4年前にも同様な疑問を持たれた方がおられましたが、回答に納得できません。
私も学校で、「東海道五十三次」の作者は「安藤広重」と習いました。
でも今はホボ全て、「歌川広重」と紹介されます。
本名と画号の違いという事は理解してますが、ナゼ、今ここにきて、「歌川」と名乗らされているのでしょうか?

もしかして、「安藤広重」の方が江戸時代的にはフツーでなかったということでょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

当時の浮世絵の世界で最大勢力であった歌川派。


その門下の歌川豊広に、安藤重右衛門は入門し、
歌川広重の名を与えられました。

>妙な名前で呼ばれている事に、異を唱える人はいなかったのでしょうか?

安藤重右衛門の歌川広重は初代です。
彼が実績を上げ世間に名を広めたため、その名は、
何代かにわたって受け継がれています。
今でも歌舞伎や落語の世界で~何代目襲名~とかありますね。。
現在では初代~、二代目~、と付けるのが一般的なようにも思いますが、より判りやすく、、
安藤重右衛門の歌川広重→安藤広重になったのかもしれませんね。
そういえば、水戸黄門で有名な水戸光圀公も
本当は徳川光圀ですね。、、水戸に住む光圀公でしょうか?
だけど実は、なぜ安藤広重と呼ばれ始めたかは定かでないらしいです。
いろんな説や論議があるそうです。


>ナゼ、今ここにきて、「歌川」と名乗らされているのでしょうか?

近年の研究や議論で、広重の人物像や当時の人々がもつ
名前へのこだわりがより具体化してきました。

広重の家は代々役人(武士)で、現在でいう消防や防衛という仕事でした。
彼もその仕事を受け継ぎ、仕事の時は安藤重右衛門、
画人としては歌川広重と使い分けていたようです。
またこの時代の人は、名前を変えることは一般的だったようです。
広重も 徳太郎・重右衛門・徳兵衛・広重・鉄蔵・一幽斎・一立齋・など
有名になった後も名を変えています。

現在の浮世絵の世界で「東海道五十三次」の作者は、歌川広重と、
歌川派の絵師であることを示さなければならないと認識しはじめたようです。
絵の作者に火消しの安藤の名は、名を使い分けていた広重にとっても失礼です。
美術の世界ではすでに常識化されてきているようですが、
一般に広まった安藤広重の名は簡単にはなくならないですね。水戸光圀公のように、、、。


http://homepage3.nifty.com/motokiyama/tokuu/edo1 …

●雑感(2)-歌川広重と安藤広重-
http://homepage2.nifty.com/ukiyo-e/hiroshige.htm


    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます!
「広重」さんが複数いたとは知りませんでした。
特定する為や、格付けする為に「安藤」姓にしたのでは?
という説も うなづけます。

URLの中にあった、
>広重の東海道が遠近法上実写から離れている
…という指摘で、私は、肉眼で見た写実的な遠近法を使わず、
いわば、一眼レフカメラの超広角レンズでノゾイタ絵を描ける広重さんに、あらためて偉大さを感じました。
確かにそんなような描写の絵があったような気がします。
昔、永谷園のお茶漬けで当たった(古すぎ!)、五十三次カードを また見てみようと思います。 
どこにかたづけたかなあ? 

お礼日時:2007/09/07 21:31

本名と雅号をくっつけた「安藤広重」は間違った呼び方だったということで納得できないんですか。


そうした間違った呼び方の例はほかにもあります。
徒然草の作者は「吉田兼好」でなくて、正しくは「卜部兼好」。

この回答への補足

以前の回答は、
「>安藤が本姓、歌川は画号だそうです。」
でした。

「安藤広重」が、本名と雅号をくっつけた呼びかただとすれば、「広重」が雅号なのでしょうか?

本名と雅号をくっつけた、間違った呼び方だとすると、なぜ昔(せいぜい20年くらい前まで)は違和感持たなかったのでしょう?

広重が活躍してた当事はトウゼン、雅号で呼ばれてたはずなのに…。
それが、妙な名前で呼ばれている事に、異を唱える人はいなかったのでしょうか?

慣れ親しんだ「安藤広重」を、だれが「歌川広重」に今さら変更させてるのでしょう?
もう、「安藤広重」では展示会等 開催されないのでしょうか?

「吉田兼好」を「卜部兼好」にしないのなら、広重も「安藤」でよかったのに・・・。

補足日時:2007/09/06 20:09
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私、浮世絵界に疎い者で、すでに、そう提唱してた人がいたとは知りませんでした。

お礼日時:2007/09/07 21:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歌川広重の作品を見たい!(関東で)

神奈川、東京で
広重の作品を数多く見れる美術館をご存知でしたら教えてください。
できれば、東海道シリーズが見れると嬉しいです。

Aベストアンサー

復刻版ですが
東小金井の農工大学の繊維博物館の53次の揃いがあります。
展示されているかどうかは、直接、聞いてみてください。
広重の現物としては、原宿の太田記念美術館(浮世絵博物館)が都内では有名ですが、広重を現在展示しているかどうかは、かなり可能性がかもしれません。
いい加減な情報で、ごめんなさい。

Q広重の花鳥画

安藤広重(歌川広重)の花鳥画の画像(ある程度大きいサイズ)が見られるサイト、または画集等が閲覧できる図書館等を知りませんか?

大手書店で市販の本を検索しましたが花鳥画についてはほとんど無いようでした。

Aベストアンサー

図柄は、下記のアドレスで確認できます。

この外題をもとに、検索し直してはいかがですか。

参考URL:http://www.amy.hi-ho.ne.jp/kyotohangain/ukiyoe.htm

Q歌川広重について

4年前にも同様な疑問を持たれた方がおられましたが、回答に納得できません。
私も学校で、「東海道五十三次」の作者は「安藤広重」と習いました。
でも今はホボ全て、「歌川広重」と紹介されます。
本名と画号の違いという事は理解してますが、ナゼ、今ここにきて、「歌川」と名乗らされているのでしょうか?

もしかして、「安藤広重」の方が江戸時代的にはフツーでなかったということでょうか?

Aベストアンサー

当時の浮世絵の世界で最大勢力であった歌川派。
その門下の歌川豊広に、安藤重右衛門は入門し、
歌川広重の名を与えられました。

>妙な名前で呼ばれている事に、異を唱える人はいなかったのでしょうか?

安藤重右衛門の歌川広重は初代です。
彼が実績を上げ世間に名を広めたため、その名は、
何代かにわたって受け継がれています。
今でも歌舞伎や落語の世界で~何代目襲名~とかありますね。。
現在では初代~、二代目~、と付けるのが一般的なようにも思いますが、より判りやすく、、
安藤重右衛門の歌川広重→安藤広重になったのかもしれませんね。
そういえば、水戸黄門で有名な水戸光圀公も
本当は徳川光圀ですね。、、水戸に住む光圀公でしょうか?
だけど実は、なぜ安藤広重と呼ばれ始めたかは定かでないらしいです。
いろんな説や論議があるそうです。


>ナゼ、今ここにきて、「歌川」と名乗らされているのでしょうか?

近年の研究や議論で、広重の人物像や当時の人々がもつ
名前へのこだわりがより具体化してきました。

広重の家は代々役人(武士)で、現在でいう消防や防衛という仕事でした。
彼もその仕事を受け継ぎ、仕事の時は安藤重右衛門、
画人としては歌川広重と使い分けていたようです。
またこの時代の人は、名前を変えることは一般的だったようです。
広重も 徳太郎・重右衛門・徳兵衛・広重・鉄蔵・一幽斎・一立齋・など
有名になった後も名を変えています。

現在の浮世絵の世界で「東海道五十三次」の作者は、歌川広重と、
歌川派の絵師であることを示さなければならないと認識しはじめたようです。
絵の作者に火消しの安藤の名は、名を使い分けていた広重にとっても失礼です。
美術の世界ではすでに常識化されてきているようですが、
一般に広まった安藤広重の名は簡単にはなくならないですね。水戸光圀公のように、、、。


http://homepage3.nifty.com/motokiyama/tokuu/edo100_18.html

●雑感(2)-歌川広重と安藤広重-
http://homepage2.nifty.com/ukiyo-e/hiroshige.htm


当時の浮世絵の世界で最大勢力であった歌川派。
その門下の歌川豊広に、安藤重右衛門は入門し、
歌川広重の名を与えられました。

>妙な名前で呼ばれている事に、異を唱える人はいなかったのでしょうか?

安藤重右衛門の歌川広重は初代です。
彼が実績を上げ世間に名を広めたため、その名は、
何代かにわたって受け継がれています。
今でも歌舞伎や落語の世界で~何代目襲名~とかありますね。。
現在では初代~、二代目~、と付けるのが一般的なようにも思いますが、より判りやすく、、
安藤重右衛...続きを読む

Qピアノレッスン時間短縮される ピアノを今年の5月から、習い初めました。小学4年生の娘を持つ母親です

ピアノレッスン時間短縮される

ピアノを今年の5月から、習い初めました。小学4年生の娘を持つ母親です。
ピアノのレッスン時間は、30分です。
18時から、行って前の方のレッスンを聞き、レッスンをしてもらえる時間は、18時30分からか、40分頃。いつも19時には終わります。初めの頃は、よくわからず通っていたのですが、何か月か前に時間がおかしいと思い、レッスン時間の調査を始めたところ、いつも20分でおわりです。待ち時間が、30分から、40分あるなかで、レッスンは、たったの20分。最近モヤモヤが強くなり、先生に、待ち時間が長いので、18時15分にきます。と話すとかまいませんよ。の一言。その日は、30分から、レッスンが始まったのに、50分には、帰される事に。私も憤りを感じ次の日先生に連絡し、うちの子のレッスン時間が、20分なんですが、どうしてでしょうか?と聞きと、前に二人レッスンの方がいるので、どうしても遅れてしまうんです。前の方のレッスンを聞くのも
レッスンです。そして、前の方とお話しが重なる為それもレッスンのうちみたいに話されました。私は、レッスンを始めます。と話されてからが、レッスンだと思います。先生は、遅れるからと言い話しが、平行線になりました。一度電話をきりましたが、納得いかずもう一度かけて、うちの子のレッスンは、前の子の帳尻あわせですか?と話しましたら、配慮が足らずすみません。と言われました。
でも、先生いわく、お話しもレッスンに含みますと言われました。が、前の方と話されてるのを、レッスンに入れられるのは、話しが違います。前の方は、レッスンを2年程されている為、先生が話す事に共通点は、全くありません。
とても、納得いかず、モヤモヤしてます。先生ともう一度レッスンの前に話そうと思っています。子供も短いのをとても気にしております。レッスンには、親も付き添っています。教室を変えるしかないかなと考えてもいますが、どうしようか悩んでいます。アドバイスを下さい。

ピアノレッスン時間短縮される

ピアノを今年の5月から、習い初めました。小学4年生の娘を持つ母親です。
ピアノのレッスン時間は、30分です。
18時から、行って前の方のレッスンを聞き、レッスンをしてもらえる時間は、18時30分からか、40分頃。いつも19時には終わります。初めの頃は、よくわからず通っていたのですが、何か月か前に時間がおかしいと思い、レッスン時間の調査を始めたところ、いつも20分でおわりです。待ち時間が、30分から、40分あるなかで、レッスンは、たったの20分。最近モヤモヤが強くなり...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問の内容を読んでいて気分が悪くなるほど腹が立ちました。考えられない先生ですね。お母様のお気持ちよくわかります。言いにくい立場でありながら納得行かないことをきちんとお話されご立派だと思いましたし、おっしゃる通りです。
一つだけその先生に感心した事は、「前のレッスンを聴講」させておられること。これはとても有意義で良い勉強になります。(今後この教室を続けるのなら)出来たらそれは無理のない範囲で続けるといいですね。

最初に「30分でいくら、」などとの重要事項の説明はありましたか?お話を聞いていると「前の方を聴く時間からレッスンは始まっている、そこから〇〇円」なのかな。
ちまたのピアノ教室では考えららないですね。5分短い、のだってダメです。その子のレベルでピアノ20分が限界なら、ソルフェージュ、音楽のお話、一緒に曲を聴くのだって良いし、自分のピアノを聴かせるのだっていい。
時間は絶対でしょう、お金頂いているなら。信用に関わります。

その先生、そんなにお力(生徒を伸ばす)あるんですか?
他におられませんか?
ちょっとアンテナを張っていたら、ピアノ教室はたくさんあると思うのですが。発表会をみると、先生のレベルなどわかるものですがね。
なかなかいい先生に巡り会えるものでもないので、今の先生以上の先生が見つからないようなら、今一度お互いよく話し合って、続ければ良いと思います。すぐに関係修復は出来ないでしょうが、「それでもこの先生!」と思うのなら、誠心誠意接していれば必ず心は通じ合うものです。

でも、この先生の人間性どうかな、と思いますね。お母様は間違っていません。お子様もお母様もかわいそう。さっさとお辞めになったら、とも思います…
ピアノの先生もピンキリで、良い先生に習うと習わないでは全く違いますから。お子さんのために、がんばって!

ご質問の内容を読んでいて気分が悪くなるほど腹が立ちました。考えられない先生ですね。お母様のお気持ちよくわかります。言いにくい立場でありながら納得行かないことをきちんとお話されご立派だと思いましたし、おっしゃる通りです。
一つだけその先生に感心した事は、「前のレッスンを聴講」させておられること。これはとても有意義で良い勉強になります。(今後この教室を続けるのなら)出来たらそれは無理のない範囲で続けるといいですね。

最初に「30分でいくら、」などとの重要事項の説明はありました...続きを読む

Q歌川広重の「東海道五十三次」の所在地は?

歌川広重作の東海道五十三次(江戸~京都)について伺います。
1. それぞれの宿場+2種の絵で55種類あるようですが、これは一種類につき一枚存在するのでしょうか?版画のように複数枚存在しませんか?
2. 55枚全ての所在地が分かる一覧表はありますか?

Aベストアンサー

歌川広重の東海道五十三次は版画です。
版元(出版社のようなもの)が広重に下絵を描かせ、彫師が版木を彫り、刷師が大量に刷って販売されました。
今で言えば雑誌やポスターのようなものです。
そのためぞんざいに扱われ、現在まで残っている数はそれ程多くはないでしょう。
しかし後の時代に復刻されたものもあります。
収蔵している美術館などには、1セット全てを揃えているところもあるかもしれませんし、1部分だけを収蔵しているところもあるでしょう。
その辺はご自分で検索して調べてください。
ちなみに広重のオリジナルの下絵はすでに紛失していると思われます。

Q歌川国芳の本

「みかけはこはいがとんだいいひとだ」の載っている本が欲しいです。

ネットで検索してみましたが題名に「春画」とか「妖怪」などと入っているものに上記のお笑い的絵が入っているものかどうか判断つきません。
なんという本を手に入れればよいのでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

国芳について網羅的に編まれたものであれば大抵収録されていますし、あとは浮世絵の戯画・狂画をテーマにしたものであれば紹介されていると思います(図版が挿入されているかどうかは資料の目録データで確かめた方がいいです)。たとえばですが、

歌川国芳 / 歌川国芳 [画] ; 日本アート・センター編
東京 : 新潮社, 1998 (新潮日本美術文庫 ; 22)

国芳 / 歌川国芳 [画] ; 鈴木重三編著
東京 : 平凡社, 1992.6

国芳 / [歌川国芳画] ; 浅野秀剛, 吉田伸之編
東京 : 朝日新聞社, 1997. (浮世絵を読む ; 6)

国芳の狂画 / [歌川国芳画] ; 稲垣進一, 悳俊彦編著
東京 : 東京書籍, 1991.10

など。
「みかけはこわゐがとんだい々人だ」は御伽草紙の『朝比奈物語』をテーマにした作品で、手法的には”寄せ絵” ”はめ絵”といわれるものです。とっても有名な作品ですし、国芳や戯画・狂画の世界、浮世絵とイタリアルネサンスの影響などを語るためにはなくてはならない資料です。

あとは歌川国芳や戯画・狂画のテーマ展示を行った美術館から画集が発行されています。こちらは書店ではなく美術館に問い合わせをすれば購入できると思います。

それでも中身を見ないと不安…ということであれば、お近くの図書館(アートライブラリーならなお良し)で現物を確認してから購入されてはいかがでしょう?

お力になれましたら幸いです。

国芳について網羅的に編まれたものであれば大抵収録されていますし、あとは浮世絵の戯画・狂画をテーマにしたものであれば紹介されていると思います(図版が挿入されているかどうかは資料の目録データで確かめた方がいいです)。たとえばですが、

歌川国芳 / 歌川国芳 [画] ; 日本アート・センター編
東京 : 新潮社, 1998 (新潮日本美術文庫 ; 22)

国芳 / 歌川国芳 [画] ; 鈴木重三編著
東京 : 平凡社, 1992.6

国芳 / [歌川国芳画] ; 浅野秀剛, 吉田伸之編
東京 : 朝日新聞社, 1997. (浮世絵を読む ; ...続きを読む

Q歌川広重の東海道五十三次の「宮 熱田神事」についての質問です。

歌川広重の東海道五十三次の「宮 熱田神事」についての質問です。

絵の左上の焚き火の煙は一体、どういった技法で摺られているのでしょうか?

また、煙の炎の表現で橙のものや黒いものがあるのですが、これは初摺、後摺(これもよくわからないのですが)によるものなのでしょうか?

他にこの絵について何か情報があったら、お願いします。

いろいろと資料を探してみたのですが、この絵に関するものがなかなか見つけられなかったので、ここで質問させてもらいました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「宮 熱田神事」の煙に使われている顔料は「丹(たん)」ではないでしょうか、作品を見たところ手前の鳥居にもこれと同じ色が使われていますね。
思えば浮世絵の色彩に「丹」はとても欠かせない色であったらしく、初期の「丹絵(たんえ)」に始まり、明治の版画に至るまでその利用は永きに渡っています。
調べてみたところ、丹という顔料は鉛を焼いて作るものらしく、加熱の時間で黄、オレンジ、赤とさまざまな色を作ることが可能なようです。
「宮 熱田神事」の煙の色が鮮やかなオレンジから錆色まで色が異なるのも、この鉛の加熱時間の差によって生じたものと考えられます。
推測ですが、鈍い錆色は鉛を過度に加熱した結果生じた色で、丹を使用している版画はこの錆色が強いものほど後摺の可能性が高いのではないかと思います。

黒猫の究美
http://blogs.yahoo.co.jp/mishima_doo

参考URL:http://www.mfa.org/collections/search_art.asp?coll_keywords=Atsuta+shinji

Qゴッホと広重

ゴッホが広重の版画を真似した絵を見ました。
よく似ているとは思うのですが、なんとなく違います。
どこがどう違うために違和感を感じるのでしょうか?

真似して描くのならば、もっとそっくりに描いてもいいのではないかと思うのですが、真似≪しきれなかった≫のでしょうか?真似≪しなかった≫のでしょうか?

私が見たのは『大はしあたけの夕立』を真似したものです。

Aベストアンサー

裏づけのない私見(想像)です。

とりあえず「亀戸梅屋舗」の方はご存知でしょうか。
gooで「広重 ゴッホ 大はしあたけ」で検索すると多分最初のサイトに、良いものが出てきますのでご覧下さい。「大はしあたけの夕立」と共に広重・ゴッホの作品を並べたものです。

これを見ると、亀戸の方はかなり忠実に写していると思います。版画と油絵という、完全な模写が不可能であるという前提を考えればよくこれだけ根気良くやったな、と感心するくらいに。
なので”基本的には”真似できなかったのではないと思います。やろうと思えばもっと似せることは出来たでしょう。しかしそれをしなかった。何故か。

先に書いたことをひっくり返すようですが、その理由は「しかし"大はし”の方にはどうしても真似出来ない部分があった」からではないかと思います。それがどこかというと「雨の表現」です。見るからに雨が主役ですよね、この絵の場合。
この雨の表現は油絵では出来ないのではないでしょうか。常識外れなほどびっしりと、雨の線が描き込まれていますよね、広重は。これが絵になるのは広重の技量でもありましょうが(そして日本の彫師、刷り師もエライ!)、版画だから、ということも大きいような気がします。

わたしは油絵に触ったこともない人間で、技法などには全く無知ですが、油の粘っこさ(少なくとも日本画、版画よりはそうでしょう)で細い線を真似して描いてみても、同じ効果は出せないような気がします。その辺りに限界がある以上、きっちり忠実であることを主眼におくことはなかったかもしれません。
雨を自分の描き方で描くのなら、バランス上、他の部分もいじらなきゃならない。他は忠実、しかし雨だけが、だと全体的なバランスを崩すような気がする。

一般的に模写の目的はおそらく「技能の習得」ですよね。しかし版画と油絵の違いということを考えた場合、盗めるものは限られていると思います。この場合で一番参考にしたいと思っているのはおそらく構図。そう思って見てみると、構図はかなり忠実です。
わたしとしては、川面の描き方をもっと「忠実」にしてくれていたら、もっと自信を持って私見を主張出来るのですが、川面を描くのは少なくとも雨よりは前ですからねー。なので「”忠実”を主眼に置いたものではなかった」という風に逃げなければいけないわけです(^_^;)。
もっと言えば、わたしのストーリーとしては、下半分は忠実を心がけていたけれども、川面に移る辺りで「雨が描けないぞ」と気付き、諦めてそこから自分の描き方に変更していった、という風にしたいんですけどね。ただこうなるとすでに物語なので……

結論として「完璧に写すことは不可能だった。しかしもっと似せることは出来たはずだった。でもゴッホはそれを選ばなかった」
……ということでどうでしょう?

裏づけのない私見(想像)です。

とりあえず「亀戸梅屋舗」の方はご存知でしょうか。
gooで「広重 ゴッホ 大はしあたけ」で検索すると多分最初のサイトに、良いものが出てきますのでご覧下さい。「大はしあたけの夕立」と共に広重・ゴッホの作品を並べたものです。

これを見ると、亀戸の方はかなり忠実に写していると思います。版画と油絵という、完全な模写が不可能であるという前提を考えればよくこれだけ根気良くやったな、と感心するくらいに。
なので”基本的には”真似できなかったのではないと思い...続きを読む

Q作品番号

作品番号

ブラームス交響曲 第1番 ハ短調 作品68

この作品番号は、いつ、誰が、どのように付与したのでしょうか。

また、作品1の曲と作品最大番号とその該当曲を教えてください。

Aベストアンサー

前の回答者さまに対する補足を見ました。
作品番号は多くの場合、出版順に付けられます(一部例外あり)。
ですので、普通に出版されていけば、ほぼ作曲年代順にならぶのですが、何かの都合で出版が遅れると初期作品でも大きな作品番号が付きます。

作品番号は作曲者ごとに付けられますので、当然色んな作曲家で作品1とか作品68というものがあります。
また作品番号をつけていない作曲家もいますね。作品の絶対数が少ない場合は特に顕著です(マーラーとか)。
それから独自の番号を持つ作曲家もいますね。
シューベルトのD(ドイッチュ番号)、バッハのBWV(Bach-Werke-Verzeichnis)、ヘンデルのHWV(Handel-Werke-Verzeichnis)、ハイドンのHob(ホーボーケン)、スカルラッティのK(カークパトリック)、モーツァルトのK(ケッヘル)等。

ちなみにベートーヴェンの作品番号の最終は、弦楽四重奏曲第16番で、Op.135です。
なお、作品番号は135までですが、実際の作品数は当然もっと多いです。作品番号のない作品(WoO等)や、同一作品番号で複数あるもの(Op.18の弦楽四重奏曲は6曲あります)があるので、作品番号=作品数、ではありません。

前の回答者さまに対する補足を見ました。
作品番号は多くの場合、出版順に付けられます(一部例外あり)。
ですので、普通に出版されていけば、ほぼ作曲年代順にならぶのですが、何かの都合で出版が遅れると初期作品でも大きな作品番号が付きます。

作品番号は作曲者ごとに付けられますので、当然色んな作曲家で作品1とか作品68というものがあります。
また作品番号をつけていない作曲家もいますね。作品の絶対数が少ない場合は特に顕著です(マーラーとか)。
それから独自の番号を持つ作曲家もいますね。
シ...続きを読む

Q小学校、中学校及び高等学校の音楽の教科書は、教育芸術社、音楽之友社及び

小学校、中学校及び高等学校の音楽の教科書は、教育芸術社、音楽之友社及び教育出版の3社体制がよいと思いますか。

Aベストアンサー

小学校の音楽教科書は、東京書籍も出版しています。
現在音楽之友社は、小中学校の音楽教科書は出版していません。高校のみです。

憶測ですみませんが、小中学校では教育芸術社のシェアが圧倒的、高校では音楽之友社が圧倒的になっているのではないかと思われます。

>3社体制がよいと思いますか。

とのご質問ですので、これは、「ほぼ独占的な市場でよいのか」という質問と解釈させていただきました。

実は、来年度から発足する新しい学習指導要領の、音楽の解説書は、教育芸術社から発行されています。
正直、「いいのかよ」と思ってしまいました。
しかし、音楽は教科書としての営利はほとんど望めない(児童生徒数の減少、授業の時間数の減少によるニーズの減少)ことなどから、新たに「うちが教科書を作る」と手を挙げる会社が出現することは考えにくい現状です。

また、教科書不要とも思われるわがままな授業が最も行われるのも、音楽という教科です。
多くの問題の根は深いのですが、ほとんどの国民にとって興味を持たれないジャンルのようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報