現在、新エネルギーが注目されていますね。
石油の埋蔵量がそれほど無い事や、環境問題当たりが原因だと思っているのですが、これからはどうなっていくのでしょうか?

・ハイブリットカーのように電気を補助として動かし、最終的に電気のみで動かす
・石油が含まれている物の精製法を改善して使用可能な量を増やす(オイルサンドなど)
・天然ガスを使ったエネルギーを使用する(ガス・ツー・リキッド)
・バイオ燃料に注目する(バイオエタノールなど)

は日本で取り組まれているらしいです(日経新聞より)。
全部の対応が全て採用される事は可能性としては低いと思うのです。
一番有効な事が判明したら、それを全力で使用するとおもいますから。
ただ、それぞれの長所や短所を発電所のように補っていくという可能性もあるかもしれません。

実際、エネルギー問題でどの対応が採用されるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

挙げられた4項目は担い手が違うので、全部の対応が全て採用される事になると思いますが、夫々の項目ごとに沢山の選択肢があり、その選択肢が絞られていく形になるでしょう。


まず、指摘されている「新エネルギー」が運輸部門に限定されているので、それを前提に考えてみます。
元々電気を利用した自動車の利点は、電気がクリーンであると言うより、モーターの回転運動が直接車輪に伝動できる効率の良さにありました。ハイブリッドは余剰エネルギーを電力に変換することで、さらに効率が向上する点で優れています。電気自動車・燃料電池車は、上記の効率の良さと蓄電問題の両立と言う課題を残しているので、技術的ブレークスルーが無いと難しいと思われます。
原油の嵩増しについては、原油価格の上昇が起これば自然に行われて行きます。2003年の原油高騰では、カナダのオイルサンドが「可採」埋蔵量に算入される事になりました。オイルシェルやオリノコ原油も、今後「可採」となる可能性は高いでしょう。
GTLについては現在カタールで巨大プラントが複数建設中で、今年中にも初めの工場で出荷が開始されます。建設計画時に原油価格が28ドルであれば、十分に採算に乗ると言われていたので、有力な次世代燃料候補(但し補助的)といえます。
バイオ燃料については、既に先物買いが横行しており、欧州では来年から本格的に利用される事になります。日本ではやっと最近話題にのぼる様になりましたが、間違いなく総量の10%弱までは使用される事になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>指摘されている「新エネルギー」が運輸部門に限定されているので

ホントですね。関心のある部分だけ上げたら輸送系を重視しちゃったみたいです。

>全部の対応が全て採用される事になると思いますが

そうですか。どの技術も補助エネルギーとして全部使われていくって感じですね。

私の質問にある
>長所や短所を発電所のように補っていく
って事にはならないんでしょうか?
未だ補助エネルギーの域を出る新エネルギーとして確立するのは無理なのでしょうか?
やはり技術が足りないのでしょうか?

お礼日時:2007/02/06 16:46

>一番有効な事が判明したら、それを全力で使用するとおもいますから


それはどうでしょうか。
あなたは視野が狭い気がします。失礼ながら。

エネルギー問題は地球環境問題だけではなく食糧需給や国際情勢まで網目のように複雑な問題が入り組んでいます。解決策を一つに絞るなんて不可能だし、そういう考えは無謀です。

例えば、バイオエタノール一つに絞ったらどうなるか?先進国が大量の穀物や植物をかき集めることになり、世界の食糧需給のバランスは間違いなく崩れます。また、石油資源が乏しい国ほど石油資源からの脱却を望む傾向が有るので、石油資源の乏しい国と豊かな国の目指す方向も自然に変わってくるでしょう。日本が良い例です。

また、新エネルギーや代替エネルギーだけ見ても物凄く多様化していて、挙げてもキリが有りません。今のところその中のどれが有効かさえ未知数な段階で、方法を絞るなんて出来るでしょうか?

今後のエネルギー問題の解決法は一つに収束するのではなく、わき道へ逸れたり失敗を繰り返しながら色んな解決法へと枝分かれしていくはずです。


ちなみに、新エネルギーの影で忘れがちですが、使わないこと、すなわち「省エネ」も日本にとって、世界にとって重要なエネルギー政策の一つです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>あなたは視野が狭い気がします。失礼ながら。

はい。狭かったです。すいませんでした。(笑)

私が考えているビジョンとしては、後の10年以内に発展途上国などへの援助や復興,紛争の激化が確実に起こると思っていました。
その為、石油のみのエネルギーでは1年に対する絶対量が確実に足りなくなるので何か知らの対応がなされると思ったのです。
それが、バイオエタノールなのかオイルサンドの精製なのかは分かりません。何処かを伸ばせば何処かが悪くなるのは当然だと思います。
無限に存在するエネルギーを使用しなければ解決はできないのですから。日本や先進国でどれほど省エネを行っても発展途上国の数と人口などを考慮すると確実に足りません。それは現在のエネルギー不足問題に拍車を掛けると思います。

エネルギー問題解決方法は確かに1つではないでしょうが、これから数年先には確実にどれかに重点をおいて世界的に開発が行われると思うのです。『その際に取り上げられるエネルギーはどれか?』という質問のつもりでした。

恐らく、最終的には>今後のエネルギー問題の解決法は一つに収束するのではなく
なのだと思います。
ですが、早く収束しなければ問題の規模が大きく膨れ上がりすぎてた書できなくなるのも確かです。
その辺りの意見もいただければ幸いです。

お礼日時:2007/02/04 16:00

世界人口の3割以上を占める中国とインドが目覚しい経済発展していますよね、現在両国の資源や作物消費は数%に過ぎません、今後どんどん消費拡大して日本やアメリカのようになればどのような代替エネルギーが出来たとしてもあっというまに食い潰すでしょう、二酸化炭素放出量の制限なんて意味もなくなるでしょう、たとえば現在バイオ燃料の普及によって深刻な穀物不足も露見しつつあります、効率やコストだけを考える現在のシステムでは破滅へカウントダウンを止めるのは容易ではないと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
結局どういったエネルギー問題への対処も意味が無く、どの解決法も採用されるものもないって事でしょうか?

お礼日時:2007/02/04 15:50

ドクター中松が「水で走れる車」を発明したそうですね。


ガソリンが水になれば、いいのに~。

そうすれば、エンジンと言われるもの、全てが「水」で動く事も可能かもしれない。
そうなると、いいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん...水素で走るエネルギーカーは中松氏が開発したのか。
もっと前からあったと思ったんだが・・・
まぁ、ハリウッドで個人エピソードの映画を作ってもらってるらしいし、年内上映って聞いたから、それ見てから判断します。

HODの問題は、水以外の原料が高い事ですね・・・

お礼日時:2007/02/04 15:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QEDXの横軸(keV単位)と原子のエネルギー準位(eV)の差の関係について

EDXスペクトルの横軸が何のエネルギーを示しているのかがあいまいなのでどなたか解説していただけないでしょうか。

EDXを使用して鉄のスペクトルを取ったところ、Kaのピークが6keVのところに出ました。EDXはX線ではじき出されたK殻の電子位置にL殻の電子が落ちる際発生する特性X線のエネルギーを測っているのですよね。ということはL殻とK殻のエネルギー差が6keVもあるということなのでしょうか。原子のエネルギー準位は数eV程度ではないかと思うのですが、何か勘違いしてるのでしょうか。

ちなみに入射電子線のエネルギーは15keVで、検出素子はSi(Li)です。

Aベストアンサー

>ということはL殻とK殻のエネルギー差が6keVもあるということなのでしょうか。
そういうことです。

本当かどうかは、K殻とL殻のエネルギー準位を求めればすぐに分かります。
今考えているのは内側の電子ですので遮蔽の効果は小さいと考えて、原子番号Zの原子核+電子1個の系で近似してもそう大きくは変わらないはずですよね。(水素原子の場合と本質的には同じですので、エネルギー準位は直ぐに求まります)
なお、具体的な計算の時には、水素原子の第1イオン化エネルギー=13.6eVを使うと楽です。

>原子のエネルギー準位は数eV程度ではないかと思うのですが、何か勘違いしてるのでしょうか。
数eV程度というのは化学反応とかに関係する電子、つまり、外側の軌道の電子の話のはずです。今考えているのは、内側の軌道の電子ですから、考えている電子が違いますよね。

Q石油は無限ですか?ある大学で水素と酸素ガスから石油を作る事が既に成功しておりますが、石油がなくな

石油は無限ですか?

ある大学で水素と酸素ガスから石油を作る事が既に成功しておりますが、石油がなくなったらどのようになりますか?
バイオエタノールですか?
電気ですか?
プラスな回答お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

石油資源は地球が有限であるので有限な資源であることは確かです。
昔はあと20年でなくなると言われたりしましたが、今でも掘削をしているので、これからどの程度の掘削ができるのか判りませんね。

>水素と酸素ガスから石油を作る事が既に成功
これは何かの間違いです。石油は炭素と水素が主な元素ですので、酸素が幾らあっても石油はできません。

バイオメタノールでエタノールではありませんね。
これは問題が有って穀物を食糧資源にするかエネルギー資源にするかで人の食べるものに影響します。

石油もバイオメタノールも化石燃料にはかわりはないので、地球温暖化対策とは相反するものであることは確かです。
現実的に考えると原子力が補完していくないように思いますね。

Qエネルギー換算方法がわかりません。

エネルギーの原油換算について教えてください。単位はメガジュールからキロカロリーに換算する計算です。例えば1,000,000,000のエネルギー使用量を原油に換算すると何トンの原油が削減できるかというものです。熱量換算はいろいろ探していますが有効なサイトはないようです。お願いします。

Aベストアンサー

補足説明を拝見した所、2450Kcal/kWhの数値をお使いです、これは「省エネ法」によるものと推察いたします。
これを前提に計算される事は間違いではありませんし、計算も容易になります。
「エネルギーの使用の合理化に関する法律第11条 定期報告書記載要領」では 原油9250Kcal/Lとなっておりますので単純な掛算で算出できます ちなみに燃料の場合
A重油1KLは原油1.01KL。B重油は1.04KL換算、軽油は0.99KL、灯油は0.96KLそれぞれの換算値をお使い下さい。
尚、これは省エネセンターのHPにあったかと思います。

Qバイオブタノールではなくバイオエタノールが注目されているのはなぜ?

バイオエタノールは水と混ざりやすく、既存のインフラを使用できないそうです。また、燃費はガソリンの約70%と劣るようです。
一方、バイオブタノールは既存のインフラを使用できる上、ガソリンとほぼ同じ燃費だそうです。
このように、バイオブタノールはバイオエタノールよりも優れた点がありますが、バイオエタノールが注目を浴びているのはどうしてなのでしょうか?

Aベストアンサー

バイオエタノールの使用は世界的に拡大しつつあり、米国でも1990年台後半のMTBEの使用禁止後に、一気に普及しています。従って既存のインフラが使えないと言っても、製油所等にある大型タンク(浮き屋根型)というほんの一部についてのみ問題があるだけです。しかもE-3 については問題が発生する可能性がありますが、E-10まで濃度があがれば問題は無くなります(詳しい説明は避けますが・・・)。
さて、現在は様々な化学品が合成可能で、ブタノールに限らずガソリン性状を上回る物質を造る事は、技術的には可能です。
一時話題になった燃料電池問題やその他の新エネルギーについても同様ですが、現在の課題は如何に石油のコスト・量に肉薄できるかと言う事で、バイオブタノールもその候補ではあります(地道な研究は行われている)。
その点で、アルコールは人類の創世記より作られていた物質であり、その製造技術の研究には長い蓄積があります。
その上、現時点でも全アルコールの6割以上が、「燃料」として使用されており、当然それは「バイオエタノール」が使用されています。
現にブラジルでは二酸化炭素排出削減が目的でなく、外貨の節約と言う事で普及していたと言う例もあります。

バイオエタノールの使用は世界的に拡大しつつあり、米国でも1990年台後半のMTBEの使用禁止後に、一気に普及しています。従って既存のインフラが使えないと言っても、製油所等にある大型タンク(浮き屋根型)というほんの一部についてのみ問題があるだけです。しかもE-3 については問題が発生する可能性がありますが、E-10まで濃度があがれば問題は無くなります(詳しい説明は避けますが・・・)。
さて、現在は様々な化学品が合成可能で、ブタノールに限らずガソリン性状を上回る物質を造る事は、技術的には可能...続きを読む

Q1eVのエネルギーを持つ気体

ウィキペディアを見ていたら、「1eVの平均運動エネルギーをもつ気体の温度は11604 Kとなる。」と書いてありました。
これが正しいとすると逆に、気体分子に1eVと同じエネルギーを熱で与えるには0Kから11604Kに昇温すればよいということでしょうか?3eVのエネルギーを与えるには11604×3 Kに昇温すればいいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

その通りです。

eV(電子ボルト)単位のエネルギーをE [eV]、絶対温度をT [K]とすれば

e×E=k×T

eは素電荷でe=1.60219×10^(-19) [C]、kはボルツマン定数でk=1.38062×10^(-23) [J/K]ですので、

T=11604.86×E

となります。E=3 [eV]なら、T=11604.86×3 [K]に昇温すればいいわけです。

現実にはこんな温度は実現できませんが、荷電粒子を電界で加速してやれば大きなエネルギーを与えることができます。荷電粒子が電子の場合、わずか3V(ボルト)の電圧で加速すればこのエネルギーになります(eVというのは電子をこの電圧で加速したときに電子が持つエネルギーという意味の単位)。

Q石油の埋蔵量は100年分以上ある?

昨日のテレビで、世界の石油の埋蔵量は100年分以上あると言っていましたが、本当でしょうか?中国等の経済発展国がこれから石油を大量に使用するという憶測がありますが、実際石油はあと100年以上枯渇することはないのでしょうか?
詳しい方回答お願いします。

Aベストアンサー

一般的に埋蔵量と言うと可採埋蔵量を指し、「現在の技術と価格で取り出せる量」を言います。
従って、現在のように原油価格が上昇すれば、今までコストがあるから採れないと言われていた原油を得る事が出来ます。
例えば2003年に原油価格がバーレル40$を超えた時、カナダに在った「オイルサンド」と言う砂に含まれた原油分の採取が採算に乗って、北米の石油寿命が一気に10倍程度になりました。
その後も原油高騰が続いていますので、オリノコ原油やオイルシェールと言ったもっとコストが掛かる原油採取も「経済的に可能」になりつつあります。

またメキシコ湾の事故で瞬間的に停滞しましたが、深海油田が大西洋で発見される件数や可能性は年々増加しており、原油の供給不足と言う事は政治問題を除けば考えられなくなって来ました。

また、新しい採掘技術によりさらに埋蔵量が増加している天然ガスについては、そこから液体燃料を造るGTLと言う技術も実現し、カタールなどではGTL工場が稼動を始めています。

そもそも太古の地球大気には酸素は含まれて無かった事が判っていて、替わりに大気の20%を二酸化炭素が占めていたので、今の20%の酸素が分離された後の炭素はどこかに存在するので、酸素を燃やす相手が居なくなる事は考えられません。

従って、値段は上がっても液体燃料が枯渇する事は無い訳です。

一般的に埋蔵量と言うと可採埋蔵量を指し、「現在の技術と価格で取り出せる量」を言います。
従って、現在のように原油価格が上昇すれば、今までコストがあるから採れないと言われていた原油を得る事が出来ます。
例えば2003年に原油価格がバーレル40$を超えた時、カナダに在った「オイルサンド」と言う砂に含まれた原油分の採取が採算に乗って、北米の石油寿命が一気に10倍程度になりました。
その後も原油高騰が続いていますので、オリノコ原油やオイルシェールと言ったもっとコストが掛かる原油採取も「経済...続きを読む

Qエネルギー消費量の単位

エネルギー消費量として、mlO2/kg/hとkcal/kg/hを見かけますが、両者はそれぞれどういうことを表しているのでしょうか?

また、両者の単位は互いに換算できるのでしょうか?

例えば、馬のエネルギー消費量は約20kcal/kg/hのようですが、
kcal/kg/hに換算するとどのくらいなのでしょうか?
ざっくりでも良いので換算できれば助かります。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どちらも、「単位時間当たり、単位重量当たりの消費熱量」を表します。


1000 mlO2/kg/h = 5kcal/kg/h

です。

こちらをご参考に。

http://www.tarleton.edu/Faculty/jblevins/Physiotherapy/Fall%202010/lab/metabolic%20calculation%20lab%20fall%202010.pdf

よろしければ、ベストアンサーにお願いします。

Q液化石油ガス、高圧ガス、エルピーガスの定義は?

液化石油ガス、高圧ガス、エルピーガスなどのガス関係の定義がよくわかりません。それぞれの定義を教えてください。

Aベストアンサー

液化石油ガスがLPG(Liquefied Petroleum Gas)で、これはLPガスそのものの事です。原油精製の各段階で発生する石油ガスを液化したものです。
実際に家庭で使われているLPガスのほとんどがプロパンを主成分とする為にプロパンガスとも呼ばれます。都市ガスも以前はLPGでしたが、資源や環境の問題などの観点から急速に天然ガスへの移行が進んでいます。
都市ガスと、いわゆるボンベで供給されているプロパンガスの違いは、配管かボンベかという供給形態の違いと、LPGの種類です。一般的には都市ガスはプロパンガスよりは比重の軽いものが選択されていますが例外もあります。
100円ライターのガスはブタンガスですが、これもLPGのひとつです。
よく似た言葉でLNGというのがありますが、これは液化天然ガス( Liquefied Natural Gas)のことで、文字通り天然に存在するものを高圧で液化したものです。主成分はメタンで燃焼による公害物質の発生量が少ないクリーンなガスとされています。
高圧ガスというのはよくわかりませんが、液化などに伴い、高圧となったガス全般をさすのではないでしょうか。

液化石油ガスがLPG(Liquefied Petroleum Gas)で、これはLPガスそのものの事です。原油精製の各段階で発生する石油ガスを液化したものです。
実際に家庭で使われているLPガスのほとんどがプロパンを主成分とする為にプロパンガスとも呼ばれます。都市ガスも以前はLPGでしたが、資源や環境の問題などの観点から急速に天然ガスへの移行が進んでいます。
都市ガスと、いわゆるボンベで供給されているプロパンガスの違いは、配管かボンベかという供給形態の違いと、LPGの種類です。一般的には都市ガス...続きを読む

Q超新星爆発のエネルギーをTNT火薬換算で知りたい

超新星爆発のエネルギーをTNT火薬換算で知りたい
超新星爆発のエネルギーは10の46乗ジュールと、ある記事で知りましたが
ジュールという単位は物理の素人には、なかなかイメージできません。

都市を一瞬にして吹き飛ばした広島型原爆の威力はTNT火薬換算で
15キロトン。

その後、米ソで軍拡が進み史上最大の核兵器はソ連の「ツァーリボンバ」で
威力は広島型原爆3300倍の50メガトン。

恐竜を絶滅させたといわれる6500万年前にユカタン半島に落ちた
小惑星クラスの隕石は6000万メガトン。

このように現実に起きた事例の延長として超新星爆発もTNT火薬換算であれば、
なんとなく理解できそうな気がします。

超新星爆発(特にII型と呼ばれるタイプ)は(地球ではなく)太陽質量の
8倍以上の恒星の爆発という事で、その威力は上記のような地球上での現象など
比較にもならない想像を絶するものだという事は容易に想像できます。

その想像を絶するモノを漠然とでもいいからイメージしたいので超新星爆発の
エネルギーである10の46乗ジュールをTNT火薬換算
(できれば「広島型原爆の○○倍」という風に表記)できる方がいれば
教えていただけると幸いです。

超新星爆発のエネルギーをTNT火薬換算で知りたい
超新星爆発のエネルギーは10の46乗ジュールと、ある記事で知りましたが
ジュールという単位は物理の素人には、なかなかイメージできません。

都市を一瞬にして吹き飛ばした広島型原爆の威力はTNT火薬換算で
15キロトン。

その後、米ソで軍拡が進み史上最大の核兵器はソ連の「ツァーリボンバ」で
威力は広島型原爆3300倍の50メガトン。

恐竜を絶滅させたといわれる6500万年前にユカタン半島に落ちた
小惑星クラスの隕石は6000万メガトン。

こ...続きを読む

Aベストアンサー

 1gの反物質が同量の物質と対消滅反応を起こした時に放出されるエネルギーは、TNT高性能爆薬換算で約42.96キロトンになり、これは長崎型原爆ファットマン(核出力約22キロトン)の約2倍です。
 超新星爆発の際に放出されるエネルギーの大きさは、超新星爆発ごとに差がありますが、仮に質問者様が仰る10の46乗Jとした場合、そのエネルギーは、地球と同じ重さ(約5.974×10^24kg)の反物質が、地球と対消滅した際に放出されるエネルギーの約9312倍になります。

 又、地球を粉々にする事が出来るエネルギーの約28兆倍に相当します。

Q石油・石炭・天然ガス等の天然資源ができるまで

 動植物の死骸から、
石油・石炭・天然ガス等の天然資源ができるまでには、
どれくらいの年月がかかるのでしょうか?

 また、鉱物資源は、
ビッグバンや星の誕生といったイベントによらずに生成されることはほぼないのでしょうか?

 ご存じの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

石炭や石油が算出される地質年代は特定の時代に集中しています。
石炭がおよそ3億年ほど前の古生代石炭紀です。北海道や九州の石炭はずっと新しく、3000万年ほどまえです。
中東の石油は中生代のジュラ紀(2億年前)や白亜紀(1.4億年前)です。
石油や石炭が生成されても、その後の地殻変動などにより、採掘可能な形で存在するとは限りません。

ビッグバンや星の誕生といったイベントで地球を構成する元素が生成されましたが、それがそのまま鉱物資源になるわけではありません。
鉱物資源は人間が採掘可能な地殻表面に経済的に取り出すことが可能な濃度に濃縮されていなければなりません。 
鉱物資源に関しては地球を構成する元素がどのように生成されたかよりも、どのような濃縮が行われ、地殻表面に出てくるかほうが重要です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報