【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

郵便で宛名が個人名ではなく~係などの時に最後に付ける敬語は何ですか?

個人に手紙や封筒を出す時は~様と書けばよいですが~部~係などの時はどう書けばよいでしょうか。

この場合も~係様ですか?それとも~係御中でしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

○○係御中です。


担当者の名前がわかっているのであれば、○○係担当××様です。
    • good
    • 25
この回答へのお礼

早速の御回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/06/21 00:19

宛先が社名などであれば「御中」で良いと思います。

    • good
    • 9
この回答へのお礼

ありがとうございます!!

お礼日時:2007/06/21 00:20

「~係 御中」(おんちゅう)ですね。


団体の場合は、たいていこれです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2007/06/21 00:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「御中」の使い方

「御中」の使い方について教えてください。

送り先に「○○係」までと書いてある場合、「御中」に直しますよね?この場合の「御中」の使い方は、
1.「○○係 御中」
2.「○○ 御中」
のどちらなんでしょう?こんな質問をするのは恥ずかしいのですが、いつも迷って困っているので教えてください。

Aベストアンサー

○○係 御中  です。
御中とは、会社など、直接誰宛かわからないが、「その中のどなたか」に出すときに使います。

だから、その係の誰に出すかがわかっている場合は、
「○○係 △△様」となるのです。

Q~係と書かずに御中だけ書くのでしょうか?

~係と書かずに、御中と書けば適切でしょうか?

~係と書かれている封書には、斜めに線を入れて御中と書きますが、自分から書いて出す場合にも係と書いて斜め線を入れ御中と書くのでしょうか?

~係などいらずに御中だけですか?

Aベストアンサー

「宛」は消しますが、「係」「課」などはそのままでその後に「御中」と書きます。
新たな封筒に書く場合も「係」「課」「支所」「御中」と書きます。

Q返信メール「△△係 御中」?「△△係 〇〇様」?

社会常識について教えてください。

「△△係の〇〇と申します。」という担当者名が明記されたメールに対し、返信する時は「△△係 御中」とするべきなのか、「△△係 〇〇様」と担当相手を明記するべきなのかよく分かりません。

仕事の関係で複数の方が対応されている場合もあるでしょうし。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

相手のメールアドレスが個人なら、「△△係 〇〇様」
相手のメールアドレスが部署全体のものや部署関係者全員宛なら、「△△係 御中」
でいいのではないかと、私は思います。
また送る内容が特にその人個人に伝えたい内容なら、前者で
部署関係者全員に伝えたい内容なら後者だと、私は思います。

Qプレゼントの応募で「~係(宛)」となっている時。敬称は?

普通往復はがきで相手の名前の下に「~行き」となっている場合、かならず、「~様」や「~御中」と書き換えますが、プレゼントの応募で~係(宛)となっている時は、どういう敬称にかえるのがただしいのでしょうか?または、そのままの「~係」でいいのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

"~係"の場合は書き加えて"~係御中"とします。
"~宛"の場合は"~行"と同様に書き換えます。

Q「採用担当御中」か「採用担当様」、どちらが正しいか。

会社にエントリーシートを郵送する時、宛先が「~株式会社 採用担当宛」となっていたら、「採用担当御中」ではなくて、「採用担当様」と書いて送った方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「御中」は 担当部署宛 担当者不明の場合。
今回の場合は担当者がわかっているので「○○様」とします。

Q宛名の敬称について

プレゼント応募やアンケートなどの宛先の「~係」宛てにはがきなどを出す時は「~係行」として良いのでしょうか?
それとも「~係御中」ですか?
教えてください。

Aベストアンサー

「~係」 というのは、それを担当している係までという意味なので、そこまではOKですよね。

「行」というのはあくまでも謙譲です。
自分の所まではがきを出してもらうのに、「様」、「御中」では失礼にあたります。ですから大体のはがきの表示には「行」となっています。
こちらから出す場合は「行」を二重線などで消し、隣に「御中」と書き入れます。
往復はがきなどの場合、復路の場合、自分の名前のところに返信して欲しい場合は「行」を、他の人のところに返信する場合は「様」(個人)、「御中」(団体)を記入します。
ですから、「~係御中」で出すのが常識です。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q普通自動車の運転免許の正式名称

を教えてください。
履歴書になんてかけばいいかわかりません。

普通自動車第一種免許や第一種普通運転免許とかいわれていますが。

警察などの公式な場所に問い合わせてみた人がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運転免許(以下「第一種免許」という。)、第二種運転免許(以下「第二種免許」という。)及び仮運転免許(以下「仮免許」という。)に区分する。
3  第一種免許を分けて、大型自動車免許(以下「大型免許」という。)、普通自動車免許(以下「普通免許」という。)、大型特殊自動車免許(以下「大型特殊免許」という。)、大型自動二輪車免許(以下「大型二輪免許」という。)、普通自動二輪車免許(以下「普通二輪免許」という。)、小型特殊自動車免許(以下「小型特殊免許」という。)、原動機付自転車免許(以下「原付免許」という。)及び牽引免許の八種類とする。
4  第二種免許を分けて、大型自動車第二種免許(以下「大型第二種免許」という。)、普通自動車第二種免許(以下「普通第二種免許」という。)、大型特殊自動車第二種免許(以下「大型特殊第二種免許」という。)及び牽引第二種免許の四種類とする

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%c6&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング