マンガでよめる痔のこと・薬のこと

絵の具で、濃い深緑色を作りたいのですが何色を混ぜたら良いですか?
知っている人がいたら教えてください。
おねがいします。

A 回答 (4件)

色んなバリエーションがあります。


紺とやまぶき。
紺とだいだい。
紺と黄色。
紺とレモン色。
紺を青や群青に変えてみると更にバリエが増えます。

また、紺にオレンジを少量混ぜると緑褐色になります。
    • good
    • 37
この回答へのお礼

試してみます。
色々なバリエーションを教えてくださってありがとうございます。

お礼日時:2007/02/12 00:23

色の三原色というのはご存知でしょうか?


C…シアン(青)
M…マゼンタ(赤)
Y…イエロー(黄)
基本的にこの3つで色を作ることが可能です。
深緑であれば、青と黄。
割合は黄の方が多めとなります。これを更に
濃くというのであれば、赤を少量(ほんの
ちょっとで構いません)混ぜると自然な深み
が出てきます。
    • good
    • 24
この回答へのお礼

知りませんでした。
試してみます*
ありがとうございます。
良回答の20ポイントをつけようとしたのですが、間違ってしまいました
すみません(><)

お礼日時:2007/02/12 00:21

緑色は「青色」+「黄色」で作れるので、その配合を変えて行っては?


できあがったところに黒などを少し混ぜてみるとか

深緑の絵の具売ってますが、自分で作るならそうじゃないかな?
    • good
    • 9
この回答へのお礼

分かりました。
ありがとうございます(^^)

お礼日時:2007/02/12 00:23

ミドリとクロ

    • good
    • 6
この回答へのお礼

分かりました☆
ありがとうございます(^^)

お礼日時:2007/02/12 00:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q渋いからし色が作りたいのですが、色の混ぜ方を教えてください(^^)

お詳しい方、ぜひ教えてください。

渋いからし色を作りたいのですが、黄色に黒や茶色、他も試しましたがなかなかうまくいきません。思った色になりません。
(ちょっと暗めのからし色です)

混ぜる色の比率などにも問題があるのか、または、混ぜる色が全く間違っているのかも分かりません。

何卒、お詳しい方、まぜる色、比率など分かる範囲内で教えていただきたいのです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

茶色をつくる時の要領で、
黄色多め+赤色少なめ(この時黄色が多めのすごく黄色帯びたオレンジにして)
そのあとに 青色をいれます。
青色をいれると茶色系(暗く)なるので、少しずつまぜていけば
どうでしょうか???(もしかしたらご希望の色にならないかも
しれないですが・・・・)
ただ3色まぜてしまいますので原色より鮮やかさが落ちると思います。
また広い範囲をムラなくベタ塗りする場合 途中で絵の具がきれたり
すると、次同じ色をつくるのが難しいです。
もうひとつの方法としては画材屋さんにいけばものすごく多くの
種類の色の絵の具があると思うので、希望に近い色を購入して使うか
その絵の具に少し色をまぜて使うという手があります。
(希望にぴったりの色がない場合は一番近い色で明るめがよいです。
明るい色を暗くするのか簡単ですが 暗い色を明るくするのは難しいからです)こちらだと次からとても楽だと思います。

Q絵の具の混色で金色と銀色の作り方を教えてください。

何色と何色を混ぜればこれらの色が作れるのでしょうか?
教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 わたくしたちの間ではこういう混色のしかたを「錬金術」と呼んでいます。ひとくちに言えば色の混ぜ合わせだけで金色や銀色を作りだすことはできません。しいて言うならポスターカラーや顔彩には最初から金色や銀色のものも売られているという程度です。

 ただ、わたくしは長年にわたって、仕事の関係で絵の具など画材による金属製品のレンダリング(完成予想図)を描いてきました。
 たとえば磨き上げられた金や銀の食器類、バフによってまるで鏡のように磨き上げられた真鍮のドアノブ、クロームメッキされた自動車のバンパー、あるいはヘヤーライン仕上げや梨地仕上げがされたステンレスなど、こうしたものはそれぞれ独特の光沢があるもので、ちょっとしたコツさえ分れば、普通の絵の具などを使ってほんとうに金属光沢のように見せる描き方ができるようになります。

