こんにちは。

(1)給料が安い/高い。
(2)給料が低い/高い。
(3)給料が少ない/多い。

正しいのはどれなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>正しいのはどれなのでしょうか?


(1)給料が安い/高い。

(3)給料が少ない/多い。
です。

(2)給料が低い/高い。
は普通違和感があります。が、
(2)給料が安い/高い。
で、(1)に吸収されます。
    • good
    • 0

全部正しいと思います。

使うときの時、場合、相手などで使い分ければ
すべて正しいと思います。
    • good
    • 0

(2)(3)が正解です。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキャラクターなどの「頭身」を比較する時には「多い/少ない」「高い/低い

キャラクターなどの「頭身」を比較する時には「多い/少ない」「高い/低い」のどちらを使いますか?

「頭身」とは、「3頭身のキャラクター」とか「8頭身の美女」とか、とういう時に使う「頭身」です。

「8頭身の美女」は「3頭身のキャラクター」に比べて、頭身が「多い」のですか?「高い」のですか?

ざっくり言えば「頭身」=「頭何個分か」ということなので・・・その意味を考えると、「多/少」のほうが正しいような気がします。

でも、使ってみてしっくりくるのは「高/低」のほうです。Googleで用例を検索してみても「高/低」のほうが多く使われています。もしかしたら、身長を比較する時に使う「高/低」に影響されているのかもしれませんが・・・。

皆さんはどう思われますか?どちらを使いますか?

Aベストアンサー

こんばんは。個人的な感想でいいのですよね。
どちらを使うかと聞かれれば「高い、低い」を使います。

大人は八頭身 子供は五頭身

バランスとして描くと、それくらいがいいと昔どこかのイラストの描きかたで読んだ覚えがあります。
また、子供から大人への成長段階でバランスが変わるときには「頭身が上がる」という言いかたもします。
頭身を上げて描けば大人びるし、頭身を下げて描けば子供っぽくなります。
上げる下げるという言いかたから考えると、頭身=頭何個と数えているわけではないように思います。
身長なのか、頭の位置のことなのかまでは私にはわかりかねますが、頭と体のバランスを表している言葉のように思います。

個人的な感想ですが、ご参考になれば幸いです。

Qリスクは低い/高い?それとも小さい/大きい?

 日本語を勉強中の中国人です。リスクは低い/高いと言うでしょうか。それとも小さい/大きいと言うでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

リスクが低い/高い
リスクが小さい/大きい
リスクが少ない/多い

どれも使います。どれも辞書には載っています。

使い分けはそれほど厳密ではありませんが、おおむねつぎのような感じではないでしょうか。

リスクが低い/高い
「危険性」という確率をいうとき。

リスクが小さい/大きい
それによって生じる被害の大小を想定しているとき。

リスクが少ない/多い
具体的なリスクの内容を考えているとき。

Q「ハードルが高い/低い」「ハードルを上げる/下げる」の誤用?

「ハードルが高い/低い」「ハードルを上げる/下げる」の誤用?
この言葉を使うとき、トラック競技より高跳び系のフィールド競技を
想像してしまうのは私だけでしょうか?
ハードルというのは跳び越えられるのは当たり前で所要時間が問われる競技ですよね
(更に言えば蹴倒しながら進むことも良いのですが…それは置いておくとして)
体育の時間にハードルの高さを変えてもらったことはありませんが
ハードルが高くなることでタイムが余計にかかることは想像がつきます。

「私にはハードルが高いです」は「ちょっと時間がかかりそうです」ではなく
「私には乗り越えられるか(=完遂できるか)わかりません」
という意味に使っているのが大抵ではないでしょうか?
辞書↓によれば、このような解釈は私だけではないようです。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/173115/m0u/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AB/

そこで質問です。
もしかして初出は「完遂はするけど時間がかかりそう」のように
使われていたが、徐々に意味が変わってきた言葉なのでしょうか?
なぜこのような使われ方なのでしょうか?

よろしくお願いいたします。
(調べてみたら「敷居が高い」との誤用もあるみたいですね)

「ハードルが高い/低い」「ハードルを上げる/下げる」の誤用?
この言葉を使うとき、トラック競技より高跳び系のフィールド競技を
想像してしまうのは私だけでしょうか?
ハードルというのは跳び越えられるのは当たり前で所要時間が問われる競技ですよね
(更に言えば蹴倒しながら進むことも良いのですが…それは置いておくとして)
体育の時間にハードルの高さを変えてもらったことはありませんが
ハードルが高くなることでタイムが余計にかかることは想像がつきます。

「私にはハードルが高いです」は「ちょっと時間...続きを読む

Aベストアンサー

私の感じでは、「ハードルが高い」 というのは、「時間」 の要素はそれほど含まれていないのではないかと思います。
英語の hurdle は、本来は垣根の一部を切り取ったみたいな形をしていて、仕切りといってもいいようなものでした (実際、仕切りとして使われたのですが・・・)。
そこから 「障害物」 という意味が派生しました。

日本語の 「ハードルが高い」 という表現も同様に、「ハードル」 を 「障害(物)」 というニュアンスでとらえたもので、行動の目的・目標が、自分の能力からすると高いものである、ということを、その行動を起こす以前に評価している表現であろうかと思われます。
「時間がかかる」 か否かは、実際にやってみなければ分らないことで、その場合には 「ハードルが高い」 という言い方はしないように思います。

ある行動の目的・目標が、あたかも物質的のものであるかのように擬人化させて、それを 「ハードル」 という言葉に置き換えたもので、困難さが大きければ 「完遂」 できない可能性もあり、場合によっては 「時間を要する」 場合もあるかもしれませんが、この表現自体には、そういう 「結果」 を見越した要素は希薄であると思います (つまり、「困難さが大きいから時間がかかる」 とは必ずしも言えないということです。むしろ、「むつかしいことだから、一気にやってしまおう」 という場合もあるでしょう)。
擬人化して 「もの」 として見ているかのような表現で、あくまでも対象は 「困難の度合い」 であると見るのが自然な解釈であろうかと思われます。

私の感じでは、「ハードルが高い」 というのは、「時間」 の要素はそれほど含まれていないのではないかと思います。
英語の hurdle は、本来は垣根の一部を切り取ったみたいな形をしていて、仕切りといってもいいようなものでした (実際、仕切りとして使われたのですが・・・)。
そこから 「障害物」 という意味が派生しました。

日本語の 「ハードルが高い」 という表現も同様に、「ハードル」 を 「障害(物)」 というニュアンスでとらえたもので、行動の目的・目標が、自分の能力からすると高いものである...続きを読む

Q【ビジネス】  3つのうちどれが正しく、どれが間違いなのでしょうか?

何かの連絡がありが、そのお礼をメールや会話の中で言うときに、
どれが正しいのでしょうか?またどれが間違っているのでしょか?

「ご連絡ありがとうございます。」
「ご連絡いただきありがとうございます。」
「ご連絡頂きありがとうございます。」

この3つはどれが正しくて、どれが間違いなのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ビジネス文書として考えたとしても、どれが間違っているという事はないと思います。

ほかに
「ご連絡をくださり、誠に有難う御座います」
「ご連絡をいただきまして、誠に有難う御座います」
等々、いくらでも表現を考える事が出来ます。重要なのは「どれか一つを正解、残りは全部不正解」としないことではないかと思います。同じお客様でも、何度か連絡を取る事があるでしょう。

そのときにいくつかを使い分けられると「お、この人は言葉をよく知ってるな」なんて評価になります。逆に、いくら正しい表現でも毎回同じでは「バカの一つ覚え」といわれかねません。

同じ意味でもたくさんの表現をニュアンスによって使い分けられるといいのではないでしょうか。

Q暇なので/暇だし 正しいのはどれ?

外国人に下記の問題の答えはどれが正しいですか質問されました。わたしはどちらも正しいと思うのですが、そうではないようです。どなたか教えてください。理由も教えください。
Q)きょうは天気もいいし、(a.暇なので b.暇だし)、講演へ散歩に行きます。

Aベストアンサー

#5です。

>昨日本屋で立ち読みした日本語の辞書に「きょうは暇だし、天気もいいから公園にいきましょう」という例文がありました。
「~し、~から」はよくて、「~し、~ので」はダメということなの?

おそらくですが、「も」の用法が関係していると思います。
「きょうは暇だから(暇なので)、天気もいいから(いいので)公園にいきましょう」
などの場合、「から」や「ので」は理由を列挙できないため不自然になります。
「きょうは暇だし、天気もいいから公園にいきましょう」の場合、「も」の用法で理由の付け足しが行なわれています。
理由の列挙には該当しないので不自然にはならない、ということではないかと思います。
「きょうは天気もいいし、暇なので公園へ散歩に行きます」の場合、「も」が先にきているため「付け足す」とい要素が失われ、結果的に「理由の列挙」と同じ扱いになってしまうのでしょう。

>「きょうは天気もよくて、暇なので~」はどうなるの?

この場合、別の意味で不自然な表現になると思います。
「ので」は誰が見ても当然と認めることができる客観的理由・根拠を表わします。
「雨が降ったので外出を控えた」のように使います。
しかし、「暇だ」と「公園に行く」には客観的因果関係があるとは言えないため不自然になります。
「きょうは天気もよくて、暇だから~」であれば問題はないでしょう。
因みに、この文の場合の「天気もよくて」には理由を表わす要素は含まれていないので、「理由の列挙」という構図にはならないため、不自然にはならない、ということだと思います。
  

#5です。

>昨日本屋で立ち読みした日本語の辞書に「きょうは暇だし、天気もいいから公園にいきましょう」という例文がありました。
「~し、~から」はよくて、「~し、~ので」はダメということなの?

おそらくですが、「も」の用法が関係していると思います。
「きょうは暇だから(暇なので)、天気もいいから(いいので)公園にいきましょう」
などの場合、「から」や「ので」は理由を列挙できないため不自然になります。
「きょうは暇だし、天気もいいから公園にいきましょう」の場合、「も」の用法で...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報