バッハのミサ曲ロ短調とヨハネ受難曲のCD(抜粋じゃなくて、全曲で)が欲しいのですが、沢山あってよく分かりません。時間も長くて、値段も高いので、一般的に名盤と呼ばれるものが欲しいです。
 マタイ受難曲はカール・リヒター、ミュンヘン・バッハ・管弦楽団のを買って非常に満足しています。
 一般的に「名盤」と呼ばれているか、またはおススメのCDを教えて下さい。できたら輸入盤ではなく手に入りやすい国内盤がいいです。
 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

リヒターのロ短調ミサ、ヨハネも名盤だと思います。



もう一つ、バッハ・コレギウム・ジャパンもおすすめです。マタイとヨハネは発売済み、ロ短調ミサはこの秋に発売予定だそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 バッハ・コレギウム・ジャパン検索してみました。カンタータ集等沢山のバッハの教会音楽を録音されていて、バッハのプロっぽいですね。初めて知りました。しかもヨハネ受難曲のアルトは米良美一さんっていうのも気になりますね。お値段もお手頃で嬉しいです。
 リヒターも名盤なんですよね。どちらにしようか迷います。
 情報ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/07 17:16

こんにちは。



リヒターやバッハ・コレギウム・ジャパンのものも名演だと思いますが,私からは,ガーディナー指揮/イングリッシュ・バロック・ソロイスツ/モンテヴェルディ合唱団のものをオススメしたいと思います。バッハ没後250年だった2000年に,一年かけてバッハのすべての教会カンタータを世界各地で演奏するという偉業を達成した演奏家です。

リヒターとはかなり雰囲気は違い,テンポは速く,オーケストラの音やソリスト/合唱の声は軽めで透明感があり,音楽の息づかいがとても活き活きとしていると思います。
また,モンテヴェルディ合唱団の技術の高さは特筆もので,バロック以前の古楽系の合唱としては世界最高峰のひとつだと個人的には思っています。

以下にURLをつけておきますので,よろしければご参考に。

ヨハネ受難曲
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%90%E3%83%83%E3%83 …

ミサ曲ロ短調
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%90%E3%83%83%E3%83 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 URLまでありがとうございました。具体的でよく分かりました。
 モンテヴェルディ合唱団は何となく名前を聞いた事があります。調べてみたら、色々出しているみたいなので、そちらも買ってみたいなと思いました。
 以前モーツァルトの「戴冠ミサ」を聴いた時、トン・コープマンとカラヤンだったんですが、全然テンポが違って、それだけでかなり雰囲気が変わるんだとビックリしました。
 生き生きしているのもいいですね。またまた悩みそうです。
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/05/08 09:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバッハ マタイ受難曲 コラール

こんにちは。バッハのマタイ受難曲のCDは色々出ていますが、合唱ではない(歌なし)演奏のCDはあるのでしょうか?
いくつか教えていただければと思います。もしくは検索方法でもよいので・・・。

Aベストアンサー

マタイにこだわると難しいと思いますが、
コラールでよければバッハ自身のオルガン用編曲が多数あります。
もしかすると、この中にマタイで使われたコラールが含まれているかもしれません。
また、こちらなら、クルト・レーデルあたりに合奏編曲版が何曲かあるはずです。

コラール編曲
* BWV599‐BWV644 「オルガン小曲集」
* BWV645‐BWV650 「シューブラー・コラール集」
* BWV651‐BWV668 「18のコラール」
* BWV669‐BWV689 「21のコラール前奏曲」(クラヴィーア練習曲集第3巻収録)
* BWV690‐BWV713 「キルンベルガー・コラール集」
* BWV714‐BWV740 「27のコラール編曲」
* BWV741‐BWV765 「25のコラール編曲」
* BWV768 コラール変奏曲「慈しみ深きイエスよ」
* BWV769 「高き天より我きたりて」によるカノン風変奏曲
* BWV1090‐BWV1120 「ノイマイスター・コラール集」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マタイにこだわると難しいと思いますが、
コラールでよければバッハ自身のオルガン用編曲が多数あります。
もしかすると、この中にマタイで使われたコラールが含まれているかもしれません。
また、こちらなら、クルト・レーデルあたりに合奏編曲版が何曲かあるはずです。

コラール編曲
* BWV599‐BWV644 「オルガン小曲集」
* BWV645‐BWV650 「シューブラー・コラール集」
* BWV651‐BWV668 「18のコラール」
* BWV669‐BWV689 「21のコラール前奏曲」(クラヴィーア練習曲集第3巻収録)
...続きを読む

Qバッハの歌詞についての質問です(マタイ受難曲より)

マタイ受難曲をマクリーシュ(McCreesh)盤とリヒター(Richter)盤とで聴き比べています。その際気がついたのは、マクリーシュ盤では、リヒター盤で「単純過去」のところを「接続法2式」で歌っているのが何箇所かあります。スラッシュの前がマクリーシュ盤、後がリヒター盤です。(共通)としてあるのは、両盤と同じ語形が使われているものです。(4)以降はマクリーシュ盤のみの引用です。3つ目の例では共に接続法2式で共通しています。
マクリーシュ盤の歌詞はこちらを参照しました(おそらく共通のテクストと思います)http://www.geocities.co.jp/MusicHall/1978/bwv244.htm
一方リヒター盤に近いと思われるものはこちらを参照しました
http://www.christoph-burghardt.com/bibeltexte.htm

(1) und steckete ihn auf ein Rohr und traenkete/traenkete ihn

(2) die Graeber taeten/taten sich auf

(3) Sein Leichnam koemmt/kommt zur Ruh

(4) Und die Juenger taeten, wie ihnen Jesus befohlen hatte, und bereiteten das Osterlamm.

(5)Zu helfen den'n er ist bereit,
Die an ihn glaeuben feste.

(6) Petrus aber folgete ihm nach von ferne bis in den Palast des Hohenpriesters und ging hinein und satzte sich bei die Knechte, auf dass er saehe, wo es hinaus wollte.

(7) Aber die Hohenpriester und die Aeltesten Ueberredeten das Volk, dass sie um Barrabam bitten sollten und Jesum umbraechten.

(1)は61曲レチタティーヴォからです。こちらはなぜ接続法2式なのか理解しているつもりです。兵卒がイエスに酢/ワインを飲ませようとしたが、イエスは実際に味見しただけで飲まなかったからです。
(2)は63曲レチタティーヴォからです。なぜ接続法が使われているんでしょうか?
(3)は64曲レチタティーヴォからです。なぜ接続法2式なのかわかりません。
(4)は9曲レチタティーヴォからです。なぜ接2?
(5)は25曲コラールからです。これは「信じるであろう者たち」なので接2というのはわかります。
(6)は31曲レチタティーヴォからです。これは「衆議の企図をうかがい知るため」なので saehe と接2になっているのでしょう。

(7)も「殺害することを説得した」ですから接2となるのはわかります。

マクリーシュ盤で、リヒター盤とは違って単純過去のところが接続法2式で書かれているのを見たとき、よくある写植工の植字ミス(ITの時代であれ、最先端の機器を使っているとは限らないため)だと思いましたが、どうも違うようです。Google 検索でも"die Graeber taeten sich auf" の検索結果件数が 125件、"die Graeber taten sich auf" の検索結果件数が 423件 と、植字ミスとは思えないくらい両者に散らばっています。 はたして単純過去と接続法2式の使い分けを上記のテキストの引用でしているのかどうか、意味がどう違ってくるのか、教えてください。

マタイ受難曲をマクリーシュ(McCreesh)盤とリヒター(Richter)盤とで聴き比べています。その際気がついたのは、マクリーシュ盤では、リヒター盤で「単純過去」のところを「接続法2式」で歌っているのが何箇所かあります。スラッシュの前がマクリーシュ盤、後がリヒター盤です。(共通)としてあるのは、両盤と同じ語形が使われているものです。(4)以降はマクリーシュ盤のみの引用です。3つ目の例では共に接続法2式で共通しています。
マクリーシュ盤の歌詞はこちらを参照しました(おそらく共通のテクストと思...続きを読む

Aベストアンサー

確実ではないので、参考にならなかったらすみません。
バッハの作品の歌詞は、準拠する資料が「新全集」か「旧全集」かで相違することがたくさんあるようです。

下のリンク先は「カンタータ82番」の例ですが、レチタティーヴォで「wann kommt」と「wenn koemmt」の歌詞違いがあり、いろいろなディスクでの実際の歌われ方と歌詞カードを比較されています。
http://www.geocities.co.jp/MusicHall/1317/082.htm

次のリンク先(本来pdfなのですが、なぜか表示されませんので、HTMLバージョンになっています)は、「浜松バッハ研究会」による「マタイ受難曲」の全曲解説なのですが、歌詞を対訳付きで解説されています。
http://72.14.235.132/search?q=cache:EzZrwHO1AqUJ:music.geocities.jp/hamamatsubach/HBS-history/NoteBWV244.pdf+%22%E3%83%9E%E3%82%BF%E3%82%A4%E5%8F%97%E9%9B%A3%E6%9B%B2%E8%A7%A3%E8%AA%AC%E2%80%9D&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

例えば、挙げられている(3)の「Sein Leichnam koemmt/kommt zur Ruh」は、旧全集では「kommt」新全集では「koemmt」と違いがあるようです。使いわけによる意味内容の違いは分かりませんが、対訳が付いているので参考になるかもしれません。

リヒターは旧全集による演奏だと思いますが、マクリーシュは新全集なのかもしれません(確実ではないです)

確実ではないので、参考にならなかったらすみません。
バッハの作品の歌詞は、準拠する資料が「新全集」か「旧全集」かで相違することがたくさんあるようです。

下のリンク先は「カンタータ82番」の例ですが、レチタティーヴォで「wann kommt」と「wenn koemmt」の歌詞違いがあり、いろいろなディスクでの実際の歌われ方と歌詞カードを比較されています。
http://www.geocities.co.jp/MusicHall/1317/082.htm

次のリンク先(本来pdfなのですが、なぜか表示されませんので、HTMLバージョンになっています)...続きを読む

Qウィーンフィルとウィーン歌劇場管弦楽団は同じなのでしょうか?

先日ウィーン歌劇場のオペラを観ました。
この時のオケはウィーン歌劇場管弦楽団でしたが、
今度ウィーンフィルのオケを聴きに行きます。
指揮はゲルギエフです。
素朴な質問ですが、ウィーンフィルとウィーン歌劇場管弦楽団は同じ人たちなのでしょうか?
それとも全く別物なのでしょうか?

Aベストアンサー

 nkayo さん 今晩は。

 あなたの疑問にお答えできる解説を参考のためにURLに記載しておきました。

 簡単に申しますと、ウィーン歌劇場管弦楽団(正しくは、ウィーン国立歌劇場管弦楽団といいます。)のメンバーのみが、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団員になることができるのです。
 これは、規約で決められているとのことです。

 

参考URL:http://www.wienerphilharmoniker.at/ja/orchester.html

Q「マタイ受難曲」 ベーレンライター・ヴォーカル・スコア 1の表紙の色を教えてください

昔持っていて手放してしまって、現在手元にない
マタイ受難曲のスコアがとてもよかったので、
再度購入したいと思うのですが表紙のイメージを
みつけることができませんでした。

サイズはA4でスカーレット(赤)だったでしょうか?

であればぜひ購入したいと思っております。

どなたかご存知の方、教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私の持っているベーレンライターのヴォーカル譜は、B5サイズで表紙は青です。

ベーレンライターを元に、全音楽譜出版社で出しているものは赤のようです。こちらのURLで検索してみてください。
(表紙のイメージも見ることができます)

http://www.zen-on.co.jp/search/

Qドレスデン国立歌劇場管弦楽団の最近の新譜でおすすめがあれば御紹介下さい

こんばんは。
子供が小さいうちは乱暴狼藉を働くので、クラシックのレコード・CDは封印していましたが、ようやく聞き分けが出て来たので、クラシック鑑賞を再開しようと思っています。
四半世紀前の学生時代、ドレスデン国立歌劇場管弦楽団(今はザクセン
州立歌劇場管弦楽団と呼ぶのでしょうか)の渋い音色(当時も今もそれ程耳は肥えてはいませんが)に魅入られて、ヘルベルト・ブロムシュテット指揮:ベートーベンの交響曲NO5.NO6.NO7. ドボルザークの交響曲NO.8 モーツァルトの交響曲NO.38 オトマール・スイットナー指揮:モーツアルトの交響曲NO40.41.ベルナルド・ハイティンク指揮:シューベルトの交響曲「未完成」等のレコードを購入し、飽かずに聞いたものでした。
この楽団の最近の新譜(出来たら交響曲)でおすすめがありましたら
御紹介願えませんでしょうか。また、この楽団の「常任指揮者」は
今は誰なのでしょうか。
お詳しい方、よろしく御願い致します。

Aベストアンサー

 いかにも古き良き時代のドイツの響きを今に伝える、本当にすばらしいオーケストラですよね。
 常任指揮者は、現在はベルナルド・ハイティンクだと思いますが、間もなく(8月?)、ファビオ・ルイージが就任するはずです。
 CDはこのところこれといったものにお目にかかりませんが、私が聴いたものには、たとえば次のようなものがありました。
「アリア・カンティレーナ」 ガランチャ(Sop)ドレスデン国立管弦楽団 、ドレスデン国立歌劇場合唱団、 ルイージ指揮
 以上、いま時間がないので取り急ぎ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報