学校の宿題で「18世紀のイギリスの大衆文化」について
レポートを書かなくてはならないのですが
図書館の本にもこれといったものはなく
インターネットで検索しているのですが
なかなか、それについて調べるのに良いページを
見つけることができません。
もし、どなたかイギリスの文化についての
HPを知っていらしたら教えていただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

わたしの場合ですが、講談社現代新書の「大英帝国」という本が、そのテーマに関してとても参考になりました。


学校の図書館にも市町村などの図書館にもなければ、大きな本屋を何軒か回れば売っているでしょうし、もう何百円か節約したいなら、古本屋で新書(新しい本という意味ではなくて本のサイズのことですね)のコーナーをやはり何軒か回ってみれば、この本でなくても関連したテーマの本が必ず見つかると思います。古本なら100円から高くても300円ぐらいです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【歴史・イスラム国が英国イギリスで自爆テロをしない理由】イスラムが自爆テロで狙うべき国はフランスやド

【歴史・イスラム国が英国イギリスで自爆テロをしない理由】イスラムが自爆テロで狙うべき国はフランスやドイツではなく英国イギリスでは?

第1次世界大戦のときにオスマン帝国統一を英国イギリスが約束したのに約束を破ってユダヤ人たちに勝手にイスラエルという土地を中東アラブ諸国を無視して上げてしまったのが歴史上の失敗であり、イスラム人が最も恨むべき国は英国イギリスのはずなのになぜ英国イギリスで自爆テロが起こらないのか不思議です。

なぜでしょう?

アメリカで自爆テロが起こるのは自業自得なので無視しています。

Aベストアンサー

>なぜでしょう?

 彼らの(テロリスト)の
手段的では、セキュリティが厳重で出来ないだけ

 やりやすい方法でやりやすい国で
リスクが、低く成功率が高い方法、場所を考えているから

Q18世紀のイギリスとフランスの国内外情勢

いつもお世話になっています。
現在、課題で18世紀のイギリスとフランスの国内情勢と、外交政策について調べています。大学までほとんど世界史を勉強したことがないため、悪戦苦闘しながら何とかまとまりつつあります。しかし、果たして自分の理解で適切なのかと疑問に思ったり、またなかなか結び付かない部分があります。ちなみに資料は高校の世界史の教科書や参考書を友達に借りました。そこでみなさんにお伺いしたいのですが、タイトルにもありますように18世紀のイギリスとフランスの国内外情勢についての(できるだけ詳細な内容で)参考になるサイト等がありましたら教えてください。また、その分野に詳しい方がいらっしゃいましたら合わせてご教授いただくことをお願いいたします。

Aベストアンサー

 サイトとしてはここがいいかもしれません。

参考URL:http://www.mb.ccnw.ne.jp/hisao11/page.16.html

Qイギリスで昔あったテロ(?)について

カタゴリーが間違っていたらすみません。イギリス、ロンドンの、イーリングという場所で、3~7年前にあった、小規模の爆弾テロについて詳しく知っている方、当時近くに住んでいた方がいましたら、その詳細を教えていただけますか?たしか、夜中に本屋の近くで起こったものだったと思うのですが・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語版のウィキに載っていました。
http://en.wikipedia.org/wiki/3_August_2001_Ealing_bombing

要約すると、

2001年8月3日にイーリングのブロードウェイ通りにて、RealIRAにより、7人の負傷者を出し、
200m以上にも渡って被害をもたらした自動車爆弾テロが引き起こされました。
この爆発はちょうど午前零時過ぎ頃に起こり(いくつかの報告書によるとまだ日が変わる前の8月2日だったとの声もある)、
爆発による直接的な被害の他には、隣接するイーリングブロードウェイショッピングセンター内で、
自動車爆弾の真下にあった水道管が破裂したことによる浸水被害も引き起こしました。

2001年11月、Noel Maguire、Robert Hulme 、Aiden Hulme(RovertとAidenは兄弟)という3人の男が、
英国内の3件の爆弾テロの容疑で逮捕されました。
3件の内訳は、
1件目が2001年3月4日にBBCにて起こされた自動車爆弾テロ、
2件目が本件、
3件目が2001年11月3日にバーミンガムにて起こされた爆弾テロです。

2003年4月8日、彼らは全員中央刑事裁判所(日本の最高裁のようなものだと思います)により有罪判決を受け、
Hulme兄弟が各々禁固20年、テロ計画の首謀者と目されるNoel Maguireには禁固22年が言い渡されました。

またこの3名以外にも、アイルランドのLouth地方出身のJames McCormack、
及び北アイルランドのFermanagh地方Newtownbutler出身のJohn Hannanという2名の男が、
この3名の判決以前に既に容疑を認めていました。
この5名の中でも主犯格だったJames McCormackに対しては禁固22年、
事件当時まだ17歳だったJohn Hannanに対しては禁固16年が言い渡されました。

英語版のウィキに載っていました。
http://en.wikipedia.org/wiki/3_August_2001_Ealing_bombing

要約すると、

2001年8月3日にイーリングのブロードウェイ通りにて、RealIRAにより、7人の負傷者を出し、
200m以上にも渡って被害をもたらした自動車爆弾テロが引き起こされました。
この爆発はちょうど午前零時過ぎ頃に起こり(いくつかの報告書によるとまだ日が変わる前の8月2日だったとの声もある)、
爆発による直接的な被害の他には、隣接するイーリングブロードウェイショッピングセンター内で、
自動...続きを読む

Q17~18世紀のイギリス階級社会について

『高慢と偏見』の年代についての歴史について、調べています。

この時代の上流階級の衣食住などを、調べているんですがなかなか出てきません。
この時代について、詳しい方、また詳しく書かれたサイトなどあったら、教えてください。

Aベストアンサー

少しずれるかもしれませんが↓の本「不機嫌なメアリー・ポピンズ イギリス小説と映画から読む『階級』」がとても面白かったです
イギリスの階級社会のことがいっそうよくわかりました
http://www.heibonsha.co.jp/catalogue/exec/browse.cgi?code=85_273

また ご質問の件で検索したら↓のようなサイトがありました。現在のイギリスについての話が主のようですが 過去のことも 一部書いてあるようです
http://www.tongarashi.com/~michie/anglo/anglobn.html

Qイギリスのテロの被害者情報

私が海外に住んでいた時に親しくしていた友人グループは、多くがイギリス出身で現在ロンドン在の友人も多く、事故後、親しい友人とは短いメールで連絡が取れたのですが、友人の友人(私も以前何度か遊んだ事がある人)が事故に遭遇した恐れがあると言うことなんです。どこかに被害者の名前が載っているHPはありますでしょうか?(日本人ではありません)

Aベストアンサー

ありゃりゃ・・・
改行されちゃってますね^^;
こちらをコピペでどうぞ
http://en.wikinews.org/wiki/Explosions,_'serious_incidents'_occuring_across_London

Q19世紀イギリスの文化

19世紀のイギリスについて調べているのですが、なかなか良い資料がみつかりません。
そこで、もし良い資料があったら紹介していただけませんか。
資料は書籍、サイト、どちらでもかまいません。

調べたい事柄は、
○当時の地名
・・・日本でも、現在と江戸時代では地名が全然違っているように、現在と当時のイギリスの地名の違いが分かるような資料を探しています。
できれば、地図などがついていると良いです。
○庶民の文化
・・・爵位をもらっていない、一般の人の文化が詳しく分かるような資料を探しています。

また、知人から19世紀のイギリスが良く分かるということで『エマ』という漫画を紹介してもらったのですが、漫画(絵)では知りたいことが良く理解できないので、ご紹介していただける資料は漫画以外でお願いします。

Aベストアンサー

19世紀といっても、ヴィクトリア朝とそれ以前では、すこし違うのですが、事典的に使えるものとしては

『エマ ヴィクトリアンガイド』森薫、村上リコ エンターブレイン
『図解 メイド』池上良太、新紀元社
『図説 ヴィクトリア朝百貨事典』谷田博幸 河出書房新社(ふくろうの本)
『英国レディになる方法』岩田託子、川端有子 河出書房新社
『19世紀のロンドンはどんな匂いがしたのだろう』 ダニエル・プール(片岡信訳) 青土社
・『十九世紀イギリスの日常生活』 クリスティン・ヒューズ(植松靖夫訳) 松柏社

といった辺りがありますよ。

Qイギリスの事は英語でなんと言えばいいのか

同じ様な質問が過去にもあるかもしれませんが、
以前から疑問に思っていたことがあり、
今日ニューヨーク同時多発テロのチャリティーコンサートを
みていて改めて疑問に感じたので質問させて頂きます。
コンサートはニューヨークのマジソンスクエアーガーデン
で行われていて、MCはアメリカ人の様です。
そのコンサートに『the who』が出ていたのですが、
from Englandと紹介されていました。
ネットで調べてみたところ『the who』はイングランド地方の
ロンドン出身のようでした。
『the who』が演奏している後ろにはイングランド地方の旗では
無くユニオンジャックがかかげられていました。
日本ではイギリスの事を正式には『グレートブリテン及び
北アイルランド連合王国』というようですが、普通日本で
イギリスと言えば『イングランド地方』の事ではなく
『グレートブリテン及び北アイルランド連合王国』を指すと
思いますが、例えばアメリカ人が『England』という場合
どちらを指しているのでしょうか?人によって違うのでしょうか?
又、日本人が英語でイギリスと言う場合はなんと言えばいいのでしょうか?

同じ様な質問が過去にもあるかもしれませんが、
以前から疑問に思っていたことがあり、
今日ニューヨーク同時多発テロのチャリティーコンサートを
みていて改めて疑問に感じたので質問させて頂きます。
コンサートはニューヨークのマジソンスクエアーガーデン
で行われていて、MCはアメリカ人の様です。
そのコンサートに『the who』が出ていたのですが、
from Englandと紹介されていました。
ネットで調べてみたところ『the who』はイングランド地方の
ロンドン出身のようでした。
『the who』が演奏し...続きを読む

Aベストアンサー

UK, Great Britain, Britainなどいろいろな言葉がありますが、アメリカの日常会話では「England」という言葉がよく使われます。

使う人には大きく分けて二通りの種類があります。
(1)なんとなくイギリズ全土のことかなあと思って使っている人で、日本人に喩えるなら、ニューヨークがアメリカの首都だと勘違いしているヤカラに似ていて、子供ならこういうのが、わりと当たり前だったりする。
(2)Englandはあくまでもイングランド地方だけだと認識している人々。
です。マジソンスクエアーガーデンでMCをやるほどの人は、まず(2)と思って間違いありません。

しかし、それはさておき、そもそもはイギリス人自身が「England」という言い方を好みます。私は以前、電話で相手の「nationality」を英語で尋ねるアンケートを数年にわたりやっていたのですが、イギリスの人はたいてい「English」「Scottish」「Welsh」「Irish」といった言い方をします。稀に「UK citizen」と言う人もいましたが少数派でした。特に、イングランド以外の人の中には、その歴史ゆえに、自分たちが「UK」とか「GB」の一部だと認識することに抵抗がある場合が少なくありません。これは沖縄の人たちが返還後、何年経っても自分たちを「日本人」と分けて考える傾向があったのに少し似ています。

で、一方では、UK/GBがEnglandを中心に発展した(制圧した??)こともあり、Englandの人たちは、んん、イングランド=UKというのとは違うけど、「イングランドもUKも同じようなもんじゃん。北のほうの人たちはその人たちで自由に考えて」みたいなところがあります。なので、ユニオンジャックにも何の抵抗もありません。なので、逆に言えば「イングランド地方以外を指していないのであれば、『イギリス』みたいな意味合いでEnglandと言う」みたいなところがあります。ちょっとわかりにくいかもしれませんけど。

ただですねえ、ザ・フーのバックにユニオンジャックがあったのには、別のわけがあります。「The Who」で画像検索していただければわかりますが、ユニオンジャックは、いわば、このバンドのトレードマークなのです。もともと1960年代には、モッズ・ファッションにユニオンジャックのデザインが大幅に取り入れられていたのですが、その中心にいたのがザ・フーです。私も来日公演では、ユニオンジャック模様のバンダナを買いました(すみません、非公式グッズです)。友人はユニオンジャック柄のジャケットを着て(派手です)ライヴをやっています。パッと見だけでザ・フーのコピー・バンドだとわかります。

何しろ、ユニオンジャックはオシャレです。70年代には、ユニオンジャック柄のロンドンブーツ(厚底の靴ね)が渋谷でも流行りました。もちろん、アメリカでも星条旗の柄を着たり、フランス人はトリコロール模様が好きだったり、イタリア人も旗の3色をデザインに取り入れたりします。日の丸は、ちょっとあっさりしていますが、このように、ファッションが急に派手になった60~70年代には、国旗をモチーフにしたデザインが流行したのですよ。

というわけで、「England=限りなくUKと同義語」という面はなきにしもあらずなのですが、それとは別の意味での、このバンドならではの、ユニオンジャックなのです。

UK, Great Britain, Britainなどいろいろな言葉がありますが、アメリカの日常会話では「England」という言葉がよく使われます。

使う人には大きく分けて二通りの種類があります。
(1)なんとなくイギリズ全土のことかなあと思って使っている人で、日本人に喩えるなら、ニューヨークがアメリカの首都だと勘違いしているヤカラに似ていて、子供ならこういうのが、わりと当たり前だったりする。
(2)Englandはあくまでもイングランド地方だけだと認識している人々。
です。マジソンスクエアーガーデンでMC...続きを読む

Q20世紀前半 イギリスの三枚舌外交

イギリスが行った、フサイン・マクマホン協定、サイクス=ピコ協定、バルフォア宣言が行われた背景を100字以内で説明してください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%B3%EF%BC%9D%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%83%B3%E5%8D%94%E5%AE%9A
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%94%E3%82%B3%E5%8D%94%E5%AE%9A
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%82%A2%E5%AE%A3%E8%A8%80

他の人もみんな丸写ししているだろうから貴方も丸写ししちゃえば?

QEUのテロについて

EUのテロについて
クリスマス前後にイギリスに行く予定です。
アルカイダからのテロ予告がニュースで報道されましたが、今の現状のイギリスの様子を教えてください

Aベストアンサー

フランスかドイツと言ってませんでしたか。
そのニュースは10月4日に出ていたんですが、
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info.asp?num=2010C306

海外安全HPからは消えています。履歴に表示されない。
http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/newest_C.asp

でも在英国日本大使館HPの安全情報にはまだ残っている?
http://www.uk.emb-japan.go.jp/jp/index.html

英国は北アイルランド関係(アルカイダではない)のテロ注意が出ています。

参考URL:http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html

Q19、20世紀のイギリスでの事件

レポートで19または20世紀のイギリスで起きた事件などについてレポートをしなくてはいけないのですがインターネットや書籍等でソースが見つけやすくなおかつ皆さんのオススメの(レポートの題材として)事件等あれば是非教えて頂ければと思います

Aベストアンサー

事件というのが、どのレベルのものを指すのかちょっと判断しかねるのですが、以下に少しですがレポートとして興味深いモノをあげておきますね。

タイタニック号沈没・・・映画のお陰で米国のイメージが強いですが、実はイギリス船籍だったりします。保険金詐欺目的で、ワザと沈没させたとか黒い噂が絶えませんね。有名な事件なので、ソースも多いと思います。

トラファルガーの海戦・・・ナポレオンに対して、英国が制海権を奪取した戦い。その勇名に対してナポレオン戦争上の意義は余り評価されていない。しかし、この戦いの勝利が後の英国の繁栄を導いたとも取れる。歴史的評価について、纏めると良いかも。

ネッシー(Nessie)・・・スコットランドのネス湖で目撃されたとされる、未確認生物の一種。恐竜に似た巨大生物ではないかとする説が有名だが、存在は実証されていない。日本でも、一時ブームになりましたね。

フォークランド紛争・・・英国領フォークランド諸島(アルゼンチン名: マルビナス諸島)の領有を巡ってイギリスとアルゼンチンの間で1982年に行われた戦争。背景が、日本と韓国の竹島問題や、中国との尖閣諸島問題に似ている。絡めて論じると、興味深いかも。


一応、国家レベルのモノから民間レベルのモノまで網羅したつもりですが、いかがでしょうか?
どれもそれなりに有名なので、ソースも多いと思います。

事件というのが、どのレベルのものを指すのかちょっと判断しかねるのですが、以下に少しですがレポートとして興味深いモノをあげておきますね。

タイタニック号沈没・・・映画のお陰で米国のイメージが強いですが、実はイギリス船籍だったりします。保険金詐欺目的で、ワザと沈没させたとか黒い噂が絶えませんね。有名な事件なので、ソースも多いと思います。

トラファルガーの海戦・・・ナポレオンに対して、英国が制海権を奪取した戦い。その勇名に対してナポレオン戦争上の意義は余り評価されていない。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報