親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

エンジンが冷めた状態で、リザーバータンクの冷却水が空っぽです。エンジンが温まるとリザーバータンクのローのラインより少し下まで上がってきます。補充しようと思うのですが、エンジンが冷めているときに補充したほうがいいのでしょうか。また、リザーバータンクから入れて、他に何かすることはありますか?(空気抜きとか)よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

冷えてる時にリザーバータンクからFULLの位置まで入れて下さい。

(空気抜きは不要)
普通の水を入れると、冷却水の濃度が変わりますので専用の液を入れてください。
暫く使って減るようなら漏れている可能性が有るので、点検修理ですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答していただきありがとうございました。冷却水は準備していたのでやってみました。1週間くらい様子を見て、減っているようなら車屋に行きます。何しろひと月ほど前に点検したとき「冷却水は入れ替えて、適切な量を入れましたし、漏れもありません。」と車屋が言っていましたので。本当に点検して、入れたかどうかはわかりませんが。

お礼日時:2007/06/21 22:21

こんにちは。



え~と、車種が分かりませんが・・・(汗)

一応エンジンが冷えている時に、リザーバータンクのFULLラインまで水を入れましょう。
理想的にはLLCの入った物(濃度30%位)が良いですが・・・

ま~、リザーバータンク位の容量でしたら、水道水でも大丈夫でしょう・・・(笑)
冷却水容量から考えれば、その位の補充では大して濃度は変わりません・・・(爆)

水を補給してから2~3日して、再度水量を確認してください。
足りなかったら補充。
また2~3日位してから、水量を確認。
2~3回位すれば安定するでしょう。

ただし・・・
何回やっても安定しない場合は、冷却水漏れが考えられますので、車屋さんで見てもらってください。

では!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。日曜に補充してみたので、1週間目に量をチェックしてみるつもりです。ちなみに車種はフォレスターです。

お礼日時:2007/06/21 22:11

>エンジンが温まるとリザーバータンクのローのラインより少し下まで上がってきます。



と言う事はラジエターには、満タン状態にLLCは入っていて、エンジンが温まってくると膨張した分がタンクに逆流して来るという事だ。

それじゃLLCを何処に補充するか、と言えばリザーブタンク以外に入れる場所は無い。(ラジエターキャップを開けてもLLCは満タンに入っているので入れられない)

普通はエンジンが冷えている時、LとHの表示位置の中間程にLLCの補充液を入れればそれでOKです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。冷却水は用意していましたので回答通りにやってみました。あとは漏れがないかが心配ですがまめにチェックして気をつけておきます。お世話になりました。

お礼日時:2007/06/21 22:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q冷却水(クーラント液)の補充はどんなものでもいいか

先日より、軽自動車がラジエータの故障により、冷却水がへってきていました。近日中に
修理には出す予定ですが、それまでの間冷却水(クーラント液がメモリよりやや下くらいのところにあります。)補充して減り具合などみながら使用したいのですが。
今入っているのがピンク色の液なのですが、やはりおなじピンクいろのを使用
しなくてはならないのでしょうか?
(他にも緑色のとかあるようですが)

今入っているものがなんというものかわからないのですが、エンジンオイルみたいに同じ種類のものを入れなくてはならないとかあるんでしょうか?

整備に詳しい方おしえてください。

Aベストアンサー

>軽自動車がラジエータの故障により、冷却水がへってきていました。

ラジエータ若しくは冷却水ホースの一部から、漏れているのですかね?
私の場合、大手カー用品店で売っている「漏れ予防剤・修理剤」を入れる事で治りました。
もちろん、過去に多くの事例がある有名商品(青いプラスチック容器)です。

>今入っているのがピンク色の液なのですが

冷却水は、そもそも無色なのです。
が、整備工場などで「水と間違わない様に、着色した」様ですね。
※色が付いている方が、漏れの状況把握が簡単。
ピンク色だと、超ロングライフクーラント(超LLC)ですね。トヨタとダイハツが採用している色です。
※トヨタ・ダイハツ以外の超LLCは、青色です。
※一般のLLCは、トヨタ・ダイハツが緑色。その他メーカーは、赤色です。
※ヨーロッパの外車は、黄色・オレンジ色。

>やはりおなじピンクいろのを使用しなくてはならないのでしょうか?

