友人から「献血をすると、古い血がなくなって新しい血を作るから体によい」と言う人がいました。
たしかに、献血をすると一定量の血は体外へ排出されますが、普通に生活していても腎臓で血液成分と水分を分離して体外へ排出しているので、献血による健康効果は疑問なのですが、本当に体によいという根拠があるのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

昔々、”瀉血”って治療法があったのね。

要するに血を抜くって事なんだけど、それが良いって信じられていた時代が確かにあった。(まあ、今でもたまにやる事あるみたいだけどさ)

今じゃどうかなぁ・・・?血を抜くメリットなんてあんまり聞いた事ないから。
大体、献血だって400ml(だっけ?)以上は抜いちゃいけないって決められてるでしょ?それはつまり、”それ以上抜くと生活に関わるから(生命に関わるから)”。デメリットが大きいからじゃん。

貴方の言う通り、血液成分と水分を分離して体外に排出してるし、老朽化した赤血球も溶かされて再生産する仕組みがあるし、わざわざ体液を抜くってのは、言ってみれば機械の中の潤滑油とか作動油を抜く行為だからね。機械の場合は再生産のシステムがないからそれは必要なんだけど、使える作動油まで抜いちゃうのは無駄だわな。(献血の血は他で使うんだから、当然”使える血”でしょ?)

健康に関するメリットはそんなにないんじゃない?
    • good
    • 7

東洋医学的に見るとマイナスです。



ただし、これは肉体に関しての話。

献血は、人助けであることには間違いないので、

そういう意味で、文字通り身を削っての人助けは

心によい影響を与えます。

心は脳の産物であり、人間は物質であると考える唯物論を「信仰」するのであれば、献血などしない方がいいと思いますが、

肉体とは別個の心、あるいは魂といったものをわずかでも信じるなら、献血の価値(つまり自分が得るもの)は大きいと思います。

仏教でもキリスト教でも、困っている人に自分のものを施すことは善とされていますから。
    • good
    • 11

 献血をする前には検査と問診があり、可能と判断されないと献血できません。

「献血できるように気をつける」ということはすなわち「健康的な生活を送る」ということなので、間接的に健康に役立つということはあるでしょう。

 かくいう自分は不健康な生活続けてるので、数ヵ月自粛してます。あの雰囲気好きなんですけどね。
    • good
    • 8

バイクの免許をとるため試験場で初めて献血してから


80回を越えました。
経験的なことだけですので、信じる信じないは自由ですが。
概して体が活性化するような気がします。
たとえば風邪を引いていたときなどは
直りが早いような気がします。
多分に心理的なもの。血をとったんだから
その分たくさん食べて、水分も取らなきゃという精神的なものも
大きいような気がしますが。
何度も何度も同じところから血を採ることになるので、
穴だらけなので、一般検診のときよく看護婦さんに指摘されるのは
マイナスですが、細胞をいくらか破壊し、それを再生させるあたりでは
体にはいい刺激になっているとは思います。
自ら体験して見られたら、これは、実感できると思いますよ。
    • good
    • 9

 嘘です。



 人体にとっては、怪我で出血するのとなんら変わりありません。
 それは、純粋な損失であり、体に悪いことです。

 が、その程度の損失ではどうってことない人が献血をするのです。実際に献血する前に血液の比重や体調などのチェックで、どうってことがある場合には撥ねられますから。
    • good
    • 6

>献血をすると、古い血がなくなって新しい血を作るから体によい



私の周りでも人助けの意味と、「瀉血」効果とを狙って2か月に1度位の頻度で献血(400mlの成分献血)に通う人が何人かいます。
皆、もともと体力もあり、健康な人たちで、献血から帰ってきたときもほとんど、普段と同じです。

瀉血について
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%80%89%E8%A1%80
献血には2種類の献血の仕方があります。
http://www.jrc.or.jp/sanka/blood/kind.html
    • good
    • 8

献血の種類は、400ml献血と成分献血がありますが、成分献血ですとし血小板や血漿など必要な成分だけをとり、後は体に戻されますから、献血することで健康になるという効果はないでしょうね。



なお、献血すると後日赤十字から、生化学検査成績、血球計数検査などの血液検査結果が届き、
もしその際数値が基準値以上や以下で異常が見られる場合は、病院の受診を進めてもらえますので、直接的な健康効果ではないですが、健康状態を知るいい機会にはなるかと思います。
http://ibaraki.bc.jrc.or.jp/guide_top.html
    • good
    • 5

健康によいと言う話は聞いた事が無いですねぇ…



母が検診で採血の際、献血の注射針の跡を見た看護婦さんに
「何か病気があるのですか?」と、たずねられたそうです。
「献血の跡です」と答えた所、「献血はし過ぎると血管が硬くなるし、
血管が逃げるようになるから年を取ってから採血し辛くなりますよ。」と言われたそうです。
もう随分昔の話ですから、今の医学界の常識とは違うかもしれませんが、
そんな話なら聞いたことがある…と言う事で。

また、献血直後トイレに行った男性が倒れて運悪く頭を打って死亡したという事が
新聞に載ったことがありました。

ちなみに私の場合、(今は持病があるのでできませんが)献血をすると生理が遅れました。
それだけ「体には負担だ」と言う事なら言い切れると思いますが…。
    • good
    • 7

そんな話は聞いたことがありません。


しいて言えばやっていいのは透析だけですが、これだって健常者はやる必要がありません。
「新しい血液を作る必要があるから、体に負担がかかる」というのであれば、まだわかりますけどね。
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q献血したいですが…針&痛みが怖い(>_<)

以前からずっと献血をしたいと思っているのですが
腕に針を刺されるのと、それに伴う痛みが怖くてなかなか行けずにいます。

もういい歳(中年)の大人ですが、健康診断での採血時も
看護師さんの腕により多少差はあるものの、毎回かなり痛い!!!と感じて
採血の間、腕にずっと針が刺さっている状態なのが何とも気持ち悪い感じです。

なら無理に献血しなくても…って感じかもしれませんが…。

以前病院で看護師さんと話をしていた時に、献血の話題になり、私が
「献血に行きたいんだけど、採血よりももっと痛いのかなぁ」と言ったら
「多分、献血の方が針も太くて時間もかかるから、もっと痛いと思いますよ」と言われ
「やっぱりそうなのか…」と思い、結局未だに行けずにいます(>_<)

そこで質問なのですが

*献血で採血する時の針は、太くてやっぱり痛みも強いのでしょうか?
 痛みの感じ方に個人差はあると思いますが、一般的な健康診断時の
 採血に比べるとどんな感じでしょうか。

*針は刺している間ずっと痛みはありますか(感じますか)?
 私自身が苦手だからか、健康診断の時でもかなり痛みを感じるので
 その感じを想像すると、相当痛そうな気がしてなりません…

献血経験のある方、よろしければどんな感じなのか教えてください。

以前からずっと献血をしたいと思っているのですが
腕に針を刺されるのと、それに伴う痛みが怖くてなかなか行けずにいます。

もういい歳(中年)の大人ですが、健康診断での採血時も
看護師さんの腕により多少差はあるものの、毎回かなり痛い!!!と感じて
採血の間、腕にずっと針が刺さっている状態なのが何とも気持ち悪い感じです。

なら無理に献血しなくても…って感じかもしれませんが…。

以前病院で看護師さんと話をしていた時に、献血の話題になり、私が
「献血に行きたいんだけど、採血よりももっと痛いのか...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。30代の女です。

*献血で採血する時の針は、太くてやっぱり痛みも強いのでしょうか?
>倍以上に太いです。針の穴の中が見えるくらいです。
(採血用の針は細くて小さいから、針の穴の中はよく見ないと見えないですよね)

*痛みは一般的な健康診断時の採血に比べるとどんな感じでしょうか。
>う~ん・・・一緒。
 はっきり言って、針さす人の巧い下手で左右するのではないでしょうか。
 血管がみつけにくい人だと針さす側も骨が折れるらしい。

*針は刺している間ずっと痛みはありますか(感じますか)?
>1さんと同じ感想ですが、「そこに針がささってる、という感覚はある」けど痛みはない。



ちなみに私は、泣いて逃げるほどの注射嫌いでした。
私の場合は痛いのが嫌というより、「針を血管にぶっさす」という恐怖に耐えれなかった。
病気で入院した時にいやというほど採血され、目を背けて我慢してもぐったり・・

その後、辛いことがあって、自分は誰からも必要とされてない・・と思った時に、献血カーを発見。その時まで献血なんて絶対しない、と決めていたけど、してみようかな・・と。

その時は400mlのみだけで私は体重が足らず、献血デビューはできなかったのですが、
以来 献血をたまにするようになりました(200mlとか成分献血なら体重関係なくできる)

注射嫌いだったけど、今では太い針が自分の血管に刺さるのをみたくて献血してます。
(これ友人に言うと「なにそれ気持ち悪い」とか言われる・・)

血を分けたい、という純粋な気持ちで献血をしたことは一度もありませんが、
動機はなんであれ献血してることに変わりない。
「濃くて良い血だわー」と褒められたことがあるので、貢献できてるようです。頑張ってくださいw

こんにちは。30代の女です。

*献血で採血する時の針は、太くてやっぱり痛みも強いのでしょうか?
>倍以上に太いです。針の穴の中が見えるくらいです。
(採血用の針は細くて小さいから、針の穴の中はよく見ないと見えないですよね)

*痛みは一般的な健康診断時の採血に比べるとどんな感じでしょうか。
>う~ん・・・一緒。
 はっきり言って、針さす人の巧い下手で左右するのではないでしょうか。
 血管がみつけにくい人だと針さす側も骨が折れるらしい。

*針は刺している間ずっと痛みはありますか(感じ...続きを読む

Q献血時に言われた血が濃いって・・

献血をよくしますが毎回看護婦さんに血が濃くてすばらしいわって言われます。私は体格が良く160センチで70キロあります。(体格がいいというか太りすぎですね。)で、勿論貧血も無いので献血は断られたことはありません。
ただ血が濃いということが気になっています。これって・・血がドロドロって意味でしょうか?それとも別の意味なのでしょうか?血が濃いってことでメリットはあるのでしょうか?毎回気になっています。

Aベストアンサー

こんにちは。
検査ですが、採血をやっていた者です。

経験を積んだ人は本当に見てわかりますよ。
赤血球が多い人は色が黒っぽくなります。
少ない(つまり貧血)の人は赤~ひどい場合はピンク色っぽくなります。

これは血液がドロドロ・・・とかいうのとは全く関係ありません。
ドロドロというのは、赤血球ではなく、血液の中の液体成分である血漿という部分に含まれる成分によります。

赤血球が異常に多い場合は多血症といって、心臓などに負担がかかってきたりするので病院で見てもらう方がいいですが、正常範囲の少し上程度でしたら、まずそういう心配もないです。

Q献血が好きという人の心理

血を抜かれるのは苦手というのが一般の心理です。
ところが献血に喜んでゆくひとたちがいます。
リピータの方が多いようです。
そこで質問。

(1)献血にゆこうとするのはどんな心理ですか。
 なにが献血にかきたてるのでしょう。
(2)献血して得することはありますか。
(3)献血して健康になりますか。
 (造血機能が向上するなど)
(4)血をみてどう感じますか。
 落ち着きますか。
(5)献血はたのしいですか。

Aベストアンサー

18サイ♀です

(1)私は血が体から抜かれてるぅぅう☆ってかんじがスキで行っちゃいます♪他の方みたいにボランティア精神からじゃないです(__;)

(2)得することは…今はないです。。。高校の時は学校に献血車が来て献血したりしてたのでその時間の授業がさぼれるのでちょっとぅれしかったです☆笑
これが初献血のきっかけです☆★

(3)なりません。なんにも変化ないです。私は大丈夫ですが友達は高校生のとき、血を抜かれすぎて2週間ぐらい吐き気に悩まされていて、赤十字(?)かなにかが抜きすぎたお詫びに家に菓子折を持って謝りにきたました(..;)

(4)見てはぅわぁぁぁあってかんじですが、血液が通る管が腕の上にあると生暖かくて、生きてるんだなぁ~って感じます☆

(5)たのしぃです☆★

Q採血後の体内血液回復期間はどれくらいでしょうか?

明日献血をする予定です。(初心者です)
400cc採血した場合、失われた血液が体内で再生されるまでの期間はどれくらいでしょうか?ある人は、献血後に頂くジュース1杯で回復するから大丈夫だと言います。

一般的には献血の間隔は2ヶ月と言われているようですが、やはりその間は激しいスポーツなどは避けた方がいいと言うことですか?

それからもう一つ、もし血液がドロドロでもその血液は役に立ちますか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

400ml採血だと、3~4週間で、元通りだそうです。
で、元に戻る間も、血液不足って事にはなりません。
採っても大丈夫な量として400mlとされているのです。
確か、外国ではもっと採血量の多い国もあるとか。

ジュース一杯で回復、ってことはないですね。
でも、運動したって平気です。
たしかに、採血直後、針の穴が固まらぬ内は、激しい運動や、チカラのはいる行為は避けた方がいいです。
針の傷が開くことが稀にあります。

献血ルームでの献血は、楽しいですよ。
ものすごくもてなされる感じです。
それでいてボランティアになるんですから、献血っていいものです。

参考URL:http://www.jrc.or.jp/qa/blood.html

Q血が濃くて献血できない

何回か献血に行っているのですが、そのたびにヘモグロビン値が規定の値よりも高く献血を
断られてしまいます。肝機能や血圧などは問題ないですが、残念でたまりません。どうやったら
献血できるようになるでしょうか?

断片的ですが自分のデータを書いておきます。
・男性
・体重は標準体重を2キロほど上回る。ほぼ中肉中背。
・タバコは吸わない。
・3食食べているが、朝は極端に少ない。
・小さい頃にも、採血されるときに「血の色が濃い」と言われたことがたびたびある。

以上です。

Aベストアンサー

献血へのご協力への気持ち ありがとうございます。
さて、濃すぎて断られるというのは、極めて稀ですね。
まずは、赤血球数、ヘモグロビン、ヘマトクリットの3種の検査を
しましょう。総合的な判断が必要です。事前検査で測定値が
分かっているのでしたら参考までに教えてください。
 不明であれば、検査室のある病院で理由を伝えて診察を受けてください。

 赤血球数550万
 ヘモグロビン 17g
 ヘマトクリット 53%  ぐらいの濃さでしたら健康な血液だと
思うのですが。むしろ、血小板や血漿献血をしていただくと
非常にうれしいです。
 血液センターの方は何もアドバイスしてくれませんでしたか?
ちょっとさみしいな。せっかく時間と手間を作って来てくれた人なのに?
 ただ濃すぎることはそれなりにリスクもあるかと。
 時間をもう一度作ってぜひ受診をお願いします。

 

Q献血は瀉血としての効果ってありますか?

よろしくお願いします。
題のままですが、献血で全血(400ccか200cc)提供した場合、瀉血の効果は期待できるのでしょうか?
なお、当方は別になんら治療を必要としているわけでもありません。そのそも献血ができる時点で、献血を瀉血として見るという見方は成立しませんか?

よく献血しているので、聞いてみました。

Aベストアンサー

現在の医学ではヘモクロマトシス(鉄分の溜まり過ぎ)
以外の病気における瀉血の治療効果は無いと考えられています
古くから西洋にある治療で 脳卒中などにも効果があると
信じられていた時期は実はそう古くないのですが
統計が発達してはっきり否定されています。

もともと献血ができる程に健康な人に対する効果の
報告は聞いたことが無いです。元が健康なら
効果をどう定義するのかも難しいでしょう。

健康に対する影響は不明ですが社会的意義はきわめて大きいのは
間違いないことです。

Q土日眠りっぱなし、これは病気なんでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。
 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。この症状は、ここ数ヶ月続いており、夜に“見舞い”に来る友達は“1人暮らしゆえの甘え”だと言い呆れています。
 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 ...続きを読む

Aベストアンサー

私は病気でした。
同じように月曜から金曜までは仕事に行くのですが
土日は寝たきりでした。
結局、うつ病による過眠とわかりました。
当時は精神的落ち込みなど感じませんでしたが。
一度、受診なさることをお勧めします。お大事に。

Q足裏マッサージの効果はほんとにあるのでしょうか。

足裏マッサージの店は沢山あります。
あれは健康のために効果があると思いますか。

実際にやってもらった事があります。値段も高いですね。
マッサージ師が足の裏を押して「ここは〇〇のツボです。ここが固いので○○が疲れてますね。」と言われました。

病院で先生に足裏マッサージの効果に関して尋ねたら先生は「足裏マッサージはデタラメです。素人同然の人がいい加減な事を言ってるだけです。」と言っていました。

求人雑誌を見ると足裏マッサージの施術師のアルバイトの求人も沢山載っています。
アルバイトスタッフが施術している店が多いということですよね。

それならば高いお金を払って足裏マッサージをしてもらってる人が多いのはなぜでしょうか。

Aベストアンサー

足ツボは正式には足底反射区といいましてツボではありません。見る資料によって場所や範囲が違うため学問としてしっかり体系化されているか疑問が残るところです。まぁ民間療法の一種としてお考えください。

合谷や三里が有名なツボですが、図で表すときは点です。反射区のように大きな範囲では絶対表しません。なぜ “足ツボ” と言われるようになったのか分かりませんが、これは全くの別物です。ツボは正式名称を経穴といい、WHOでも認証されています。経穴には流れがあり、その流れを結んだものを経絡と言います。それらを全て図面化したものを経絡経穴図といいます。経絡経穴図を見ていただければ分かると思いますが、足裏は実は湧泉という経穴が一つあるだけです(その他正式な流れから外れるものはあります)。


>それならば高いお金を払って足裏マッサージをしてもらってる人が多いのはなぜでしょうか。

・気持ちいいから
・足が軽くなるから

足は体の一部ですから、揉んでもらえれば気持ちいいという当たり前の理由が一つ。二つ目、足は解剖学的に足としてもちろん機能しており、骨もあれば筋肉もあります。足だって疲労が溜まったり、むくんだりもします。マッサージはそれらに対しての効果はもちろんあります。マッサージを受ければ足は軽くなるでしょう。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。

足ツボは正式には足底反射区といいましてツボではありません。見る資料によって場所や範囲が違うため学問としてしっかり体系化されているか疑問が残るところです。まぁ民間療法の一種としてお考えください。

合谷や三里が有名なツボですが、図で表すときは点です。反射区のように大きな範囲では絶対表しません。なぜ “足ツボ” と言われるようになったのか分かりませんが、これは全くの別物です。ツボは正式名称を経穴といい、WHOでも認証されています。経穴には流れがあり、その流れを結んだものを経絡と言いま...続きを読む

Q献血をしすぎると血管がボロボロになる??

以前、看護学校の教師をしている友人に
「あまり献血すると、血管がボロボロになるよ」と云われました。

今は、授乳中で献血はしていませんが
自分の健康のバロメーター(献血できるほどの体調か)としても、できる機会があればやりたいと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

うーん・・・
私は専門家でも在るのですが、ワーファリンと言うお薬を飲んでいる患者でもあります。
ワーファリンと言うお薬は、飲んでいる人は分かると思いますが、定期的に(私は環境に恵まれている事もあり、たいていは2週間に1度、コントロールがうまく行ってないときは毎週)採血をして効き目を確認しています。

右利きなもので、ほぼ毎回左から採ってもらうのですが、かれこれ25年以上そうしてきましたが今でもきちんと採血できますよ。
手術前の貯血(手術に備えて自分の血液を溜めて、いざ必要となったらそれを使うという、感染に備えての処置)もそうでしたし。

変化がないかといわれると、あります。
それは、堅くなっていわゆる『タコ』と呼ばれる状態になって、刺す時に『あれ、タコになってますね、堅いですよ』って言われますが、それは針を刺した部分が治る、刺す、治る、を繰り返すためにその部分が厚くなって堅くなるだけで、ボロボロにはなりません。

私も看護学校の教師をやってきた事がありますが・・・
ちょっとそれは・・・

血管が溶けるようなとんでもない薬を打てばそうなるかもしれませんが、ボロボロになるなんて事はない、と言い切れますよ。

うーん・・・
私は専門家でも在るのですが、ワーファリンと言うお薬を飲んでいる患者でもあります。
ワーファリンと言うお薬は、飲んでいる人は分かると思いますが、定期的に(私は環境に恵まれている事もあり、たいていは2週間に1度、コントロールがうまく行ってないときは毎週)採血をして効き目を確認しています。

右利きなもので、ほぼ毎回左から採ってもらうのですが、かれこれ25年以上そうしてきましたが今でもきちんと採血できますよ。
手術前の貯血(手術に備えて自分の血液を溜めて、いざ必要とな...続きを読む

Q400ml献血をしたのですが、どのぐらいで作られる?

ycqxs765です。

400ml献血をしたのですが、どのぐらいで作られるのでしょうか?(元に戻る)。3ヶ月空けないと、献血が出来ないみたいです。
1ヶ月でどのぐらい作られるものなのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

400ml献血の場合は
3~4週間で赤血球は回復します

http://www.jrc.or.jp/qa/blood.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング