最新閲覧日:

5、6年前にコバルト文庫から出ていた藤本ひとみせんせいは今何をしているのでしょか?今も本を書いているのでしょうか?もう、コバルト文庫から本を出さないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

あんまり参考にならないと思いますが、私も昔藤本先生の「マリナシリーズ」が好きだったので、あれって未完ですよね。

1年以内に続きを出しますとか最後の本に書いてあったので、それくらいにコバルトの編集に電話をして聞いたことがあります。返事は…たぶんもうコバルトでは書かれない可能性が多いというような返事でした。確かにその当時もう「マリナシリーズ」のシャルルはハードカバーの本に大人として出ていましたし。以後の活躍を考えるともう少女小説は書かれないのではないでしょうか。
でもあのあとマリナとシャルルはどうなるんだろう…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。私もまりなシリーズが大好きで久しぶりにしまっていた本をひっぱりだして読んだんです。
あのあと、どうなるかわかんなくて・・・。できるなら、まりなシリーズだけでも完結してほしいです。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/17 07:33

インタビューで「(コバルトでの)読者が成長していくのに合わせて小説を書きたい」とおっしゃっていた覚えがあります。


執筆の場はほぼ完全にハードカバー、文芸書にうつってしまったのではないでしょうか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
コバルトで未完の作品があるので気になっていたんです。

お礼日時:2001/02/17 07:35

参考URLに1998から2000年までの著書の明細が掲載されています。



新刊情報
~文芸書~
1月25日発刊
  「ジャンヌ・ダルクの生涯」(講談社)
  「マリー・アントワネットの生涯」に続く、女性のサクセスと人生をたどった歴史エッセイ。
取材写真(カラーおよびモノクロ)68点収録。オルレアンのジャンヌ・ダルク・センターの協力により、豊富な資料をえて描き出された新しいジャンヌ像に注目。
はたして奇跡は、おきたのか!?
 
~連載~
1月号より連載開始
  NOVARK(ノヴァーク)(ノヴァ出版局)
 
エッセイ「パンドラの娘」
  IN☆POCKET(講談社)連載中
歴史エッセイ「悪女の生まれる時」
  婦人公論(中央公論新社)連載中
詳細はこちらです。
http://www.fides.dti.ne.jp/~hitomimc/newbook.htm

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~wf3r-sg/ltfujimoto.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
コバルトで未完の作品があるので気になっていたんです。

お礼日時:2001/02/17 07:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報