友人から「献血をすると、古い血がなくなって新しい血を作るから体によい」と言う人がいました。
たしかに、献血をすると一定量の血は体外へ排出されますが、普通に生活していても腎臓で血液成分と水分を分離して体外へ排出しているので、献血による健康効果は疑問なのですが、本当に体によいという根拠があるのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

昔々、”瀉血”って治療法があったのね。

要するに血を抜くって事なんだけど、それが良いって信じられていた時代が確かにあった。(まあ、今でもたまにやる事あるみたいだけどさ)

今じゃどうかなぁ・・・?血を抜くメリットなんてあんまり聞いた事ないから。
大体、献血だって400ml(だっけ?)以上は抜いちゃいけないって決められてるでしょ?それはつまり、”それ以上抜くと生活に関わるから(生命に関わるから)”。デメリットが大きいからじゃん。

貴方の言う通り、血液成分と水分を分離して体外に排出してるし、老朽化した赤血球も溶かされて再生産する仕組みがあるし、わざわざ体液を抜くってのは、言ってみれば機械の中の潤滑油とか作動油を抜く行為だからね。機械の場合は再生産のシステムがないからそれは必要なんだけど、使える作動油まで抜いちゃうのは無駄だわな。(献血の血は他で使うんだから、当然”使える血”でしょ?)

健康に関するメリットはそんなにないんじゃない?
    • good
    • 7

東洋医学的に見るとマイナスです。



ただし、これは肉体に関しての話。

献血は、人助けであることには間違いないので、

そういう意味で、文字通り身を削っての人助けは

心によい影響を与えます。

心は脳の産物であり、人間は物質であると考える唯物論を「信仰」するのであれば、献血などしない方がいいと思いますが、

肉体とは別個の心、あるいは魂といったものをわずかでも信じるなら、献血の価値(つまり自分が得るもの)は大きいと思います。

仏教でもキリスト教でも、困っている人に自分のものを施すことは善とされていますから。
    • good
    • 10

 献血をする前には検査と問診があり、可能と判断されないと献血できません。

「献血できるように気をつける」ということはすなわち「健康的な生活を送る」ということなので、間接的に健康に役立つということはあるでしょう。

 かくいう自分は不健康な生活続けてるので、数ヵ月自粛してます。あの雰囲気好きなんですけどね。
    • good
    • 7

バイクの免許をとるため試験場で初めて献血してから


80回を越えました。
経験的なことだけですので、信じる信じないは自由ですが。
概して体が活性化するような気がします。
たとえば風邪を引いていたときなどは
直りが早いような気がします。
多分に心理的なもの。血をとったんだから
その分たくさん食べて、水分も取らなきゃという精神的なものも
大きいような気がしますが。
何度も何度も同じところから血を採ることになるので、
穴だらけなので、一般検診のときよく看護婦さんに指摘されるのは
マイナスですが、細胞をいくらか破壊し、それを再生させるあたりでは
体にはいい刺激になっているとは思います。
自ら体験して見られたら、これは、実感できると思いますよ。
    • good
    • 9

 嘘です。



 人体にとっては、怪我で出血するのとなんら変わりありません。
 それは、純粋な損失であり、体に悪いことです。

 が、その程度の損失ではどうってことない人が献血をするのです。実際に献血する前に血液の比重や体調などのチェックで、どうってことがある場合には撥ねられますから。
    • good
    • 6

>献血をすると、古い血がなくなって新しい血を作るから体によい



私の周りでも人助けの意味と、「瀉血」効果とを狙って2か月に1度位の頻度で献血(400mlの成分献血)に通う人が何人かいます。
皆、もともと体力もあり、健康な人たちで、献血から帰ってきたときもほとんど、普段と同じです。

瀉血について
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%80%89%E8%A1%80
献血には2種類の献血の仕方があります。
http://www.jrc.or.jp/sanka/blood/kind.html
    • good
    • 7

献血の種類は、400ml献血と成分献血がありますが、成分献血ですとし血小板や血漿など必要な成分だけをとり、後は体に戻されますから、献血することで健康になるという効果はないでしょうね。



なお、献血すると後日赤十字から、生化学検査成績、血球計数検査などの血液検査結果が届き、
もしその際数値が基準値以上や以下で異常が見られる場合は、病院の受診を進めてもらえますので、直接的な健康効果ではないですが、健康状態を知るいい機会にはなるかと思います。
http://ibaraki.bc.jrc.or.jp/guide_top.html
    • good
    • 5

健康によいと言う話は聞いた事が無いですねぇ…



母が検診で採血の際、献血の注射針の跡を見た看護婦さんに
「何か病気があるのですか?」と、たずねられたそうです。
「献血の跡です」と答えた所、「献血はし過ぎると血管が硬くなるし、
血管が逃げるようになるから年を取ってから採血し辛くなりますよ。」と言われたそうです。
もう随分昔の話ですから、今の医学界の常識とは違うかもしれませんが、
そんな話なら聞いたことがある…と言う事で。

また、献血直後トイレに行った男性が倒れて運悪く頭を打って死亡したという事が
新聞に載ったことがありました。

ちなみに私の場合、(今は持病があるのでできませんが)献血をすると生理が遅れました。
それだけ「体には負担だ」と言う事なら言い切れると思いますが…。
    • good
    • 7

そんな話は聞いたことがありません。


しいて言えばやっていいのは透析だけですが、これだって健常者はやる必要がありません。
「新しい血液を作る必要があるから、体に負担がかかる」というのであれば、まだわかりますけどね。
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q献血車での献血

ご意見を聞かせてください。
今日、地元のJAの駐車場に献血車が来るので、献血をしに行きたいのですが、
JAの職員以外がこれに行くというのはおかしいですか??
日赤のHPの予定表が記載されており、ちょうど仕事が休みなので行きたいのですが、
今までは献血ルームでしか献血をしたことがありません。
外部の者が行ってもおかしくないのか地味に不安です。

どう思いますか?ご意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

通りすがりの多くの人に献血をお願いするのが献血車の役目です。
ただ、どこでもと言う訳には行きませんので今回はJAの駐車場をお借りしたのでしょう。
外部の方が来れば喜ばれますよ。

Q合成洗剤(洗濯など)は体によいのかどうなのか?

合成界面活性剤をつかった洗濯洗剤など洗浄剤が
健康によくないのかどうか悩んでいます。
洗濯洗剤で、合成界面活性剤を使うことで、
洗濯物がガサガサしたり、におったりする
柔軟仕上げ剤も必要になるという
サイトをみたのですが、
どこだったかわからないので
そのサイトがわかれば知りたいのですが、
洗濯物がにおったり、ガサガサしなくなる
合成洗剤以外の、
手ごろなお値段の、洗剤があれば教えてください。

Aベストアンサー

合成界面活性剤にもいろいろありまして、その強さが問題なのです。
一番強力なのが直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(ラウリル硫酸ナトリウム)なのですが、
これはライフサイエンスの分野では細胞を溶解するのに使うくらい強力なものですので、はっきりいって皮膚や細胞には有害です。
ところが、落ちない洗剤やシャンプーなんて売れませんから、洗浄力が強くするために各社がこぞって使用しているのです。
なので、この強力なヤツをとりあえず避けることで皮膚の荒れや衣類の傷みを和らげることが出来ます。

>合成洗剤以外の、手ごろなお値段の、洗剤があれば教えてください。

私はミヨシ石鹸の製品を使っています。→http://www.miyoshisoap.com/
値段も合成洗剤とほとんど変わりませんし蛍光剤が入ってないので色落ちもしません。
大きなドラッグストアならたいてい売ってますので入手もわりと簡単です。
ちなみに、蛍光剤入りの合成洗剤も黄ばんだ綿などには有効ですので合成洗剤もたまには使ってます。

>洗剤の要らない洗濯機ってどうなのでしょうか?

本来、汗汚れ程度なら洗剤なんて要らないのです。
今は着たら洗うでちょっとした汗汚れ程度でも洗剤で洗濯しますが、
昔はこのていどならちょっと水を付けて汗抜きをしたものです。
なので、脂などで酷く汚れたり臭うときは洗剤で洗う必要がありますが、
そこまで必要のない時には洗剤なしでも十分ということなのです

合成界面活性剤にもいろいろありまして、その強さが問題なのです。
一番強力なのが直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(ラウリル硫酸ナトリウム)なのですが、
これはライフサイエンスの分野では細胞を溶解するのに使うくらい強力なものですので、はっきりいって皮膚や細胞には有害です。
ところが、落ちない洗剤やシャンプーなんて売れませんから、洗浄力が強くするために各社がこぞって使用しているのです。
なので、この強力なヤツをとりあえず避けることで皮膚の荒れや衣類の傷みを和らげることが出...続きを読む

QシャワーのCO2排出量

京都議定書の話でCO2の排出量が話題になっていますが、
テレビでシャワーはとてもCO2を排出し、
テレビ何十台も同時につけてるのと同じだけ
排出するといっていましたが、
なぜでしょうか?
ふつうに蛇口に水を出す分においては
CO2はあまりでないのでしょうか?
おねがいします!

Aベストアンサー

質問は簡単そうで真面目に答えるには複雑な内容です。
テレビ、水道は電力によりますが、発電を大別すると原子力と化石燃料があります。原子力発電は基本的にCo2は出ません、原子力発電は昼夜を問わず運転、化石燃料による発電は原子力発電で足らない昼間などの運転となります。この燃料の割り振りについては色々な考えがありますが、小生は24時間稼働の工場などは原子力発電を利用、家庭では24時間稼働の冷蔵庫は原子力発電の電気を利用していると考えられます。質問のテレビ、水道などは化石燃料で発電しているとして計算します。
シャワー水道水量などは小生の推定で。

● シャワー 15 ℃の水を42℃まで上昇、1分間に6Lのシャワーを1時間使用、ボイラー効率を80%で計算すると、12150Kcalの熱量が必要で、灯油換算 約 1.5Lです。(水道水を造るエネルギーは含まれていない)

● テレビ30インチ 250w程度で仮定、発電関係効率を35%と仮定します。
  1時間 614Kcal 灯油換算 0.08L

● 水道水
  採水→浄水(濾過、分離、殺菌、汚泥処理)→送水などの工程があるが、合計で送水ポンプの3倍の電力で計算します。尚送水ポンプの効率は50%と仮定。 
送水圧力を 5Kg/Cm2 水量を 1分10Lで1時間、3倍で計算。 発電関係は前記に同じ。
0.25kwh で 灯油 0.07L相当

まとめ概ね 水道:テレビ:シャワーは 1:1:20
   でシャワーはテレビ20台分相当ですね。

家庭に於ける燃料の大部分は風呂、シャワーで90%、レンジ(コンロ)は10%程度です。風呂シャワーは短時間の利用ですが、燃料費が大きいですね、CO2の発生に関しては工場は相当省エネが進みました、増えているのは家庭、運輸(車)が多いようです。
回答は若干小生の主観を含みます、ご了承下さい

質問は簡単そうで真面目に答えるには複雑な内容です。
テレビ、水道は電力によりますが、発電を大別すると原子力と化石燃料があります。原子力発電は基本的にCo2は出ません、原子力発電は昼夜を問わず運転、化石燃料による発電は原子力発電で足らない昼間などの運転となります。この燃料の割り振りについては色々な考えがありますが、小生は24時間稼働の工場などは原子力発電を利用、家庭では24時間稼働の冷蔵庫は原子力発電の電気を利用していると考えられます。質問のテレビ、水道などは化石燃料で発電し...続きを読む

Qオススメの献血ルーム

唐突ですが、横浜~東京都内~千葉の周辺でみなさんのオススメの献血ルームがあったら教えてください!場所によってはハンバーガーやアイスクリームが食べられたり、インターネットができると聞いたことがあります。不純な質問ではありますが同じ献血をするのであればより特典の多いところでしたい!と考えてしまうもので…
宜しくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

 少し検索してみましたが、マスコミで紹介された場所と、No.1さんが
ご紹介の献血ルームなどもあるかも知れませんが、ご覧ください。

 http://www.dion.ne.jp/sauce/spot/vol70.html
 http://sakaue.vis.ne.jp/kuchikomi/kenketu/s.html
 http://www.tbs.co.jp/uwasa/20050515/toku.html
 http://www.shibukei.com/special/28/

  これらは既にご存じかも知れませんね。

Q献血

献血した400ミリリットルの血液は、何回分の手術に役立てられるんですか? お願いします。

Aベストアンサー

献血は”善意”によって成立している行為です。
採取された血液は保存期間(有効期限)があるため長期保存はできません。
因みに「全血献血」は男性は年間1200ml女性が800ml。「成分献血」であれば1ヶ月に2回までと規定されています。
手術によって、輸血が予想されるようなケースの場合、事前に自分の血液を採取・保存しておく「自己血」という方法もあります。
400mlの献血を何人かで使いまわす・分封しなおして小分けするetc.といった行為は行ないません。なので”400mlの献血は1回分の手術に使われている”と思って下さい。
同じ血液型だからといって、必ずしも全部の輸血が行なえるのではなく「クロスマッチ試験」というアレルギー反応で適合した献血のみが投与されています。輸血は必ず「同意」を確認した上で行なわれています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報