不退転の悟りを得た仏教徒がいるとして、その人が、頭を打つなどして過去の記憶を失ったとします。彼は、言葉は話せても、自分が何者で何をしてきたかすら思い出せません。そうなると、悟りも失われてしまうのではないかと思います。悟りが失われてしまうと、再び執着心が生じてしまうと思うのですが、どうなのでしょうか?それとも、不退転の悟りは記憶に依存しないと考えられているのでしょうか?

A 回答 (20件中11~20件)

悟りの状態に達した主観が悟りについて語る。

ことは有り得ません。

主観が悟りについて主観自身の記憶、思想、信条に基づいて語ることはできますが、そもそも、主観は悟りに達することはありません。

主観が消失した無我の境地に悟りは現存するのであって、悟りが正確に、記録や記憶で主観に伝達されることさえ一切ありません。

無我の境地に達した仏陀の周囲の人間がそれを感じ取り悟りを語ることもあるでしょうし、仏陀自身が、悟りに達するまでの課程をぎりぎり直前まで語ることも出来るでしょう。しかし、悟りに達した地点から主観を通じて、言語、動作、手記などによって悟りを表現することはありえないのです。

 仏陀は、自分が悟りに達したことを知っていたかどうかということになります。仏陀の記憶を第三者がとやかく言えるものではありませんが、悟り(完全な無、全知全能にして全物質全エネルギーの共存状態)は、主観(この時空間を認識する意識)と次元の異なる実存で、時間を現在しか認識できない主観には、その主観のまま悟りに達することはないのです。そして、他に正確に伝達することも出来ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。悟りそのものを伝え得ないことは理解できます。また、悟りそのものについては、悟った人にしか経験できないことであるので、他人が知ろうと思ってもどうしようもないと思っています。悟りに至る過程、修行方法などに限り説明できることも理解できます。

しかし、悟りそのものについては知りえなくとも、悟りの必要条件は明らかになっていると思います。例えば、「執着を離れている」などです。しかし、そこで問題になるのは、記憶や脳の機能がおかしくなってしまうと、凡人と変わらない行動をとりうるのではないかという疑いです。もしも、そうだとすれば、悟りというのは、少なくとも、絶対的なものではなく、相対的、有限なもので、悟りもまた、依存の関係上にあるということになります。私の関心はそこにあります。

>仏陀は、自分が悟りに達したことを知っていたかどうか
この部分についてが、この質問内での混乱のもとになっているのだと期思います。私は、悟ったという経験を仏陀が「知っている」ことを前提にして問いを立てています。しかし、それでは誤解を生むので、もう少し別の言い方をすると、悟りそのものは理性で噛み砕けなくとも、悟りに達したという抽象的な「事実」は認知していると思います。さもなくば、如是我聞から始まる経典は虚言であることになりますし、仏陀が修行方法などについて説明する意味はありません。盲人が盲人を先導することになります。

お礼日時:2007/07/17 17:40

>仏陀は正覚を自認していたと思っていました。



 正覚が、悟り、神、仏、無我の境地等で表現される、完全とか、絶対などの概念の一つであるとすれば、正覚を自認する主観は存在しません。存在したらもはや完全や絶対とは言えません。まして、何をもって無我というのか・・・

 主観があるところに正覚はないのです。記憶、執着心などとは、もともと無縁の実存です。

この回答への補足

「回答へのお礼」が言いたいことと違うコメントになってしまいました。修正できないようですので、無視してください。

記憶と正覚が無縁だという意見だと理解しました。しかし、仏陀が説法していたということが事実であるとすると、彼は、悟ったことを自覚していたと思えます。そうでなければ、彼が説法していたということが説明できないように思われます。つまり、悟ったという記憶があるので、説法していたのではないでしょうか。その記憶が失われたとしたら、どうなるのか、というのが私の問いかけです。

補足日時:2007/07/17 13:30
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。主観と理性は別物で、主観がないことは理性(言葉や計算などの能力)がないこととは異なるということでしょうか。それならば、納得できますが。さもないと、仏陀が説法したということが虚偽ということになるのではないかと思います。

お礼日時:2007/07/17 13:23

悟りは心と呼ばれる分野に関係するもので、心と呼ばれる機能は、脳の機能とは独立して機能しているということでしょうか。



その通りですね。心臓や内臓器官は勝手に動いてるでしょう、これ自由に止められたらいつでも死ねるね。脳も勝手に動いてますね、心が管理すべき肉体機能ですがほとんどの人は肉体機能に管理されてるかもしれませんね。おなかがすくと食べたくなるのは心の作用ではないですね。肉体が生存のためにやってることですね。我慢するというのが心の作用による管理ですが、行き過ぎると餓死しますね。うまく乗りこなす必要はあるということですね。死んでも残るのが心ということですね。だから心が掴んだものがなくなることはないということです、吉田松陰先生は「学ばずして死ぬことほど恥ずかしいことはない」とおしゃってますが、その通りということですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。死後も継続されると信じられる心と仮称されるものが「悟る」ということですね。

お礼日時:2007/07/17 13:08

失うような悟りをそもそも持っていませんが、


悟りを得たということは、中枢神経とか介在神経の結びつきに変化をきたしたのでしょうね、その結びつきがどこにあるのか特定できませんから、頭を打った拍子に、どこが壊れたかによるでしょうね。
脳の損傷を研究すると、性格が変わることもあれば、変わらないこともあるし、言葉がわからなくなるが、算数がわかったり、また逆のこともあるようです。
不退転の悟りが一定の記憶として脳の中に有ると勘違いされているのか、私の勘違いか、それとも・・・
人格など、一寸した事で変わってしまう物です、怖いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。脳の損傷と悟りは無縁なのか、それとも、脳が損傷すると、悟ったとされる人でも凡夫の思考、行動に戻ってしまうことがあるのか(例えば、執着から自由になった人が、親切な異性に関心をもつようなるとか、そういったこと)、また、そうだとすれば、それは何を示唆するのか、そんなことを考えて、この質問を立てました。

お礼日時:2007/07/15 12:49

>悟ったと自覚した人


 主観は、そのような自覚をすることはありません。

悟った人 悟りを得た仏教徒 悟りに達した仏陀
と表現しますが、悟りを自覚する主体は何処にもありません。

あえて、表現するなら、

悟った悟り、悟りを得た悟り、悟りに達した悟り

となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。仏陀は正覚を自認していたと思っていました。

お礼日時:2007/07/15 12:43

ガンダムを操縦するアムロが戦闘でガンダムスーツが壊れたからといってアムロまで傷つくことはない。


と同じことですね。心臓が止まろうが脳が故障しようがそれは単に肉体、つまりガンダムスーツが壊れただけのこと、心つまりアムロには何にも関係のないことですね。悟りとは心がつかんだものなんですね。肉体をいくら鍛えても壊しても、心に影響しないというのが正解ですね。このことに気がつくことが悟りですね。だから悟りが失われてしまう事はないのです。坊主いわく「心頭滅却すれば火もまたすずし」肉体がなくなれば火も涼しいだろう。ですからね。脳はロボットを動かすCPUでしかないということですね。脳が自分と思ってる人多いですね。唯物ではなく唯脳思想ですかね。悟りからは遠いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。悟りは心と呼ばれる分野に関係するもので、心と呼ばれる機能は、脳の機能とは独立して機能しているということでしょうか。

お礼日時:2007/07/15 12:36

執着を絶てた人を現実知らないので、確証は無いのですが、



高名なお坊さん 知っています。
ただ、人格者とは決していえません。
奥さんの肉体的なものを人前で批判するので。

何故 人前でわざわざ批判する必要があるのか。
酒のせいだと思います。
普段は理性を使い、人から「さすが一般の人とは違う」と思われたいために、理性で押さえ、演技をしているのだと思えます。


では、理性を司る脳の部分が壊れたとしたら。

仏教徒じゃなく別な宗教の人で脳にダメージを受けた人を知っています。
危険に対しての認識が希薄なので、洗剤など見える場所に置いておくと飲む危険がある。
気分の変化にムラがあり 数分単位で変化するので、機嫌がいいからと油断すると、いきなり噛み付かれる。

「主はいます!」と言ったり「主の祈り」と呼ばれる言葉を眉を吊り上げ叫んだりする。
意味のある言葉として使っているのではなく、勝手に口から出てきてしまうのだと思います。

では、その言葉を発する時、その人は穏やかかといえば、いえ、、、、。
怒りの感情を表すときにその音を発するようなので、脳がダメージを受ける前は、その言葉を使うときは人を罰する目的で使っていたため、脳にダメージを受けたあとも、怒りの時にその音が出てきてしまうのだと思います。

その宗教では信仰を自分で確認するとき使うと思うのですが、、、
その人はそうではなく、人を批判する言葉として捕らえていたことがわかります。


脳にダメージを受けたために、人格が変わってしまい、別人になってしまったのか。
理性を司る部分がダメージを受けたため、理性が消えてしまい、他の動物と同じようになってしまったのか。

人間も動物です。
違いは他の動物より ちょっとばかり理性に頼って言動を変化させるようです。

動物のご飯にタクアンが乗っていたので取ってあげようとすると噛み付かれる。
自分のご飯を取られると思って怒るわけです。

脳にダメージを受けた人も、全部自分のもの と思っており、誰の所有かという概念が無い。
執着が無いどころか、全部自分のものだから触るな と怒る。


お菓子を抱えている子供に「この子にも少しわけてあげて」と訓練すれば、他人に自分のお菓子を上げることで、シェアすることで人とよい関係を作ることを学ばせることができ、それはその子の将来 生き易くなる手段を学び、体験し、獲得することになる。


この自分にとって有利となる、分かち合うということが無くなると、人は孤立することになる。


お坊さんが山に入って他人と距離を取る。
執着を絶つための修行をする。
誰のために?
自分のために。 自分だけのために。

見方を変えれば、究極の利己欲望がひき起ったためそうなったとも言える。
つまり執着を絶つとしながら究極の欲望を満たすため。

そのために他を捨ててもかまわない としたとき、人は他者を滅ぼす。
つまり捨てることで、他者がいなくなったってことです。

仏陀だったか忘れましたが、涅槃に登るとき「自分だけではだめだ、他人も救ってあげなければ」と思い 下界に引き返したそうなんですね。

究極の閉じこもった世界のその先に、また他者を求める欲望が芽生えたわけです。

新世紀エヴァンゲリオンもそう。

他者が全くいなくなったとき、主人公は他者の存在を望んだ。

だけどこれは理性を最後まで捨てなかった あるいは 失わなかった人に起こると思います。

脳にダメージを受け理性の部分が破壊されてしまった人は、ある意味そのまま涅槃の世界に入っていくと思います。
その人が神となる。

下界の私達はその人のコロコロ変わる気分次第でオロオロ奔走する。
日本の八百万の神のようです。
どうしてそういうことが起こるのか(突然噛み付かれたり、頭をなでられたり)理由がわからない。
理由がわからないので、人智では計り知れない業だと感じるわけです。


生きたまま仏になる。 とは こういうことなのかなぁ・・・と思ったりします。

家族はその人が怒り出さないように お供えをする。
食べ物を与えると暴走していたのにコロっと笑顔になるということを体験上学んだからそうしているらしい。
それでその人の周りには食べ物がふんだんに置かれている。


で、私達はどんなに学問をやったとしても、脳にダメージを受けてしまったら、<理性で理不尽なことすらも受容する> ということができなくなる。

そして誰も自分がいつ神になるか知らない。
誰にでも可能性はあるわけです。
不退転の悟りを得たとされる人にも起こるかもしれない。
神になるときが。


記憶じゃないと思います。
何故なら神になった人は家族を認識できる。
家族と今まで不仲であったとすれば、家族に常に暴力を振うでしょうけど、確かに殴る蹴るもするが、突然抱きついて愛情を示す行動をする。
だから 判断が記憶に左右されているからじゃないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。挙げていただいた事例を興味深く思いました。理性とよばれるべきものや一定の記憶が失われても、習慣やその人の行動の原理のようなものが残るのですね。

お礼日時:2007/07/15 06:21

>悟りを得た仏教徒 悟りに達した仏陀 と言う表現をしますが


悟りは、個人の主観が何か究極的状態を達成しているのではなく、
主観が無いところにこそ厳然と存在する「絶対」です。

主観の直ぐ裏側が悟りであって、影のように寄り添っています。
主観に属する記憶、クオリア、自意識とはむしろ逆方向に、
主観より遙かに完全なものとして実存します。

そもそも悟りは、その仏教徒や仏陀に属して(含まれない、所有していない、占有していない)いません。

この回答への補足

「仏教徒がいるとして」というのは、異教に「悟り」と翻訳されるような言葉があるかもしれないと思って、念のために用いました。

補足日時:2007/07/15 06:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。悟ったと自覚した人が記憶を失うと、執着が復活するのではないか、そう思い、質問しました。

お礼日時:2007/07/15 06:12

悟りというのはどこかへたどり着いたということではなくて、常に何かに向かっている状態だと思います。


「向かっている状態」という言い方は、執着心やこだわりを感じさせる言葉で誤解されそうですが、悟ったと言っても、生きている限り常に「悟りつつある状態に近づいている」ことなのだろうと思います。

ですから、「不退転の悟り」きった状態というのは、ないと思います。
誰か針の穴に糸を通して徳を積まないかという盲人に、釈迦が申し出たのはそれをあらわしていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。私は、仏陀とその直弟子の何人もが生きている間に悟りきった人たちだと思っていました。生きている間は悟りに近づくことはあっても、悟れないということでしょうか。もしもそうであるならば、記憶喪失によって「悟りつつある状態」が失われるかどうかということが問題になります。

お礼日時:2007/07/15 05:58

少しずれますが記憶があるというのは記憶の主体が存在するということと特定の記憶が保有されているということでもあります。

悟りを対象と考えれば執着も対象です。頭を打って失われるのは対象としての悟りだとしても同時に執着も失われる可能性もあると思います。頭を売って記憶の主体が失われれば当然のことながら執着も悟りも消滅してしまうと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。悟った人は、脳の働きによって悟ったはずですから、その記憶が失われてしまうと、少なくとも、悟ったという実感はなくなるのではないかと思っていました。

お礼日時:2007/07/15 05:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の仏教の宗派の分布図を教えてください。 どの宗派が1番多いのか知りたいです。

日本の仏教の宗派の分布図を教えてください。

どの宗派が1番多いのか知りたいです。

Aベストアンサー

1. 浄土真宗本願寺派(700万人)
2. 浄土宗(600万人)
3. 真宗大谷派(550万人)
4. 高野山真言宗(540万人)
5. 日蓮宗(380万人)
6. 曹洞宗(160万人)
7. 真言宗智山派(150万人)
8. 真言宗豊山派(120万人)
9. 天台宗(60万人)
10. 真言宗醍醐派(50万人)

Q【チベット仏教】「チベット仏教なんて、男女が合体している仏さまがいらっしゃいますから」 何という名

【チベット仏教】「チベット仏教なんて、男女が合体している仏さまがいらっしゃいますから」

何という名前の仏様ですか?

Aベストアンサー

合体仏、和合仏と言われる仏様でしょうか
http://www.abaxjp.com/tibet-buddha/tibet-buddha.html

Q「小乗仏教」という言葉の使用が適切でない理由

「小乗仏教」という言葉の使用が適切でない理由とは何ですか?

以前、仏教について「仏教は主に小乗仏教と大乗仏教に分類されるが、小乗仏教という言葉の使用は適切ではない」という話を聞きました。
イマイチこの意味がわからないのですが…。

小乗仏教は上座部仏教の蔑称であるから適切ではない、のでしょうか?

どなたか回答お願いします。

Aベストアンサー

もともと「大乗仏教」と「小乗仏教」が存在したわけではありません。
釈迦の教えを忠実に守る上座部仏教というのがあり、
それに対し後から出てきた一派(つまり新興宗教)が自らを大乗(仏教)と名乗り、先に存在する上座部仏教のことを古くて小さな考えしか持たない小乗(仏教)だと罵った言い方をしたものです。

上座部仏教にすれば、大乗と名乗る団体こそ新参者に過ぎない軽蔑すべき団体ですが、いかにせん大衆を味方につけた大乗側の圧倒的な勝利に、上座部仏教は小乗との汚名を着せられた格好になったものです。

歴史的に考えても、釈迦の教えを忠実に守る上座部仏教は決して低く見られる存在でなく、大乗側が勝手に付けた蔑称は好ましくないと言うことです。

Q仏教徒は、コーヒー(刺激物)を飲まない?

こんにちは、こんな事を聞くのはとても恥ずかしいのですが勇気をだして質問します。

外国人の友人が仏教に興味があり、インターネットを使っていろいろと調べたところ、『刺激物(タバコ、コーヒー、麻薬等)を使用してはならない』という教えを発見したそうです。

私は、仏教徒がコーヒーを飲めないだなんて聞いた事も無いと言ってみたのですが、外国語語のネットでは何件か同様の説明があったそうです。

外国のネットのように『仏教』を一括りにされて説明されても困り、上座仏教から、大乗仏教、西蔵仏教やら、何百何万もの宗派がある事は分かっています。

しかし、経典のどこかで刺激物を禁止するような言葉なんてありましたでしょうか?

私のイメージでは仏教は食べ物に関して生臭物を禁ずるくらいだったと思うのですが・・・。

素人の、質問にすらなっていないような質問ですが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

経典すべてを読み尽くしている人などそうそういらっしゃるとも思えないので、「この経典のどこどこに刺激物を禁止する文言がある」という回答を得るのはちょっとむずかしいような気もします。

ただ私の個人的な感覚で言わせてもらえれば、コーヒーやタバコなどは刺激物というよりは「嗜好品」と考えられ、そう考えればそれを禁止する文言というのはどこかに出てきそうな気がします。コーヒーにしろタバコにしろ、毎日飲まなければ落ち着かないなど、依存症的な症状を訴える人がいると思います。
「とにかく毎日飲みたい、なんとしてでも飲みたい」などという欲望にかられることは、仏教では戒められているように思います。

ちなみに、ANo.1の回答の中にあるお茶についてですが、これは仏教に取り入れられた段階では嗜好品ではなく「薬」でした。栄西禅師の『喫茶養生記』だったと思いますが、暑い山中を歩き疲れた時に一杯のお茶を飲んで体力が回復したとか、眠気覚ましにお茶は最適だとかいったようなことが書かれています。
ですから、お茶にもカフェインが含まれているのだからコーヒーも大丈夫というのではなく、修行中の眠気覚ましに飲むというのであればコーヒーもOK、嗜好品としての依存症的に欲するのであれば、お茶であれコーヒーであれ、NGとなるのではないかと思います。

経典すべてを読み尽くしている人などそうそういらっしゃるとも思えないので、「この経典のどこどこに刺激物を禁止する文言がある」という回答を得るのはちょっとむずかしいような気もします。

ただ私の個人的な感覚で言わせてもらえれば、コーヒーやタバコなどは刺激物というよりは「嗜好品」と考えられ、そう考えればそれを禁止する文言というのはどこかに出てきそうな気がします。コーヒーにしろタバコにしろ、毎日飲まなければ落ち着かないなど、依存症的な症状を訴える人がいると思います。
「とにかく毎...続きを読む

Q浄土真宗の開祖は誰ですか? 天台宗、日蓮宗、禅宗のどの辺りに誕生した仏教思想ですか? 浄土真宗はどう

浄土真宗の開祖は誰ですか?


天台宗、日蓮宗、禅宗のどの辺りに誕生した仏教思想ですか?

浄土真宗はどういうことを説いていますか?

Aベストアンサー

浄土真宗:親鸞(見真大師)1173年〜1262年  平安時代後期

天台宗:806年〜  平安時代前期
日蓮宗:1253年〜  鎌倉時代
禅宗 :臨済宗 1191年〜 平安時代末期  曹洞宗 1227年〜 鎌倉時代  
    黄檗宗 1661年〜 江戸時代

師である法然(浄土宗)の教えを継承・発展させたもの。
「浄土真宗」という名称を用いるようになったのは親鸞の死後。

人が求めなくても仏が救ってくれるという考え。
「本願を信じ念仏申さば仏になる」(歎異抄)で端的に示されている。
(本願とは阿弥陀如来の四十八願)

往生は「如来の本願力」(他力)によるものであり、我々凡夫のはからい(自力)によるものではない、とする。
仏になる事は約束されているので、改めて修行する必要はない。
「阿弥陀様が救ってくれる」と信じることで往生する。
感謝として念仏を唱える。

Q仏教徒になるには?

今晩は、よろしくお願いします。
たとえば、「キリスト教徒になりたいな」と思ったときには、近所の教会の聖日礼拝に参加をして、聖書を読んだり牧師さんの説教を聴いたり・・・・ということからはじめることになると思うのですが、
さて、「仏教徒になりたいな」と思ったときには、どんな方法があるのでしょうか。
本格的な修行をする、といったことではなく、日常生活を続けながら仏教を勉強する方法、という意味です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

檀家に入るという方法でお寺と付き合っている方は非常に多いと思います。

それ以外の方法として、有名な大きなお寺でしたら定期的に講演会のような場を設けている所もあるとおもいます。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C3%C9%B2%C8&kind=jn&mode=0&base=1&row=0

Q現代でも仏教の新しいお経は作れますか?

現代でも、仏教の新しいお経を作ることはできますか?
誰かが「○○経」をいうものを書いて、その内容が素晴らしいと絶賛されて
日本中で認められるようなことって、起こりうるんでしょうか?

Aベストアンサー

経典が記されることは、過去にあったし、現代にもあるし、未来にもあるだろうと思います。参考URLは、現代の仏であると自称する著者が書いたもので、経典であると言えると思います。新興宗教風ではないので、読みやすいかもしれません。大ブームになるかどうかは知らないですが。現代は修行ということ自体がメジャーでないので、経典もあまり読まれないのではないかと思います。しかし、仏教と言うものの広がりを見るにつけ、経典と言うものが、長い時間を経て広く人々に受け入れられていったことはわかります。
情報通信網の整備された現代では、新しい経典は、あっという間に広がるかもしれないですし、膨大な情報の中に長い間埋もれるのかもしれません。
原始経典から法華経、六祖壇経など、すでに成立してから長い年月を経たもの同士を比較しても、成立年もばらばらであることから、経典は時代時代において新しいものが出てくる性質のもので、現代にも著わされ得るものであると思います。未来にも同じと思いますが、遠い未来に、人類が文字を使っているかどうかはわかりません。それでも、何らかの形で経は説かれうるし、著わされ得るものであるとおもいます。遠い未来の人類も、言葉は用いていると思うからです。

参考URL:http://p.booklog.jp/book/19730

経典が記されることは、過去にあったし、現代にもあるし、未来にもあるだろうと思います。参考URLは、現代の仏であると自称する著者が書いたもので、経典であると言えると思います。新興宗教風ではないので、読みやすいかもしれません。大ブームになるかどうかは知らないですが。現代は修行ということ自体がメジャーでないので、経典もあまり読まれないのではないかと思います。しかし、仏教と言うものの広がりを見るにつけ、経典と言うものが、長い時間を経て広く人々に受け入れられていったことはわかります...続きを読む

Q大乗仏教 悟りについて 如来と羅漢 

前から疑問に思っていたんですが、一番最近成仏された方が釈尊で、次は弥勒さんですよね。釈尊や阿弥陀さんとか如来となられた方の「悟り・解脱」とその他大勢の羅漢さん達の「悟り・解脱」は別モンなんですか?
釈尊のお弟子さんたちも「悟り」をえて「解脱」していますし、日本だけでも多くの方が悟って解脱しているとされています。彼らは羅漢であって、いわゆる如来ではないですね?この違いはなんなんでしょうか?羅漢さん達は解脱しているわけだから、未来永劫、「如来」にはなれない?
また、俗に言う菩薩さんたちで(観音・勢至など)あえて成仏せずに菩薩位に留まっている方もいますが、もし成仏したら、羅漢ではなくて如来になるんでしょうか?
同じ「悟り」なのに一方は「如来」で一方は「羅漢」なのはどういうことですか?
あくまで大乗仏教で、「解脱」「悟り」や「如来」や「羅漢」という存在があるという仮定でお答え下さい。乱文失礼しました

Aベストアンサー

こんばんは。。

 自分の個人的な考えなので、きちんと仏教教理を踏まえているかどうかは自信ないのですが・・・

 大乗仏教までの「悟った人」が羅漢までなのは、釈尊を神聖化しすぎた結果、とても同じ境地まではたどり着けないと思い込んでしまい(=信じてしまい)、自身で自縛して留まってしまったことが大きいのではないかな、と思います。

 大乗仏教で「菩薩」は、修行者の理想像として、また「如来」は仏教の考える理想的人格像として、たくさん想定され、経典に説かれるようになり、信仰を集めるようになりましたが、数々の如来・菩薩は、人々を仏教に引き入れるための「方便」だと思います。
 (大乗仏教以降で説かれる菩薩は、悟りを開くと「如来」になるとされていると思いますが・・・)

 仏教の信奉の対象は「法」(=真理)であって、如来や菩薩のご利益や救済、そしてその存在自体が「客寄せパンダ」であり、「お手ごろなバラ売り」でしょうね。(←けっして悪い意味で言っているのではありませんが・・・だいいち、仏教の「法」は極めてミもフタも取り付く島もないほど厳然としたものですから・・・「方便」というのは、実に素晴らしい発想だと思います。)

 少し脱線してしまいました・・・要するに、弥勒菩薩の救済と、それまで仏が出ないという話しも、額面通りには受け取れないと思うわけです。
 悟りは悟りであって、自ら得た境地に満足して自縛し立ち止まるか、魔境に陥るか、妙なカン違いをしていない限り、仏教の悟りは釈尊の悟りであり、「如来」の境地だと思いますけど。

 即身成仏は釈尊の悟りと同じだと言えると思います。

 大乗仏教の論師たちを「菩薩」と呼ぶこともあります。
 ご質問文にも触れておられるように、悟りに至ることが十分にできるのに、他者救済の行を続ける修行者が「菩薩」ですから、そのあり方に、仏法を解き明かそうと努める論師たちをなぞらえているのだと思います。

 論師たちや祖師様方を「如来」と言えるかどうかは、信仰している宗派の違いなどで、見解の分かれるところですし、経典に説かれる少々現実離れした理想像としての如来と単純に比べられないですけど、到達した境地は、「如来」と言って差支えないとは思います。(←個人的には。)
 また、大乗仏教の経典の作者たちにも、釈尊の同じ境地に至った方がおられると思います。
 
 他のご回答の方に対するコメントに割り込んでしまったかっこうになり、すみませんです。
 自分の思ったところは、こういうところです。では。

こんばんは。。

 自分の個人的な考えなので、きちんと仏教教理を踏まえているかどうかは自信ないのですが・・・

 大乗仏教までの「悟った人」が羅漢までなのは、釈尊を神聖化しすぎた結果、とても同じ境地まではたどり着けないと思い込んでしまい(=信じてしまい)、自身で自縛して留まってしまったことが大きいのではないかな、と思います。

 大乗仏教で「菩薩」は、修行者の理想像として、また「如来」は仏教の考える理想的人格像として、たくさん想定され、経典に説かれるようになり、信仰を集め...続きを読む

Q仏教の宗派について

全くの素人で殆ど知識を持ってません。

「例えば私は仏教徒です」と言った場合は、やはり「宗派は?」みたいな会話になるのですかね。

他の宗教でも同じような事が言えると思いますが、、
(1)仏教の場合の宗教と宗派の関係って具体的には何なのでしょう?
(2)各々の宗派は何処がどう違うのでしょう?
(3)また、どのような関連性があるのでしょう。
((4)何処かに関連図のような物ってあります?)
(5)各宗派で使用している経典(?)も、皆違うのでしょうか?

少し調べたら何だか100近い宗派があるんですね?
それぞれについての説明は不可能に近いと思いますので、概論的なお話で結構です。教えて下さい。

Aベストアンサー

ここに詳しい解説があります。
http://butsuzo.cside.com/buddha/html/bsyuha.html

(1)悟りに至る道はひとつではない、というか、これしかない、というのが既に執着なんで、まあいろいろやりかたがあってよい、ということだと思いますが。
(2)どこが、といってもそれぞれの宗派どうしが対立していればまだ何かそれらしいことを言いますけど、そうでなければどうとも。
(3)関連性、といってもそれをいうと仏教史全部調べなきゃいけないんじゃないでしょうか。そもそもこのやり方でいいと思ったら新宗派作ったりしないと思います。まあ権力争いの場合は別ですが、それは理論の問題ではなく政治的問題ですし。
(4)ごめんなさい、知りません。
(5)前記サイト参照。

まあ小さい規模の宗教を除けば大抵宗派はありますし、宗祖のころはともかく、後には権力争いもともなっていますから、理論だけ聞いても一般人にはどこがどう違うといいたいのかわかりません。もともとそういうことではなく分裂した場合も多いのでこじつけに惑わされないように。

ここに詳しい解説があります。
http://butsuzo.cside.com/buddha/html/bsyuha.html

(1)悟りに至る道はひとつではない、というか、これしかない、というのが既に執着なんで、まあいろいろやりかたがあってよい、ということだと思いますが。
(2)どこが、といってもそれぞれの宗派どうしが対立していればまだ何かそれらしいことを言いますけど、そうでなければどうとも。
(3)関連性、といってもそれをいうと仏教史全部調べなきゃいけないんじゃないでしょうか。そもそもこのやり方でいいと思ったら新宗派作った...続きを読む

Q仏教の悟りにレベル?

仏教の悟りにレベルがあると言う人がいるんですけど、仏教は悟る(仏になる)ための教えであり、悟りは完成を意味してると思われます。それなのに、悟りにレベルがあるというのは間違いではないでしょうか?

Aベストアンサー

No.6です。
ただ、単に「五十二位」の中の最高のレベルである『妙覚』だけの話であれば、そのレベルに差や違いは無いでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報