修理を前提にしているのでしたら、真水で充分です。
そうそう、超LLCもLLCも基本的に成分は同じです。
が、ピンクの色に青・緑・赤色を混ぜると・・・。性能云々よりも、腐った色になり精神的に問題です。
大手DIY店で、冷却水補充用(ピンク色)を購入した方が無難でしようね。
もし、ラジエータからの漏れだと分かっているのなら・・・。
冷却水漏れ予防・修理剤を入れるのも、一考です。
2000円程度の出費で治ると、万々歳です。^^;
もちろん、安心できる予防・修理剤を選ぶ事が実用です。

>軽自動車がラジエータの故障により、冷却水がへってきていました。

ラジエータ若しくは冷却水ホースの一部から、漏れているのですかね?
私の場合、大手カー用品店で売っている「漏れ予防剤・修理剤」を入れる事で治りました。
もちろん、過去に多くの事例がある有名商品(青いプラスチック容器)です。

>今入っているのがピンク色の液なのですが

冷却水は、そもそも無色なのです。
が、整備工場などで「水と間違わない様に、着色した」様ですね。
※色が付いている方が、漏れの状況把握が簡単。
ピンク色だ...続きを読む

Qクーラント液の入れ過ぎ大丈夫?

クーラント液がLOWの位置だったので補充しました。勢い余ってFULLの
5センチほど上まで入れてしまいました。
これって、このまま走行しても大丈夫でしょうか。
駄目なら、どうやって抜いたらいいでしょう。
車オンチで何もわかりませんので教えて下さい。

Aベストアンサー

車が壊れたりはしません。

エンジンが暖まって冷却水が膨張すると、あふれるだけです。
水(だけに限りませんが)は温度が上がれば体積が増えますから。
それを逃がすための、タンクです。

抜く場合は、シャンプーボトルなどにあるポンプを使うと便利です。

Qリザーブタンクから冷却水が戻らない

ラジエター、リザーブタンクとも規定量の冷却水を入れて、10分ほど走ってから、しばらく停車をしていたらリザーブタンクから道路に溜まるほどあふれていました。

その後、そのままの状態で5分くらい走ったところで水温計の針がレッドゾーンまで上がったので車を止めてしばらくしてからラジエターキャップをはずしたところラジエター内の水が減っていて、リザーブタンクは一杯でした。

どんな原因が考えられますか?

Aベストアンサー

どこかのガスケットが漏れているのだと思います。

しかし、この状況(症状)は、実際にお車を専門家が見てみませんと、電話やこのサイトのようなお話だけの段階ですと、たとえメカニックであっても原因場所の特定は難しい、ということになります。

まず、運転方法ですが、当然、普通の運転方法で起きるということですね?(激しくオーバーヒートするような運転ではない。ということ。)

お車はターボ車でしょうか?  ターボ車ですとNA車より起きやすいのですが、NAでも起きます(ターボ車の場合、ターボでインテークマニホールドが1気圧以上にならないように運転してやれば冷却水を温存させながら修理工場までたどり着ける可能性があります。)。


とりあえず、原理だけ。

エンジン内部は、燃焼室やエンジンオイルが入っている空間があります。その外側の空間には、冷却水が満たされる空間が作られております(実際は入り組んだ構造ですが。)。

エンジンは、もともとバラバラの本体を組み立てて1つのエンジンになっているのですが、そのつなぎ目部分はガスケット(パッキンの役目と同じ)というのもで密閉させます。ガスケットの形状は、薄い金属板をやわらかい石に包んだもの、耐熱高圧水道ガスのパッキンと同じ材質のものや、接着剤状のものなどあり、使う部位によって使い分けられているのですが、それらパッキンが劣化や、膨張熱によるエンジン本体の変形が原因で、漏れ始めてしまうのです。

上記、燃焼室から、その外側の空間 冷却水が満たされる空間に、ターボで高気圧になった吸気や、排気ガスが入り込んできてしまっている現象です。


これが原因ですと、エンジンが完全に冷めても、冷却水はいっこうにラジエーター本体には戻って行きません。


Holtsワンダーウェルド(http://www.holts.co.jp/b1/MH311.html)をはじめ、
(http://www.holts.co.jp/b1/MH303.html)
(http://www.holts.co.jp/b1/MH315.html)
(http://www.holts.co.jp/b1/MH301.html)
(http://www.holts.co.jp/b1/MH314.html)
(http://www.holts.co.jp/b1/MH309.html)

などで試してみても直らない場合は、

見積もり後に修理となります。


もし、Holtsワンダーウェルドなどで修理した場合は、LLCを水で薄めたものを常に車に積んでおきたいですね。
.

どこかのガスケットが漏れているのだと思います。

しかし、この状況(症状)は、実際にお車を専門家が見てみませんと、電話やこのサイトのようなお話だけの段階ですと、たとえメカニックであっても原因場所の特定は難しい、ということになります。

まず、運転方法ですが、当然、普通の運転方法で起きるということですね?(激しくオーバーヒートするような運転ではない。ということ。)

お車はターボ車でしょうか?  ターボ車ですとNA車より起きやすいのですが、NAでも起きます(ターボ車の場合、...続きを読む

Q冷却水タンクが空に近いのですが・・・。

昨年6月に軽自動車を新古車(登録済みになっている一応新車?)として購入しました。

今日はじめてボンネットを自分で開けて中を見てみました。
そしたら・・・冷却水とかいうタンクがほとんど空に近いのです。
これはラジエータというのと関係のあるものですよね?(車にうとくてすみません)
どうすればよいでしょうか?

最近はセルフのガソリンスタンドばかりだったので、車の異常に気がつくのが遅れがちになっている気がします。(タイヤの空気圧が少ないのにも気がつかなかった)

車に詳しい方、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

まず、最初に一番重要な事をお知らせしたあとで点検の要領を記載します。

一番重要な事とは必ずエンジンが冷えた状態で以下の点検や補充を行うということです。エンジンが温まっているときや走行直後では正しい補充ができないばかりではなく、場合によってはやけどなどの怪我を往古ともあるので、必ずエンジンが冷えている状態で行ってください。

まず、冷却液タンクですが、エンジンが完全に冷えている時にタンク側面にある目盛り(アッパーとロワー)の間に冷却液があるかどうか確認します。この水位が目盛りの間にあるようであればタンク内に冷却液(水ではだめです。30%~50%程度のLLC)をアッパーレベルまで補充すればOKです。もしタンク内の冷却液がロワーレベル以下に減っていたら、ラジエーターキャップを開け(この例に該当しない場合はラジエーターキャップは開けないこと)ラジエーター内にいっぱいまで冷却液を補充した後にタンク内にアッパーレベルまで補充してください。

くれぐれも補充するのは冷却液であり水道水ではないことに注意してください。冷却液(LLCの希釈液)には錆止め効果がありますが、この効果は一定の濃度でしか働きません。薄すぎても濃すぎても悪影響がありますので、通常は50%(寒冷地)~30%の範囲を保つようにするため補充にこの濃度の冷却液をしようする必要があります。冷却液は最初からこの濃度に希釈されているものも市販されているので、補充であればこれらを利用することをお勧めします。

上記の点検・補充を行った後に1ヶ月~数ヶ月間運転して再度、冷却液レベルを点検し減りが多い(数ヶ月以内でロワーレベル近くまで減る)場合は、冷却液の漏れやラジエーターキャップの不良が考えられますので、点検が必要です。

くれぐれも、エンジンが冷え切った状態で行ってください。エンジンが温まった状態では冷却液の量が正しく判断できないばかりでなく、その状態でラジエーターキャップを開けると熱湯が噴出し大火傷をおう可能性があります。

まず、最初に一番重要な事をお知らせしたあとで点検の要領を記載します。

一番重要な事とは必ずエンジンが冷えた状態で以下の点検や補充を行うということです。エンジンが温まっているときや走行直後では正しい補充ができないばかりではなく、場合によってはやけどなどの怪我を往古ともあるので、必ずエンジンが冷えている状態で行ってください。

まず、冷却液タンクですが、エンジンが完全に冷えている時にタンク側面にある目盛り(アッパーとロワー)の間に冷却液があるかどうか確認します。この水位が目...続きを読む

Qクーラント補充について

国産メーカーの車に乗っています。
新車購入3年目ですが、クーラントがlowレベルまで減っているので補充したいと考えています。ディーラーではこのままで特に問題はないと言われましたが気分的にはきちんと上限近くまで入れておきたいです。

現在スーパーロングライフクーラントが入っています。
カーショップでクーラントが売っていますが、スーパーロングライフクーラントと明記されているのはkureの製品しかありませんでした。
そこで質問です。

1.kureのものでも問題ありませんか?
2.純正ではない別製品を混ぜると性能は劣化しますか?
3.水道水補充では駄目でしょうか。
4.そもそも3年でlowまで減るものでしょうか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>1.kureのものでも問題ありませんか?
補充ならば問題ないと思います。(色を合わせてね。)
でないと、茶色く変色するので、異常判別がしづらい。

>2.純正ではない別製品を混ぜると性能は劣化しますか?
「大量」でなければ、大丈夫です。
でも、やるときは、全量交換の方が安心です。

>3.水道水補充では駄目でしょうか。
リザーバの量なら、大丈夫です。

>4.そもそも3年でlowまで減るものでしょうか?
意外と減るものですよ。
定期的にディーラーなんかで、点検を受けていれば、店側が勝手に補充してくれますけどね。

ただ、水位を測ったときの水温によっては、判断が誤るケースがあります。

走行直後にLowだったら、補充が必要。
エンジンが冷えていて、Lowだったら、様子をみましょう。(水温が上がると膨張しますので)

クーラントには、若干のアルコール成分などが含まれていますので、多少の蒸発はありますよ。

追加するのなら、通常のLLCで充分と思います。
「3年目」だから、そろそろ車検かな? もう済んだ? 車検の時に全量入れ替えを頼んでおけば楽ですよ。
値段もそんなに高く無いし・・・2000~3000円くらいだったかと思います。

>1.kureのものでも問題ありませんか?
補充ならば問題ないと思います。(色を合わせてね。)
でないと、茶色く変色するので、異常判別がしづらい。

>2.純正ではない別製品を混ぜると性能は劣化しますか?
「大量」でなければ、大丈夫です。
でも、やるときは、全量交換の方が安心です。

>3.水道水補充では駄目でしょうか。
リザーバの量なら、大丈夫です。

>4.そもそも3年でlowまで減るものでしょうか?
意外と減るものですよ。
定期的にディーラーなんかで、点検を受けていれば、店側が勝手に補充してくれ...続きを読む

Qメーカーの違うラジエーター液は混ぜてもいいのか?

事情があって、ラジエーター液を注ぎ足したいのですが、メーカーや濃度が違ってもいいのでしょうか? 現在はオートバックスで買った80のタイプが入ってるのですが、ホルツの95タイプが破格に安い店を見付けました。成分はエチレングリコール95%となっています。1リットルほど注入して混ぜてもいいものでしょうか?

別の質問ですが、容器に「オーバーヒートの防止」ということが大抵書かれています。これは冷却水の温度上昇を抑えるという効果があるということなんでしょうか? もし、濃度を濃くした場合、この防止効果は強くなるのでしょうか?つまり、例えば30%濃度より50%濃度の方が、オーバーヒートの防止効果は高いと考えていいのでしょうか?
理屈っぽい質問で申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>メーカーや濃度が違ってもいいのでしょうか?

国産品であれば混ぜても問題は無いですが、海外製の物だと中にはダメな物もありますね。
なので出来れば混ぜない方が、後々の事を考えると良いでしょうね。

>冷却水の温度上昇を抑えるという効果があるということなんでしょうか? 

賞味期間では無いですが、ラジエター液にも有効期間があります。この有効期間内であればラジエター液に入っている添加剤により温度上昇は抑えてくれています。
このラジエター液の有効期間は、エンジン内に入れてから2年程度で性能が落ちますので、2年毎の交換とメーカーで言われています。

ちなみに、現在では廃車するまで交換の必要の無いラジエター液が出て来たようです。

>例えば30%濃度より50%濃度の方が、オーバーヒートの防止効果は高いと考えていいのでしょうか?

何事にも適量と言うのがあり、ラジエター液もその適量の割合で割ってやらないと性能を発揮しません。
ラジエター液は60%以上濃くすると性能は極端に落ちますね。

オーバーヒートだけの効果で見ると、30%も50%も殆ど違いはありません。

ただし、寒冷地の方であれば、50%の濃度で使用する事をお勧めします。なぜならば薄い濃度(30%)ですと、冬季間に凍結する恐れがあるからです。

>メーカーや濃度が違ってもいいのでしょうか?

国産品であれば混ぜても問題は無いですが、海外製の物だと中にはダメな物もありますね。
なので出来れば混ぜない方が、後々の事を考えると良いでしょうね。

>冷却水の温度上昇を抑えるという効果があるということなんでしょうか? 

賞味期間では無いですが、ラジエター液にも有効期間があります。この有効期間内であればラジエター液に入っている添加剤により温度上昇は抑えてくれています。
このラジエター液の有効期間は、エンジン内に入れてから2年...続きを読む

Qラジエーターの減り方

こんにちは。
過去にも似たような質問があるようですが、よくわからないので質問させてください。

6月に1年点検をしてもらい、7月31日にオイル交換をした際に他の部分も見てもらいました。そのオイル交換のとき、「ラジエーターが減っていたので足しておきました」ということだったのですが、昨日、ガソリンを補給したとき、スタンドの人が安全点検をしてくれ、(半ば強制的でしたが…)また、「ラジエーターが少ない」と言われました。

昨日はそのままにしたのですが、こんなに早く減るものなのですか?…こんなに早く減ってたら、とっくにオーバーヒートする気がするのですが…

Aベストアンサー

ラジエター本体のクーラントが減っていたのでしょうか?それともリザーブタンクの方でしょうか?

スタンドですので多分リザーブタンクの方だと思います、まず自分で減るかどうか確認してはいかがでしょうか?注意点として先の回答でロアレベルとアッパーレベルの事が書いてありましたが、エンジンの寒暖によってクーラントのレベルは上下します、エンジンが温まりクーラントが膨張するとラジエターキャップのの弁よりリザーブタンクへクーラントが流れリザーブタンクのレベルが上がります、エンジンが冷えるとラジエター内のクーラントの容積が減り負圧が生じますのでラジエターキャップの弁を通してリザーブタンクのクーラントがラジエター内に戻ります、このようにエンジンの状態でリザーブタンク内の液量は変化しますので朝一エンジン始動前に確認してみましょう。
極端に減っている場合はどこかから漏っている可能性があります、ラジエター本体から漏っている場合はあまり無くホースの取り付けが多いと思いますが、走行距離が多い場合はウォーターポンプもあやしいですね、一概には言えませんが。

あまり変化が見られない場合は現在オーバーヒート気味で無いようなので心配しなくてかまわないと思いますが、
先に書いたリザーブタンクとラジエター、ラジエターキャップの関係を考えてもらうとわかると思いますが、もしラジエター(エンジン部も含む)から大量に漏っている場合に加圧、負圧がそこから逃げキャップの弁が働かずにリザーブタンクの液量は変わらないのにラジエターのクーラントが減る場合があります、また少量の漏れでもラジエターキャップの動きが悪い場合にも同様な事がおきます、実際三つのバランスというか働きがそれぞれに関わってきますので低年式車や走行距離が多い場合はディーラー等でラジエター、キャップ共に点検してもらった方が安心でしょう。

特に以上が無ければガソリンスタンドで少ないと判断したのはリザーブタンクを見るとアッパーレベルがわりと下のほうにあるので少ないと見たのでしょう。

ラジエター本体のクーラントが減っていたのでしょうか?それともリザーブタンクの方でしょうか?

スタンドですので多分リザーブタンクの方だと思います、まず自分で減るかどうか確認してはいかがでしょうか?注意点として先の回答でロアレベルとアッパーレベルの事が書いてありましたが、エンジンの寒暖によってクーラントのレベルは上下します、エンジンが温まりクーラントが膨張するとラジエターキャップのの弁よりリザーブタンクへクーラントが流れリザーブタンクのレベルが上がります、エンジンが冷えると...続きを読む

Qラジエーターキャップの交換

カーショップであれこれ見ているとラジエーターキャップが売られているのを見ました。「何でこんなこのが売っているのやら」と思い見てみると、「1年に1回の交換が理想的」だと書いてありました。

ただ注意書きに「交換したことでホースが損傷しても一切責任は負いません」とも書いてありました。

購入して1・2年なら迷わず交換していたことでしょうが、なにせ購入して7・8年経つ自動車ですので気になるものです。

質問なのですが、7・8年経つ自動車のラジエーターキャップのみ交換しても問題ないのでしょうか?それとも7・8も経つ自動車のラジエーターキャップだけの交換は危険でしょうか?

そもそもキャップの交換は必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

 以前自動車の販売等に関わっていた者です。

 ラジエターキャップの役割は「蓋」としての役割と「圧力をかける」役割があります。通常水の沸点は100℃弱ですが、圧力をかけることによって沸点を上げる事ができます。(例えば110℃まで沸騰しないようにする)
これは冷却効果を上げる為の作用です。

 キャップに使われているゴムの部分は経年変化で劣化しますので、上の2点、特に後者の役割が低下します。
ですので、交換を推奨しています。(個人的には1年に1度までは必要ないと思いますが)

 また、「ホース損傷・・」ですが、これはホースもゴムで出来ている為、同じように経年変化で劣化しますが(よってキャップと共に全体的なラジエターライン内の圧力が少し低下している)、ここでキャップだけ交換して新品と同じような圧力がかかると、劣化で弱っていたホース部分に負担が生じ、損傷が起こり得るという事です。

 結論から言いますと、エンジンが冷えている時に、キャップを外してゴムが劣化しているようであれば交換した方が良いでしょう。オーバーヒートの原因がラジエターキャップという事も少なからずありますので。ちなみに私は2~3年で交換しています。

 7、8年経過している車との事なので、社外品の圧力の高いキャップ(純正より沸点を上げる作用がある)を取りつける事はお勧めできませんが、純正と同様(圧0.9)の物であれば社外品でも問題ないと思います。

 また、万が一、純正圧キャップを交換しただけでホースが損傷するようであれば、それは元々危険な状態であったと認識した方が良いでしょう。

 以上参考まで。

 以前自動車の販売等に関わっていた者です。

 ラジエターキャップの役割は「蓋」としての役割と「圧力をかける」役割があります。通常水の沸点は100℃弱ですが、圧力をかけることによって沸点を上げる事ができます。(例えば110℃まで沸騰しないようにする)
これは冷却効果を上げる為の作用です。

 キャップに使われているゴムの部分は経年変化で劣化しますので、上の2点、特に後者の役割が低下します。
ですので、交換を推奨しています。(個人的には1年に1度までは必要ないと思いますが)

 また...続きを読む

Q冷却水と普通の水

教えてください!私の車のメーターがホットに近い状態なんです。このままだとオーバーヒートになりかねない状態です。冷却水を入れようと思うのですが、水でも代用できますか?

Aベストアンサー

まず、単なる水道水で良いです。
一般に冷却水と販売されている物は防腐剤や不凍液が
混入されて売られています。
応急の時は水でOKです。

それと、前者の方が言われているように
何故、冷却水を入れようと思われたのでしょう?
水が不足なのですか?
それより、まず何故オーバーヒートするのかその原因を
探るのが先決だと思います。
リザーブタンクの水が少し少ない程度ではオーバーヒート
はしません!水が減る事が原因ならば何処かの水漏れが
考えられますし、水漏れが無い場合はウォーターポンプの
不具合とも考えられるし、ラジエーターの不具合とも…
とにかくオーバーヒートの原因を突き止めなくては
成らないと思います。
貴方の車の年式や走行距離も不明ですので車の状態も
分かりません。

>フタを開けるとプシューとゆう空気が抜ける音が
>しました。
とありますがリザーブタンクを開けただけではその様な
音はしない筈です、もしかしたらラジエーターのキャップ
を開けたのではないですか?
それは大変危険な行為ですので止めて下さい。
大火傷の恐れがあります。
もしかしたら、リザーブタンクなしの古い車ですか?
普通リザーブタンクから冷却水を補充出来ますが
ない場合、ラジエーターのキャップから補給する時は
エンジンが冷えた状態で行って下さい。

今、私の前にその車が有れば良いのですが…
とにかく、一度整備工場などに点検をしてもらった方が
いいと思いますよ!。

では、お気を付けて下さい。

拝。

まず、単なる水道水で良いです。
一般に冷却水と販売されている物は防腐剤や不凍液が
混入されて売られています。
応急の時は水でOKです。

それと、前者の方が言われているように
何故、冷却水を入れようと思われたのでしょう?
水が不足なのですか?
それより、まず何故オーバーヒートするのかその原因を
探るのが先決だと思います。
リザーブタンクの水が少し少ない程度ではオーバーヒート
はしません!水が減る事が原因ならば何処かの水漏れが
考えられますし、水漏れが無い場合はウォーターポ...続きを読む

Qラジエターサブタンクが空になるのは

お世話になります


ラジエターのサブタンクが空になっている車を見る事があります

これは どこからか クーラントが漏れているためでしょうか?

それとも 年月が立つと 幾らか蒸発して サブタンクが空になることがあるのでしょうか?


お教えください

Aベストアンサー

車の構造上から、サブタンクから漏れるものもあります。
サブタンクには、オーバーフロー用にホースが付いています。
当方のは、構造上、運転時にサブタンクの内壁面を伝ってホースに入り込んで漏れるということを起こします。まあ一言で言うと漏れやすい構造のため、走行後に点検すると、よくホース先からクーラントが漏れています。

 エンジンの熱によりサブタンクの水位が上がり、オーバーフロー用ホースから漏れやすくなり、エンジンが冷えるとサブタンクの水位が下がる・・・・・というのを繰り返し、その結果、冷間時にはサブタンクが空になる場合があります。ということがあることも知っておいて下さい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング