昨日のK-1フランス大会で,バンナ選手とハント選手の試合で
ハント選手のセコンドからタオルが投入されました。

それから,プライドでは桜庭選手対ホイス選手の試合でもホイス選手のセコンドからタオルが投入されたのが記憶に新しいです。

質問は,このタオルの投入の起源というか,
どうして「タオルを投げる行為」=「まいった」という意思表示になったのかが,いろいろ調べてみましたがわかりません。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

また,ルールでセコンドはタオルを持つことが義務付けられているのでしょうか?
ルールに「タオル投入」=ギブアップと書かれているのでしょうか?
「タオル投入」した後に,口頭でギブアップを言わないと認められないのでしょうか?

日本の格闘技の柔道や空手にも,そういった風習があるのでしょうか?
日本だから,タオルではなくて手ぬぐいなのでしょうか?

などなど疑問はつきません(^o^)
そういった経緯などをご存知であれば,是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

昔のボクシング(グローブもなかった=ベアナックルでやってた時代)はラウンド制限がなく(当然、判定もない)どちらかがKOされるかギブアップするまでやり続けていたそうです。


それである試合の時にセコンドは止めているのに選手本人がどうしても試合続行をするといった事があり、見かねたセコンドがタオルを投入して試合を止めたそうです。
その時はタオル投入=まいった、ではなく、タオル投入=禁止行為=試合中止という意味で。
それ以降、まいった(やめてくれ~か!?)の意思表示としてタオルを投入するようになったとか。
だから、必ずしもタオルじゃなくてTシャツが投入された試合もあったと思います。
基本的に柔道・空手にはないですね、大会や流派ごとに違うと思いますが。
多分ですけど、根底にボクシングはスポーツという考えが、柔道・空手は武道という考えが(歴史)あるからではないかと思います。
それと、一本勝ちの有る、無いの違いでしょう。
※別にどちらが上か下という意味ではないです。
実際、国際大会レベルの柔道の試合では腕十字が完全に決まって腕がそり返っていても、まいったをしない限り止められる事はないし(見込み一本なんてないも当然)。
空手も拳骨折してても本人がやると言えば試合を続けますしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

昔のボクシングの名残があるのですね。
Tシャツもあったのですね。

禁止行為で試合がストップするということのようですね。

柔道や空手の場合は,とことんやるようですね。

大変勉強になり,本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/06/02 00:31

こんにちは。



>白旗=降参となった理由もあるのでしょうね。

本来、戦争に勝った場合は自国の旗を掲げます。
白旗を揚げる行為は
「自分は負けました。白い旗を揚げますのであなたの国旗を書き込んで
下さい。」
との意味だそうです。
その為、白旗である必要があるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます。

白旗の件,大変勉強になりました。
そういった背景があるのですね。知らない人も多いですよね。(^o^)

eboshiiwaさま,2度も回答をいただき感謝します。

お礼日時:2002/05/29 06:39

こんにちは。



あくまで推測です。
タオル=白旗(降参)なのではないでしょうか?
たいてい、白タオルですし・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
わたしもだんだんとそういう気がしてきました。

白旗=降参となった理由もあるのでしょうね。

お礼日時:2002/05/28 18:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q資料の<1-1-1>などの付け方を教えてください。

会議などの冊子に資料を添付し、本文のところに<表1-1-1>のような
表記をしなくてはいけないのですが、その付け方のルールがイマイチ
わかりません。大学時代に卒業論文を書きましたが、あまり厳しくなかった
こともあり、<1-1-1>といっても最初のと真ん中最後の1の意味することすら
さっぱりわかりません。その解説や付け方のルールなど教えてください。
できれば、その付け方がわかるサイトも教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

特にルールはありません。
資料のボリュームによって付け方を変えれば良いと思います。
一般の資料(報告書などの文書)では、「第1部」「第1章」「第1節」・・・のように段落ちしていくのが普通ですね。
この場合に、3桁の資料番号とする場合は「節」を無視することになり、<表1-1-?>のようになります。2桁で示せば「章」「節」を無視して<表1-?>のようになります。

いずれにしろ、本文中の「表1-1-? 参照」などの記載と対になっていれば問題ありませんが、添付資料数が多い場合には、3桁程度の表記としたほうが、資料の挿入、削除の時に番号の付け替え手間が省けます。

QK-1GP バンナ選手の試合 白いものが落ちた

3/4(昨日の夜)、K-1GPin横浜の「澤屋敷vsバンナ」を見ていて
気づいたことがありました。

第3ラウンドの残り「0:43」秒の表示の辺りで、
バンナ選手の口の辺りから、白いものが飛び出し、
リングの上に落ちました。
どうもツバや汗ではなさそうなのですが、
これって一体何でしょうか?

まさか、歯が折れて飛んだ、とかでしょうか?
マウスピースの破片か、グローブのテーピングの
一部なのでしょうか?

見ていらっしゃった方、お分かりになる方、教えてください。

Aベストアンサー

鼻につけていたものです。
試合前に、鼻に白いひもみたいなものがついていたのを確認しました。
どういった目的のものかは分かりませんが、多分鼻を保護するものかと。
バンナは鼻が元々曲がっていますしね。

Q剣道の防具の付け方がよく分かりません。授業でやったのは一番一般的なやつ

剣道の防具の付け方がよく分かりません。授業でやったのは一番一般的なやつみたいです。私の剣道の先生は非常勤講師なので質問がなかなかできません。今日時間があれば書店で見てみるつもりですが書店に立ち寄れなかった時のためにここで質問させていただきます。質問は胴の付け方です。よかったらご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご参考に

http://www.youtube.com/watch?v=7sfU-D_B9P4

Q角田選手、西選手、佐竹選手のリングスでの試合

正道会館の角田選手、元正道会館の佐竹選手、和術の西選手は、90年代あたまに、リングスに参戦していたようですが、どのようなルールで試合をしていたのでしょうか? この時代に活躍していた選手に興味があります。

対戦相手ごとにルールが変わるようなしあいをしていたのでしょうか? それとも、毎回同じルールで試合をしていたのでしょうか?

西選手の試合だけは、一度ビデオで見たことがありますが、スタンディングは顔面掌底、グランドは打撃なしのような感じでした。

それから、この3人の試合は、常に「競技」的なものだったのでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

その3選手はレギュラー参戦的だったのでRINGSルールで試合をしていました。

それ以外に「実験リーグ」なるものがあって、正道会館の選手が数名参戦していました。
覚えているのはアダム・ワット選手、玉城選手、後川選手、無名の関節が柔らかい選手(笑)

当時のRINGSルールですからスタンドでは顔面は掌底のみ、膝がついた相手への打撃は一切なしです。
3人とも打撃が得意だったので肘パット着用の上での肘ありルールで闘っていたと記憶しています。

対戦相手によってルールが変わるというかキックルールで行われた試合などもありましたね。
実験リーグでのワットVS岩下など。

一番変則的だったのが実験リーグでの後川VS平直行の試合です。
奇数ラウンドと偶数ラウンドでルールが異なり、キックルール(グローブあり)、RINGSルールを混ぜるというものでした。

最後の、「競技」的 という言葉がよくわかりません。
どういう意味でしょうか?「競技的でない」のはどのようなものでしょうか?

QCE177BのCPUファンの外し方付け方教えて

CE177BのCPUファンの外し方付け方教えてください。

Aベストアンサー

>CE177BのCPUファンの外し方付け方
Socket AなのでヒートシンクはCPUソケットの爪に引っ掛けて固定する方式
片方の固定金具を押し下げればCPUソケットから外すことが可能
ファンはヒートシンクにネジ止め、2本か4本かは実物を見ないとわかりません。

参考
Owltech CFA01B2-J
http://www.owltech.co.jp/products/cpu_cooler/Speeze/CFA01B2J/cfa01b2j.html

QK-1のバンナ選手はどうしたの?

先日行われたK-1 2000の決勝トーナメントを以前から楽しみにしていました。しかし、当日になってみるとトーナメントの中にバンナ選手の名前がない!!姿もない!!どうしたのでしょうか?ベルナルド選手はケガで出場できなくなったとTVで言っていましたが、バンナ選手については、聞き逃してしまったのか全く分かりません。どなたかご存じの方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

病気によるドクターストップとの事です。
詳しくは公式ホームページに書いてあります。

参考URL:http://www.k-1.co.jp/a1top.htm

Q影の付け方趣味で絵を描いてるのですが影の付け方がよくわかりません誰かわかりやすく教えてくれませんか

影の付け方
趣味で絵を描いてるのですが影の付け方がよくわかりません誰かわかりやすく教えてくれませんか?

Aベストアンサー

描写の訓練をしなければいけません。想像で描けるようになるには、相当の訓練場数を踏まねばなりません。安易な方法はありませんから、しっかりと光と陰(影)をよく観察し、描写の訓練をして下さい。どのような物体の場合、光源によってどのように陰(影)が出て来るか脳裏に叩き込まねばなりません。
陰、影は当然違います。陰は物体そのものに出来る”かげ”、影は物体によって映し出される”かげ”です。
身の回りの物(何でもよろしいです。)を、描写・デッサンすることで錬磨されます。人工光源で始めるとわかりやすいでしょう。

Q曙と角田選手の試合。それと両選手の今後。

 曙選手と角田選手が試合をしました。
 曙選手が勝ち、K-1参戦初勝利を記録しました。

 試合前に角田選手は「白星を挙げるつもりは毛頭無い」とコメントしていましたが、どうしても曙救済の為の八百長の匂いを感じてしまいます。

 曙選手はこの勝利かをステップに調子を上げたいところでしょうが、角田選手はこの一試合のみで復帰を終えてしまうんでしょうか?。

Aベストアンサー

八百長と言っても問題ありませんね。全てとは言いませんが、過去幾つか八百長くさいカードはありましたし、それでも負ける曙にはがっかりでした。
まぁ、曙的には「本国のアメリカからWWE(超人気のプロレス団体)の代表から高待遇のお誘いもあったし、負けたらこれできっぱり辞めてそっちに移ろう」くらいは考えていたのかもしれませんね。それに気づいた主催者サイドが、自信を付けさせる為、「初勝利」の名誉を与えるために角田選手をぶつけた気がしますね。

正直今回の試合に関して言えば、本当に酷かったと思います。体力不足や、一向に改善しない相変わらずの単調な攻撃パターン、なんとか勝とうという気迫の無さ、極めつけは体ですね。一時期しぼっていた時は頑張っているなぁと思いましたが、今回の試合の体は全く食っちゃ寝のみの生活だったのでは?と、思わずにはいられませんでした。たるんだ腹、明らかに筋肉が落ち細くなりすぎている手足。まったく動かなかった証拠です。二回戦の登場では手すりにつかまって、やっと立っているほどでしたね。これでは、K-1、プライドとかの問題ではなく、ましてや何十分も戦ったり、合間に演劇?みたいのもやる、WWEでやっていくなんて無謀としか言えませんね。これからどうするつもりなんですかね。

八百長と言っても問題ありませんね。全てとは言いませんが、過去幾つか八百長くさいカードはありましたし、それでも負ける曙にはがっかりでした。
まぁ、曙的には「本国のアメリカからWWE(超人気のプロレス団体)の代表から高待遇のお誘いもあったし、負けたらこれできっぱり辞めてそっちに移ろう」くらいは考えていたのかもしれませんね。それに気づいた主催者サイドが、自信を付けさせる為、「初勝利」の名誉を与えるために角田選手をぶつけた気がしますね。

正直今回の試合に関して言えば、本当に酷かったと...続きを読む

Q【大人になってからの知識の付け方について質問です】大人になってからどのように新しい知識を付けています

【大人になってからの知識の付け方について質問です】大人になってからどのように新しい知識を付けていますか?

大人になってからの日々の知識の情報源は何ですか?

新しい知識の付け方です。

教えてください。

Aベストアンサー

仕事してたら正直日々新しいことに直面します。
何かしら同じ答えでは通じないですし。

情報源はある意味ではお客さんですかね。

やはり日々勉強です。

Q桜庭選手VS秋山選手の試合。

大晦日のK-1の桜庭選手VS秋山選手の試合をみて思ったのですが
映像からも桜庭選手が明らかに抗議し、ほぼ無抵抗状態のような気が
しました。にもかかわらず審判は客席?の方を見ていたような
感じです。
「滑る滑る」と桜庭選手は言っていて おそらくリングの
外から「殺す気か!試合止めろ!」みたいな声が聞こえて
ようやく審判が試合を止めたようにみえます。
試合後審判が秋山選手の背中をチョンチョンと触っただけで
そのまま終了してしまいましたが格闘技の審判のジャッジって
あんなものなんでしょうか?
個人的には審判のジャッジに抗議をしたいのですが
どこに抗議すればいいのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

秋山選手が塗っていたかは分かりませんが、体にオイルを塗るのは反則です。常識的に考えて、寝技があるのにオイルを塗るのがオッケーな訳がありませんし、ルールにも明確に書かれています。

そして、私の思う先日の試合のレフェリーの問題点は以下のものです。

(1) 試合前のボディチェックを秋山選手が道着を脱ぐ前に行い、脱いだあとには行わなかった。
(2) 金的行為には異様に時間をとりながら、桜庭選手の明らかな「タイム」という意思表示は無視した。しかも、秋山選手が攻撃体制に入る前で止める余裕はあったし、もし、桜庭選手が試合を妨げるためだったならば、桜庭選手にペナルティを科せばいいだけです。選手から何度も何度も声を掛けられたら、異常だと普通は思うはずです。
(3) 桜庭選手がロープとロープ同士をつなげる紐に絡まっていながらブレイクさせなかった。しかも、秋山選手はロープを握っていました。その結果、桜庭選手は一方的に殴られ続ける格好になり、その時も桜庭選手は抗議をし続けていました。にもかかわらず、あの状態でレフェリーは「アクション」と叫びつづけました。
(4) 桜庭選手が明らかに戦意を喪失していながら、殴られ続けるのを放置、よそ見した。つまり、人が撲殺されようとしていたところを放置したのです。先日の試合は、殺し合いではなくあくまでスポーツです。
(5) 「滑る」という抗議によって、レフェリーは背中を少し触れて確認しただけでした。チェックは全身に対して行わなければならなりません。しかも、桜庭選手がなぜ滑ると思ったか試合から想像すると、桜庭選手が秋山選手の脚を取ろうとした時に、秋山選手の脚がスルッと抜けたからだと思います。それは、一度ではありませんでした。だから、抗議したのだと思います。ですから、チェックするならば脚をメインにしなければ意味がありません。

また、桜庭選手は、普段から温厚な性格で、今までボロボロに負けても文句一つ言わない選手です。しかも経験豊富です。その桜庭選手があれだけ強く抗議したのですから、何かあったんだと思えて仕方ありません。

私は、先日の試合では特に(4)が大問題だと思います。選手は命を懸けています。命を預けられたレフェリーのやることではありません。よそ見なんて考えられません。もしかしたら、何があっても止めるなと圧力がかかっていたのかと、思えてしまう行為です。よそ見したのは、そこに圧力をかけた人がいて、その人の顔色を伺っていたのかと思えてしまいます。いずれにせよ、レフェリーがやることではありません。また、チェホンマンとボビーの試合と基準が同じとはとても思えません。しかも、桜庭戦のレフェリーは、KID戦のときのマヨロシュからのタイムには毎回ちゃんと応えていました。とても同じレフェリーとは思えません。レフェリーはちゃんとしてくれた方が秋山選手にとっても、ファンにとっても良いことです。

以上から、私はTBS・K-1にそれぞれ抗議のメール、レフェリーのブログに抗議の書き込みをさせていただきました。
TBSにはついでに、過去の試合か現在の試合か分からないような放送の仕方はやめろというお願いも併せてさせていただきました。

TBS http://www.tbs.co.jp/
K-1 http://www.k-1.co.jp/index.html
梅木レフェリー http://blog.livedoor.jp/umekilab/

秋山選手が塗っていたかは分かりませんが、体にオイルを塗るのは反則です。常識的に考えて、寝技があるのにオイルを塗るのがオッケーな訳がありませんし、ルールにも明確に書かれています。

そして、私の思う先日の試合のレフェリーの問題点は以下のものです。

(1) 試合前のボディチェックを秋山選手が道着を脱ぐ前に行い、脱いだあとには行わなかった。
(2) 金的行為には異様に時間をとりながら、桜庭選手の明らかな「タイム」という意思表示は無視した。しかも、秋山選手が攻撃体制に入る前で止める余...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報