誰が書いたのかも、どの短編集に収録されているのかも、また、小説のタイトルさえも正確には覚えていないのですが、小松左京、筒井康隆、平井和正、半村良あたりの日本のSF作家が60年代後半~80年代前半に書いたスラップスティック・コメディ系の短編小説だと思います。20年以上前に読んだ話なのでウロ覚えな部分もあるかとは思いますが、あらすじは大体次の通りでした。
  日本には「JCIA」という一般国民には存在が知られていない秘密の諜報機関があり、そこに所属するスパイのひとりが組織の存在を公にしたい誘惑に駆られる。そこでとあるSF作家に近づき、飲み屋か何かで組織のことを打ち明け、それをネタに小説を書くよう勧める。「デタラメ」な小説を書くことで知られるそのSF作家なら、JCIAのことを小説にしても誰も本気にはしないだろうし、一方、自分は組織のことを告白することによって最悪感(?)がいくらかでも薄まるという寸法である。話を聞いたSF作家はその男が本物のスパイなのかどうか迷うが、男はスパイでなければやって退けられないようなこと(自宅の書斎の上の原稿用紙に何か書き置きを残した)をして自分が本物のスパイであることを証明する……。
  なんてことのない話なんですが、妙に頭に残っていて、この20年、思い出しては探し続けています。そして探しても見つからなければ見つからないほど、読みたいと思う欲求は強まるばかりなのです。
  ちなみにネットで検索すると平井和正の「人狼戦線-アダルト・ウルフガイ・シリーズ(4)」の中に「JCIA」って章がありますが、コレは違います。
  どなたか70年代前後の日本SF小説に詳しい方で上記のような話をご存知の方いらっしゃいませんでしょうか? ストーリーを思い出すたび、まさに「小骨が咽にひっかかった」感じになって気持ちが悪いのです。
  宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

確認はとれていないのですが、どなたもレスをつけておられなかったので。



多分「フィックス」というお話がそれではないかと思います。半村良ですね。懐かしいです。
実は現物は実家に置いてきてしまって未確認なのですが、検索してみたら「'74年日本SFベスト集成」に収録されてたようなので、自分の記憶違いでなければ・・・です。あやふやで申し訳ない(^^ゞ
自分の覚えてる話の筋は
作者自身と思われる主人公(作家)が、「作家は嘘をつくのが仕事のようなものですが、実は自分も嘘をつくのが仕事なのですよ」と言う男と出会う(男の語る仕事の内容が「闇の中の哄笑」そっくり)。男は、自分の話が嘘ではない証拠を残すと言い、主人公が家へ帰ると、誰も侵入した形跡のない仕事場の原稿用紙に、何本もある万年筆の中から愛用の一本を選び出して証拠となる文言が書きつけてある。
と言うような感じではなかったかと。うーん、また読み返したくなってきました(笑)
「闇の中の・・・」のアナザサイドストーリーとも考えられる作りで、両方知っていると余計にニヤリとさせられます。この機会に御一読あってはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nikujyaga9さま

貴重な情報、ありがとうございます。

回答にお書きになられた話の筋からして、おっしゃる通り半村良の「フィックス」が私の探している短編に間違いないと思います。言われてみれば、確かに「万年筆」ってのがキーとして出てきてました!
私も「'74年日本SFベスト集成」なら読んでますし、私の読んだ「'74年日本SFベスト集成」も実家に置いてあるので、手許にある書籍をいくら調べても見つからなかったのも頂いた情報が正しいからでしょう。
実家に置いてあるためすぐには確かめられませんが、もし徳間から出ていた文庫がまだ手に入るようならそちらから入手してみます。

しかし訊いてみるものですね~! これまで誰に訊いても「知らない」としか返ってこなかった疑問が晴れたのですから、本当に嬉しいです。実際レスがなかったので正直諦めてましたし……。「教えてGoo」侮りがたし!

いずれにせよ、これでようやく長年の疑問を晴らす手がかりが掴めました。いや、もう解決したも同然でしょう。後はとにかく早く読みたいです! 本当に感謝です<(_ _)>。おかげで一生モヤモヤし続けながら生活しなくても済みそうです(←大袈裟!)

そうそう「闇の中の哄笑」の情報もありがとうございます。この機会に読んでみたいと思います。

お礼日時:2007/07/14 21:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歌詞の中に分詞構文のある80年代ヒット洋楽教えて。

シンディーローパーのタイムアフタータイムの歌詞の冒頭で、
lying in my bed I hear the clock tick, and think of you という詞があります。
この詞が分詞構文でできていることを知りました。
この他、マドンナのライク・ア・ヴァージンの歌詞の中にも分詞構文が使われています。
こんな分詞構文が使われている80年代ヒット洋楽曲があったら教えてください。
80年代じゃなくても、有名な洋楽であればお願いします。

Aベストアンサー

CarpentersのI Need To Be In Loveなどいかがでしょうか

I'm wide awake at four a.m.
Without a friend in sight
Hanging on a hope but I'm alright

あとThe BeatlesのLet it Be

When I find myself in times of trouble
Mother Mary comes to me
Speaking words of wisdom, let it be.
And in my hour of darkness
She is standing right in front of me
Speaking words of wisdom, let it be.
Let it be, let it be.
Whisper words of wisdom, let it be.


Boston の More Than A Feeling

I looked out this morning and the sun was gone
Turned on some music to start my day
I lost myself in a familiar song
I closed my eyes and I slipped away

以上、3ついかがでしょうか。

CarpentersのI Need To Be In Loveなどいかがでしょうか

I'm wide awake at four a.m.
Without a friend in sight
Hanging on a hope but I'm alright

あとThe BeatlesのLet it Be

When I find myself in times of trouble
Mother Mary comes to me
Speaking words of wisdom, let it be.
And in my hour of darkness
She is standing right in front of me
Speaking words of wisdom, let it be.
Let it be, let it be.
Whisper words of wisdom, let it be.


Boston の More Than A Feeling

I looked out...続きを読む

Q昔読んだ短編SF小説をさがしています

外国人作家の近未来SF短編集の中にあった話ですが、作家名やタイトルをわすれてしまったので、心当たりのある方教えてください。

ストーリーは、
・人口爆発がおき、人一人あたりの住居スペースが政府によって決めらている
・ある人物が、違法で広い住居スペースを確保している知人の家の片隅に間借りさせてもらう
・そのうちその人物がまた新たな入居希望者を連れてきて・・・ということが繰り返されて、最後には政府の決めた住居スペースより狭いところに住むことになる

というものです。

Aベストアンサー

J・G・バラードの「至福一兆」という話ではないでしょうか。
「時間都市」という短編集に収録されていると思います。

参考URL:http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488629069

Q恐らく80年代にヒットした洋楽で女性ボーカル教えて下さい

父が好きだった女性シンガーで、恐らく80年代とかそのころだと思います。国までははっきりは分からないのですが、歌詞は英語だったと思います。
PVを覚えていて、病院か何かだったと思うのですが、その中をカメラが進んでいって、最後の方のシーンで紙が乱れ飛ぶような感じだったと思います。
あとは、他の曲のPVではゾンビと一緒に踊って歌うみたいなのがあったと思います。
それぐらいしか覚えていないのですが、心当たりがあれば教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

グロリア・エステファンということは、
80年代当時「Miami Sound Michine」その後、
「Gloria Estefan & Miami Sound Machine」というグループ名でした。

病院が出てくるPVだと「Dr.Beat」がありますが、
紙が乱れ飛ぶシーンがあったかどうかは分かりません。

あとゾンビと一緒に・・というPVで思いつくのは、「Bad Boy」がありますが、
こちらはゾンビではなく、ミュージカル「キャッツ」に仕立てた感じなので、お探しのものとは違うかもしれませんが・・。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000002650/qid=1148787392/sr=1-6/ref=sr_1_10_6/250-6650554-8884200

QSFで面白い短編集を教えください

国内海外問わず、SFの短編集やアンソロジーで面白い本を教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

テッド・チャン 『あなたの人生の物語』
ケリー・リンク 『マジック・フォー・ビギナーズ』
『スペシャリストの帽子』
コニー・ウィリス 『マーブル・アーチの風』
『最後のウィネベーゴ』
アーシュラ・K・ル・グィン 『内海の漁師』
テリー・ビッスン 『ふたりジャネット』
マイケル・マーシャル・スミス
『みんな行ってしまう』

Q洋楽 80年代 「YOU」

洋楽で 80年代にヒットした「YOU」と言う曲の女性ボーカリスト名を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 80年代ではありませんが、1978年にRita Coolidgeが「You」という曲をヒットさせています。
 検索すれば、音源も見つかると思います。違っていたらごめんなさい。

 http://en.wikipedia.org/wiki/Rita_Coolidge

Qやたら人を比較する女性が出てくる短編小説を探しています。

やたら人を比較する女性が出てくる短編小説を探しています。
日本人の女性(多分)作家が書いた、ちょっと昔の短編でした。

主人公(女性)の知人に、比較癖のある女性がいる、たとえば友人達が集まって手料理を披露してくれたような時、「このサラダ美味しいね」という話をすると「サラダといえばこの間●●で食べたサラダはもっと美味しかった、あれこそサラダの最高峰というものだと思うわ」というように話を持っていく人間である、いい加減ウンザリする。
ところでこの女性、学生時分からそういう癖があったらしい、同級であった人が
「それが、自分とどっこいそっこいとか、自分よりうんと上の人と比べるというのならまだしも、そんな人と比べてどうするのというレベルと比べるのよ、その人より自分は上だ、だから自分は優れているんだと主張するの」。
どうもその人の親に比較癖があったらしい、たしかに比べるということ自体は悪ではない、だが人と己を比べて常に奮起し、琢磨できる人間がどれほどいるだろうか、よほどできた、自分に恐ろしく厳しい人間でなければ劣位の者を比較対象に選んで慢心や優越に浸ってしまうのではないだろうか…
と思った。

というような内容なのですが、ここまであらすじをはっきり覚えているというのに作者名・題名などはさっぱり…。
最初は山崎豊子作品かと思い、次に幸田文かと思い、いいや有吉佐和子だったかもしれぬ…と図書館へ行って心当たりを片っ端から当たってみましたが、自力では見つけられず…。
じゃあ林真理子?宮尾登美子?いっそ田辺聖子??←もう知っている女性作家の名前を羅列しているだけ状態に…
樋口一葉ほど古い人ではない。
けど、恩田陸や有川浩ほど新しくもない。
文庫本に収蔵されていたような気がする。

…とまあ、これくらいしか思い出せないのです。
お心当たりの方、いらっしゃいましたらー…

やたら人を比較する女性が出てくる短編小説を探しています。
日本人の女性(多分)作家が書いた、ちょっと昔の短編でした。

主人公(女性)の知人に、比較癖のある女性がいる、たとえば友人達が集まって手料理を披露してくれたような時、「このサラダ美味しいね」という話をすると「サラダといえばこの間●●で食べたサラダはもっと美味しかった、あれこそサラダの最高峰というものだと思うわ」というように話を持っていく人間である、いい加減ウンザリする。
ところでこの女性、学生時分からそういう癖があったら...続きを読む

Aベストアンサー

円地文子、野上弥生子、瀬戸内晴美(寂聴)、お年を召してますますお元気な佐藤さん、曾野綾子、三浦綾子さんあたりでしょうか!?気になりますね…。あまり参考にならなくてすみません。

Qアシュメドア-リア-リ♪という歌詞が入った80年代の洋楽

アシュメドア-リア-リ♪アシュメドア-リア-リ♪←そういう風に聞こえるwww一度は聞いたことがある洋楽です。
というリズム感の海苔のいい歌詞が入った80年代の洋楽で
エアロビクスに似合う洋楽なんですが、
曲名とアーティストがわかりません。
(TSUTAYAに陳列されている80年代のダンス洋楽ミュージックのヒット集のアルバムに入ってる?)

Aベストアンサー

今晩は
歌っているのは女性でしょうか男性でしょうか?
とりあえず歌詞がちょっと微妙ですが
Kylie Minogueの「I Should Be So Lucky(ラッキー・ラブ)」あたりはどうでしょう?
参考URLで試聴できますのでご確認下さい。
ちなみに下記オムニバスなどにも収録されています。↓

ディスコ・ファイン
http://www.bmgjapan.com/_artist/item.php?item=4754

全然違ってたらごめんなさい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B0#.E3.82.B7.E3.83.B3.E3.82.B0.E3.83.AB

参考URL:http://mysound.jp/music/detail/tYSO8/

Q「家族」主題の短編ホラー小説探しています。

大学のゼミで、ホラー小説と家族との関わりについて分析しています。
手軽に読める長さのホラー短編・ショートショートで、何か良いものは無いでしょうか?
話の要素として、家族がキーワードとして絡んでくるものが良いです。

Aベストアンサー

同じく角川ホラー文庫で、「ラストファミリー」 森村 誠一
はいかがでしょうか

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4041753562/503-3969350-7603135?v=glance&n=465392

Q70or80年代の洋楽 「Finally」

たぶん70~80年代にヒットした洋楽だと思うのですが、
「Finally」という曲とアーティスト名(女性)をご存知でしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは
1991年のヒット曲ですがCeCe Penistonの「Finally」はどうでしょう?
下記URLで試聴できますのでご確認下さい。↓

http://www.hmv.co.jp/product/detail/984919

http://www.hmv.co.jp/product/detail/1404867

もし違ってたらごめんなさい。

参考URL:http://www.pingovox.com/divacecepeniston.htm

QSF小説

アイザック・アシモフのSFをよく読んでるんですが、最近短編で読んでないものが少なくなってしまいました。そこで同じような雰囲気のSF小説を教えてください。

条件は、短編集で一般に手に入れやすいもの、です。

Aベストアンサー

アシモフ老師に似ている感じといえば、
老師が目標にしていたクリフォード・D・シマック氏の作品ですが、、、。
日本では短編集は2冊しか翻訳されなかったし、
SFマガジンでしか読めない短編も多いし、、、。
アンソロジーにかなり収録されていますが、人気があるので入手はかなり困難です。
私もアシモフ老師とシマック氏の本は墓まで持っていこうかと、、、(笑
 
アシモフ老師の短編は本国でも日本でも短編集に収録されていない作品が多いんですが、
誰か短編集にまとめてくれないんでしょうかね、、、。
30年くらい前にSFマガジンやオムニや
プレイボーイなどで読むことは読んだんですが、、、。
 
最近の(でもないけど)作品では瀬名秀明氏の「あしたのロボット」なんか如何でしょう?
主題のロボットもそうなんですが、物語の展開も老師に似ている(真似した?)感じです。

参考URL:http://www.bk1.co.jp/product/2230121


人気Q&Aランキング

おすすめ情報