ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

下記サーバーの同時接続ユーザー数の大体の値を算出する方法を教えたもらえないでしょうか。

サーバー内容1
OS: Red Hat Enterprise Linux ES release4(Nahant)
CPU: Intel(R)Xeon(R)CPU5160 @ 3.00GHz
メモリ:4GB
HDD: 300GB

サーバー内容2
OS: Red Hat Enterprise Linux ES release4(Nahant)
CPU: Intel(R)Xeon(TM)CPU 3.20GHz
メモリ:4GB
HDD: 73GB

以上よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

重い処理はなさそうなんで、preforkするApache+phpのプロセスのメモリ消費でしょうか。

お使いの環境でpsコマンドを実行して、httpdのプロセスサイズを見てください。(コンパイルオプション等によりサイズは変わります)それがメモリに入りきる分が、最大同時接続数です。よほど大きなサイトでなければ、問題ないハードウェアスペックだと思いますよ。

ただ、上記はあくまで一般論なので・・・プログラムの作りが悪い場合はどうなるかはわかりませんが。
    • good
    • 0

同時接続数といわれても、Oracleで作るDWHのクエリの同時接続数と、lighthttpdでのhttpの同時接続数じゃ桁が変わりますよ。



何に使うのかを明らかにしない限り、適切な回答は出ないと思いますよ。

この回答への補足

PHP4,MYSQLでテストページ(100問ぐらい)を作っています。ファイルの容量2Mとした場合どのようになるのでしょうか。

補足日時:2007/12/09 18:53
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWebアクセス数の確立の計算方法

数学から遠ざかって早十数年・・・。
Webアクセス数の負荷状況についてお客さんへの説明をするあたって、以下の仮定に説得力を持たせたいと考えています。

秒間平均160回のアクセスを受け付けるシステムがあるとします。
ここで、瞬間的に800回以上のアクセスがある確立はどれくらいか?

 今度システム提案をするにあたって、秒間平均160アクセスをさばくスペックとしていますが、じゃあ、瞬間的に5倍の800回以上のアクセスがきたらどうなるのと聞かれました。
 そこで、「いえいえ、800回以上のアクセスなんてこの程度の確立でしかないので気にする必要はないですよ」と答えたいのです。

ここで、多分仮定としてアクセス頻度(到着間隔)がポアソン分布とするかなど、前提条件があると思いますが、もう、何を仮定にすればいいのかなどすっかり忘れてしまっています。

一般的なWebアクセスの想定の計算方法について教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

ポアソン分布となるはずですが、この領域では殆ど正規分布で近似出来ます。

参考URLでポアソン分布のシミュレーションが出来ます。EXCEL表ダウンロード。

160ではオーバーフローが起きて全部の計算が出来ませんが
100で試した所、135で100%になりました。
つまり1.35倍以上の入力が入ることは殆ど皆無と言うことです。

正規分布として考えれば標準偏差σ=√100=10
ですから
3σを考えても130と言うことで感覚的にも合います。

参考URL:http://www.ed.yama.tus.ac.jp/j-tokei/tusy22/class0626/tokei020626.htm

QEXCELのセルが動かないです

普通は、矢印キーを押すと、セルが動きますよね。

今日、仕事中
矢印キーほ押してもセルが動かなくなりました。
画面は動きますがセルがついて来ないのです。
そのPCで使う場合どのエクセルも同様の動きです。

ツールバーあたりを設定する必要がありますかね。

Aベストアンサー

そのPCのScroll Lock (Scr Lk)キーが押されていませんか?

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む


人気Q&Aランキング