音響における言葉で、クロスーバーポイントとはどういう意味なのか?
イコライザーと関係があるようなのですが教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はじめまして♪



文字通り、「クロス」する「ポイント」を表現します。 しかし大根を上下に分ける為に包丁でスパッと切ったようには成りませんので、斜め切りの様な感じですから、お互いに切り口が前後する「オーバラップ」部分があるものです。

一般的には周波数分割に使われる言葉で、例えば1KHzから下だけ、上だけの場合、周波数分割回路(ネットワーク)が1KHz未満は500Hzから徐々に減衰させ、1KHz以上は2KHzから徐々に減衰させたりします。

ちょうど、良い具合に交わる部分がクロスオーバーポイントと言います。


スピーカーの場合はユニットごとの特性がありますので、回路上で低域ユニット(ウーファー)が500Hzからの減衰、高域側(ツイター)は2KHzから減衰って事もあります。
電気回路上では500Hzから2000Hzまでが減衰しすぎですが、ウーファー側が個体特性として1KHz付近にピーク、ツイーターが1.5KHz付近にピークなんて場合は、トータルとして出てくる音は良いバランスに成ったりしますね。
(片方のユニット未配線で測定したら、総合的にオッケーでしょう)

スピーカーの場合はユニットの特性と回路の遮断特性から、実際のクロスオーバー周波数が変わってしまう事が一般的です。

グライコやパワーアンプの前でクロスさせるアクティブクロスオーバーネットワーク(一般的にはチャンネルデバイダー)は、電気信号の段階で周波数分割します。

スピーカー側のコイルとコンデンサー等からのネットワーク回路はユニットの個性も含めて構成されている場合が多いので、それぞれメリットとデメリットが存在し、一概に優劣は決めかねますね。

まぁ、そんなものですよ(^o^)
    • good
    • 0

スピーカーでフルレンジユニットでない場合、各ユニットの


担当する周波数帯の境目の事です。ネットワーク(HPF、LPF、
BPFなど)で各ユニットに特定の音域を振り分ける場合にクロ
スオーバーポイントがどこになるのかが問題になりますが、
ネットワークなしの場合はどこがクロスオーバーポイントに
なるのかははっきりは定まりません。ネットワークでの位相
回転を嫌ってそのような作りにする事もあります。

ちなみに、イコライザーの場合もスピーカーと同じで、分割
帯域の境界点をクロスオーバーポイントといいます。

TGY
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクロスオーバー。

クロスオーバーという技あるのでですか??
クロスオーバーはどのような技ですか??
知っている方がいたら教えて下さい!!

Aベストアンサー

こんにちは。

クロスオーバーはドリブルを左右に素早く切り返すことです。
足の下を通すレッグスルー、背中の後ろを回すビハインドザバックなどもクロスオーバーの一種です。

Q「単体フォノイコライザー」、それとも「フォノイコライザー内蔵のアンプ」?

 現在、アナログ・レコード用に、オーディオテクニカの「AT-PEQ3」というフォノイコライザーを使用しています。 しかし、最近、音質的にもの足りない感じがしてきて、(A)「単体フォノイコライザー」の情報収集をしているところです。

 他方、現在使用しているプリメイン・アンプにも不満が出てきて、(B)「フォノイコライザー内蔵のアンプ」の情報収集も始めました。 (B1)デノンの「PMA-2000(4)-N」と、(B2)マランツの「PM-17SA ver.2」が良さそうな感じがしています。

 そこで、予算が10万円ほど(もちろん分割払い)という場合、上記の(A)と(B)のどちらが良いか、判断に困っています。 私が住んでいるのは地方都市で、比較試聴が困難なので、全国の皆様のお知恵を拝借したいのです。

 よく聴くジャンルは、第1に、ポップス(とくに、女性ボーカル)、第2に、クラシックです。

 また、現在使用している機器は、つぎのものです。
(アナログ・プレイヤー) テクニクス SL-1200 MK4
(カートリッジ)     スミコ Pearl
(フォノイコライザー) オーディオテクニカ AT-PEQ3
(プリメイン・アンプ) (1)城下工業 SW-T10
   (2)バクーンプロダクツ SCA-7511KR(100V仕様)
(スピーカー) ビクター SX-LT55

 現在のアナログ・プレイヤーの音質を考えると、10万円の「単体フォノイコライザー」はもったいない気もして、「フォノイコライザー内蔵のアンプ」をも選択肢に入れました。

 たいへん長文になり、申し訳ありませんが、アドバイスを宜しくお願いします。

 現在、アナログ・レコード用に、オーディオテクニカの「AT-PEQ3」というフォノイコライザーを使用しています。 しかし、最近、音質的にもの足りない感じがしてきて、(A)「単体フォノイコライザー」の情報収集をしているところです。

 他方、現在使用しているプリメイン・アンプにも不満が出てきて、(B)「フォノイコライザー内蔵のアンプ」の情報収集も始めました。 (B1)デノンの「PMA-2000(4)-N」と、(B2)マランツの「PM-17SA ver.2」が良さそうな感じがしています。

...続きを読む

Aベストアンサー

前回はどうも。

まず、単品フォノイコかプリメインか、ですが、バクーンの製品を聴いたことがありませんのでその点を含んで頂いた上で、今後レコードを継続的に発展させていくなら単品フォノイコ、CD中心ならプリメインをお薦めします。
利便性という点でもレコードが永続的なメディアでないことは確かですから、本気で趣味として続けられるのでない限り、単品で購入されると将来ムダになる可能性があります。

プリメインですが、私のイメージではDENON=豚骨ラーメン、marantz=硬水ミネラルウォーター、という印象です。豚骨は毎日食べ続けるには濃すぎ、ミネラルウォーターも硬度が高すぎます。たまに口にする分には、口当たりが変わって良いのですが....

10万円クラスのプリメインであれば、ヨーロッパ系の製品や、日本であればCECなども候補に入れられてはいかがでしょうか。ヨーロッパ系の製品は、概して音楽性が高く、良い耳で設計されていることの分かるものが多くあります。

いずれにしても、評論家や店員、マニア、あるいは某巨大掲示板の意見だけでお決めにならないでください。お好みのソフトを持って、できるだけご自身の耳で聴きにいかれるのが最良です。オーディオショップの少ない地域の方には辛いかも知れませんが(私のところもそうですが)、10万円の無駄金を使うより、5000円の交通費の方がよほど有意義だと思いますよ。

前回はどうも。

まず、単品フォノイコかプリメインか、ですが、バクーンの製品を聴いたことがありませんのでその点を含んで頂いた上で、今後レコードを継続的に発展させていくなら単品フォノイコ、CD中心ならプリメインをお薦めします。
利便性という点でもレコードが永続的なメディアでないことは確かですから、本気で趣味として続けられるのでない限り、単品で購入されると将来ムダになる可能性があります。

プリメインですが、私のイメージではDENON=豚骨ラーメン、marantz=硬水ミネラルウォーター、...続きを読む

Q2wayクロスオーバー

2wayクロスオーバーについて、

2wayクロスオーバーをツイーターとミッドに取り付けようとしているんですが、クロスオーバーのΩは4Ωです。これに対してツイーターとミッドは二つとも8Ωです。
この場合、合成インピーダンスは4Ωになって、使用可能なのですか?

Aベストアンサー

ネットワーク回路はこのセパレートスピーカー付属の物ではないのですか?
付属の物ではないのならば使わないでください。
ネットワーク回路は指定ユニット専用設計となっています。
ネットワーク回路に汎用性はありません。
他の物からの流用は百害あって一利なしです。

なおミッドレンジ(ウーハー)とツイーターがともに8オームであった場合
ネットワーク回路を介してその両者を繋げば合成インピーダンスは8オームのままです。
ネットワーク回路を通すことでウーハー、ツイーターにふさわしい音域に分割します。
ウーハー、ツイーターが重なり合う帯域がなくなるので抵抗値の合算は成立しません。

Q音響のケーブルについて

音響について質問したいのですが、当方全くの素人です。

Yパラ(ケーブル)と言うのがありますが、あれは電気的に問題無い(音が小さくなるとかノイズが乗るとか)無いのでしょうか?

また、その逆ってアリなんですか?
2つのアウト端子(プレーヤーのLとR)から、一つのアンプ付きスピーカーの入力へ行くとか?(Yパラを逆向きにしたような‥)それだとミキサーいらない事になります???

トンチンカンな質問で済みません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして♪

片方が1端子で もう片方が2端子の 分配用ケーブルですね。

逆に使うと、機器が壊れる場合もありますので、利用不可です。

具体的には、出力端子同士がショートしてしまいます。 他の機器へ電気信号を送る端子に、別の電気信号が加えられる事は回路上想定されていませんので、プレーヤー内部の出力回路が壊れる可能性が出てきます。

入力側ですと、入ってくる信号を受けるだけですので、入力端子同士がショートしても問題がほとんど無いわけです。

Qクロスオーバー

クロスオーバー
どう言うのがクロスオーバー
して行けば良いと思いますか?
貴方の考えを教えて下さい
お願いします

Aベストアンサー

アメリカのMarvel社では、X-MENやスパイダーマンといったヒーローもののコミックを多数出版しており、これらの作品はすべて同じ世界観の中でのお話という扱いになっています。
複数のヒーローたちが協力・対立しあう漫画やゲームも実際にいくつか制作されていますが、実写映画の分野ではまだそうした作品が無いので、それぞれ個別の作品の映画そのままのキャストで、豪華なクロスオーバーものの実写映画が観てみたいですね。

Q音響関連のパーツを売ってるお店

電解コンデンサ、プラグ・ジャック、ケーブル等音響系のパーツが安く売ってるお店は秋葉原にあるでしょうか。
コンデンサはここ!の様な。勿論全てが強いと言う店はないでしょうけど...

Aベストアンサー

電解コンデンサ>千石電商(地下1F)、若松
プラグ・ジャック>ガード下  安いものは千石
ケーブル>小柳出(オヤイデ)
フィルムコンデンサ>海神、若松

Qクロスオーバー帯域

クロスオーバー周波数の意味は知っていますが、クロスオーバー帯域とはどういう定義なのでしょうか?

「クロスオーバー帯域の位相差を無くす(少なくする)必要がある」とよく言われますが、どこからどこまでを指すのか分かりません。
例えば2ウェイの場合、LFとHFの振幅が同程度であれば、なんとなくこの辺からこの辺までかな?!とは思いますが、LFのほうがHFより振幅が大きい場合はどこを指すのかよく分かりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

クロスオーバー帯域(crossover spectrum)ではなくクロスオーバー領域(crossover region)ではないでしょうか?
気になったので””でくくって少し厳密にGoogole検索してみました。
"クロスオーバー領域" 17,200 件
"crossover region" 74,700 件
"クロスオーバー帯域" 12,700 件
"crossover spectrum" 848 件
これを見ると、crossover region圧勝ですが、日本語においては何故か"帯域"という表現も多く使われています。

region(リージョン)はDVDのリージョンコードにも用語として使われていますが、元々前提として明確な境目が無い場合に使われます。
クロスオーバー帯域がクロスオーバー領域の誤用だとすれば、領域 をもっと日常的な言葉に置き換えてクロスオーバー周辺 あるいはクロスオーバー一帯と解釈すれば良いでしょう。

定義は、”明確な境目が無い曖昧な範囲”という事です。
カットオフ周波数は-3dBと定義されています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%AE%E6%96%AD%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%95%B0
理論上ではクロスオーバーはハイカットローカットそれぞれのカットオフ周波数が一致するように設計されますが、ワザとカットオフ周波数を一致させなかったりフィルター特性を-6,-12,-18dB/Octではなくしたりで音作りするスピーカーシステムも多く存在します。
これらはカットオフ周波数=クロスオーバー周波数 ではありません。
カットオフ後の低音用スピーカーと高音用スピーカーをそれぞれ測定して、周波数特性カーブが交わる辺りを実質上のクロスオーバー周波数とします。ここでも「辺り」という曖昧表現を使いましたが、能率の高い方にアッテネーター(減衰器)を入れてレベル調整する事になりますが、どの程度減衰させるかによって交差する周波数は変わります。クロスオーバー周波数付近でスピーカーユニットの特性が凸凹なら交差は1点だけでなく3点交差5点交差もあり得るでしょう。

また、位相差についてですが、ユニットの位置が違うのですから2次元の机上の計算では位相差が無くても3次元では位相差が発生します。
2KHzだと波長が17cm、8.5cmで半波長 つまり180度位相がずれます。測定用マイクから低音用のスピーカーと高音用のスピーカーの距離が8.5cm違う地点で測定すれば低音用と高音用で逆位相となりマイクの振動板上で打消しが発生してしまいます。このようにカタログ等に添付されるスピーカーの周波数特性というのは測定点での特性でしかないものです。人の耳は幸いな事に2つあり両耳が同時に同じ位相干渉を受けることは先ず有りませんし、固定されたマイクと違い、ほんの数センチの動きで状況が変わりますし、さらに僅かに遅れて到達する壁などからの反射音を利用して本能的に より良く聞こえるように脳内で修正を掛けていますのでカタログデータ通りの特性で聞く訳ではありません。多点測定という方法もありますが、人間の耳を信頼して調整される方が普通です。
理論的な事は大いに利用すれば良い。ただ、振り回されてはならない。また、測定については現状と食い違う問題が多々有り、一例としての参考にしかならない。それを踏まえて人(自分)が決める。スピーカーシステム、特にクロスオーバーとかレイアウトについては、そうだと思います。

クロスオーバー帯域(crossover spectrum)ではなくクロスオーバー領域(crossover region)ではないでしょうか?
気になったので””でくくって少し厳密にGoogole検索してみました。
"クロスオーバー領域" 17,200 件
"crossover region" 74,700 件
"クロスオーバー帯域" 12,700 件
"crossover spectrum" 848 件
これを見ると、crossover region圧勝ですが、日本語においては何故か"帯域"という表現も多く使われています。

region(リージョン)はDVDのリージョンコードにも用語として使われていますが、元々前提とし...続きを読む

Q音響の○.○chってありますよね?

音響の○.○chってありますよね?

あれについてなんですが。


自分の家は5.1chまでの環境しかないことが分かりました。

自分が見ようと思ったブルーレイは6.1chでした。

1ch分足りない事になりますが、この状態で6.1chのブルーレイを再生するとどうなりますか?

Aベストアンサー

5.1chの再生が出来る音響装置で、6.1chあるいは7.1chなどを再生すると、アンプが自動的にダウンミックスしてくれます。
足りない1ch分の音声は再生されないのではなくて、左右のリアスピーカーに割り振られます。これは7.1chを再生した時でも同じで、左右に割り振られます。
5.1chのDVDやブルーレイを、テレビの音声入力端子に直接接続して再生すると、2chのステレオにダウンミックスされてテレビから聞こえてくるのと同じです。

Qカーオーディオのクロスオーバーに関して

カーオーディオのクロスオーバーに関して

クロスオーバーの調整で質問させてください。予定のシステムではこの機能がアンプにも、スピーカーにも、プロセッサーにも全て付いています。今の所、デッキからリモコンで調整できるプロセッサーのクロスオーバーでのみ調整し、アンプとスピーカーのプロセッサーはオフにしておけばよいと考えておりますが、性能を一番発揮できる方法としてこれで間違いないでしょうか? ちなみにデッキはカロッツェリアのDEX-P01?、プロセッサーはDEQ-P01?、スピーカーはJBLの560GTI,アンプはPhase Opus150.4です。回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

オーディオは性能ではなく好みです!(キッパリ!)
クロスオーバーも同じ設定(厳密にはスロープは全く違うけど)でもデジタルとアナログでは違って聞こえます。

性能では判断できない部分かと思いますので、実際に接続して決めても良いのではないでしょうか?

またソースやソースのジャンルによっても違いが感じられると思いますので確認が必要です。

デジタルですと色々なセットが作成切り替えできて面白いのですがアナログクロスオーバーの音も捨てがたいし、こればっかりはご自身の耳が決めることだと思います。

Q音響システムのメーカーの違いについて教えてください

アパート住まいなので、あまり本格的なホームシアターはいらないのですが、音響システムを購入したいと思っています。
安いのを見ると2~3万円台で売っていますが、同じ位の値段でもメーカーによって違いが大きいのでしょうか?
ちなみに今検討しているのが、シャープのと音響ので迷っています。シャープのほうが5千円位安かったです。

Aベストアンサー

安い価格ですと、コスト制約の関係から、
各社は自社の音を追求できない場合がほとんどです。
よって、音的にみればメーカーによる違いというよりは
製品ごとの違いということになります。
シャープの製品は、型番がわかりませんが、1bitアンプ
内蔵でしたら素性は期待できます。これはすばらしい技術です。ただ、付属スピーカーがしょぼいので
どこまでアンプの実力が反映されるかは難しいところです。
結論としては
・音の差は出にくいので、デザイン、操作性、機能で
選ぶ。
 がよろしいかと。


人気Q&Aランキング