11リッター程の小型の水槽でネオンテトラとコリドラスを混泳させて飼っているのですが
つい、数日前に水のphを計ったらそれまで7.0で安定していたのが急に
1週間ほどでph5.5まで変化してしまいました。

これについて原因など分かる方いましたら教えていただけないでしょうか?

変化が起こる前間での状況は水槽を立ち上げて1月半ぐらいだったので
週に1回3リッターぐらいずつ水換えをしていました。その外は特には
中の状態を変えるなことをしていませんでした。

また現在は2、3日に1回1~2リッターほどづつ水換えをしてph7へ
持っていくようにしていますが、これで良いのでしょうか?
(特に気になるのは、この換えかたで、魚たちはペーハーショックを起こ
さないかという事です)

A 回答 (4件)

今更遅いでしょうが。



KHを計ってください。
炭酸塩硬度が低いと酸性を殆ど吸収できなくなり、phが大きく変動します。

この検査項目は淡水では重要視されませんが、水質安定に強い影響力があります。
淡水では、8d°KH程度がいいでしょう。

例えば、KH8の水槽は、KH4の水槽の2倍も、phを安定させる力に優れています。
有機物が酸化されるときに水素イオンは発生するので、砂中等の汚れを取り除く事も重要です。

KHが余りに低ければ、ちょっとの水素イオンでもphの低下が顕著です。
時には、一気にドーンとphが下がる事さえあります。

phが5.5まで低下しているのなら、ほんの少量のサンゴ砂を入れてみてください。
低phではサンゴ砂は徐々に溶出し、飼育水に炭酸塩を補給します。
その恩恵を受け、phが上がるでしょう。
サンゴ砂は少量ですよ。
適性値を維持できるように、後に、サンゴ砂の量を加減する必要がある場合があるので、phとKHは定期的(1週間毎等)に監視してください。
    • good
    • 0

僕が思うに11リッターでのPH維持は難しいと思います。


水変えは問題無し!
ph変化した時期が1ヶ月半と言うのがひっかかります。
前者が答えてるように底砂でphが変化しますが
1ヶ月半も維持出来ないと思います。
そこでたぶん水変えはしているが糞の掃除はなさってますか?
糞が溜まり悪バクテリアが好バクテリアを殺しphが変化したと思います。
もし底砂にジャリを使用しているようであれば糞の掃除を
お勧めします。
それとphを上げたいのであれば珊瑚などを入れると上がります。
下げたいのであればソイル系の底砂を使用する。
もしくは濾過材のPH(パワーハウス)を使用する。
などいろいろ方法はあります。
ただ珊瑚を入れてphを上げるのは簡単ですが魚の為にも
糞掃除をしてあげてください。
それで戻る可能性もありますよ。
もし糞掃除をしてるのであれば飼育水を半分残して
すべてやり直すってのもありですよ。
くれぐれも魚の投入時には水合わせしてあげてくださいね。
    • good
    • 0

水槽にはいろいろな緩衝能力がありす。

底砂、濾剤などです。ですが、緩衝能力がある限界を超えるとHpはいっきに動くことがあります。

しかし、それは必ずしも魚の危機とはなりません。大事なのは魚の状態だと思います。

みず変えの方法はたぶん間違ってない様に思います。
水槽環境の維持は水槽が小さいほど難しいようです。もう少し大きな水槽を検討してみてはどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ただ、水槽を置いてある場所が、会社の机の上(ゲームソフトの開発を
している会社なんで、こういう事も結構大目に見てもらえるんです^o^;)
なんで、あまり大きくすることができないんです。

現在はだいたい27(w)×15(d)×27(h)cmの水槽を使って
いるので、緩衝能力の許容範囲が狭いんですね。

追加の質問になってしまって申し訳ないのですが、置くとしたら45cm
水槽程度が限界なんでが、このサイズの水槽は比較安定なのでしょうか?

よろしければ、お願いします。

お礼日時:2001/02/01 21:32

pHの変化は底にひいている砂の種類によって大きく左右されます。


主に川砂か海砂かで変わり、安定しているのは川砂のほうです。
もし、さんご等のすなを使っているのならPHにへんかが現れると思います。

また、テトラ、コリドラスは、比較的広くPHに適応できます。
流木や川砂などをいれることで水質を安定させることができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

底砂については、水槽の立ち上げ時から川砂を使っています。

流木をいれると水質が安定するとの事参考になりました。
ただ、水槽が小さいので、入れられるものがあるか調べてみようと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/01/25 13:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水槽の水のphを上げる時に、サンゴ砂や貝殻やph上昇剤意外に、卵の殻でもよいのでしょうか?あと水槽の

水槽の水のphを上げる時に、サンゴ砂や貝殻やph上昇剤意外に、卵の殻でもよいのでしょうか?あと水槽の中に入っているのは、アメリカザリガニとアナカリス(水草)

Aベストアンサー

酸性土壌のphを上げる時(調整する時)、卵の殻100%から作った有機石灰が使われる場合があるので、多分大丈夫だと思います。

殻の形のままで効果があるかどうかは不明です。

Q水槽の水換え用くみ置き水が

現在金魚(コメット4匹)を飼っています。
飼育後2ヶ月近くが経過し、水槽も安定してきているように思えるので、
水槽の水換えを1週間に1回程度行っていますが・・・。
最近天気がいいせいか、ベランダにバケツでくみ置きした水に、1週間後にはバケツ内面にビッシリ緑色の苔の様な物がついてしまいました。
また、水の表面にいくつも消えない泡が浮いています。
この状態で水槽の水として使用して大丈夫なんでしょうか?
ちょっと不安になったもので。
ちなみに今まで塩素抜き用にハイポを数粒入れていましたが、1週間も置くから大丈夫だろうと思って、今回は何も入れませんでした。

よろしければ教えてください。

Aベストアンサー

水換え用に水道水を汲み置きするなら、仮に日陰でも室内であっても、中和剤も何も入れなくても一日置いておくだけで充分ですよ。今回のhitoshiponさんの場合、一週間水を外気にさらしていた為、バケツ内で植物プランクトンが発生した為、水が緑色になってしまったのでしょう。
また、この水を水槽に使用しても魚に害はありませんが、見た目に悪くなる可能性が大きいので使用しない方が良いです。
逆に、急な水換えなどで換水用の水が必要な場合、汲み置きの水に30分程度エアレーションするか、一度煮沸した水を冷まして使用すると良いです。

Q水槽水のphについて

水槽を立ち上げて2か月ですが、水槽水のphが8.0で動きません。どういう状況でしょうか?また、phを6.5~7.0ぐらいにするにはどんな方法がいいでしょうか。もしくは今後の指針等をお願いします。
条件は次のような状態です。
・60センチ水槽
・上部フィルター(ろ材はスーパーゼオセラ・コンペイトウ)
・生体は小型が19匹
・水草はアマゾンソード、ミクロソリウムなどが5株ほど
・低床は田砂
・家の水道水に中和剤を入れただけのものはph7.9
・餌やりは朝に5分ほどで食べきるくらい、夜にほんの少しです。
以上です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.3です。
すみません。
説明不足で誤解させてしまいました。

> 「もともと水槽水がph8だからアンモニアが分解されにくく多量にのこっている。」のか「バクテリアが十分でなくアンモニアが分解されずに残ってしまうからph8から動かない。」

どちらでも、無いと思います。
・生物濾過による、アンモニアの分解。
・pHの変動により、水槽内に残るアンモニアの量。
以上の2つは別々に考えなければいけません。

「生物濾過による、アンモニアの分解」の主役である濾過細菌類については、水槽立ち上げ後2ヶ月経過していれば、十分に繁殖し機能しているハズです。
アンモニアは濾過細菌類の力だけで十分に分解されるハズで、「pHの変動により、水槽内に残るアンモニアの量」は、あまり重要ではありません。

「pHの変動により、水槽内に残るアンモニアの量」について、一応、ご説明します。
・魚の排泄物や残り餌などの有機物はアンモニアを発生します。
・魚のエラからもアンモニアが直接排出されています。
アンモニア(NH3)は猛毒ですが、水に溶解すると無毒のアンモニアイオン(NH4)になります。
この、魚や有機物から発生した猛毒のアンモニアが水に溶ける量と、猛毒のまま残る量の比率がpHにより大きく変わるのです。

pH9.422のときNH4:50%/NH3:50%
pH8.000のときNH4:94.59%/NH3:5.41%
pH7.000のときNH4:99.46%/NH3:0.54%

*実際には、これ以外に水温が関係し、高水温ほどNH3の比率が増大しますが、pHよりも変位が少ないので、温度係数の説明は割愛します。
数字で表すと、NH3が0.25mg/リットル以上になると魚に被害が及びます。

「ゼオライトの性質」についてのご説明。
ゼオライトは水中に溶け込んだアンモニアイオンNH4を重点的に吸収する性質があります。
水中のアンモニアNH3とアンモニアイオンNH4の比率はpHにより決まっています。
アンモニアイオンが減少すれば、アンモニアも減少することになります。
水槽立ち上げ直後、濾過細菌類が繁殖しアンモニアの硝化を開始するまでの間、ゼオライトは、アンモニア中毒から魚を救う実に便利な濾過材になり得るのです。

水槽やフィルター内に濾過細菌類が繁殖した後は、ゼオライトによるアンモニア除去は必要なくなります。
ゼオライトはpHをアルカリ性に引っ張り、硬度も高めるため、一般的な「弱酸性の軟水」を好む魚には、長期的に見て、お荷物になります。
「スーパーゼオセラ・コンペイトウ」を私は使用したことが無いので、ハッキリしたことは明言できません。
ただ、ゼオライトを使用しているのならば、pHをアルカリに引っ張る可能性があると想像するだけです。

水槽水のpHなどの調整は対処療法ではなく、元を正すのが基本だと思っています。
ゼオライトでアルカリになったものを、調整剤で弱酸性に引っ張るのは間違った調整方法に思います。
本当に、「スーパーゼオセラ・コンペイトウ」がアルカリ性の原因ならば、調整剤などを使用しないで、濾過材を見直のが良い方法だと思うのです。
とりあえず、1/2ほど換水し硬度を下げ、数日間、「スーパーゼオセラ・コンペイトウ」を外してみて、魚たちの調子が上がるようならば、濾過材の見直しを行うのが良いと思います。

No.3です。
すみません。
説明不足で誤解させてしまいました。

> 「もともと水槽水がph8だからアンモニアが分解されにくく多量にのこっている。」のか「バクテリアが十分でなくアンモニアが分解されずに残ってしまうからph8から動かない。」

どちらでも、無いと思います。
・生物濾過による、アンモニアの分解。
・pHの変動により、水槽内に残るアンモニアの量。
以上の2つは別々に考えなければいけません。

「生物濾過による、アンモニアの分解」の主役である濾過細菌類については、水槽立...続きを読む

Q水槽の水換え

90センチの水槽でグッピーを飼っています。魚を飼育するのは初めてで、まだ飼い始めて2ヶ月ぐらいです。教えてください。

飼育の本などを読むと、「水槽の水換えは、全部の水を換えるのではなくて、半分だけ」とあったので、半月に一度ぐらいの頻度で半分だけの水換えをしています。
手動のポンプで半分だけ水槽の水を吸い上げて、汲み置きした水道水を足しています。

二ヶ月たった今、底にたまった糞などの汚れが気になるようになってきました。今の水換えの仕方だと、汚れがたまっていくばかりのような・・・
これでいいいんでしょうか?

それと、もうひとつお聞きしたいのですが、プレコが一匹います。
プレコ用のえさを水槽にいれるんですが、プレコはおとなしくて、プレコが食べる前に、グッピーが先に集まって食べてしまっています。どうやってえさをあげればいいんでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

グッピーは食欲旺盛で水を汚します。
さて水の替え方は人それぞれあります。
底には糞やゴミたまりますので取り除いてあげましょう
ご自分の生活パターン、水の汚れ具合などで
交換サイクル替えていいですよ!
例えば、1週間に一度3分の一ぐらい交換し1ヶ月に一度
全交換。
条件がよければ蒸発した分だけ足してる人だっていますので、早く自分にあった飼い方みつけてね。
プレコの餌は一般的にタブレット錠のものをあげてますね。

Q冬場の水槽の水換えについて

 水槽の水換えをする際にこの時期ですと水槽の中の水温とバケツに汲んでおいた新しい水の温度の差が出てしまいます。この前、新しい水をそのまま水槽に入れたところ明らかに熱帯魚が驚いていたようにみえました。皆さんは、ヒーターであたためてから水槽に入れるのでしょうか?わたくしの場合ですとヒーターは、水槽に固定してあるのでちょっと使いづらいです。皆さんはどのようにして水換えを行っているのでしょうか?それとも、あたためずにそのままかえているのでしょうか?

Aベストアンサー

 自宅で30センチから60センチ水槽を15本で、金魚、海水魚、熱帯魚を10年近く飼育しています。
 水換えに使用する水は水道水と水温を上げるために湯沸かし器のお湯をブレンドし飼育水の水温に合わせています。

5リットルのオイルタンク(これは非常に使いやすいですよ)にハイポを1粒入れ、底砂が舞い上がらないように片手で注ぐ水を受けます。

 入れる水の水温は飼育水より少し冷たくして、自然界で雨が降ったイメージを考え魚や水草に刺激を与えています。
 飼育水より高い水温の水を使用すると魚たちが嫌がる気配があるので根拠はありませんが私は使用しません。

 また換水量は3分の1までとして急激な水質の変化を避けています。
大きな水槽ほどいい加減に、小さな水槽ほどシビアに飼育水温に合せていますが水温計を使用してピッタリ同じにすることはしていません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報