【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

銅を熱し、冷まされた銅がナマされて柔らかくなるのは知っているのですが。
アルミにも同じように熱して冷ますと柔らかくなるのでしょうか?
アルミの種類によっても変わりますか?
色々調べたのですがよく分からなくて。
知ってる方教えてください。
お願いします。

A 回答 (3件)

>銅を熱し、冷まされた銅がナマされて柔らかくなるのは知っているのですが。

アルミにも同じように熱して冷ますと柔らかくなるのでしょうか?

YESです。やわらかくなります。
熱してから、ゆっくり冷ましてやわらかくすることを「焼きなまし」といいます。これは、アルミでも、銅でも鉄でも同様に行われます。 特にやわらかい材料を作りたいときに使われる熱処理ですが、この処理をしたものを、アルミではO(オー)材と呼んでいます。

>アルミの種類によっても変わりますか?

YESです。種類によって変わります。
大きくは熱処理の仕方によって変わってきます。熱処理の仕方はアルミ材料によって異なります。アルミの種類は、展伸材(鋳物以外)の場合1000番台から8000番台まで大きく分けて、8種類に分かれます。この中で2000番、6000番、7000番台のアルミ材は、硬くするT処理と呼ばれる熱処理(高温→急冷→時効)が行われることが多いです。ジュラルミン系のアルミはこの処理を行っています。
ご質問の、やわらかくする、焼きなましの熱処理は、ほとんどすべてのアルミで行うことができます。特に純アルミの1000番系の場合は、焼きなましによって非常にやわらかい材料とすることができます。

>アルミの焼鈍温度

純アルミ系の1000番台のアルミの場合、焼きなまの焼鈍温度は約345度で行われます。
下記のページにアルミの材料別の熱処理の詳細が書かれています。
http://metal.matdb.jp/JAA-DB/AL000PDF.cfm?p_pdf_ …

なお、アルミの材料、使い方、熱処理の詳細については、軽金属協会が出版しているアルミニウムハンドブックを参照されることをお勧めします。
ダウンロード版は以下のホームページから入手できます。
http://metal.matdb.jp/JAA-DB/AL02S2100.cfm
又、このアルミニウムハンドブックはアルミメーカーさんから、いただくこともできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
アルミも鉄も焼きなまし効果があるんですね!
なるほど。
材料によって焼きなまし後の柔らかさも変わってくるんですね。
鉄を熱した時は銅に比べて固かったので焼きなまし効果が無いと思っていましたが、ちゃんと焼きなましできたら柔らかくなるんですね。
勉強になります。
使用頻度が高そうなのでアルミニウムハンドブックを取り寄せようと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2007/10/11 13:59

アルミでは焼鈍効果はないでしょう。

ジュラルミンは熱処理によって硬化させているので、「焼鈍」もあるはずですが、その温度がどの程度かは知りません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5% …
    • good
    • 0

熱していく過程で柔らかくなるとおもうのですが


暖めて冷やすとナマされて柔らかくなるってのは
冷やしきればまた、同じ硬度になるってことなので
金属自体は、かなり熱をもってるってことですよね

それならば、金属も高温で液体状になるわけだから
その温度になっていくにつれて、柔らかくなるってことですよね

詳しくは、URLを参照にしてみてください
アルミの前に金属特性を学ぶことをおすすめします

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%B1%9E
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
以前に銅を使用した時、叩いて固くなればまた熱を加えて、冷やして(自然に冷えるまで待つ)また叩いてを繰り返した事がありました。
その時は冷やしきった後でも銅に熱を加えた効果が残っている、なまされいる効果がありました。
この金属性質は銅と真鍮では確認済みなのですが。
鉄の場合は熱して赤い時は柔らかいですけど冷えると固くなりますよね。
アルミも銅みたいに熱を加えて冷えて(気温と同程度の温度)からでも柔らかい状態になるのかな?っていう事が知りたいのですが。
アルミは熱を加えている状態でないと柔らかくならないということですか?
温度が冷めてしまうと鉄のように固くなってしまうということですかね?

お礼日時:2007/10/11 13:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q厚2mmのアルミ板を曲げたい

300mm×100mmの厚2mmのアルミ板を、300mmの長手方向を15mm~20mm曲げたいのです。
(結果、横から見て約20mmと80mmのL字状態)

専用工具や、業者に出すことはせずやろうとしていますが、以下の方法でどうでしょうか?
更に何かアドバイスいただければ幸いです(曲げる内側のラインを少し削った方が良い?キッチンで曲げる所をしばらくアブって熱を掛ける?とか、、、)

1、 2×4の木材(400mm×2本)で玄関の階段にアルミ板をはさんでおく(80mm側)
   更に人1人が乗って押さえる。
2、 曲げる20mm側を、長さ約300mm巾30mmの鋼鉄製(厚5mm)の板2枚で挟む
3、挟んだ鋼鉄板をバイス(1つ)で真ん中をしっかりクランプ
4、 更に鋼鉄板の両サイドを大き目のペンチ1個づつでクランプする
5、バイスと両サイドのペンチ2個を同時に下へ押す(=鉄鋼板を下=アルミ20mmが曲がる)
  2×4の木材の側面に挟んだペンチが当たるので真下までは曲げられません。
6、概ね曲げた(70-80度くらい?)後、タガネで曲げた内側を均等に叩いて90度まで曲げる

以上ですが、完全な直角は無理なのである程度「R」は付くのはOKです(半径4-5mm?)

曲げるのは今回1回だけなので、新たに工具や部材の購入は考えていません。
万力やベンダーはもちろん、専用の台もありません。
ポイントと失敗する場合どのようになるのかなども教えていただけると助かります。

300mm×100mmの厚2mmのアルミ板を、300mmの長手方向を15mm~20mm曲げたいのです。
(結果、横から見て約20mmと80mmのL字状態)

専用工具や、業者に出すことはせずやろうとしていますが、以下の方法でどうでしょうか?
更に何かアドバイスいただければ幸いです(曲げる内側のラインを少し削った方が良い?キッチンで曲げる所をしばらくアブって熱を掛ける?とか、、、)

1、 2×4の木材(400mm×2本)で玄関の階段にアルミ板をはさんでおく(80mm側)
   更に人1人が乗って押さえる。
2、 曲げる20mm側を...続きを読む

Aベストアンサー

アルミは木よりもよほど硬いので、屈曲する側を鋼板で受けておく必要があります。背の方は木でも構わないでしょう。あとの叩き仕上げまでこれは必要です。
0.3mm深さくらいのすじを内側に入れておくのも効果がありますが、これをやりすぎると割れて切断される恐れが出てきます。背への傷は特に危険です。アルミの種類にもよります(純アルミの方がやわらかく曲げやすい)が。
どうしても中央部分が甘くなります。最後の叩き仕上げまでにどれほどきれいに均一に曲げられるかが勝負です。叩くときは木をあてて、できるだけ大きいハンマーを使うことです。
要はどれだけしっかり固定できるかです。人力で押さえるのは弱いです。階段でなく厚い大きな板にクランプしておくことをお勧めします。クランプがたくさんいりますね(最低4~5)
2mm厚なら厚み以下のRで曲げられると思います。

ご参考になれば。

Q銅は焼入で硬度を持たせることは出来るのでしょうか

銅板を叩いて表情をつけた魚のオブジェを表札のポイントにしたいと考えています。

まず、バーナー焼き鈍し、柔らかくなった銅を叩いて堅くして表情をつけています。しかし、その後細かいパーツをロウ付してゆきたいのですが、作業が進むにつれ叩いて堅くする事が出来なくなってきます。(叩くだけの面積が無いとか形状的に叩けない)。
叩かないと柔らかくて強度的に不安です。

最終的には焼入れ(水による急冷)して硬度を持たせると本で読んだのでテストがてらやってみたのですが硬くなりません、ゆっくり自然冷却してもだめです。
そもそもなました銅は(叩かず)堅くする事は出来るのでしょうか?
アクセサリーなどはどうしているのでしょうか、焼入れが可能だとしたらその方法を教えていただきたいのです。

銅の厚みは0.5~2ミリくらいです。

作業は先に進まない、答えはどこにも無いで困っています。
よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

 銅は熱処理で硬化させることは出来ません。
 柔らかくなった銅を叩いて堅くして、と質問者さんが述べられているような加工硬化によるしかないようです。
 小さな鋼球を吹き付けて表面を硬化させるショットピーニングという加工法がありますが、手軽に出来るものではありませんね。
 http://www.heat-hamanetu.co.jp/gijyutu/shot.html

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Qアルミ・硬ロウを使ってのロウ付け方法の”コツ”

初めての経験で困っています・・・。

アルミニウム同士を溶接(ロウ付け)したいと思い
アルミ硬ロウ、フラックス、ガストーチを用意しました。

説明によるとフラックスを熱すると固形化し、更に熱すると液状化するそうなのですが固形化までで液状化しません。

これは単純にフラックスが液状化する温度に達していないだけなのでしょうか?
それともフラックスの溶き方や塗る料に問題があるのでしょうか?

アルミ・ロウ付けの難易度は最高度の5なので素人がいきなり出来るとは思っていませんでしたが・・・。

経験者の方の御指南を頂きたいと思っております。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。

経験者→商売はしてません・・・M(__)M
アルミのロウ付けはあまりやらないので、自信なしですみません。

>固形化までで液状化しません。
だいたい、アルミのロウ付けは、500度以上の温度が必要です。ロウ付けする物体の質量にもよりますが液状化するまでは、思った以上にかかります。特に、屋外で作業する場合は、アルミの熱が風で逃げるので、温度が不安になり、失敗しやすくなります。

ロウが解けるまでじっくり待ってみてはいかがでしょうか?

>フラックスの溶き方や塗る料
フラックスは、ロウ剤で接着したい部分だけに塗れば良いのですが、接合したい部分を紙やすりで清浄にして、さらりと塗る程度で十分です。・・・抽象的な表現ですが、リップクリームを塗る程度でも可です。

あとは、
○出来るだけ接合部分を狭くする(0.何mm以下)
○アルミ表面を良く磨き、ごみ、油、酸化膜を落としてからフラックスを塗る
○接合面に均等にフラックスを塗る

アルミの表面は、自然に酸化膜が形成されやすいので、特に難しですし、ロウ剤そのものが、狭い温度範囲でしか使用できない・・・特に作業温度570度付近を超えると、急激に酸化しやすくなる・・・平均して加熱しなければならないので、バーナーの炎の距離に気を付けてみてください。

参考になれば幸いです。
下記のURLに失敗談、コツなど写真入で乗っています。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/MotorCity/1329/report/rouduke.htm

こんばんは。

経験者→商売はしてません・・・M(__)M
アルミのロウ付けはあまりやらないので、自信なしですみません。

>固形化までで液状化しません。
だいたい、アルミのロウ付けは、500度以上の温度が必要です。ロウ付けする物体の質量にもよりますが液状化するまでは、思った以上にかかります。特に、屋外で作業する場合は、アルミの熱が風で逃げるので、温度が不安になり、失敗しやすくなります。

ロウが解けるまでじっくり待ってみてはいかがでしょうか?

>フラックスの溶き方や塗る料
...続きを読む

Qアルミニウムをガスコンロで燃やしても溶けないのはなぜ?

いろいろなサイトで調べた結果アルミニウムの融点は約660度で
ガスコンロの外炎は1400度とのことでした。
ということは単純に考えてアルミニウムの板をガスコンロで燃やせば
溶けてしまうと考えられるのですが、、、
しかしアルミニウム製の鍋が市販され、家庭で使用されていることから考えるとありえないですよね。
これはどのように説明がつくのでしょうか?

Aベストアンサー

アルミニウムは熱伝導率が非常に高いので鍋の内部の物質に熱が移動しているのではないでしょうか.なのでそのまま空焚きすれば溶けそうな気がします.

Qアルミ板の上手な曲げ方

アルミ(またはステンレス)の棒状の板を家庭で固定するような道具がないときに上手に180度曲げる上手な方法を教えて下さい。
要するに棒状のを二つに折り曲げるということなのですが、曲げ口が隙間がなるべく開かずに曲げたいのですが、普通に曲げたら隙間が出そうで、曲げるのをためらっています。
どなたかお願いします!

Aベストアンサー

大きさにもよりますが私の方法を伝えます。
添付の絵を見ていただけたらわかると思います。

曲げたいところに溝を掘るという事になりますが
回転工具がなければ、金ノコで溝を掘るというより
傷を板に直角に付けていきます。
何回か繰り返すと、少なからず溝ができますので
それを案内にして板厚のほぼ半分くらい切り込みを入れます。

折り曲げは手でできますが、いきなり180度曲げずに
90度ほど曲げてねじれていないかを確認します。
ねじれていれば、この時点で修正します。

その後最後まで曲げれば完成です。
溝を付けたところは強度はありませんがDIYの世界なら
okとなると思います。

私は3mm程度のスチールバーの90度曲げで強度がいる場合は
曲げてからロー付けしています。
幅広の板を曲げるときは回転工具+カッティングストーン
あるいはカッティングディスクというものを使ったりします。
シャフトがΦ2.35のミニターか、ちょっと重工的なものだと
ミニグラインダとを使い分けています。



いきなりしないで、まずは段ボールでやって見てください。
段ボールの波の板と直角方向(つまり曲げにくい方向)に
曲げる練習をします。

道具はカッターナイフがあればokです。

これで言っている事がわかると思います。

大きさにもよりますが私の方法を伝えます。
添付の絵を見ていただけたらわかると思います。

曲げたいところに溝を掘るという事になりますが
回転工具がなければ、金ノコで溝を掘るというより
傷を板に直角に付けていきます。
何回か繰り返すと、少なからず溝ができますので
それを案内にして板厚のほぼ半分くらい切り込みを入れます。

折り曲げは手でできますが、いきなり180度曲げずに
90度ほど曲げてねじれていないかを確認します。
ねじれていれば、この時点で修正します。

その後最後まで曲げれば完成です...続きを読む

Qアルミ加工について教えてください。

質問させて頂きます。

アルミの板(A5052)を購入して自作のストラップを作っているのですがうまくいきません。
大きさは縦4センチ、横2センチ、厚さ2ミリkくらいです。

十字架の形に切り出し、上下をくるっとしたくてハンマーで叩いていたらその箇所がボロっと折れてしまいました。

以前シルバーで作った時はうまくいったのですが、(その時は焼きなまして加工しました。)アルミも曲げるときはバーナーなどで焼き鈍すのでしょうか?アルミは勢いよく燃えるとどこかで聞いたことがあって怖いのですが…。

あと、A2017というアルミ板のほうが加工に向いていると調べたのですが、ジュラルミンはめちゃくちゃ硬いイメージなのですが彫金用の糸鋸やペンチで加工出来ますか?

わかる方アドバイスいただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

焼きなます事は可能ですがA2000,A5000シリーズなどの合金だとあまり効果は期待できません。
普通にバーナーで熱した程度ではもえることはありません、これでもえていたら溶接できませんね。

>彫金用の糸鋸やペンチで加工出来ますか?
いずれも出来ますが若干こつが居るかも知れません。

アルミ合金を使用せず普通のアルミ板(A1000シリーズ)を使用すればよいのでは?

Qロウ付けの強度は溶接に比べてどれくらいでしょうか?

ホームセンターに売っるような1300度くらいのトーチバーナーで
ロウ付けした時の強度は
同じ物をアーク溶接したものに比べてどの程度の
強度を得られますか?
 例えばステンレスのLアングルで組んである台の
腐食している脚の部分をグラインダーで切って
新しいLアングルを継ぎ足すような場合などですが。

Aベストアンサー

アーク溶接には劣ります。
どの程度の強度かは、使うロウ棒のパッケージに書いてあると思いますので、それを見てください。

しかし、ロウ付けは溶接のような線接合ではなく、
面接合にする場合が多いと思います。
その場合、接着強度の弱さを面積で補えますから、
やり方によっては溶接の同程度の強度が出せます。

Q金属の焼き入れ方法を教えて下さい。

仕事で使う工具を自作しているのですが強度が足りなくてすぐにへたります。自分で出来る焼き入れ方法があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

実際どのような工具(品物)を考えておられるのか不明確ですが、
焼入れ=通常は焼入れ焼き戻しの2回操作が行われるをするには、
品物の材質がそのような工程を満足させるものでなければなりません。
(まずあなたの使ってみえる工具の材質を確かめてください。合金鋼と呼ばれるものなら、なお結構です)

熱する温度についてはそれぞれのケースに応じての経験ですから、おおまかな所は書物かネットでつかんで下さい。
炭素鋼であれば、黄色くなったところで多量の油の中につけて、中程度の赤味のあるときから、炉の傍らで冷ますというのが、素人の範囲です。
(水の中に漬けるだけというのもありますが、硬くはなりますがもろくなって使えないと思います)

Qアルミパイプを綺麗に曲げるには?

 アドバイス、よろしくお願いします。
 当方、車中泊にてよく旅をします。しかしながら、フルフラットにならない4WD車の座席では熟睡できず、困っていました。
 そこで、市販のキャンプ用簡易折りたたみベッドを購入し車内で使用。アルミパイプ製で寝心地も良好です。
 ところが、狭い車内で2個ベッドを広げようとすると、ベッドのパイプ足がタイヤハウスにつっかえて、広げられません。
 だったら、足を曲げてしまえってことで強引に金づちで叩いてみたものの、直径3センチほどのパイプはビクともしません!
 どうにか、ならないものでしょうか?いっそ、切断してしまおうかとも思うのですが、その前にご相談しておこうと、書き込みました。アドバイスお願いします!

Aベストアンサー

ガスバーナーで炙るのはいかかでしょうか?
私は以前この方法でアルミパイプを結構綺麗なアールを付けながら
曲げたことがあります。
ただし炙り過ぎにはご注意下さい。
高温になり過ぎると溶けるか、ボロボロになってしまいます。
軍手をはめてパイプのみをバーナーの炎から20cm程離して温め、結構高温になってきたと
思ったら強めに力を入れて曲げてみて下さい。
おそらく少しずつ曲がって行くと思いますよ。
パイプの中に砂をギッシリ詰めるとかなり綺麗に曲がりますが、手間はかかります。
手始めに不要になったアルミパイプで試せれば良いのですが…


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング