誰が書いたのかも、どの短編集に収録されているのかも、また、小説のタイトルさえも正確には覚えていないのですが、小松左京、筒井康隆、平井和正、半村良あたりの日本のSF作家が60年代後半~80年代前半に書いたスラップスティック・コメディ系の短編小説だと思います。20年以上前に読んだ話なのでウロ覚えな部分もあるかとは思いますが、あらすじは大体次の通りでした。
  日本には「JCIA」という一般国民には存在が知られていない秘密の諜報機関があり、そこに所属するスパイのひとりが組織の存在を公にしたい誘惑に駆られる。そこでとあるSF作家に近づき、飲み屋か何かで組織のことを打ち明け、それをネタに小説を書くよう勧める。「デタラメ」な小説を書くことで知られるそのSF作家なら、JCIAのことを小説にしても誰も本気にはしないだろうし、一方、自分は組織のことを告白することによって最悪感(?)がいくらかでも薄まるという寸法である。話を聞いたSF作家はその男が本物のスパイなのかどうか迷うが、男はスパイでなければやって退けられないようなこと(自宅の書斎の上の原稿用紙に何か書き置きを残した)をして自分が本物のスパイであることを証明する……。
  なんてことのない話なんですが、妙に頭に残っていて、この20年、思い出しては探し続けています。そして探しても見つからなければ見つからないほど、読みたいと思う欲求は強まるばかりなのです。
  ちなみにネットで検索すると平井和正の「人狼戦線-アダルト・ウルフガイ・シリーズ(4)」の中に「JCIA」って章がありますが、コレは違います。
  どなたか70年代前後の日本SF小説に詳しい方で上記のような話をご存知の方いらっしゃいませんでしょうか? ストーリーを思い出すたび、まさに「小骨が咽にひっかかった」感じになって気持ちが悪いのです。
  宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

確認はとれていないのですが、どなたもレスをつけておられなかったので。



多分「フィックス」というお話がそれではないかと思います。半村良ですね。懐かしいです。
実は現物は実家に置いてきてしまって未確認なのですが、検索してみたら「'74年日本SFベスト集成」に収録されてたようなので、自分の記憶違いでなければ・・・です。あやふやで申し訳ない(^^ゞ
自分の覚えてる話の筋は
作者自身と思われる主人公(作家)が、「作家は嘘をつくのが仕事のようなものですが、実は自分も嘘をつくのが仕事なのですよ」と言う男と出会う(男の語る仕事の内容が「闇の中の哄笑」そっくり)。男は、自分の話が嘘ではない証拠を残すと言い、主人公が家へ帰ると、誰も侵入した形跡のない仕事場の原稿用紙に、何本もある万年筆の中から愛用の一本を選び出して証拠となる文言が書きつけてある。
と言うような感じではなかったかと。うーん、また読み返したくなってきました(笑)
「闇の中の・・・」のアナザサイドストーリーとも考えられる作りで、両方知っていると余計にニヤリとさせられます。この機会に御一読あってはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nikujyaga9さま

貴重な情報、ありがとうございます。

回答にお書きになられた話の筋からして、おっしゃる通り半村良の「フィックス」が私の探している短編に間違いないと思います。言われてみれば、確かに「万年筆」ってのがキーとして出てきてました!
私も「'74年日本SFベスト集成」なら読んでますし、私の読んだ「'74年日本SFベスト集成」も実家に置いてあるので、手許にある書籍をいくら調べても見つからなかったのも頂いた情報が正しいからでしょう。
実家に置いてあるためすぐには確かめられませんが、もし徳間から出ていた文庫がまだ手に入るようならそちらから入手してみます。

しかし訊いてみるものですね~! これまで誰に訊いても「知らない」としか返ってこなかった疑問が晴れたのですから、本当に嬉しいです。実際レスがなかったので正直諦めてましたし……。「教えてGoo」侮りがたし!

いずれにせよ、これでようやく長年の疑問を晴らす手がかりが掴めました。いや、もう解決したも同然でしょう。後はとにかく早く読みたいです! 本当に感謝です<(_ _)>。おかげで一生モヤモヤし続けながら生活しなくても済みそうです(←大袈裟!)

そうそう「闇の中の哄笑」の情報もありがとうございます。この機会に読んでみたいと思います。

お礼日時:2007/07/14 21:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文章がうまい作家

三島由紀夫、泉鏡花ぐらいしか知りませんが、古今東西うまい人といえば誰を思いつくでしょうか。

訳文がうまい翻訳家等もありです。

Aベストアンサー

夏目漱石は、その翻訳の技法が、最近ドラマの「相棒」で取り上げられましたね。
川端康成は、三島由紀夫の師匠みたいな感じ。
内容は好き嫌いがあるでしょうが、太宰治。
ミステリー界から、乱歩と横溝正史。
歴史小説は、司馬遼太郎より山岡荘八をお勧め。
池波正太郎、半村良。
好みもありますが、エッセイなら、田辺聖子と佐藤愛子。
その佐藤愛子のお父さん、佐藤紅緑。
SF界から、星新一と新井素子。平井和正は作家活動の真ん中だけ。
作家ではないですが、プロ野球界から、広岡達郎。

Qあなたのお好きなアメリカ小説 ☆ 教えて下さい

こんにちは。

オモシロかったアメリカの小説と著者名を教えて下さい。

ああ、小説でなくとも科学的エッセーなども歓迎です。

お待ちしています。

Aベストアンサー

ジム・ブッチャー「ドレスデン・ファイル」ですね。
ドラマ化もしました。
新作が出るたび、アメリカではトップ10に入ります。

Q小説の題名が思い出せない

小学か中学の頃、図書室で読んだ小説のタイトルが思い出せません(25年程昔です)
下記のキーワードで分かる方はいますでしょうか?

・ホラーというか、サスペンス的な話?
・主人公は女性(日本人か外国人だったかは記憶にない)
・主人公が何処かの屋敷?研究所?に雇われる。
・与えられた仕事は、生首(男性で老人だったと思う)の世話。
・生首は色々と管みたいなのが繋がっていて、雇い主から「このバルブは回さないように、回したら死んじゃうから」という約束をさせられる。
・きみ悪がる主人公だが、仕事と割り切って世話をする。
・生首は喋れないが、まばたきとかで意思表示する事に気付き、段々それで会話ができるようになる。
・ある日、生首が「バルブを回してほしい」と訴えてきて、主人公は最初躊躇するが、回してみると、生首の声が出るようになった。
・(ここは記憶が曖昧ですが)生首は実は屋敷の主人で、主人公を雇った人物にこんな姿にされたと告白。

覚えているのはここまでです。
上記の話はまだ序盤だったと思います。その後、主人公と生首がどうなったのかすら覚えておらず、また読みたいのですが、題名がこれっぽっちも思い出せません。
キーワード検索もしてみましたがダメだったので、こちらで質問させて頂きました。
よろしくお願いします!

小学か中学の頃、図書室で読んだ小説のタイトルが思い出せません(25年程昔です)
下記のキーワードで分かる方はいますでしょうか?

・ホラーというか、サスペンス的な話?
・主人公は女性(日本人か外国人だったかは記憶にない)
・主人公が何処かの屋敷?研究所?に雇われる。
・与えられた仕事は、生首(男性で老人だったと思う)の世話。
・生首は色々と管みたいなのが繋がっていて、雇い主から「このバルブは回さないように、回したら死んじゃうから」という約束をさせられる。
・きみ悪がる主人公だが、...続きを読む

Aベストアンサー

たぶん「ドウエル教授の首」だと思います。ロシアのジュール・ベルヌと呼ばれたアレクサンドル・ベリャーエフの名作です。

http://www.michitani.com/books/ISBN978-4-89642-429-4.html
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%AB%E6%95%99%E6%8E%88%E3%81%AE%E9%A6%96-%E5%89%B5%E5%85%83SF%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%95/dp/448863401X

25年前なら、おそらく創元SF文庫から出ていた本でしょうか。
しかし、そのもっと前に、出版社は忘れましたがハードカバーの少年少女向けSF全集にも入っていた記憶があります。

たぶん「ドウエル教授の首」だと思います。ロシアのジュール・ベルヌと呼ばれたアレクサンドル・ベリャーエフの名作です。

http://www.michitani.com/books/ISBN978-4-89642-429-4.html
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%AB%E6%95%99%E6%8E%88%E3%81%AE%E9%A6%96-%E5%89%B5%E5%85%83SF%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%95/dp/448863401X

25年前なら、おそらく創元S...続きを読む

Q憂鬱になる小説教えて下さい

読むととても気分が落ち込み憂鬱な気分になる小説があったら教えて下さい。

谷崎潤一郎、坂口安吾、三島由紀夫、横溝正史、よしもとばなな、小川洋子、モーム、ヘッセ、カフカ

が好きで良く読んでいます。

太宰治、芥川龍之介、夏目漱石などの有名な小説家の作品も大方読んでいます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

道尾秀介さんの「向日葵の咲かない夏」をオススメします。
先入観なしで読んでいただきたいですが、読み終わって心底気持ちが悪くなり吐きそうになったのはこの本が初めてです。

もう一冊はちょっと毛色が違いますが貴志祐介さんの「黒い家」。
これは映画化もされてるのでご存知かもしれませんね。

Q自己顕示欲の塊の人が出てくる小説教えてください。

宜しくお願いします。
タイトルの通りです。
ジャンル問わず、新旧問わず、漫画もおすすめあれば教えてほしいです。

Aベストアンサー

一歩引いたり、半歩前に出たりしながらの主人公に見えますが、
「女性」・「仕事」に激しくくらいつき、自分の欲望を満たしていく・・・・

そのために、「したたかな自己顕示欲」が感じられるのは「島耕作」です。

おススメは、『島耕作』シリーズになります。

(私が思うのは、あくまで「したたかな自己顕示欲」です。)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報