私の好きな作家は、中島らも、山田風太郎、村上龍、奥田英朗、
町田康、夢枕獏、穂村弘、松尾スズキ、車谷長吉、大崎善生、
島田雅彦、大槻ケンヂ、原田宗典、田口ランディ、辛酸 なめ子 、
北尾 トロ、このような読書傾向の自分に合いそうな作家を教えて
ください。

A 回答 (3件)

私と相当かぶっていますね。


では他に質問主さんに合いそうな作家名とお薦め作品を…

池上永一「レキオス」「シャングリ・ラ」⇒どっちもぶっとんでて最高です。
舞城王太郎「阿修羅ガール」「熊の場所」「みんな元気」⇒波長が合えば無条件に面白い。
伊坂幸太郎「重力ピエロ」「アヒルと鴨のコインロッカー」⇒器用な作家というイメージです。
萩原浩「僕たちの戦争」「ママの狙撃銃」⇒堅実な実力作家。
阿部和重「シンセミア」⇒他の作品はともかく、これは名作。
桐野夏生「OUT」「残虐記」「リアル・ワールド」⇒あと、村野ミロシリーズをぜひ!
垣根涼介「ワイルド・ソウル」「ヒートアイランド」⇒1級品のエンターテイエメントです。
恒川光太郎「夜市」「雷の季節の終わりに」⇒ほの暗くもの哀しい雰囲気が何ともいえずいいです。
青木淳悟「40日と40夜のメルヘン」「クレーターのほとりで」⇒不思議な読後感をもたらします。
吉村萬壱「クチュクチュバーン」「バースト・ゾーン」⇒破壊的作品。読後感は強烈です。

こんなあたりはどうでしょうか。大はずれはないと思いますが…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさん教えていただいてありがとうございます。この中では、桐野夏生の「OUT」をDVDで観たことがあります。そのほかは知らない作家ばかりなので、読むのが楽しみです。

お礼日時:2007/02/10 14:27

私も中島らも、奥田英朗、田口ランディは好きで愛読しております。

お勧め作家としては・・・ちょっと笑わせられるバイオレンスというか、きっちりとしていないハードボイルドというか、とにかく今完全にハマっている「戸梶圭太」です。
中でもお勧め作品として・・・『湾岸リベンジャー』『牛乳アンタッチャブル』『トカジャンゴ(短編集)』『溺れる魚』などです。是非一度お試しあれ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

戸梶圭太ですか、図書館の棚で見かけたことのある名前です。今度借りてみようと思います。回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/08 10:22

自分と半分近くかぶっています。


ので、ここに挙がっていないわたしの好きな作家をお勧めします。
荻原浩、清水義範、ナンシー関、今野敏、篠田節子、酒見賢一、R・A・ラファティ、このあたりでいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

清水義範、ナンシー関は私も好きです。他の作家ははじめて知ったので、今度図書館で借りてみようと思います。回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/07 21:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中島らもさんの本を読んだんですが・・

中島らもさんの「愛に引っ掛けるための釘」を読んだんですが、すごくよくってまた他のも読もうと思います。みなさん中島らもさんのお勧めのものありますか?また他の作者のお勧めも教えてくれるとうれしいです。

Aベストアンサー

エッセー風のものでは、
『僕に踏まれた街と僕が踏まれた街』(らも氏の学生時代の話など)
『アマニタパンセリナ』(ドラッグネタ)

小説では、
『今夜、すべてのバーで』(アルコール依存ネタ)
『ガダラの豚』(呪術ネタ)
『人体模型の夜』(ホラー)
『白いメリーさん』(ホラー)
が、思い出せる範囲で僕が読んだ中では面白かったです。

特に、『僕に踏まれた~』と『今夜、~』と
『ガダラの豚』は、お勧めだと思います。
『ガダラの豚』なんか寝ないで読んだ記憶が・・・

Q二ねん三くみ夜のぶらんこの話 夢枕獏

白石加代子さんの百物語という舞台がきっかけで、夢枕獏さんの「二ねん三くみ夜のぶらんこの話」という話を知り、本を探したのですが、見つかりません。
どの本に載っているのか、または本にはなっていないのか、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

「奇譚草子」という書籍の中に入っています。
書籍内のタイトルも「奇譚草子」。
夢枕氏が聴いた実話怪談という体裁になっています。
私が持っているのは講談社のハードカバーですが、現在、文庫版でも出ていたような気がします。
書籍名で検索してください。
あの話、怖かったですね。

Q中島らも系統の本を探すとしたら、どんなキーワードがあるでしょうか?

こんにちは、お世話になります。

洋書の読書を趣味にしているのですが、久しぶりに和書で、中島らもの本を読んだら面白くてたまりませんでした。

ふと、洋書でも中島らものように面白い著作があるのでは?

と、思ったのですが、検索してみようとして、、、検索のキーワードが、、思いつきません。

ああいう、真面目に不真面目、、、妄想、、とも違うし、、、何て言えば良いのでしょうね、、?

あんまり、アメリカンジョークは分からないので、日本人にも分かる面白い(興味深いの意味ではない)本を探せるキーワードなんてあるでしょうか?(普通にTop 10 funniest book で検索したら、、コテコテのアメリカンジョークものの本がでてきてガックリでした。)

僕は、和書でも中島らも系統の本は中島らも氏の本しか知りませんし、洋書では存在しないのかも知れませんが、、、兎に角探すためのキーワードのアイデアを教えていただけますか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「humor essay」とか?

中島らもっぽい洋書については、さっぱり思いつきませんが、
SFでよければラファティとか…おっさんのほら話っぽい作風が似てると言えば似てるかも。(読んでみて見当外れだったらすみません)

参考URL:http://www.amazon.co.jp/dp/4150107572

Q夢枕獏さんのオススメの本を教えてください。

夢枕獏さんのホラーやバイオレンス要素の少なく、かつ歴史もの、冒険もののオススメ作品を教えて頂けませんか。

「陰陽師」シリーズと「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を読み、とてもおもしろかったので、続けて夢枕獏さんの小説を読みたいと思っています。特に冒険ものが好きで、陰陽師の瀧夜叉姫はとてもおもしろかったです。

ただ私はホラーやバイオレンスものは大の苦手で、氏の他の作品の内容紹介を読むとどうもその類の作品が多いように思います。「滝夜叉姫」や「沙門空海」の血みどろ?表現は気持ち悪かったのですが、私的にぎりぎりセーフです。
「大帝の剣」はどうでしょうか。また、他のお勧めの作品をぜひぜひご紹介ください。

ファンの方、お詳しい方、教えて頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

夢枕獏の源流はデビュー短編集「猫弾きのオルオラネ」にあります。
その後、ジュブナイルの形で「幻獣少年キマイラ」が上梓され、それから20年余に亘る奔流と化した膨大な作品群については、次の作家自身の言葉こそが最良のガイドとなるでしょう。

夢枕獏における半自伝的なエッセーや私小説群といえます。
「聖楽堂酔夢譚」
「純情漂流」
「絢爛たる鷺」
「瑠璃の方船」
「あとがき大全(あるいは物語による旅の記録)」
外にも、
「獣王伝―夢枕獏ワールド」など。
http://01.a-viva.jp/oitamanga-22763-ch.php?guid=on

伝奇バイオレンス作家として売れっ子になった彼が、「それと並行しながら別のベクトルをもった物語」を書き綴ることで精神のカウンターバランスを図った。それが宮沢賢治と「螺旋経典」をオマージュした「上弦の月を食べる獅子」であったのでしょう。
まずは「幻獣少年キマイラ」とその「岩村賢治詩集 蒼黒いけもの 」から始まるでしょう。

Q中島らも「ガダラの豚」

中島らも「ガダラの豚」
おもしろい本を探しており、中島らも「ガダラの豚」がおもしろいと、ネットで目にしました。
ブックオフへ行き(I)はなかったのですが、(II)と(III)は¥105で売っていたのでを買いました。
そこで質問です。この「ガダラの豚」は続き物で(I)から順番に読まないとダメなものなのか、
それともそれぞれ独立していてどれから読んでもいいものなのか、
それとも、できれば(I)から読んだ方がいいが、順番どおりでなくてもそれなりに楽しめるものなのか。
アドバイスをよろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

1巻から順番に読まないと駄目です。
ストーリーが1巻~3巻まで続いています。
残念ですが、1巻を購入してから残り2冊を読んで下さい。

ま~、ちょっと我慢すれば楽しい時間を過ごせますので^^

Q「うえせいさん」の長吉

『ゲド戦記』(ル=グウィン)の翻訳で有名な清水真砂子さんの『子どもの本の現在』(岩波書店・同時代ライブラリー)という本を読んでいます。
児童文学についての本です。
一番最初に『ノンちゃん雲に乗る』『三月ひなの月』などを書き、『くまのプーさん』などの翻訳を手がけた、石井桃子論が述べられているのですが、そのなかに
<戦争は、国家は、「うえせいさん」の長吉を奪っていったが、ノンちゃんからは何も奪わなかった。>
という一節があります。
「うえせいさん」の長吉とはなんなのでしょうか?
『ノンちゃん雲に乗る』を読めば出てくるのでしょうか?

どなたか知っておられたら教えてください。

Aベストアンサー

簡単ですが書いておきます。
あとは『ノンちゃん雲に乗る』を、お読みください。

※うえせいさん(植木屋のせい吉さん)は、ノンちゃんのお父さんの釣り友だち。

※息子の長吉はノンちゃんと同級生。

Q中島らも&わかぎえふ

最近出版された文藝別冊の中島らも特集本に、わかぎえふさんからの寄稿文がなかったんだけど、何かあったんでしょうか?生前の交流を考えれば、真っ先の載っていてもおかしくないハズなんですが…もしかして絶縁状態?

Aベストアンサー

実は私もずっと気になっていました。
その経緯について明確に書かれたものを読んだ訳では無いので、あくまでも推察にすぎませんが解答します。数年前らもさんがリリパの脚本、演出、出演を一切辞めた際に雑誌のインタビューで、誰ととは明言しませんでしたが演出上の意見の食い違いが多々有り、芝居が面白くなくなったから自分は辞めたと答えていました。
 またらもさんがなくなった後のリリパのホームページ上でのわかぎさんの追悼文では、自分は御葬式や追悼イベントなど携わりたかったが、らもさんの生前の意向から関わらせてもらえなかったとさりげなく述べてありました。
 ファンの間ではこの二人の関係は禁句なのか掲示板ではその後語られることはないので、らもブランクが数年ある私にははっきりとしたことは解りません。
 この推察の間違いを御指摘いただければ幸いです。

Qこれらの作家に、似ているような作家はいますか?

タイトルでは表現しきれなかったのですが、似ている作家というより、似た感じの雰囲気の本を書く、と捉えてもらうといいと思います。
・浅田次郎さん
・恩田陸さん
・原田宗典さん
・村上龍さん
・重松清さん
・宗田理さん
これらの人たちの本は、ほとんど読みました。
基本、僕はミステリーとか推理小説といったようなジャンルは全く読みません。(すっごくオススメされるとたまに読みます^^;
これらの人たちに似ているような本を書く作家を教えてください。
もしよろしければ、その作家の本も教えてください。


(ついでに、分かれば、これらの作家たちの共通点など、あれば教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。宗田理さん以外は読んだ事あるのですが、共通項としては現代モノ(浅田さんは歴史小説ありますが)を書くという事ぐらいしか、思い浮かびませんでした(^_^;)。
 ただ原田宗典さんは高校時代に志賀直哉に傾倒して、短編小説に重点を置いていたし、浅田次郎さんは対談で「短編は小説力を養うので短編小説を書くべきだ」みたいな事を言われていたので、2人の共通項としては、そういう事が挙げられると思います。またエッセイが面白いのも共通していると思います。
 重松清さんと恩田陸さんは高校生を主人公にした小説を数多く書いているといった点が同じでしょうか。
 共通していないかもしれませんが、同じ高校生を主人公としても重松さんのように青春小説!っていう感じではない、金城一紀さんの「GO」や山田詠美さんの「風味絶佳」「ぼくは勉強ができない」、宮本輝さんの川三部作などはいかがですか?
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31889822
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31534011
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19698812
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/03715945
 村上龍さんは数冊しか読んでないので、ピッタリと言えるか分かりませんが、藤田宣永さんなんてどうでしょう?短編集はとっつきやすくておススメです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30870940
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31688714
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31145943
 浅田次郎さんのように短編で泣ける!という本はあまりないですが、宮部みゆきさんの推理モノじゃない「堪忍箱」なんかはいかがですか?他にも中場利一さんの「ノーサラリーマン・ノークライ」や「リョーコ」もちょっと面白くて、切ない感じです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30880112
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31089823
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31354888
 ご参考までに。

 こんにちは。宗田理さん以外は読んだ事あるのですが、共通項としては現代モノ(浅田さんは歴史小説ありますが)を書くという事ぐらいしか、思い浮かびませんでした(^_^;)。
 ただ原田宗典さんは高校時代に志賀直哉に傾倒して、短編小説に重点を置いていたし、浅田次郎さんは対談で「短編は小説力を養うので短編小説を書くべきだ」みたいな事を言われていたので、2人の共通項としては、そういう事が挙げられると思います。またエッセイが面白いのも共通していると思います。
 重松清さんと恩田陸さんは高校...続きを読む

Q中島らもさん。「らも」って・・

中島らもさんの
本名は、中島裕之(なかじま ゆうし)さんだそうですが、
そこで、ふと、
なぜ、「らも」っていうペンネームっていうか、芸名っていうかに
彼はしたのかなと思いました。
「らも」ってなんだ?
ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

下記ページに一般的な説として、
「戦前から戦後にかけて時代劇映画で活躍した、俳優の羅門光三郎の名前にあやかって付けた」
としてあります。
http://www.d4.dion.ne.jp/~warapon/topics/today/info_0304.htm

参考URL:http://www.d4.dion.ne.jp/~warapon/topics/today/info_0304.htm

Q町田康 「きれぎれ」

過去の芥川賞を読んでみようと思い、「きれぎれ」を読んでみました。
冒頭からビックリ。とても耐え切れず、4ページあたりで断念しました。

あの作家も布袋にブン殴られたという印象しかなく、他の作品も読んだことはありません。

完読された方、あの作品はどこが良かったんですか?どこが評価されたんですか?文脈もストーリーも把握できず、読んでいて非常に辛かったです。完読された方の率直な批評を聞かせてください。

Aベストアンサー

町田康さんの本が大好きです。
ほとんど全て読んでいます。

どうしてかというと、「文脈もストーリーも把握しづらくむちゃくちゃなのに1つの作品としてギリギリのところで成立している」からです。

あのリズム感は他の作家さんにはなかなかないなぁ、と思います。

確かに読む人を選ぶ作家さんですよね…。
「パンク侍斬られて候」とかは、比較的まとまったストーリー(だからこそあのラストが効いてくる)なので、町田初心者の方にオススメです。私は、パンク侍がnonnoで紹介されているのをきっかけに町田さんが好きになりました。

参考になれば幸いです☆


人気Q&Aランキング