小学2年生の子で幼稚園の頃からサッカーをやり始めています。サッカーをやっている子なら誰もがプロサッカー選手になりたいと夢を持つが普通だと思いますが家の子もその中の一人です。サッカー選手になるからサラリーマンにはならないよ~なんて夢を持っているわりには週3回の練習日以外にはまったくサッカーボールに触れず、プロの試合にも興味がありません。ずっとやるのであれば人並み以上には上手になって活躍して楽しく試合をして欲しいと思っていますが、本人が練習する気になるまで放っておいたほうが良いでしょうか?やっぱりトレセン入りしている人やそれ相当の方々は小さい内から毎日練習されていたり、厳しいトレーニングをしているものなのでしょうか?まったくサッカーに関して一般常識がないので困っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

はじまして、小4のサッカー息子を持つ親です。


我が息子も幼稚園からサッカーを始めました。
それは、その幼稚園でサッカークラブがあったこと、そして、仲の良い友達がそのサッカークラブに入っていたことがクラブに入るきっかけになったと思います。
私自身はサッカーの経験がなかったので、子供と遊ぶ時は野球の経験を活かして、キャッチボールなどをしていました。
※後述しますがそれが後に良い結果につながるのですが。。。
それから、小学校に上がり、そのまま同クラブに所属し、仲良くしていた友達はサッカーをやめ、野球へと進路を変えてしまいました。また、諸事情で止めてしまった子も含めて、幼稚園から一緒にしていた友達は、当初の10名から2名だけになってしまいました。
その当時、親ながら考えたことは、息子の実力が他の同年代の上手な子と比べてどうか?足の遅いことはサッカーにとって、致命傷ではないか?サッカーより野球の方が将来性があるのではないか?
と、いろいろ考えた時期もありました。
しかし、それまで自発的に練習をしなかった息子が変わった出来事がありました。
ある大会の開会式でリフティングの競技があり、最後の10名まで残ると商品がもらえるというものです。もちろん、息子は続くはずもなく競技を終え、残った選手達を見ている側に回ったのは言うまでもありません。
それまでリフティングなんか出来なくても良いって強がってた息子は本人なり悔しかったんでしょう。それから、自主的に毎朝、学校に行くまでの時間、家の前でリフティングの練習をはじめるようになりました。
はじめは5回とか、良くて10回でしたが、続けていくうちに、今では、最高127回まで出来るようになりました。
これには親馬鹿でうれしくなって、ゲームソフトを買ってあげましたが^^。
息子は今、小4ですが、所属するクラブ以外に技術専門のサッカースクールへ通っています。自分で行くと決めた以上、弱音を吐いて行かない日は一度も無いです。
習った技術はまだ身についていませんが少しづつでも試合の中で試してみるようになるのを楽しみしています。
休みの日は二人で練習をします。試合の中で足りない動きや考え方などを楽しく練習してます。また、テレビで日本代表の試合やサッカー番組も一緒に見て、”すげ~~”とか”今のは入れなきゃ~~”とか言いながら見ています。
長くなってしまいましたが冒頭で話した野球のキャッチボールのことを最後に書きます。足もあまり速くなくキック力もそんなにあるわけでもない普通の息子が他の目立つ選手より上手なことがあったのです。それは、”ヘディング”です。ある試合で、コーナーキックをジャンプしてヘディングシュートをし得点したことがありました。その試合も勝ち、後で息子はコーチに褒められ上機嫌でした。それから度々、平日の練習を見る機会があり、ヘディングの練習をしている選手の中で自分の息子が一番センスがあると感じたのです。それは幼稚園からサッカーをはじめ、たまに気分転換でしていたキャッチボールやノックで養われた”飛んでくるボールの感覚”が身についていたんだと思います。それはたまたまの結果かもしれませんが本人が好きでサッカーをする上で他の選手より上手まものをひとつでも持っていると感じた息子は前よりも生き生きとしています。
息子の夢はサッカー選手です。親にしてあげられることは出来るだけ一緒に共有する時間を持ってあげることだと思います。最近は週に5日の練習をする息子の為に体調面のケアを考え、アイシングなどの知識を勉強しています。
最後に・・・親が思っている以上に子供はサッカーが大好きです。子供のよっては一生懸命頑張っているのに親にはそう見えないことがあります。そんなときは子供の目を見てあげてください。一瞬でも鋭く光る瞬間があるはずです。それさえあれば、大丈夫です。応援してあげてください。一緒になって泣いたり笑ったりしてあげてください。
お役に立てなかったかもしれませんがこれからも息子を応援し一緒になって頑張っていきましょう!
    • good
    • 2
この回答へのお礼

経験者からのアドバイスとても参考になります。{親にしてあげられることは出来るだけ一緒に共有する時間を持ってあげることだと思います。}本当にそうだと思いました。歯がゆい気持ちで試合や練習を見ていた自分が恥ずかしくなりました。私も子どもといっしょに楽しんでやっていきます!!

お礼日時:2007/03/08 21:23

こんばんは、はじめまして。



僕は、スイッチの入るタイミングの違いだと思います。
僕の場合、小学生に上がると同時にサッカーを始めましたが、正直小学生の頃はサッカーにあまり入れ込んではいませんでした。
しかし、中学校に入り、自分のプレーを評価(トレセンや選抜)してもらえて自信になり、また、日本が初めてワールドカップに出場して、世界のひのき舞台で活躍する選手をテレビで見て憧れたことが、僕のサッカーに対する気持ちに火をつけ、今に至っています。現在は育成年代のコーチをしていますが。
お子さんも、今はそうでもないにしろ、何かをきっかけに大きく意識が変わるときが来ると思います。
「プロになりたいんでしょ?じゃあ、練習しなよ」じゃなくて、お子さんに本気モードのスイッチが入るまで、サポーター的に、バックアップ態勢をとって、見守ってあげてください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。おっしゃる通りスイッチが入るまで見守ってあげようと思います。経験者の方にご意見いただけ大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/12 09:38

努力ではどうにもならない事もありますが、サッカー選手には努力でなった選手もいっぱいいます。

家の前でリフティングをするだけでも相当
技術も変わってきます。そういう努力を惜しまない事が将来に繋がってくると思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

努力を惜しまない・・・どんな世界にでも通用することですよね。リフティング一緒にやってみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/08 21:29

僕は小学校の頃サッカーやってました。

今はただの大学生です。
僕が小学生の頃は、サッカーが好きでいつもボールに触っていましたよ。試合とかもテレビで見てました。
僕が思うにドリブルやパスのテクニックは、小さい頃からやってた人のほうがうまいような気がします。教える人次第ですけど。
あとはセンス、才能の問題だと思います。戦術理解、視野の広さ、イマジネーションなどなど。やっぱり努力じゃどうにもならないものもありますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

努力じゃどうにもならない部分もあるのですね。センス・・たしかにそうかも知れませんね。今の段階ではあまりわからないのですが・・・、当分の間、見守っていこうと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/08 21:27

強制で練習して、サッカーが嫌いになったら元も子もないので、本人の気持ちに任せた方が良いと思います。



練習は量よりも密度だと思います。
毎週厳しいトレーニングをしていても子供達が目的を理解していないとし上手くなりませんし、
少ない練習でも目的を理解させ、繰り返しの練習で身に付かせることで急激に上手くなることもあります。

サッカーを続けていく内に楽しい思いや悔しい思いをたくさんすると思います。
そこからサッカーが好きになり、自発的にボールを蹴るようになるかもしれません。
なので、今の段階では楽しくサッカーできれば良いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いろいろな意見を頂くうちに、おっしゃるように今は楽しくサッカーをさせてあげるのが一番だとわかりました。親が焦っても仕方ないのですよね。自分で気づきやろうと思うときには、手助けをしてあげようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/08 21:19

色々ですからあまり気にしない方が良いと思います。


・小さい頃から毎日厳しい練習をしてきてプロになる人もいるでしょう。(時には海外留学などもして)
・きちんとした練習環境はなくとも、サッカーが好きで小さい頃から毎日ボールと一緒に過ごしていてプロになる人もいるでしょう。
・本格的にサッカーを始めたのは、中学生や高校生になってからだったという人でもプロになる人もいるでしょう。
・小さい頃からプロになることだけを目標にやってきたわけではなく、文武両道で学業も優秀で良い大学に入る道も十分選択出来たがプロになる人もいるでしょう。
・同じく大学まで出てからプロになる人もいるでしょう。

という事で質問者が書かれているような「サッカーの一般常識」といいますか、プロになる為の定義やセオリーというのは特にありませんので、今の段階でどうすればプロになれるかを深く考えても仕方ありません。
勿論親の教育方針というものもあるでしょうから、スパルタ式に毎日ボールを触れさせるのも一つの方法。本人の意思を尊重し、もっとサッカーにのめり込むようになるまで静観するのも一つの方法ですけどね。

ちなみに小学2年生がプロの試合を見ても、本当の意味での「サッカーの参考」にはならんでしょう。あと2、3年すれば、色々な意味で今とは変わってくると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

客観的な意見とても参考になりました。今はまだ時期ではなさそうですね・・・鉄は熱いうちに・・・と考えていましたが、おっしゃるようにしばらく静観しておこうと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/08 21:16

