『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

競馬初心者なので競馬の本を読んで勉強したいです
なのでオススメの競馬の本がありましたら
おしえてください。競馬が一からわかるような・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

『アベコーの初めての競馬 これだけ知れば競馬がどんどんおもしろくなる!!』阿部幸太郎/著


出版社名 大泉書店
出版年月 1997年5月
本体価格 1,200円

なんていかがでしょう?

参考URL:http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
読んでみます

お礼日時:2002/08/21 12:53

よしだみほさんの「馬なり1ハロン劇場(シアター)」を読む。



すごく親近感が沸きます。
お勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回等ありがとうございます
おすすめですね、読んでみます

お礼日時:2002/08/21 12:57

TVでよくやってる競馬はJRA(日本中央競馬会)が主催です。


そこのホームページに入門講座がありますのでまずはここで勉強してみてどうでしょう。
他にも俗に地方競馬と呼ばれる各地方団体が独自で主催している競馬もあります。
JRAの方が賞金水準が高くまた馬券購入施設、メディアの情報が充実してます。

参考URL:http://www.jra.go.jp/nyumon/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回等ありがとうございます
ボクがみたのはJRAでした
HPで勉強してみるのもいいかもしれませんね

お礼日時:2002/08/21 12:56

本なんか読まないほうが良いです。


場外馬券売り場でも本馬場でも馬券の買い方のパンフは置いてあります。
それを参考にとりあえず馬券買いましょう!
競馬を続けているうちに自分の予想スタイルがつくられて行くし、
変な知識を植え付けられるよりも長続きすると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回等ありがとうございます
なるほど・・・そのような考え方もあるんですね
自分なりに考えてみます

お礼日時:2002/08/21 12:55

過去の解答を締め切って、良解答と思われるものにはポイントをつけてから質問してください。




で、解答ですがサラブレや優駿などの雑誌のほうが初心者向けに色々記事載っていることが多いです。

また、競馬の世界を知るのに競馬業界就職読本なども
おすすめです。

競馬初心者で検索すると、WEB上にいろいろありますので、そちらのほうがわかり易いかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

すみません。解答しめきっておきます

お礼日時:2002/08/21 12:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q競馬のボックスって?

先日初めて競馬を見に行ったら馬券で「ボックス」っていう買い方がありましたが、意味が判らないので買えませんでした。どんな馬を当てるのでしょうか?詳しい方教えて下さい。 また、馬連や枠連に対してどのようなメリット、デメリットがあるのですか?

Aベストアンサー

馬連で説明します。
買いたい馬が3,4,8,9番だとします。
でどれも甲乙つけがたいの全ての組み合わせを買いたい。
そんなとき「ボックス」の登場です。
3,4,8,9の4つをマークするだけで
3-4,3-8,3-9,4-8,4-9,8-9
と計6通り一気に買えます。
メリットはマークする手間が省けること。
デメリットは金額が均一でしか買えないこと。
あと頭数が増えると点数も増えるので(5頭ボックスだと10点)窓口で
あわてないようあらかじめ購入金額を確かめた方がいいでしょう。
ちなみに今週はじまる3連複、連単でもボックスはあります。

Qお薦めの競馬専門紙を教えてください

競馬をはじめて1年、現在はスポーツ紙の競馬コーナーを使っているのですが、そろそろ専門誌を買ってみたいと思っています。
みなさんがお使いになっている専門紙、お薦めポイント(見やすいなど、なんでも結構です)を教えてください。
よろしくお願いします。(私は都内在住です)

Aベストアンサー

間違いなく競馬ブックをお薦めします。

というのも当日版以外に週間競馬ブックという週刊誌を発行しているからです。

「週末のロマンは月曜日から始まる」というコピー通り、日曜日のレース後に翌週の特別登録を編集し、月曜日の昼には全国各地で発売されます。

実際、競馬サークルの人々(調教師・厩務員・騎手・馬主・生産牧場など)は殆どこの雑誌を買っていて、各競馬新聞やスポーツ新聞記者もこの週間競馬ブックから情報を得て記事を書いている人が多いようです。

当日版との予想の違いがあったりすると、そこにはやはりそれなりの理由があったりしますので比較検討したり、前週の全成績が細かく書いてあったり、現役馬の引退情報とかオープン馬の次走情報とか・・とにかくデータを揃えるならコレって感じです。

私も競馬歴16年になりますが毎週購入してます。

ちなみに週間競馬ブックは駅売店・コンビニで売られているほか年間購読で郵送もしてくれます。

参考URL:http://www.keibabook.co.jp/homepage/


人気Q&Aランキング