宮部みゆき先生が描くような読みやすい時代小説、他の作家さんでいないですか?

宮部先生の本はすべて読んでしまって、本屋などで探しているのですが、なかなか見つかりません。

コミカルな、江戸の姿を描いたおもしろい時代小説がよみたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 私は 畠中恵先生の本をオススメします!


 病弱な若旦那が主人公のおはなしの『しゃばけ』シリーズは、とてもおもしろいです。

 私も宮部みゆき先生の時代小説が大好きで、同じように読みつくしてしまった時に出会ったのが畠中恵先生の時代小説シリーズでした。

 機会がありましたら、是非お手に取って見て下さい♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、回答ありがとうございます。畠中先生って、以前王様のブランチで紹介されていた先生かな?
気にはなっていたんですけど未読です、是非今度読んでみたいと思います*

お礼日時:2007/08/10 10:58

宮部みゆきを読んだことがないので時代モノがどういうのか


わかりませんが、最近読んで面白かった本をいくつか。
下の2つは平安モノですが。(汗)

『しゃばけ』畠中恵 著
大店の病弱な若旦那とその周りにいる妖怪たちとの大江戸捕物帖です。
若旦那は頭はキレるのに見事なまでの病弱ぶり。でも周りの妖怪たちの助けを借りて
怪奇事件を解決していきます、読んでいてホロリとします。
単行本もでてるので手にしやすいかも。


『小袖日記』 柴田よしき 著
失恋した女性が平安時代にタイムスリップして源氏物語を書く手伝いをするという話です。
主人公の女性がお姫様たちの為に奔走したり男の身勝手さに憤慨したりと
源氏物語を読んだことがなかった私でも、楽しく読めました。
もちろん、源氏物語を読んだことがあるなら一層楽しめると思いますが。


『七姫幻想』 森谷明子 著
七夕の織姫には7つの呼び名(外織姫や蜘蛛姫など)がありその織女伝説をモチーフに
和歌を絡めた7つの話(悲恋モノが多いかも)が載ってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。やはり畠中先生ですね、読むしかないなぁ*
<この場をお借りして・・・>
皆様に多くの作家さんを紹介していただき、膨大な時代小説の中からピックアップして読むことができそうです。本当にありがとうございました。ポイントについては、皆様に差し上げたいのですが、ここは1、2番目に回答してくださった方につけたいと思います。これからまた楽しみが増えそうです。ありがとうございました*

お礼日時:2007/08/10 11:19

私も宮部みゆきの時代小説を読んで、時代小説がすきになりました!



宇江佐真理の作品はいかがですか?
「幻の声」「紫紺のつばめ」など、髪結い伊三次捕物余話シリーズがおもしろいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。捕物!私の好きな語録のひとつです*今度手にとってみようと思います*

お礼日時:2007/08/10 11:12

No.1の方がおすすめされている、畠中恵さんの「しゃばけ」シリーズは、私もおすすめです。


他に、少しエロチックな場面もあってもよければ、コミカルな作品としておすすめなのが「退屈姫君伝」(米村圭伍・新潮文庫)のシリーズ。大きな藩の末姫、めだか姫が夫の不在中に藩の取り潰しがかかった事件を解決する話です。愉快、痛快な話なので楽しく読めるかと思います。エロチックな場面はありますが、これも結局明るいのでなんなく読めるかと思います。(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。時代小説の事件物、大好きです!愉快痛快と聞いたら読むっきゃない!今度読んでみようと思います。

お礼日時:2007/08/10 11:09

山本周五郎がオススメです。


短編が多いし、文章も読みやすいです。
まれに現代のものなどもありますが、多くは「下町もの」「武家もの」「岡場所もの」などです。
人情味あふれる作品が多いですよ。

参考URLとして挙げさせていただいたサイトが非常に詳しいので、興味をお持ちでしたらこちらを見てみて下さい。
「休憩室」というコンテンツに、シチュエーション別のおすすめ作品が載っています。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/yamashu-kan/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。おぉ、巨匠ですね!大御所先生なのですが、その分「難しいかも・・・」と思い、未だ読んだことはありません。文章が読みやすいのであれば、読まない手はない?!是非手にとってみようと思います。

お礼日時:2007/08/10 11:06

笠岡治次さんの「百姓侍人情剣」シリーズ(広済堂文庫)をお勧めします。


「百姓侍人情剣」
「百姓侍人情剣 見習い同心」
「十手 乱れ花 百姓侍人情剣」
「武士の道―百姓侍人情剣」
「頑固者―百姓侍人情剣」
の5冊が出ています。

貧しい生活に嫌気がさして百姓の生活を飛び出した茂平は、さまざまな人々の出会いと生来曲がったことの嫌いなその性質から、侠客に、そして剣客に、さらには老同心の養子となり、侍になることになります。
茂平のまっすぐなキャラクターと彼をとりまく人々の人情がよく書けていて面白い時代小説です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。おもしろそうですね!シリーズもの、大好きです。読むたびに登場人物に愛着がわいてくるんですよね。是非今度読んでみようと思います。

お礼日時:2007/08/10 11:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宮部みゆきさんの作品の魅力について教えてください。

私の知り合いの女性に、宮部みゆきさんの作品が好きだという方が多かったです。

宮部みゆきさんは、女性ファンが多いと言われている気がします。もしそうなら、女性にとって、どの辺りが、魅力なのでしょうか?

私は、宮部みゆきさんの本は、ほとんど読んだ事がないのですが、もし良かったら、宮部みゆきさんの作品の魅力について、教えてください。

また、もし読むとしたら、お勧めは何でしょうか?

宮部みゆきさんは、ミステリーが多いそうですが、女性の方で、ミステリー好きの方が多い気がしています。何故なのでしょうか?


男性の方でも、宮部みゆきさんの魅力やお勧めの作品について語ってくださる方がいたら、お願いします。<(_ _)>

Aベストアンサー

宮部みゆきの魅力ですか・・・
よく言われている「人を描くのがうまい」というのが私の考える魅力です。
宮部作品はほとんど読んでいますが、本当に魅力的な人物が多く出てきます。
私が初めて読んだ宮部作品の「模倣犯」騙される人的なカズ、選ばれし人だと信じて疑わないのに実は色んな意味で子供なままのヒロミ、大人の頭脳を持っているのに子供の感性のピース。この3人の主人公(と呼んでいいのかな)だけでも十分ひきこまれるのに次々と殺されていく女性たちがまたリアルでどこか自分との共通点があったりして・・・。
かなりの長編ですが一気に読みきりました。
ミステリーが多いというのは私的には「???」です。確かに大きく分類すればミステリーでしょうし(事件的な物はだいたいの作品で出てきますしね)本の分類としてもミステリーとして売られていますが、私に言わせれば宮部作品は「人物劇」
登場する「人」を読んで行く・・・といった感じでしょうか。
そうゆう意味でお勧めなのが「孤宿の人」
おまえは阿呆だからあほうの「ほう」と名づけられた女の子とある事情で地方へ預かられている「お大名様」の2人のお話です。私はこの本で泣きました。

後ミステリー色の強い物であればいわゆる捕り物帳になるのですが「ぼんくら」「日暮し」の2作品。
主人公は「井筒平四郎」という本所深川方の同心です。この平四郎もいいのですが、「おでこ」と「弓之助」とゆう2人の子供がもう!!!こんな子供が回りにいたら毎日楽しいだろうなぁ~と思う可愛らしさと「子供のくせになぁ~」というこまっしゃくれた感じとがいいんですよ!
どちらも上下2冊に分かれているのですが、最初は短編集なのかな?と思うのですが読み進めて行くとそれぞれのエピソードにつながりが見えてきて、最後の1編(この1編だけで普通の小説1冊になりますw)ですべての謎が明かされていく・・・という感じなのですがこれもまたスルスルと読み進めてしまいます。

私自身同じ小説を読み返す事はほとんどないのですが、宮部作品だけは何度読んでも飽きないおもしろさがあります。
それはただ事件(謎)がありそれを解く人がいて、解決⇒終了~ ではなく、事件を取り巻く人々や事件には関わりがあまりないような人たちまで生き生きと、そして魅力的に描かれているからではないかな~と思います。
私なんかの言葉では表しきれない魅力が宮部作品にはあるんですよ。

宮部みゆきの魅力ですか・・・
よく言われている「人を描くのがうまい」というのが私の考える魅力です。
宮部作品はほとんど読んでいますが、本当に魅力的な人物が多く出てきます。
私が初めて読んだ宮部作品の「模倣犯」騙される人的なカズ、選ばれし人だと信じて疑わないのに実は色んな意味で子供なままのヒロミ、大人の頭脳を持っているのに子供の感性のピース。この3人の主人公(と呼んでいいのかな)だけでも十分ひきこまれるのに次々と殺されていく女性たちがまたリアルでどこか自分との共通点があった...続きを読む

Q恩田陸さんと宮部みゆきさんが好きな方、他に好きな作家さんは?

恩田陸さんと宮部みゆきさんの小説が好きで近頃よく読んでいたのですが、違う作家さんの本も読みたくなりました。

恩田陸さんと宮部みゆきさんが好きな方は、他に同じくらい好きな作家
さんでお薦めのものがあれば教えてください。

ちなみに恩田陸さんの作品で好きなものを上から三つあげるなら、〔麦の海に沈む果実〕、〔ネバーランド〕〔夜のピクニック〕で
宮部みゆきさんだと、〔蒲生邸事件〕〔クロスファイア〕〔模倣犯〕です。

貴志 祐介さんのクリムゾンの迷宮を読んでみようかとも思ったのですが、ゲームが特に好きというわけでもないので迷っています。

宮部みゆきさんと恩田陸さんの作品は、まだ読んでいない物もあります
が時間がかかっても読破するつもりですので、他の作家さんでお薦めな作品の紹介お願いします。

Aベストアンサー

私は野沢尚なんかも好きです。
とりあえず、「呼人」「殺し屋シュウ」あたりから始めると入りやすいかもしれません。

ちょっとほのぼの系ミステリなら加納朋子なんかも良いです。
どちらかと言うと女性向かも知れません。
「ななつのこ」「魔法飛行」「ささらさや」なんかがお勧めです。

他には、真保裕一なんかも面白い作品がたくさんありますし、
他の作家も...。
ちょっと紹介しきれないですね。

Qおすすめの小説はありますか?因みに貴志祐介さんと宮部みゆきさんの作品が好きです。 なるべく他の作家さ

おすすめの小説はありますか?因みに貴志祐介さんと宮部みゆきさんの作品が好きです。 なるべく他の作家さんでお願いします。

Aベストアンサー

百田尚樹さんは貴志祐介さんや宮部みゆきさんと若干似ている気がします。

私はたまたま手にとった本がおもしろかったことが多いです。本屋さんに行ってみたらいかがですか?
好みが見つかるかもしれませんε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

個人的なお勧めは「あん」です。読んだことが有りましたらすみません(。>A<。)
ファンタジーでは上橋菜穂子さんが大好きです!
海外の小説もおもしろいです。ユーモアと表現力が豊かなので楽しく読めると思います。

Q宮部みゆきの小説の中でイーグルズ、Eagles、にふれた部分

宮部みゆきの小説の中でEaglesの歌を取り上げた部分がありましたが、それはどの本の中だったかお分かりの方、是非教えてください。確かホテルカリフォルニアとNew kid in town だったと思います。彼女のコメントがどうだったか気になっています。

Aベストアンサー

中公文庫 「今夜は眠れない」の中の197P~200Pにかけて
主人公の「雅男くん」が新田さん(という登場人物)と話をしてますよ。

Qおススメの文庫と宮部みゆきさんの作品

通勤の往復2時間半のほとんどを読書に当てています。
以前も同じような質問をした事がありますが、その中で教えて頂いた貴志祐介氏の作品にどハマりしてしまいました。特にサスペンス・推理小説が好きです。

また、宮部みゆきさんの「レベル7」と「火車」が気になっています。どちらも有名な作品ながら未読でしたので読みたいのですが、「英雄の書」があまりにつまらなく途中で読むのをやめたこともあり、これらについても踏み切れずにいます。(※お好きな方はごめんなさい)

私が好きな作品をいくつか挙げますと、、、
 
 ・クリムゾンの迷宮、黒い家、新世界より等(貴志祐介)
 ・連続殺人鬼カエル男(中山七里)
 ・秘密(東野圭吾)
 ・告白(湊かなえ)

(1)皆様のおススメの作品を教えてください。
  ※私が好きな作品の傾向からのおススメだとありがたいですが、特に拘りません。

(2)宮部みゆきさんの上記2作についての感想や、私が好きな作品の傾向からみてどうか?

以上2点について、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

「2」ですが……
『英雄の書』は、宮部みゆきさんのファンの間でも「イマイチ」と言われることがしばしばある作品なので……
宮部みゆきさんは、『模倣犯』のヒット以降、特に現代モノの小説は、やたらと分量の多い作品ばかりになってしまいました。つまらないわけではないのですが、スピード感とか、そういうものがあまり感じられない作品が多いように感じます。

その点で言えば、『火車』や『レベル7』は大丈夫だと思います。
宮部さんの作品では、『スナーク狩り』などもお勧めしたいです。


で、「1」に戻ります。

・『追憶のかけら』(作者・貫井徳郎)
・『犯人に告ぐ』(作者・雫井脩介)
・『ジョーカー・ゲーム』『ダブルジョーカー』(作者・柳広司)
・『龍神の雨』(作者・道尾秀介)

辺りをとりあえずあげます。

Q小説『火車』(宮部みゆき著)の面白さを教えてください

こんにちは。

タイトル通りです。
この作品の面白さがどこにあるのか、教えてください。

私は普段、小説はあまり好んで読みません。ですが人気作家さんの代表作ぐらいは押さえておきたいと『火車』を読み始めました。しかしamazonにあるレビューのように、面白い!と思うことができずにいます。(現在半分ぐらい読みました)
これは私にとって、とてもとても悔しいことです。
ちなみに、amazonのレビューはネタばれに配慮した内容になっているので、具体的にどこが面白いのかが書かれていないため参考になりませんでした。
ですから、ネタばれでも結構です。
宮部みゆきさんの『火車』、ここが面白い!と皆さんが思うところを教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
世の中は結構なスピードで進んでいて時代背景がかわっていますよね。
火車のカード破産の恐怖とかその当時は読んでいておもしろかったが今読んでおもしろいかどうかはわかりません。ケータイがない話だってざらにあるのだから。
まあそれでもいいものは残っていくとおもいます。

直木賞をとった、”理由”よりレベル7の方が私は面白かったしね。

回答としては読んだのがかなり昔なので曖昧ですが、
火車のラストはあやふやで真相をしりたいとおもいましたね。
それを読者がいろいろ想像するというのも斬新だったとおもいます。
では。

Q宮部みゆきさんの作品中に登場する海外ミステリ

宮部みゆきさんの小説の中で、「字が読めないことが犯行動機」というミステリが文中に出てくる作品があったと思うのですが、その宮部さんの小説と、その文中内のミステリのタイトルが思い出せません。
ご記憶の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「文中内のミステリのタイトル」の方だけのお答えになりますが。

冒頭の一行で犯人と動機が明かされてしまうということで有名な小説、
(つまり犯人も動機もここで明かしたとしてもネタばれにはならないでしょうけれど、
一応下げます)




























ルース・レンデルの「ロウフィールド館の惨劇」だと思います。

その冒頭の一行は↓
>ユーニス・パーチマンがカヴァデイル家の一家四人を惨殺したのは、たしかに彼女が文字が読めなかったからである。

Q宮部みゆきさんの小説で面白かった!おすすめだ!というものを・・・

宮部みゆきさんの小説で面白かった!おすすめだ!というものを・・・

ご紹介お願い致します!(雰囲気が似てる別の方の本でも可)

Aベストアンサー

全作読破していないので申し訳ないですが

  「火車」
  「レベル7」

あたりは特に好きです。
重たい社会派のテーマを一気に読ませてしまう(ご自身はそんなつもりはないとおっしゃってますが)あの筆力はすばらしいです。
どこが良いかあげつらいたいのですが、ネタばれほど興ざめするものはないので我慢します(個人的には「驚きのどんでん返し!」的なあおり文句は禁止にしたいところです)
読後感がよいのが宮部ワールドの特色のひとつでもありますが、デビュー作はおさえましたか?

  「我らが隣人の犯罪」

これは短編で、あちこちに収録されてますが、たいていは看板になってますね。

他には作風は違うものの、宮部さんと同じ日に生まれ(1960.12.23)、同じ年に日本推理作家協会賞を受賞されたという因縁のある、綾辻行人さんはご存知ですか?

  「十角館の殺人」

は後世に残る名作です。
もう一作、島田荘子島田荘司先生の

  「奇想、天を動かす」

も知らないと損です。
島田先生は本作の吉敷刑事以外にも、御手洗潔という作風のがらっと違う秀逸なキャラクターがいますので、こちらもおすすめです。

全作読破していないので申し訳ないですが

  「火車」
  「レベル7」

あたりは特に好きです。
重たい社会派のテーマを一気に読ませてしまう(ご自身はそんなつもりはないとおっしゃってますが)あの筆力はすばらしいです。
どこが良いかあげつらいたいのですが、ネタばれほど興ざめするものはないので我慢します(個人的には「驚きのどんでん返し!」的なあおり文句は禁止にしたいところです)
読後感がよいのが宮部ワールドの特色のひとつでもありますが、デビュー作はおさえましたか?

  「我らが隣人...続きを読む

Q宮部みゆき作品の題名について

いつもお世話になっております。

宮部みゆきさんの作品に関して質問があります。
「模倣犯」「誰か Somebody」「楽園」
これらの作品は、なぜこのような題名が付けられているのでしょうか?

いずれか一作品でもご存知の方がいらっしゃいましたら、
ご教示のほどよろしくお願いします。

Aベストアンサー

宮部みゆきさんが好きで、ほとんどの本を読了している者です。
「楽園」はまだですが…。
ネタばれになってしまいますが、よろしいでしょうか?
また、私の解釈違い、浅い解釈であったら、すみません…。

「模倣犯」は、天才犯罪者とも言える犯人を罠にかけるために、「あなたの犯した事件はセコイ模倣にすぎない」的なことを言い、犯人を怒らせ、本音を語らせる場面があります。そこからきているのだと思いますが。犯人は、「自分は他の奴らとclassがちがう」と思っているかなり自尊心の強い者で、被害者たちを女優、自分を演出家だと例え、自分の創り上げた「舞台」に酔いしれていたので、この言葉には激怒します。

「誰か」は、誰か分からない事件の関係者(犯人を含めて)からきている部分もあると思うのですが、多分、ある臆病な女性がおびえ続けた、心の内にある恐怖(子どもが暗闇にお化けがいると怯えるのと同じです)に対しての一文がラストにあるのですが、そこから来ていると思います。単行本377ページです。自分の言葉でうまく説明できないので…。

 わかりにくい回答ですみません。
 参考までに。

宮部みゆきさんが好きで、ほとんどの本を読了している者です。
「楽園」はまだですが…。
ネタばれになってしまいますが、よろしいでしょうか?
また、私の解釈違い、浅い解釈であったら、すみません…。

「模倣犯」は、天才犯罪者とも言える犯人を罠にかけるために、「あなたの犯した事件はセコイ模倣にすぎない」的なことを言い、犯人を怒らせ、本音を語らせる場面があります。そこからきているのだと思いますが。犯人は、「自分は他の奴らとclassがちがう」と思っているかなり自尊心の強い者で、被害者たち...続きを読む

Q宮部みゆきの江戸物の順番

最近、宮部みゆきさんの江戸物に興味を持って今、おそろしを読んでいます。
次はあんじゅうの予定ですが教えてgooの質問を読んでも、各作品の登場人物がかぶっている場合があるようですね。
そこで教えていただきたいのですが、宮部先生の作品を読む順番を教えてほしいです。
たとえば、おそろし→あんじゅう。はつものがたり→・・・次はなんでしょう。ぼんくら→・・・次は??てな感じです。
他にもいろいろ作品があるようですね。
それとできれば、どの作品が特に面白くて読みやすいかも教えていただければありがたいです。(長編は少し苦手です)
文庫がいいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おちかさんが出てくるシリーズでしたら、「おそろし」→「あんじゅう」→「泣き童子」 です。

「ぼんくら」シリーズは、「ぼんくら」→「日暮らし」→「おまえさん」 のシリーズになっています。

この2つのシリーズは連作になっているので、順番に読んだ方が面白いと思います。

「初ものがたり」は、茂七親分が出てくるシリーズですね。こちらは捕り物帳の雰囲気が一番強い作品ですが、宮部さんお得意の奇談的要素も途中から出てきます。茂七は、ある意味宮部時代劇ワールドの中核をなす人物で、「初ものがたり」での活躍が最も大きいですが、「本所深川ふしぎ草紙」「かまいたち」「幻色江戸ごよみ」「堪忍箱」などにも登場し、「ぼんくら」シリーズにも少し出てきます。(ぼんくらに出てくる政五郎親分は茂七親分の手下だったと言う設定になっています。)茂七親分の作品は、あまり順番は気にしなくても良いです。

あと、短編集の「あやし ~怪~」は、一応どのシリーズにも属していないことになっていますが、ここには政五郎親分が顔を出します。

それ以外に、霊験お初シリーズ 「震える岩」→「天狗風」 があります。割と初期に書かれた作品で、上に挙げたシリーズとはだいぶ色合いが異なり、怪談色が強い作風になっています(霊験お初は、「かまいたち」の中の短編にも登場します。)人情ものよりも怖い作品が好みの人はこちらが良いかも。

全般的に見て、宮部さんの時代物は、初期に書かれたものほど怪談色が強く、最近書かれたものほど人情色が強いような気がします。ご参考にしてください。

おちかさんが出てくるシリーズでしたら、「おそろし」→「あんじゅう」→「泣き童子」 です。

「ぼんくら」シリーズは、「ぼんくら」→「日暮らし」→「おまえさん」 のシリーズになっています。

この2つのシリーズは連作になっているので、順番に読んだ方が面白いと思います。

「初ものがたり」は、茂七親分が出てくるシリーズですね。こちらは捕り物帳の雰囲気が一番強い作品ですが、宮部さんお得意の奇談的要素も途中から出てきます。茂七は、ある意味宮部時代劇ワールドの中核をなす人物で、「初ものがたり...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報