってどう書けばいいですか?

私は高校生です。
未だに課題の作文が書けずに困ってます。
自力で書いて頑張ってみたのですが、どうしても一番最初の書き出しが書けません。
いつも書き出しさえ書けてしまえばあとは15~20分あれば、清書まで終わってしまうのですが・・・。
内容は修学旅行で出会った、あるとても優しい人について書く予定です。
具体的でなくていいので、何かヒントを下さい!
お願いします。

Aベストアンサー

はるか昔に高校生だった者です。
作文の書き出しは、たしかに苦労しますよね。
でも、いつもは↓なんですよね。

>いつも書き出しさえ書けてしまえばあとは15~20分あれば、清書まで終わってしまうのですが・・・。


その時のことを思い出してみてください。自分の過去の成功例を思い出して、それを再現するんです。
どうしてました?
いろいろ情景を思い描いたり。
浮かんでくる文章の断片を、真っ白な紙に、つれづれに書いていったり・・・・なんてしてませんでしたか?
(ちなみに、これはわたしの場合なんですが)

ちょっと落ちついた場所で、ひとりでコーヒー飲んだり。
旅行中の写真があったら、眺めてみたり。
原稿用紙から、少し離れてみてはいかがでしょうか?

Q帰納法と演繹法の話し方の違いについて

数学の帰納法・演繹法ではなく、
ビジネスにおける話し方について質問させてください。
(カテゴリが間違っていたらごめんなさい)

私は今まで、
帰納法=まとめ→詳細→まとめ
演繹法=起承転結
と理解しておりました。
でも、プレゼンテーションの書籍やWebを見て、
私は今まで間違っていた?と思いました。

私は数学の知識がないので、
数学で言われると途端に頭の回転が止まってしまいます。

「プレゼンテーションにおける帰納法と演繹法の違い」ですとか、
「人に説明するときの帰納法と演繹法の違い」などのテーマで、
2つの違いを教えてくださいませんか。

今まで自身満々でプレゼンテーションをしていた自分が恥ずかしいです(-_-;)

Aベストアンサー

ごくごく大雑把な言い方ですが、

帰納法というのは、個々の具体的な事例から一般的な法則を導き出す方法で、
演繹法というのは、一般的な法則から具体的な結論を導き出す方法です。

プレゼンテーションの場合で言えば、
最初にマーケティング調査の結果とか、売れ行きの状況とか言った具体的な事実をまず挙げて、それに基づいて、一般的な方針を提示するのが帰納法。
例)
☆A,B,C…といった商品の売れ行きが好調である(事実)

☆A,B,C…はいずれも若者向けの商品である(分析)

☆今後は若者向けの商品開発に力を入れるべきだ(結論)

逆に、最初に、コンセプトや一般論を提示した上で、そこから具体的な戦略を提示するのが演繹法です。
例)
☆わが社は若者向け商品の開発・販売に力を入れている(一般的方針)

☆この方針に基づいてA,B,C…といった商品が開発された(敷衍)

☆商品A,B,C…の販促に力を入れるべきだ

帰納法:具体的な事柄⇒一般的な結論
演繹法:一般的な事柄⇒具体的な結論

ですね。

Q大至急!!!!!!! 自己流枕のそうしをつくります。 春は、、、。夏は、、、。の書き出しで、テーマを

大至急!!!!!!!
自己流枕のそうしをつくります。
春は、、、。夏は、、、。の書き出しで、テーマをきめて、じぶんの感情など、を季節事に書き出すというものです。
そこで、私は
春は出会い。夏は○○○。秋は○○○。冬は別れというふうにしたいと思ってます。夏と秋、なにがいいとおもいますか?あと、これはテーマになにがいいとおもいますか??
大至急宜しくお願いします。

Aベストアンサー

春は出会い。夏はまつり。秋は夕暮れ。冬は別れ。

Q帰納法と背理法の注意点について

「nを正整数とする。(2^n) + 1は15で割り切れないことを示せ。」という問題です。

解答は帰納法で解くのではなく、nを具体化していくと15で割ったあまりが3,5,9,2・・・のパターンで推移していくのを証明すればいい問題なのですが、これに対して私は帰納法と背理法をミックスして以下のように解こうと思ったのですがだめですか。

(2^n) + 1は15で割り切れると仮定し、それを帰納法で表す。
n=1のとき3となり15で割り切れない。
n=kのとき15で割り切れると仮定する。つまり
(2^k) + 1=15m
⇔2^k=15m-1・・・(1)が成り立つと仮定する。
(1)より
(2^k+1)=2(15m-1)
=15・2m - 2
となり矛盾する。よって(2^n) + 1は15で割り切れない・・・(終)

どこかおかしそうな気がするのですが、結論として帰納法は帰納法単独でしか使えないのでしょうか。この問題は帰納法単独だけでは「(2^n) + 1は15で割ると13余る数ではない」ということしか証明できないので困ります。

よろしくおねがいします。

「nを正整数とする。(2^n) + 1は15で割り切れないことを示せ。」という問題です。

解答は帰納法で解くのではなく、nを具体化していくと15で割ったあまりが3,5,9,2・・・のパターンで推移していくのを証明すればいい問題なのですが、これに対して私は帰納法と背理法をミックスして以下のように解こうと思ったのですがだめですか。

(2^n) + 1は15で割り切れると仮定し、それを帰納法で表す。
n=1のとき3となり15で割り切れない。
n=kのとき15で割り切れると仮定する。つまり
(2^k) + 1=15m
⇔2^k=1...続きを読む

Aベストアンサー

質問とは関係ないんですが、wolvさん。
「n=1 で偽」および
「n=k で偽 → n=k+1で偽」が両方とも真なら
「全ての自然数について偽」は真ですよ。(たぶん…/汗)

但し、space-travelの証明では、
「n=k で偽 → n=k+1で偽」
がきちんと証明されてません。(というか、仮定から間違ってます。。)ちなみに、この手の問題を数学的帰納法&背理法で解くのは非常に面倒くさいです。(不可能ではないですよ。ただ、結果的にあまりで場合分けするので、王道で解く事をお勧めします。)
ん?学問に王道無し?(笑)

Q作文の書き方

作文の書き方で、小さい文字(「っ」「ゅ」「ょ」「ゃ」など)が行の頭にくるときは、
改行せずに前の行の最後に書くという風に習いました。
そうすると、「ちょっと」と書きたくて、「ち」が行の
最後に来た場合、どのように書けばいいのでしょうか?
二つとも最後のマスに入れるのですか?

どなたかわかる方、教えてください。

Aベストアンサー

作文って漠然としてどのようなフォーマットのものかわかりませんが
組版の場合は送りを調整して行頭禁則処理をするんじゃないでしょうか。
1行の文字数が決まっている(固定ピッチ送り)場合はワープロなどでも
行頭禁則用に確保されている文字は1文字なので「ち」から次の行にまわりこみ
をさせる、もしくは行頭禁則を行わないのが正解だと思います。

http://www.nakanihon.co.jp/Shimada/bunsyo/BTypingRuleJ/ChapB05.htm

まぁ読む限りそのような文章は工夫して避けろってありますね。


人気Q&Aランキング