山崎豊子さんの作品で、二作品とも映像化されている「白い巨塔」か「華麗なる一族」かどちらの小説がおもしろいですか?

どちらが読み終えたあとに、感動し深く考えさせられますか?

お勧めはどちらですか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

たった今華麗なる一族を読み終えました。


銀行と大蔵省、日銀、政界のつながり(癒着?)を知るにはとてもいい教材です。しかし登場人物にあまりにも魅力がないので読んだあとの爽快感は全くないです。ドラマでは鉄平が魅力的な役柄らしいですが。小説では芸者と平気で遊んじゃったりします。なんというか人間が本来持つ葛藤みたいなものがあまり描かれていないのでホントにこんなヤツいるのか?!みたいなクソな人間がいっぱい出てきます。(てかほとんどそう)実際に大蔵省にいる人間や政官財の大物達の多くはみな多少なりとも腐敗していたのかもしれませんが、それにしても人間ならもうちょっと葛藤したりするんでない?って感じの疑問は否めません。
ほかの作品は読んでいませんが、僕的には一週間近くかけて読んだ割には得られるたものはあまりなかったというのが正直な感想です。
    • good
    • 0

こんにちは^^



2作品とも面白いですが、深く考えさせられる作品と
いうのであれば、「白い巨塔」ではないでしょうか。
この作品も面白いですが、山崎豊子さんの作品は
深く考えさせられるものが多く「沈まぬ太陽」や「二つの祖国」なんかも
お薦めですよ♪
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山崎豊子さんの『大地の子』

『大地の子』が発刊されたのはいつだかご存知の方は教えて下さい。

Aベストアンサー

私の持っている「大地の子」の初版の日付は下記のようになっています。
「大地の子 上」が1991年1月10日。
「大地の子 中」が1991年3月1日。
「大地の子 下」が1991年4月15日。
また、1994年に文庫本になっています。

Q山崎豊子さんの本でお勧めは?

こんにちは。
山崎豊子さんの「仮装集団」「ムッシュ・クラタ」はどのような内容なのでしょうか?
「華麗なる一族」「白い巨塔」「女系家族」「沈まぬ太陽」「不毛地帯」「大地の子」は読みましたので、それ以外でお勧めがあれば教えてください。
あと、女性の作家でお勧めなどもありましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

メールを拝見する限りでは、山崎豊子さんの作品に関しては、既にじゅうぶん読みすぎるほど読まれていると思います。
 そこで、その他の女性作家の作品で一冊だけあげさせていただきます。樋口一葉の「たけくらべ」を推薦します。これまであなたが、お読みになった本に期待されたであろう内容とは全く異なると思いますので、内容には触れませんが(詳しくは参考URLで)、きっと感銘を受けられると思います。

参考URL:http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0638.htmlhttp://www.kanshin.com/index.php3?mode=keyword&id=179283

Q山崎豊子の『不毛地帯』のストーリー

以前に読んだのですがストーリーを忘れてしまいました。飛行機会社に関する贈収賄にような話だったと思うのですが、ストーリーと結末教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

 総合商社を舞台とした小説ですよね。元は、糸関係の商社に戦後シベリアに抑留されて戻ってきた主人公が入社し、あまり気が乗らないながらも出世していき自動車会社を合併させたり総合商社らしい仕事をして大会社になりつつも最後は大赤字をだした社長を引退させ、自らも引退するといった話だったと思います。たしか、実在する商社、モデルとなった人物もいたらしいのですが、それは忘れてしまいました、ごめんなさい。

Q山崎豊子さんの次に読む本・・。

ここ最近、続けて山崎豊子さんの小説を読んでいるのですが、「膨大な取材に基づいて小説として構成され、登場人物も関係機関もすべて事実の基づいて再構成したフィクション」「人が主役でありながら社会問題鋭く抉る作品」にはまってしまいました。
他の作家へも巾を広げていきたいのですが、これまで、このジャンルの本はあまり読んでこなかったため、作品も作家も浮かびません。
皆さんのおすすめの作家&作品を教えていただけないでしょうか?
できれば、時代背景は「明治から昭和」がよいです。

Aベストアンサー

私も一時期この手の本にハマッたことがあるので、思い返してみました。

tingさんの出されているご条件を満たすもので、パッと頭に浮かんだのは
有吉佐和子さんの作品です。

華岡青洲の妻 新潮文庫 (1970/01/01) 新潮社
  実在の人物・事件を扱った迫真の作品です。

恍惚の人 新潮文庫 (1972/05/01) 新潮社
  実在の人物が主人公ではありませんが、年々深刻化する
  社会問題を提示しています。

和宮様御留 講談社文庫 (1981/07/01) 講談社
  虚実入り乱れていますが、史実をベースに時代背景が
  良く描かれていると思います。
  
他に、意外と思われるかもしれませんが、林真理子さんにも何作かこのような傾向の著作があります。
エッセイのマリコ節とはまったく異なった、社会派です。(以前雑誌で読んだのですが、林氏本人は本当はこういう作品をもっと書きたいのだけれど、膨大な資料と取っ組む必要があるので、結果的に数年に一冊になってしまう、とのことでした)

白蓮れんれん 中公文庫 (1998/10/01) 中央公論社
  大正時代の実在の事件をベースに しています。
  社会派っていうと、ちょっと?ですが、きちんとした取材の跡を感じます。

ミカドの淑女(おんな) 新潮文庫 (1993/07/01) 新潮社
  明治の宮廷・政治・風俗のドロドロぶりが描かれています。

ご参考まで。

私も一時期この手の本にハマッたことがあるので、思い返してみました。

tingさんの出されているご条件を満たすもので、パッと頭に浮かんだのは
有吉佐和子さんの作品です。

華岡青洲の妻 新潮文庫 (1970/01/01) 新潮社
  実在の人物・事件を扱った迫真の作品です。

恍惚の人 新潮文庫 (1972/05/01) 新潮社
  実在の人物が主人公ではありませんが、年々深刻化する
  社会問題を提示しています。

和宮様御留 講談社文庫 (1981/07/01) 講談社
  虚実入り乱れていますが、史実を...続きを読む

Q不毛地帯(山崎豊子)の  不毛の意味

お世話になります。
「不毛地帯」(山崎豊子)を読了したところです。

この不毛地帯という作品について
私は精神的な不毛を描いていると思うのですが、もうひとつこの作品はこれが言いたいんやというのがピンときません。
解説というか説明と言うか をお願いします。

Aベストアンサー

私は単純に『人の介入のない』あるいは『まだ手の付けられていない』=不毛…と、解釈しました。
誰も知らない世界に挑む企業努力と、シベリア抑留生活を上手く掛けているな~と思いました。
シベリアも不毛地帯=まだ人の手の付けられていない場所。
主人公も仕事上で不毛地帯に身を置くことになります。前代未聞の…誰もまだ体験していない事の体験。そんな感じに捉えました。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報