好きこそものの上手なり



サッカーに限らずプロで成功してる選手達の殆どが、その競技が「大好き」だったのです。親はそれをサポートしたに過ぎません。

ゴールデンエイジと呼ばれるお子さんを持つ親としては、その子の特性を見極めて上手なものを褒めて伸ばし、苦手な事を励まして克服するって姿勢で良いと思いますよ。

特性を見極める上で、他のお子さんと比較するのは当然ですが、その習熟度は人によって時間が掛かるものも有りますからある程度気長にお付き合いしなければなりません。

我が子達もサッカーをやっています。長男は貴方のお子さんと同じような感じです。一方、次男は家の中でもボール(幼児用)を蹴ってますし、プロの試合も見ます。たぶん、ある程度のレベルまで行くのは次男でしょう。(来月、市のトレセンを受けます)

親としては、体力づくり、仲間づくり、暇つぶしとして入れたスポ少なので、『自分で頑張れる』ならなんでも良いんです。長男は今年中学生になります。「個人競技でもいいんじゃないか?」とか言ってるのですが、彼はサッカーそのものが嫌いなわけではないので、サッカー部に入るようです。(他のものにチャレンジして欲しい気も無いではない)

今はサッカーがブームです。プロになるなんて夢のまた夢。でも、お子さんが描く夢に一緒に乗っかって過ごす時間もまた親としての醍醐味だと思います。低学年の時は無理強いは禁物だと思います。一緒にサッカーを楽しんで「あなた上手だね」「そんなことも出来るの?凄いなー」「そんなん出来るんだったらもっと練習したらもっと上手くなるかな?」などの褒め言葉や問いかけが彼らの一番のモチベーションになると思いますよ。

参考になれば。

*上には上が居てトレセンとかユースなどの練習を見ると上手いのがゴロゴロいます。それを見ると客観的にわが子たちは「プロは無いな」と思うのですが、子どもが「やる」ので有れば親としては出来るだけサポートしてやろうと思っています。要は『本人のやる気』だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お子さんが描く夢に一緒に乗っかって過ごす時間もまた親としての醍醐味・・・本当にそうですよね。やるからには・・・なんて思っていましたが貴重な時間一緒に過ごせるのはほんの少しなんですよね。もっと心に余裕を持って見守ってあげようと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/03/08 21:11

サッカーに限らず運動能力が一番伸びるのは9歳~12歳あたりのようです。

→参考URL参照(サイト名:少年サッカー情報倶楽部)
その時期にお子さんが本当にプロを目指す!という気持ちに芽生えたなら可能性はまだ十分残っていると思います。

学校のサッカー部ではなく、クラブチームに所属している子のほうが上手いことはあります。
ただ、怪我や実力的なもので脱落してしまう子もいます。

知識がない状態でプロの試合を見たからといって上手くなるわけではないです。

親が先立ってもお子さんにその気がなければ無駄で終わることもあります。
とりあえず、「やってみる?」と聞いてみては如何ですか?

参考URL:http://mf10.jp/junior/jijyou/growth.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とっても参考になるご意見ありがとうございます。運動能力が一番伸びるのは9歳~12歳・・ですか。。まったく知りませんでした。とりあえず時間が空いたら誘ってみるようにします。ありがとうございました!!

お礼日時:2007/03/08 21:06

うちの子も小学一年から地域のサッカー少年団に入っています。

今春から五年ですが、あなたのお子様はまだ二年生なのでしょう。おそらく今はあなたが思っている願いとは違い、たぶんサッカーはカッコいい、みんなしているとかと言う気持ちでしているのではないでしょうか。うちの子も二年生の時はへたでもどかしい思いをしたものです。でも親がこうなって欲しいとか思うのは自由ですがその通りには行きません。自分がうまくなりたい、いろんなテクニックを覚えたいとか思わないかぎりうまくはなりません。ですが、決して他の子と比べてはいけませんよ。プレッシャーを与えすぎてはダメですよ。今は練習をきちんと行っているだけでも偉いですよ。今に自主的にボールに毎日触る日がくるでしょう。周りが何を言っていても思っていてもうまくはなりません。本人がこれから先、ずっとサッカーをやりたければその時はいろいろ手伝ってあげてください。チームに入っているならいまから試合も増え楽しくなると思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

経験者の方からの貴重なご意見大変うれしく思います。おっしゃると通り他の子と比べてはいけませんよね。同じクラブの上手な子達は自分の試合のビデオを見て悪いところや良かったところを研究したり、毎日ボールに触っていると聞くので少々焦っていたのかもしれません・・・自主的にやるようになった日には手伝ってあげようと思いました。

お礼日時:2007/03/08 21:04

>サッカーをやっている子なら誰もがプロサッカー選手になりたいと夢を持つが普通だと思います



すいませんね。私は普通じゃありませんでした。
友達がやってて、遊び相手が欲しかったから始めただけです。

ですから、他人がやっている試合を見るのは大嫌いでした。
だって自分が遊んでいるわけでも何でもないんですから。
見るのも勉強だと言われて見ていた事がありますが、どこを見たら勉強になるのか分からなかったし、つまらなかったです。
サッカーに限らず野球などの別の競技でも同じでしたが・・・

子供にしても上手くはなりたいとは思っているはずです。
事実私も上手くはなりたかったです。
ですが、別に練習の日以外に練習しようとも思わなかったし、それほど入れ込んでもいませんでした。

お子さんはどうなのでしょう?
『サッカー一筋でやっていきたい!』という様な感じなんでしょうか?
出なければ、嫌々やらされるのは相当に辛いです。
逆にサッカーが嫌いになる可能性もあります。

私がサッカーをやめたのは、それが原因です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この質問で気を悪くされたのならすみません。ただ同じクラブに入っている子ども達は口々にJリーガーとか日本代表に入りたい!!といっているので・・・皆そうだと思っている節がありました。失礼致しました。ただ、うちの子ずうっとサッカーをやりたい!!仕事はサッカー選手!!」といっています。決して嫌々やらせているわけではなく自分からサッカーを習いに行くと幼稚園の時に言い出し今も練習の時や試合の時に雨が降って中止になると「友達と遊べるしたまには雨で中止もいいんじゃない?」というと怒って「サッカーやりたい!!練習したかったもん」といいます。

お礼日時:2007/03/08 20:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサッカーブームなのか日本代表ブームなのか

ここ数年サッカーの話題がどんどんテレビで取り上げられるようになりましたが
Jリーグの人気はテレビの報道ほど盛り上がっていませんよね


サッカーで報道されるのは日本代表70%海外組10%Jリーグ20%のように感じます


そう思ってよく考えてみると視聴率も
日本代表サッカーのほかにも日本代表と名のつくもの
(WBC バレー等)はすべて視聴率が高くなっている気がします


現在のこの風潮はサッカーブームなのでしょうか
それとも日本代表(国際戦)ブームなのでしょうか

Aベストアンサー

明らかに日本代表ブームでしょ。
サッカーファンではないはずです。

本当のサッカーファンなら、サッカーそのものが好きなわけですから
日本対オーストラリアなんかよりイタリア対イギリスとかフランス対ブラジルの方が面白く感じるはずです。
日本があのワールドカップの予選リーグ敗退でがっかりなんかしません。むしろ実力のない日本なんかがベスト16、8にいくより本来の実力を持ったヨーロッパ、南米のチームが揃った方がサッカーそのものは面白いはずです。

つまり青いユニホーム着て騒いでいる方々は
日本代表ファンであってサッカーファンではありません。

従って、Jリーグも本来のサッカーファンだけが
応援しているわけですからそうそう盛り上がることもありません。

スポーツはなんでもそうですが、大きなイベントがあると
そのスポーツのにわかファン、いや日本チームファンとか
そのスポーツをする個人のファンは急激に増えますが
そのままそのスポーツのファンになる人は非常に少ないです。
佑ちゃんだってそうでしょ。本当の高校野球ファンは「佑ちゃ~ん!」なんて騒ぎませんよね。
あれは佑ちゃんファンであって高校野球ファンではありません。

またスポーツそのもののファンというのは急激に増えることは一般的にまずありません。だいたい決まっています。
ですので、サッカーもだいたいファン数は決まっており
サッカーのブームではありません。
単に日本代表ブームですね。

やはり健全な愛国心の表れかと思います。
自分が日本人なのですから日本人を応援するのでしょう。
悪いことではないと思います。

国の威信を背負っての試合と単に商業ベースでの
単一チームのためにだけする試合とでは熱の入れ方は
違っちゃいますよね。質も違えばスケールも違うし・・。

明らかに日本代表ブームでしょ。
サッカーファンではないはずです。

本当のサッカーファンなら、サッカーそのものが好きなわけですから
日本対オーストラリアなんかよりイタリア対イギリスとかフランス対ブラジルの方が面白く感じるはずです。
日本があのワールドカップの予選リーグ敗退でがっかりなんかしません。むしろ実力のない日本なんかがベスト16、8にいくより本来の実力を持ったヨーロッパ、南米のチームが揃った方がサッカーそのものは面白いはずです。

つまり青いユニホーム着て騒いでいる...続きを読む

Qサッカーの試合後日の練習・練習試合

こんばんは。いつもお世話になっています。
昨日浦和レッズVSサンフレッチェ広島の試合を埼スタで見て、今日は大原サッカー場に練習と練習試合を初めて見に行ってきました。

選手の顔と名前がまだ一致して覚えきれていないため、誰がいるのか全員はわかりませんでしたが森脇選手や阿部選手、槙野選手らを最初のほうに見かけました。しかし、練習が始まると奥のほうのグラウンドへ行き練習、練習試合には参加していないようでした。彼らは別メニューだったということでしょうか?もう少し見たかったので残念でした。
また、広島のほうは見たことのない選手ばかりでした。昨日試合に出ていた選手たちは別の場所で練習していたのでしょうか。とすると今日大原にいたこの方たちは控えの方々でしょうか?
佐藤選手が近くで見れるかとわくわくしていたので少しがっかりでした。

全員が全員同じ場所で練習するわけではなく、選手別にメニューが細かく分かれているという感じでしょうか?
次に見に行くときの参考にしたいので教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご存知かと思いますが、サッカーは1試合でかなりの体力を消耗します。Jリーグでも、基本的には毎週土曜日に試合をやり、まれに水曜日にやる程度です。絶対に連戦なんて無理です。試合に出たメンバーはだいたいが翌日は休み、練習したとしても別メニューになるのが普通であり、翌日の練習試合に出ることはありません。(途中交代、出場で出場時間の短い選手は除く。)そもそもシーズン中の練習試合は、控え選手の試合勘を鈍らせないため、故障明けの選手の調整などを主目的に試合に臨むケースが多いです。ですので、トップのレギュラー選手の試合を観たいのであれば、公式戦を観戦しましょう。

Q好きなサッカーチームは「日本代表」と答えるのは変?

好きなサッカーチームは「日本代表」と答えるのはおかしいでしょうか?


わたしはサッカー観戦が好きです。

なかでもわたしは日の丸を背負って戦う「日本代表」が大好きで、
テレビでもスタジアムでも、日本代表戦を観るときは
1番夢中になって応援しています。
きっかけは2002年にワールドカップのロシア戦を観に行ったからだと思います。
持っているユニフォームやグッズは全て日本代表のものですし、
サポーターとまではいきませんが
遠方のスタジアムまで遠征してゴール裏で応援することもあります。

かといって日本代表しか興味がないわけではありません。
Jリーグや欧州の各リーグ、他国同士の国際試合まで観ています。

わたしとしては日本代表を中心として国内から世界まで幅広い視野で観ている、
日本代表以外は各チーム・各国とも中立的な視点からサッカーの試合を観ているつもりです。


本題ですが、


「サッカー観戦が好きだ」と話すとたいていの人から
「どこのチームが好きなの?」と聞かれるのですが、
わたしはもちろん「日本代表が好きだ」と答えます。

すると

・鹿島アントラーズだとかバルセロナだとか答えるのがふつうじゃない?
・好きなチームを聞いてるのに「日本代表」じゃ答えになってない
・日本人なら日本代表が好きなのは当然
・サッカー好きなら応援しているクラブチーム1つくらいあるでしょ

といわれることがよくあります。


「どこのチームが好き?」という質問はやはりクラブチームのことを聞いているのでしょうから
たしかに「日本代表」という答えはピントがズレているのかもしれません。

また、日本代表ファン=にわかサッカーファン、ミーハーだという見方があることも
このようにいわれることに関係しているような気がします。


ともあれわたしは何といわれても好きなチームは「日本代表だ」と答えます。

慣れたというのもあって、いわれることに悩んでるわけではありませんが‥


やはり変なのでしょうか?

ぜひ一度みなさんの意見を聞かせていただけませんか?

好きなサッカーチームは「日本代表」と答えるのはおかしいでしょうか?


わたしはサッカー観戦が好きです。

なかでもわたしは日の丸を背負って戦う「日本代表」が大好きで、
テレビでもスタジアムでも、日本代表戦を観るときは
1番夢中になって応援しています。
きっかけは2002年にワールドカップのロシア戦を観に行ったからだと思います。
持っているユニフォームやグッズは全て日本代表のものですし、
サポーターとまではいきませんが
遠方のスタジアムまで遠征してゴール裏で応援することもあります。

か...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは^^

全然変ではありません。

ファンやサポーターのサッカーへのアプローチや対象は多様です。特に近年急激に「サッカーの魅力にとりつかれた」人が増えている日本では。

欧州のサッカー先進国ならば長い歴史の中で、誰もが地元のチームへすごい愛着を持ちます。日本はまだまだ成長期、まだまだ地元にJを目指すようなクラブがない地域も多いです。Jリーグが50年100年と歴史を積み重ねていけば欧州のようになるかとは思いますが。

私がサッカーを夢中に見だした頃のお気に入りのチームは74年ごろの「ユーゴスラビア」と72年前後の「西ドイツ」でした。「日本代表」は弱すぎたし、何より自分の理想とのギャップがあって応援はしましたがこころのどっかで「どうせ負ける」とあきらめていたところがありました。

今は違います。今の日本サッカーはまだまだ伸び白があります。どれだけ伸びていくか分からない。その象徴としての日本代表への思いは「少し冷めて」いながらも「得体の知れない未来」に心が高揚します。

今の私なら、「応援しているのはすべてのカテゴリーの日本代表・Jなら〇〇」と答えます。〇〇はJ創設からのチームで毎週通った記憶と思い入れ、それにそのスタイルが好きだからです。地元にもJ1チームあるのですが、今は暖かく見守っている感じ。将来的には地元チームに心が移っていくだろうなあって思いながら。

代表を応援しているからこそ、そこに誰が入ってくるのか。所属チームでどんなプレーをしているのか興味が湧きます。クラブレベルでお気に入りの選手を「発見」して、その選手が代表まで駆け上るのはファンにとってすごい醍醐味です。

クラブへの興味は必ず代表への興味につながります。逆に、日本代表が入り口でそこからJクラブや大学・高校サッカーへ、さらに少年サッカーや女子サッカーへ、あるいは海外サッカーへと興味や知識が広がっていくこともあるでしょう。「広がり」は限りありません。

それこそがサッカーワールドの特徴であり可能性の大きさだと思います。

ファンは、あるいはサポーターは「こうあるべき」ということなど一切ありません。

大阪のおばちゃんが、代表戦の翌日「あのパス回しがよかったねえ~」とかTVで言っているのを見たことがあります。微笑ましくて・・嬉しかったです。

「多様性」こそサッカーの支える「生命線」です。

こんにちは^^

全然変ではありません。

ファンやサポーターのサッカーへのアプローチや対象は多様です。特に近年急激に「サッカーの魅力にとりつかれた」人が増えている日本では。

欧州のサッカー先進国ならば長い歴史の中で、誰もが地元のチームへすごい愛着を持ちます。日本はまだまだ成長期、まだまだ地元にJを目指すようなクラブがない地域も多いです。Jリーグが50年100年と歴史を積み重ねていけば欧州のようになるかとは思いますが。

私がサッカーを夢中に見だした頃のお気に入りのチームは74年ごろの「...続きを読む

Q過去のサッカーの試合で一番観客が入った試合は何の試合ですか?

過去のサッカーの試合で一番観客が入った試合は何の試合ですか?

Aベストアンサー

#1です、マラカナンよりでかいのがありました。プラハのストラホフスタジアムで、一応、公式キャパシィは22-24万人(諸説あるらしい)だそうです。ただ、ここが満員になった試合があるかどうかはわかりませんし、現在は使っていないようですね。
http://www.geocities.jp/worldsoccerkansenki/strahov.html

でかいスタジアムの一覧
http://www.fifaworldranking.com/stadium.html

Qサッカー日本代表の試合の

今まで、サッカー日本代表(A代表)の試合を見たこと
がないので、是非、次回 国内で対戦カードがあった
ら見てみたいと思うのですが、
サッカー日本代表のチケットの取り方がわかりません。アーティストやjリーグでしたら、チケットぴあ
やイープラスで見かけるんですが、日本代表は見たことありません。
いつもどうやって、チケット販売してるんでしょうか?

Aベストアンサー

日本代表戦のチケットは入手が困難なプレミアチケットです。

これまでチケットぴあやイープラスなど主要なプレイガイドで販売されてきましたが、
事前のPRはほとんどなされない上、
電話予約も発売開始数分で売り切れるケースがほとんどで、滅多にお目にかかれる代物ではありませんでした。

ですから、他の皆さんも書いておられるように、
代表戦チケット入手のために、様々なプレイガイドの会員になったり、
サポーター仲間で蜜に連絡を取り合って協力し合ったりして、何とか入手してきたしだいです。
また、オークション市場が活発になってからは、そこでの入手も可能になりましたが、
海外組の出場する代表戦の良席には驚くよう値が付けられることもしばしばでした。

その対策のひとつでしょうか。
ごく最近の試合から、日本サッカー協会(JFA)への登録が購入条件となったようです。
これはチケットゲッターを排除し、
日頃から日本サッカーを支えているサポーターに券が配分されるような配慮だと思われます。

会場に行けば、余ったチケットの購入者を探している人も見かけます。
また、贔屓のJリーグチームを持って、仲間を作れば、
協力し合ってチケットを確保する醍醐味も味わえるかもしれません。
日本代表戦観戦に向けたJリーグ観戦もお薦めです。

日本代表戦のチケットは入手が困難なプレミアチケットです。

これまでチケットぴあやイープラスなど主要なプレイガイドで販売されてきましたが、
事前のPRはほとんどなされない上、
電話予約も発売開始数分で売り切れるケースがほとんどで、滅多にお目にかかれる代物ではありませんでした。

ですから、他の皆さんも書いておられるように、
代表戦チケット入手のために、様々なプレイガイドの会員になったり、
サポーター仲間で蜜に連絡を取り合って協力し合ったりして、何とか入手してきたしだいです...続きを読む

Qドイツ人サッカー選手と日本人サッカー選手の体力

ドイツ人サッカー選手と日本人サッカー選手の基礎体力を比較した
場合、差ってありますか?それとも、あまり差はありませんか?
サッカーについては詳しくないのですが、実情を教えてください

Aベストアンサー

ドイツ人は、北方から攻め下ってきた最強のゲルマン民族であるということでの誇りが強い。特に西欧地域においては、身体的な大きさ、強さがドイツ人の特徴。
一方日本人は、フィジカルの強さを尊重せずに、技、技術の巧緻さを貴ぶ傾向がある。
よって、そういう文化風土の元に育つことで、当然のことながら、体力差も生じてしまう。

Qサッカー日本代表の岡田監督に関する質問です。

サッカー日本代表の岡田監督に関する質問です。

1、岡田監督のサッカー戦術の特徴について

2、岡田監督が考えている日本代表の選考基準について

3、6月に開催されるW杯で日本代表は好成績を挙げることができるのか?

以下の三点について、詳しく解説して頂けないでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1.戦術について
DFからの監督ということもあり、仕掛けるリスクを嫌い安定した
戦術を好みます。No1さんの投稿にもありましたが、守備を徹底し、
カウンター攻撃が彼の代表的な戦術でしょう。
しかし、ここ最近の試合を見ている限りゾーンディフェンスが機能
していないように見えます。決定力不足も問題ですが、守備の連携・
決まり事の徹底が出来ていない方がヤバいと思います。

また、戦術面でもオシム流を中途半端に受け継いでしまったため、
ほとんど無駄な走りになっており、後半スタミナ切れ、そして失点に
繋がってしまいます。
パスを回すのはいいのですが、横に回している間に、相手チームは
体制を整えてしまうので、意味がありません。スピードのある縦パス
を早い連携でつないでこそのパスサッカーです。ゴール前でしかけも
せず、パスを出すとこもなく、バックパス。ここから切り崩すなど、相
当な個人技に頼るか、スペースを見つけ出し抜群の抜けができる
選手、その選手に動きを察してパスを出せる技術、しか打開策が
ないように思えます。

ロングボールもきらう傾向にあり、チマチマとしか相手エリアに進め
ない傾向にもあります。サイドチェンジを有効につかい、サイドを走
らせるロングボールや、サイドかの仕掛けなど、多彩な攻撃パターン
の創出も必要です。攻撃のバリエーションが乏しすぎます。


2.選考基準
こちらが聞きたいですw
昔は、代表の戦略と合致しているチームからの選出が多かった気が
しますが、今は外の声を気にしてか、自分の意に沿わない選手も
召集しているように思えます。
個人技に頼る選手や、突破をしかける選手などは敬遠されがちですね。
忠実に安全にプレーする選手がお好みのようです。

3.W杯ので成績
恐らく惨敗は免れないでしょう。
最高の結果で、カメルーンに1分かと思います。

その理由として、この時期になっても組織として機能していない。
そもそも戦術すら理解していない選手が見られる。
メンバーの替えが効かない選手層の薄さ。
格下日本相手とはいえ、相手チームもそれなりに研究してくるかと
思います。攻撃面のバリエーションが低いが故に、相手に封じこま
れる。希望が持てるとしたら、DFが機能していないカメルーンに
対して、本田の個人技で打開する。オランダ&デンマークには
日本の攻撃は通用しないでしょう。ほぼ100%の確立で0点に
抑えられます。

オランダは間違いなく体力温存してくるので、そこまでの惨劇には
ならないかと思いますが、(といっても、2点は取られる)ガチで
かかってくる長身国デンマークには、空中戦になんの対策もない
日本はズタボロにやられる気がします。。。

1.戦術について
DFからの監督ということもあり、仕掛けるリスクを嫌い安定した
戦術を好みます。No1さんの投稿にもありましたが、守備を徹底し、
カウンター攻撃が彼の代表的な戦術でしょう。
しかし、ここ最近の試合を見ている限りゾーンディフェンスが機能
していないように見えます。決定力不足も問題ですが、守備の連携・
決まり事の徹底が出来ていない方がヤバいと思います。

また、戦術面でもオシム流を中途半端に受け継いでしまったため、
ほとんど無駄な走りになっており、後半スタミナ...続きを読む

Qプロの練習試合

よく代表チームやクラブチームがが高校生や大学生、JFLチームと
練習試合をしたりしていますが、疑問があります。
(1)試合前、試合後などに高校生、大学生、JFLチームの選手が
代表やクラブの選手達に話かけたりサイン貰ったり写真を
撮ってもらったりなどは可能なのでしょうか?
(2)高校生、大学生、JFLチームは本気でやるのでしょうか?

ご存知の方おられましたらご教示願います。

Aベストアンサー

1に関してはわかりませんが多少は話しかけたりもしてるでしょう
2に関してはマジですよ(笑)そりゃまたとないチャンスですからね
もしそれで相手のエースを止めたりしてたら自分の評価も上がるわけですしね 

Qなぜ日本代表がチーム青森なのでしょうか?野球なら巨人がサッカーなら鹿島

なぜ日本代表がチーム青森なのでしょうか?野球なら巨人がサッカーなら鹿島が日本代表でいくようなものですよね。日本代表はオールスターでいきますよね。カーリング特有の理由があるのでしょうか。チームワークかなと思ったのですが他のスポーツも一旦悪くなるが高次元で作り直しますよね。何故なのでしょうか?

Aベストアンサー

オリンピックの前年の全日本選手権やワールドカップの成績で決めるんでしょ?
混成チームで短期間に調整できないのが理由ではなく、カーリングは4人で1投なんだべさ!
映画「シムソンズ」を見ましょう!(笑)
ソルトレイクは「SIMSONS JAPAN」と背中に書いて出たそうです。

4年後のソチ五輪に、あなた+3名の仲間で出られる可能性がある種目ですよ!!

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A0%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%82%BA

Qサッカー練習と試合

僕は高校1年でサッカーをやっています。ポジションはボランチです。そこで質問です。練習では1対1や2対2や浮き球コントロールなどをやっているんですが練習では相手も抜けるしキープもできるし浮き球もしっかりコントロールできるんですが、試合では全くうまくいきません。ボールを裁こうとトラップをするとミスして相手に取られたりパスコースがないからとボールをキープすると見えないところから来た敵にボールを取られたりしてしまいます。それらは大体練習ではうまくいっていることなんです。やっぱり試合に慣れるしかないんでしょうか?

Aベストアンサー

いくつか原因はあると思いますが、その原因を突き詰めてもしかたがないので、問題解決の考え方をアドバイスします。


1:練習が試合を意識する。

まず練習と試合で緊張感が違うのでしょう。
練習のときから試合のような緊張感を保つようにしましょう。
試合ではやらないことを練習でしない、練習でしないようなことを試合でしない。
これが基本だと思います。

でも「チャレンジせず安全なプレーだけをする」わけではありません。
緊張感と集中力を高めて練習に望むということです。

またテクニックは個人練習で磨きましょう。


2:失敗の原因を探る

セルティックの中村選手は高校のときからサッカーノートというものをつけていたようです。その中に「失敗したプレー」についても書いていたようで、失敗したそのときの状況、原因などを自分自身で考え記述していたようです。
そこからそのとき自分でできたことはなにか?最善は何だったかを常に考えていたそうです。

自分自身で失敗の原因を考えるということは非常に重要です。
練習のときから、成功したこと、失敗したことをよく考えてください。

参考
http://blog.goo.ne.jp/syaopairon/e/577a94ce4d703fa7a9899e7ed807d518



最後に、試合を重ねさえすれば試合でいいプレーができるということはありません。
試合から学び、努力を重ねた人だけが試合で成功できます。
試合で失敗しているということは、何かを変えないといけないというシグナルです。

自分でそのシグナルを受け取り、自分で考え、自分で改善してください。
頑張ってください。

いくつか原因はあると思いますが、その原因を突き詰めてもしかたがないので、問題解決の考え方をアドバイスします。


1:練習が試合を意識する。

まず練習と試合で緊張感が違うのでしょう。
練習のときから試合のような緊張感を保つようにしましょう。
試合ではやらないことを練習でしない、練習でしないようなことを試合でしない。
これが基本だと思います。

でも「チャレンジせず安全なプレーだけをする」わけではありません。
緊張感と集中力を高めて練習に望むということです。

またテクニ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング