【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

こんにちは。
「地面」の「地」は「ち」に点々なのに「じ」と書きますよね?
「鼻血」の「血」も「ち」に点々なのに「ぢ」と書きますよね?
なぜ同じ「ち」に点々なのに「じ」と「ぢ」に分かれるんですか?
同じような例は他にもありそうな気がします。
ご存知の方いらっしゃったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

他の人の話をまとめるとこんな感じかな:


・「地」の方にはもともと「ぢ」の音があって, これが新かなづかいで「じ」に置き換わる.
・「血」の方は「ち」の発音しかない (「ぢ」の発音がない) ので, 連濁しても新かなづかいでは「ぢ」のまま.
    • good
    • 3
この回答へのお礼

まとめてくださってありがとうございます。

お礼日時:2007/09/21 17:45

「地」を漢和辞典で引くと、



【地】-常用漢字
[画数]6画
[区点]3547[JIS]434F[シフトJIS]926E
[音訓]チ・ジ・つち
[名乗り]くに・ただ・つち

とあります。「音訓」のところに「チ」だけではなく「ジ」もありますよね。
地面、築地、布地などの「Ji」は、「チ」が発音しやすいように濁ったわけではなく、もともと「ジ」という読み方があり、それを採用しているわけです。ですから、振り仮名としては「ぢめん」「つきぢ」「ぬのぢ」ではなく、断じて「じめん」「つきじ」「ぬのじ」なんですよね。

それに対して「血」を漢和辞典で引くと、

【血】-常用漢字
[画数]6画
[区点]2376[JIS]376C[シフトJIS]8C8C
[音訓]ケツ・ち
[名乗り]ち

とあるように、「ケツ」と「ち」しか読み方がないんです。だから、「鼻血」のような場合は、発音しやすいように「ち」を濁らせて「ぢ」と読み、振り仮名も同様に「はなじ」ではなく「はなぢ」なんですよね。

私もついこの間まで、「地」は「チ」なんだから、どうして「築地」が「つきぢ」にならないのか不思議でしたが、ずっと例外規定なんだろうと思っていました。でも、改めて漢和辞典を見てみると、もともと「ジ」という読み方があったことに気付き、驚いたものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。「地」は「じ」という読み方なんですね。

お礼日時:2007/09/21 17:44

#3さんの指摘に漏れているので・・・・



「痔」は「じ」でなく、「ぢ」です。
慣例的にね。
多分、「痔」は国字だと思います。因みに、国字とは中国からの輸入の文字ではなく、日本で作られた「峠」のような感じを言います。

「ぢ」は、感覚的によくわかりますね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

補足いただき,ありがとうございます。

お礼日時:2007/09/21 17:44

追記 ぢとじで検索するとこんなに見つかりますね。


標準語ではぢとじを発音分け=区別できないので同じ発音です
(東京人以外は違和感あるでしょう。聞き分けることも発音することも出来る地方は多い)

表記は使い分けることもあってその基本は内閣告示か
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%81%A2 …
http://72.14.235.104/search?q=cache:HuCXkuK_DjMJ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URLありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2007/09/20 21:23

文化庁のホームページの現代仮名遣いを引用します。



5 次のような語は,「ぢ」「づ」を用いて書く。

 (1)同音の連呼によって生じた「ぢ」「づ」
  例  ちぢみ(縮) ちぢむ ちぢれる ちぢこまる
 つづみ(鼓) つづら つづく(続) つづめる(約△) つづる(綴*)
  [注意] 「いちじく」「いちじるしい」は,この例にあたらない。

 (2)二語の連合によって生じた「ぢ」「づ」
  例  はなぢ(鼻血) そえぢ(添乳) もらいぢち そこぢから(底力) ひぢりめん
 いれぢえ(入知恵) ちゃのみぢゃわん
 まぢか(間近) こぢんまり
 ちかぢか(近々) ちりぢり
 みかづき(三日月) たけづつ (竹筒) たづな(手綱) ともづな にいづま(新妻) けづめ ひづめ ひげづら
 おこづかい(小遣) あいそづかし わしづかみ こころづくし(心尽) てづくり(手作) こづつみ(小包) ことづて はこづめ(箱詰) はたらきづめ みちづれ(道連)
 かたづく こづく(小突) どくづく もとづく うらづける ゆきづまる
ねばりづよい
 つねづね(常々) つくづく つれづれ

 なお,次のような語については,現代語の意識では一般に二語に分解しにくいもの等として,それぞれ「じ」「ず」を用いて書くことを本則とし,「せかいぢゅう」「いなづま」のように「ぢ」「づ」を用いて書くこともできるものとする。
  例  せかいじゅう(世界中)
 いなずま(稲妻) かたず(固唾*) きずな(絆*) さかずき(杯) ときわず ほおずき みみずく
 うなずく おとずれる(訪) かしずく つまずく ぬかずく ひざまずく
 あせみずく くんずほぐれつ さしずめ でずっぱり なかんずく
 うでずく くろずくめ ひとりずつ
 ゆうずう(融通)
  [注意] 次のような語の中の「じ」「ず」は,漢字の音読みでもともと濁っているものであって,上記(1) ,(2)のいずれにもあたらず,「じ」「ず」を用いて書く。
  例  じめん(地面) ぬのじ(布地)
 ずが(図画) りゃくず(略図)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。
一応決まりごとがあるのですね。
で,それからもれたものはどちらでもいいと。
で,例外もあると。
古語の勉強ももっとしなければいけませんね(私が…)。

お礼日時:2007/09/20 21:22

これは「じ」と「ぢ」、「ず」と「づ」を発音分けできないNHK放送局周辺言葉を「標準語」と言い出したことの結果です。


津軽弁と薩摩弁では直接には会話成り立たないから共通語は必要だけど(江戸留守居役、いまなら東京事務所という寄生虫みたいな組織がある理由でもある。欧州ならフランス語が共通語だったけど)

このへんてこな発音方法は江戸言葉(東京方言)にすぎないが、明治政府や東京大学の権威のおかげでありがたがる風潮できました。
神奈川県では地元の漁師が話す言葉ということで教委や教師(^^)、東京から移り住む住人の支持で「子供が親と同じ言葉使うと罰」って時期がありました。
学校には方言追放表彰状や石碑も残るが、隣りの小学校では(まともな教師もいたので)方言OKでした(^^) ここで禁止された「**ジャン」(いいじゃん、そうじゃん)は学生言葉から全国に広まりいまでは意味は通じる。

質問の表記法は学校教育などでそう教えることが要請されるだけで、個々人がどう表現するかは国民の自由です。いまでも新聞記事の一部(コラム、署名のあるもの)では「大學」と表記したり「といふ」など残っています。

日本語でも平安時代と江戸時代、明治時代と現在では発音も表記も違うでしょう。てふてふ=ちょうちょう=蝶々です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
標準語誕生の経緯から発生した変化だということですね。

お礼日時:2007/09/20 21:05

>「地面」の「地」は「ち」に点々なのに「じ」と書きますよね?


違います。「地」は【チ・ジ・つち 】の読み方があります。
土地や地下の「地」は「ち」ですが、地盤や地面の地は 「じ」です。


「鼻血」の「血」は「ち」に点々です、
「血」は【ケツ・ケチ・ち】の読み方があります。

最初に質問文を読んだ時、何でだろとマジで考えました。
おもしろい引っ掛けクイズですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
でも,旧字体では「じめん」のことを「ぢめん」と書いていたとかいうことはないですか?
もしそうならなぜ「ぢ→じ」になったのでしょう?
で,なぜ「はなぢ」は「はなじ」にならなかったのでしょう?
私の思い違いだったらご指摘ください。

お礼日時:2007/09/20 20:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジじゃなくてちに点々のじ

パソコンでジじゃなくてちに点々のじを打つにはどうしたらいいですか?

Aベストアンサー

ローマ字入力であれば
 だ[da]
 ぢ[di]
 づ[du]
 で[de]
 ど[do]
かな入力であれば
 [た]につづいて[゛]
 [せ]の右隣、[け]の上に濁点があります。

Windows のIMEでローマ字入力で分からなくなったら、IMEのプロパティでローマ字入力の設定を確認すると良いでしょう。
IMEのプロパティ → キー/ローマ字/色の設定(の右側にある設定アイコンをクリック)

Q「じ」と「ぢ」の正しい使い方は?

娘に質問されたんですけど答えられませんでした(汗)
内容は「じ」と「ぢ」の使い分け。
更に「ず」と「づ」の使い分け。
恐らく常識なのかもしれませんが、いまいち分りません。
特に「ぢ」なんかは私は使ったことありません。
無知な質問かもしれませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

元々「ち」だったものが濁る場合は「ぢ」。

「続く」は「つづく」、「鼓」は「つづみ」、「綴り方」は「つづりかた」、
つまり、一つの言葉の中で「つ」の後ろに来るのは、「ず」ではなく「づ」

「縮む」「縮める」「縮まる」「縮れる」は「ちぢ・・」、



上記以外の場合は、(大概)「ず」や「じ」。



注意点その1
「1個ずつ分ける」の「ずつ」は、「づつ」とは書かないことになっている。
(大きい辞典だと「づつ」も載っていますが、「ずつ」と書くのが常識的です。)


注意点その2
「一日中」「一晩中」など、「ずーっと」を表す「中」のふりがなは「じゅう」とするのが普通。


注意点その3
「地震」「地面」「生地」などの「地」は「じ」。
これらは、理屈で考えるよりも、個別に覚えるほうがよい。



以上を押さえておけば、九分九厘困りません。

Q「ぢ」のつく言葉、大急ぎです。

子供の宿題で「ぢ」のつく言葉を捜してきなさい。と言うのがありまして、思い当たるのは「ちぢむ」「はなぢ」くらいしかありません。お願いします。明日の朝まで教えてください。

Aベストアンサー

「ぢ」の多くは現代語では「じ」に置き換わっており、生き残っている「ち」連濁、つまり本来語頭に清音の「ち」が付いていたのが、上に別の言葉が付いて濁ったものがほとんどです。

●「縮む」系の動詞
縮む、縮まる、縮める、縮れる

●その他例外
こぢんまり、千々に(「千々に乱れる」など成句でのみ使用)

●「知恵」の連濁
浅知恵、入れ知恵、猿知恵、悪知恵

●「調子」の連濁
一本調子、上調子(うわぢょうし)

●「近い」の連濁
手近、近々、間近、身近

●「力」の連濁
糞力、底力、馬鹿力

●その他の連濁
散り散り、御飯茶碗、鼻血、緋縮緬(ひぢりめん)、盆提灯(ぼんぢょうちん)

Qぢ と じ の違い?

じぬし(地主)じしん(地震)等 ち(地)に濁点なのにじ
しかし鼻血は はなぢ 。
みぢか(身近)等 語中では ぢ になっております。
語尾 語中では ぢ で使用 語頭では じ を用いるのが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

私は、国語に関する原稿執筆を仕事としており、各サイトで何度か同じご質問に答えて参りました。今回はいい機会ですので、網羅的に説明させていただきたいと思います。部分的に、他の方のご回答と重なる点もございますが、ご了承ください。

まず、国が内閣告示・訓令で定めた「現代仮名遣い」(昭和61年 全文は文化庁のHP=下記URL内にあります。)では、「ぢ」「づ」を使うのは次の二つの場合(例外)に限り、それ以外は原則としてすべて「じ」「ず」を使うことになっています。

例外1)同音の連呼によって生じた「ぢ」「づ」
例 ちぢむ(縮む) つづく(続く) つづみ(鼓)
例外2)二語の連合によって生じた「ぢ」「づ」
例 はなぢ(鼻+血) そこぢから(底+ちから) たけづつ(竹+筒) みちづれ(道+連れ)

以上のことから結果的に(現象的に)、
「語頭には『ぢ』『づ』は来ない。」
ということになります。

なお、次のような語は「二語の連合」ではあるけれども、「現代語の意識では二語に分解しにくい(元々の言葉を想起しづらい)」という理由で、当初(昭和21年の内閣告示・訓令)は「じ」「ず」と書くことになっていました。
例「世界中(せかいじゅう)」「稲妻(いなずま)」
しかし、「現代語の意識では二語に分解しにくい」という理由が主観的すぎるなどの批判があってか、昭和61年の内閣告示・訓令では、上記のような語について、
「『じ』『ず』を用いて書くことを本則とし、『せかいぢゅう』『いなづま』のように『ぢ』『づ』を用いて書くこともできる」
と、規範が緩められました。

その規範の緩和がなければ(「中」を「ぢゅう」と読むことが許されなければ)、現象的に次のようなことがいえたのです。
「『ぢ』『づ』は、和語(訓読みの言葉・漢字)に限られ、漢語(音読みの言葉・漢字)には用いられない。」

さて、ご質問の「地震」の「じ」ですが、これは、上の二つの例外にあてはまりません。しかも、現象的な面(語頭には来ない・音読みである)から見ても、「ぢ」とは読めません。
つまり、もともと「地」には、「ち」「じ」という二つの音読みがあるのです。「省」に「せい」「しょう」という二つの音があるのと同じ事です。(ここらの経緯は、日本における漢字受容の歴史に関係しているのですが、煩雑になるのでここでは触れません。)
「地震」の「地(じ)」は「ち」が濁ったものではないのです。

ただ、ややこしいのは、「地震」をかつて(歴史的仮名遣いで)は「ぢしん」と書いていたということです。しかし、この「ぢ」も「ち」が濁ったことを表しているのではなく、かつては「じ」と「ぢ」の発音が実際に異なっていたことの名残なのです。
今では、全国的に「ぢ」「じ」、「づ」「ず」はそれぞれ同じ音で発音されますが、歴史的仮名遣いの定められた平安時代の共通語では、文字どおり異なった音で読んでいたのです。つまり、その当時「地」は「ぢ」という「じ」とは違った読み方をしていたのです。
しかし、江戸時代ごろまでには、ごく一部の地域(九州など)を除いて、「ぢ」「じ」、「づ」「ず」は、それぞれ同じ音で発音されるようになりました。つまり、「ぢ」「じ」は発音上区別されなくなったのです。

そのような表記と発音の不一致は、国民の言語教育にとって、大きな障害となります。そこで明治以来、仮名遣いの改革が論じられ続け、ついに戦後間もない昭和21年に、前記のごとく「内閣告示・訓令」が出されて今のような現代仮名遣いが行われるようになり、それが昭和61年に一部修正され、現在に至っているのです。

長くなりましたが、以上が「ぢ」「じ」にまつわる仮名遣いについてのあらましです。

「国語学辞典」(東京堂)「日本文法辞典」(有精堂)「日本文法大辞典」(明治書院)「日本語の歴史」(岩波新書)などを参考にしました。

参考URL:http://www.bunka.go.jp/kokugo/frame.asp?tm=20061109114640

私は、国語に関する原稿執筆を仕事としており、各サイトで何度か同じご質問に答えて参りました。今回はいい機会ですので、網羅的に説明させていただきたいと思います。部分的に、他の方のご回答と重なる点もございますが、ご了承ください。

まず、国が内閣告示・訓令で定めた「現代仮名遣い」(昭和61年 全文は文化庁のHP=下記URL内にあります。)では、「ぢ」「づ」を使うのは次の二つの場合(例外)に限り、それ以外は原則としてすべて「じ」「ず」を使うことになっています。

例外1)同音の連呼に...続きを読む


人気Q&Aランキング