 ひとつの例を挙げれば、クラシックな自動車のクロームメッキされたバンパー、これ、実は元々「銀色」ではありません。
 下半分は地面の色を写し出しますから思い切って濃い茶色や黄土色などが主体になる色、先端の突部には正面の遠くの風景を凸面で写しこんでいますから、ここは鮮やかな黄色やオレンジ色などの線、そしてやや上面になる部分には空の青さを写しこんだ淡い水色などと、こうした色使いでキラッと光ったクロームメッキの面を簡単に描くことが出来ます。
 もっと詳しく知りたいなら、レンブラントの夜警などの絵をよく観察してみるといいと思います。

 

 わたくしたちの間ではこういう混色のしかたを「錬金術」と呼んでいます。ひとくちに言えば色の混ぜ合わせだけで金色や銀色を作りだすことはできません。しいて言うならポスターカラーや顔彩には最初から金色や銀色のものも売られているという程度です。

 ただ、わたくしは長年にわたって、仕事の関係で絵の具など画材による金属製品のレンダリング(完成予想図)を描いてきました。
 たとえば磨き上げられた金や銀の食器類、バフによってまるで鏡のように磨き上げられた真鍮のドアノブ、クロームメッキされ...続きを読む

Qアクリル絵の具。ポスターカラー。水彩絵の具の違いを教えてください。

アクリル絵の具。
ポスターカラー。
水彩絵。の具の違いを教えてください。
特性と、素材、使用した作品にどのような違いが出るのか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

まず、成分(?)で分けると。
(アクリル)(ポスカラ、水彩絵の具)

アクリル系は合成樹脂と顔料でできている。
(合成樹脂とは、乾くと水に溶けないと言う意味にとってください。)
乾くと言うより固まると言う感じ。
ビニールみたいになる。通常では、光沢(ツヤ)がある。
特に言うと、乾きが早いなどの理由から、直情的な表現に向いていると思います。

水彩系(と勝手に言ってしまいます)は、アラビアゴムなどの(自然系?)の樹脂と顔料と言う構成。(アラビアゴム→水溶性)
もうでてますが、透明水彩と、不透明がある。
ここでは、不透明→ポスカラとしときます。
透明水彩は、
その名のとうり色が透けます、色を徐々に重ねて絵に深みを出してゆくそうです。
白は使わないのが基本だそうです。
前後関係が表現できるようになると、雰囲気のあるいい絵ができます。
風景画に向いてるとおもいます。
不透明水彩は、樹脂と顔料の他に白(亜鉛白だったかな?)をベースとして加えてあります。こうすると色が透けず、発色がよくなって(むつかしい言い方をすると、光を跳ね返す)
色面のインパクトが強くなる。
加筆して(仕事を重ねて)仕上げていくやり方に向いていると思います。
量感を意識したモチーフが向いているでしょう。

全般的に、水彩はつや消しになるので、アクリルに比べると目につきにくい。
ですが、絵の評価は、作家の技量による所が多いと思うので、一概には言えませんが。
アクリルでも、淡い表現になってしまう人もいますし…。

興味がおありでしたら、美術技法の本を参照されると成分から、モノによっては、歴史まで書かれてあるものがあります。結構奥が(歴史が)深く作品分析にも欠かせないような知識も中にはあるとおもいます。

例えば…
アクリル→シケイロス(壁画)
ポロック、ケネス・ノーランド、マザーウェル、
んーと、ホックニー。

水彩絵の具→
ブレイク、ターナー、トマス・ガーティン(?)
クレー、
ホッパー、ワイエス、ベン・シャーン。

などなど
御存じの作家を思い浮かべるのも、一つの手かなと思いました。

こんにちは

まず、成分(?)で分けると。
(アクリル)(ポスカラ、水彩絵の具)

アクリル系は合成樹脂と顔料でできている。
(合成樹脂とは、乾くと水に溶けないと言う意味にとってください。)
乾くと言うより固まると言う感じ。
ビニールみたいになる。通常では、光沢(ツヤ)がある。
特に言うと、乾きが早いなどの理由から、直情的な表現に向いていると思います。

水彩系(と勝手に言ってしまいます)は、アラビアゴムなどの(自然系?)の樹脂と顔料と言う構成。(アラビアゴム→水溶性)
も...続きを読む

Q葉っぱを絵の具で表現したいのですが・・。

風景画を書いたので、それを家族に見せると、
「葉っぱをちゃんと描こうよ」と言われてしまいました。
確かに、葉っぱがたくさんある部分は、適当に緑や黄緑を塗っていったので、
葉っぱの部分がただの緑色の大きな物体になってしまっています(^^;

なので、葉っぱを絵の具で表現したいのですが、どうやればいいのか分かりません。
細い筆でちょんちょん塗っていけば良いのだと思いますが、
それ以前に葉っぱの色の作り方が分かりませんorz

なので、葉っぱを絵の具で表現する方法、誰か教えて下さいm(_ _)m
お願いします。

絵の具はポスターカラーというものを使っています。

Aベストアンサー

方法としては塗るのではなく絵の具を置くイメージにして下さい。
確かに緑系統で統一するよりゴッホのタッチで絵の具を置くようにして途中で濃淡のメリハリを付けるために黄色や青、時には赤などを加えてみると葉っぱの感じが出てきます。
後は絵の具を置いて行って途中で水で濁す様に筆で置いた絵の具の間をぼかして行く方法も有ります。
前者はメリハリが出やすいので比較的木々が近くにある風景で後者は木々が全体に広がって遠方にある木々の風景の描き方になると思います。
私はそんな風に遠近を使い分けて描いています。

参考までに。

Q赤色を作るには・・・?

すみません、今ポスター作成中なんですが、赤の水彩絵の具を切らしてしまいました(゜_゜;)
 今から買いに行くわけにもいかないし、どなたか、水彩絵の具の赤の作り方を(何色と何色を混ぜるかを)ご存じの方いらっしゃいませんか?!

Aベストアンサー

もう不要かもしれませんが、絵の具の中にマゼンタはありますか?(中学生の方の宿題ということなのでないかもしれませんね。)
もしあればそれにイエローを加えていくと赤に近い色ができます。

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Q濃いピンク色の作り方

水彩用の絵の具を使っています。
基本色12色ほどを混ぜて使っているのですが、濃いピンク色が思ったように鮮やかにでません。
赤と白に青を少し混ぜて見た感じが一番近いようなのですが…つつじや牡丹に良くあるような色です。
金とか蛍光色とかを除き、身近にある色の中で12色の基本色から作れない色ってあるんでしょうか?
濃いピンクを作るこつを教えてください。

Aベストアンサー

 たしかに水彩で一番不満を覚えるのがピンクですねえ。そのほかクッキリとしながら澄んだ水色(全日空の機体の色など)や黄色、浅黄や萌黄なども。

 わたしもよく花を描きますが、たとえばカサブランカや桜などの淡く薄いピンクぐらいなら赤い絵の具を薄めたり白を混ぜたりでなんとかなるものの、ツツジやボタンなどの濃密で鮮やかなピンクは、12色の水彩はおろか24色のものでも、どうしても出せません。

 そこで、わたしの場合は花弁の部分だけ「顔彩」を使うことがあります。顔彩は日本画用の絵の具ですが、色の鮮やかさという面ではいろいろある画材の中でも最高のものと思います。ピンク、黄色、水色、萌黄や浅黄などはもう顔彩のものです。単品でも売っていますので一度お試し下さい。なお、顔彩の特性として乾くとやや薄くなりますので、それを見込んでやや濃い目に。

 顔彩と普通の水彩絵の具を併用しても、その差は目立ちませんが、花をお描きなら、いっそすべて顔彩でお描きになると、花だけでなく葉や枝などほかの部分もとてもきれいに上がりますよ。

 もうひとつの技法としては、水彩で出来る範囲のピンクを使っておいて、回りの彩度(鮮やかさ)をやや落としてやると、ピンクの部分の鮮やかさが引き立つものです。この技法はよく油彩でも使われます。

 たしかに水彩で一番不満を覚えるのがピンクですねえ。そのほかクッキリとしながら澄んだ水色(全日空の機体の色など)や黄色、浅黄や萌黄なども。

 わたしもよく花を描きますが、たとえばカサブランカや桜などの淡く薄いピンクぐらいなら赤い絵の具を薄めたり白を混ぜたりでなんとかなるものの、ツツジやボタンなどの濃密で鮮やかなピンクは、12色の水彩はおろか24色のものでも、どうしても出せません。

 そこで、わたしの場合は花弁の部分だけ「顔彩」を使うことがあります。顔彩は日本画用の絵の...続きを読む

Q水彩絵の具で紫の作り方は

水彩絵の具のセットの中に紫色がありません。他の色を混ぜて作るには何と何をどのくらいずつまぜればいいのでしょうか。

Aベストアンサー

「紅色」と「藍色」を混ぜて作れます。
注意したいのは、一般的に言われている「赤」と「青」じゃない事です。

「紅色」はピンク色に近い色で「マゼンタ」とも言われます。
「赤」との違いは「黄」の成分がない事です。
「紫」には黄色の成分はありませんから「赤」を使うと濁った紫(茶色)になってしまいます。

「藍色」は明るい青です。空色に近い色で「シアン」とも言われます。
「青」との違いは「紅」の成分がない事です。
が、これは「紫」を作る際には大きな問題にはなりません。「青」でもかまいません。

Q紫色はどうしたら作れますか?

赤、青、黄、緑、白の5色の絵の具で他の色を作りたいのですが、紫がいまいち気に入った色になってくれません。簡単に青と赤を混ぜたらと思いました。どのような割合が一番いいのか教えてください。茶色や他にこんな色も作れるなどあったら教えてもらえるとありがたいです。また、そのようなRATIOを教えてくれるサイトはありますか?

Aベストアンサー

私は赤、青、黄、白の4色で色を作りますが、紫と一概に言ってもたくさんの色があるので、二度と同じ色が作れませんが、とにかく色を混ぜてく方法をとって、いろいろな色を作っています。
私なら、紫を作るときは、赤と青をベースに、少しずつ白を混ぜたり、赤と青をそれぞれ追加しながら色合いを見ていきます。
場合によっては黄色も足すでしょうね。

茶色は全色を適当に混ぜて作りますね。
黄色と赤で朱色ができるので、それに青と白を加えていく方法をとっています。
二度と同じ色にたどりつけないので、多めに色を作るようにしています。

すべて自己流で試行錯誤で色を作っていますが、鮮やかな色、黒以外なら、ほとんどの色が作れるようになりました。
黒を作りたいのですが、未だに濃い灰色しかできません。

気に入った紫といわれても私の気に入った紫と同じではないでしょうから、参考までに。

Q水彩絵の具の、色の作り方

 こんにちは。わたしは、中学校で美術の宿題が出ています。水彩絵の具で、身の回りの風景を描くというものです。
 そこで、わたしは近くの夕暮れ時の駅を描くことにしました。ですが、自然な影(ペイズグレー)や、壁(ペイズグレー)の色が作れません。
 ペイズグレーや、セピアの作り方、(色の混ぜ方○+○)また、それ以外の色でもOKです。その作り方を教えてください。
 ご協力、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

中学生には、ちょっと難しかったでしょうか?
宿題という事なので、自分で調べる事が勉強になると思ったので、あえて難しい事を書きました。(笑)

意味不明な記号はカラーインデックスと言って、絵の具に使用されている顔料(色のもと)を示すものです。
絵の具メーカーでは、黒と青を混ぜたものをペインズグレー、黒と茶色を混ぜたものをセピアとして売っているということです。

さて様々なグレーですが・・・

グレー、灰色、ネズミ色、これらは無彩色で、白と黒を混ぜて作られる方法が一般的ですが、補色(色環の反対側にある色)を混ぜると無彩色を作る事が出来ます。

例えば、赤と緑、黄色と青紫、オレンジ色と青などです。

ペインズグレーは、青みがかったグレー
セピアは烏賊墨の色です。

どちらも、黄色と青紫やオレンジと青で作れます。(赤と緑でも作れますが混合比がシビアです。)

黄色みが多ければセピア、青みが多ければペインズグレーになります。

影だからこれという色にせずに、この補色を混ぜて色を作ると自然な影が出来ます。

例えば緑が多い場所の影でしたら、赤を混ぜていくと色が暗くなりグレーに近づくといった感じです。
印象派の絵画で影に紫色が使われるのは、陽の光の黄色の補色であったということもあるでしょうね。

中学生には、ちょっと難しかったでしょうか?
宿題という事なので、自分で調べる事が勉強になると思ったので、あえて難しい事を書きました。(笑)

意味不明な記号はカラーインデックスと言って、絵の具に使用されている顔料(色のもと)を示すものです。
絵の具メーカーでは、黒と青を混ぜたものをペインズグレー、黒と茶色を混ぜたものをセピアとして売っているということです。

さて様々なグレーですが・・・

グレー、灰色、ネズミ色、これらは無彩色で、白と黒を混ぜて作られる方法が一般的ですが...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報