見守り電球またはGPS端末が特価中!

C言語(C++)で、スタティックライブラリと同じ要領でDLLをEXEに含めることはできるでしょうか?
環境は、BCC5.5とVC2005の両方でお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

できないです。


トリッキーな方法で、
DLLのバイナリデータをEXEファイルに含ませたり(リソースファイルを使ったり)とかすれば可能かもしれませんが・・・:-(
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。うーん、やっぱり無理なのでしょうか?
DLLのバイナリデータという点では、そのままファイルに書き出すとかで、その後はLoadLibrary()で呼び出すという形でやっていこうと思います。

お礼日時:2007/12/26 12:52

スタティックリンクにはスタティックリンク用のLibファイルが必要です



一般的にDLLからスタティックリンク用のLibファイルは作成不能です

もしそのDLLのソースがあるならスタティックリンクライブラリを作成するプロジェクトにそのソースを与えて Libファイルを作成しましょう

他から提供されているDLLならスタティックリンクできるライブラリがあるかどうか提供元に確認しましょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。やはり無理という結論でしょうか。とりあえずスタティックリンクできるライブラリの存在を調べてみます。

お礼日時:2007/12/27 12:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVC++で静的リンクしたアプリを作りたい

Microsoft のVisual Studio 2012 を使用しています。VC++2012 を使用して静的リンクしたアプリケーションを作りたいのですが、静的リンクを行う設定方法がわかりません。言い換えると .Net FrameWork がない環境でも動くアプリケーションを作りたいのです。
詳細は、MSN 相談箱 QNo.8057365(投稿日時 - 2013-04-24 12:53:43)を参照ください。
現在は、次のMSDNの技術資料「Deployment in Visual C++」
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dd293574.aspx
に記載されている2番目の方法Local Deployment(ローカル配置)に記載されている必要な DLL ファイルをコピーする方法で実現していますが、Microsoft に相談したところ、次のように言われています。

『VC++ 2012 のLocal Deployment を使ってアプリケーション プログラムの開発を行うのは良いが、一旦開発が成功した後はLocal Deployment の使用を禁止する。』

以上の経緯から、静的リンクした VC++ 2012 アプリケーション プログラムを作る必要があります。具体的な形態は、Windows PE 3 で起動したPC でVC++ 2012 で開発したアプリケーション プログラムを動かします。
Visual Studio 2012 でプロジェクトを定義するとき、「静的リンク アプリケーション」指定の必要があると考えるのですが、その方法がわかりません。どうかご教示をお願いします。

Microsoft のVisual Studio 2012 を使用しています。VC++2012 を使用して静的リンクしたアプリケーションを作りたいのですが、静的リンクを行う設定方法がわかりません。言い換えると .Net FrameWork がない環境でも動くアプリケーションを作りたいのです。
詳細は、MSN 相談箱 QNo.8057365(投稿日時 - 2013-04-24 12:53:43)を参照ください。
現在は、次のMSDNの技術資料「Deployment in Visual C++」
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dd293574.aspx
に記載されている2番目の方法Local Deployment(ロ...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)静的リンク=マルチスレッド の発想ができません。キーワードを指定してのヘルプ検索のヒントをご教示ください。

VCの以前からの流儀…ですからねぇ…。
「VC 静的リンク」で検索するとランタイムライブラリの設定を変更する。と紹介されているページが見つかるでしょう。
で、設定を変更する際のメニューなどの操作手順を解説しているページも見つかるかと。
ネット上に情報はあるのですから、そのように「調べる手順」は身につけておいた方がいいかと。

>(2)「上級者用の設定」の文言も気がかりです。見つけ方を教えてください。

VS2010の頃はあったのですが、VS2012でも存在するのかどうかは不明です。
MicrosoftのサイトだとVS2012 ExpressEditionにはあるかのような記述がありましたが、
手元の「VS Express for Desktop」には無いんですよねぇ…。
# http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/vstudio/038tzxdw.aspx の
# 「1.[デバッグ] メニューの [例外] をクリックします」にあるメモに。

>(3)良い参考書があればご教示ください。

人によって変わるでしょうから本屋で立ち読みしながら探して下さい。としか言えないですね。
ただし、今回の場合はMFC(ExpressEditionにはない)ならともかく.NET Frameworkは使えませんので、少々古いバージョン辺りの本になるかも知れません。
.NET Frameworkメインで記述されている本では今回の目的には沿わないでしょう。
# Win32APIプログラミングとかそういうのでしょうかね…。

私の環境にはVS Express for Desktopはインストールしてありますが…
もっぱら使っているのはVS2010 ExpressEdition(C++かC#)です。
MFCが必要とかの場合は製品版を所持しているVS2005になってしまいますが。
そんなワケで2012はほとんど使っていません。
# メイン環境もまだWindows7ですし。(仕事中はXPですからVS2012も動きませんしね)

>(1)静的リンク=マルチスレッド の発想ができません。キーワードを指定してのヘルプ検索のヒントをご教示ください。

VCの以前からの流儀…ですからねぇ…。
「VC 静的リンク」で検索するとランタイムライブラリの設定を変更する。と紹介されているページが見つかるでしょう。
で、設定を変更する際のメニューなどの操作手順を解説しているページも見つかるかと。
ネット上に情報はあるのですから、そのように「調べる手順」は身につけておいた方がいいかと。

>(2)「上級者用の設定」の文言も気がかりです。見つけ...続きを読む

QLNK2019: 未解決の外部シンボルのエラーが出る

Microsoft Visual Studio 2008
Version 9.0.21022.8 RTM
Microsoft .NET Framework
Version 3.5 SP1
----------------------------------------------------------------
新しいプリジェクト→Win32 コンソール アプリケーション(ソリューションのディレクトリを作成 チェック外す)→Windows アプリケーション(空のプロジェクト チェック外す)
----------------------------------------------------------------
 プログラム

 mymain.cpp
#include "myhelper.h"
#include "mymain.h"

//自キャラのデータ
Point2D g_jikipos = {40, 400};//自キャラの座標

//画像ハンドル
int g_jikiimage[11];

//色々なファイルの読み込み
int LoadFiles(){
//画像ファイル読み込み
if(LoadDivGraph("media\\player01.bmp",
11,11,1,64,64,g_jikiimage) == -1) return -1;

return 1;
}


 mymain.h
//他から呼び出させるMyMainの関数
void MyMain();
int LoadFiles();


 myhelper.h(サンプルなので打ちミスはない)
#include "DxLib.h"
#include <limits.h>
#include <math.h>

//構造体宣言
//座標またはベクトルを記録する構造体
struct Vector{
float x,y;
};
typedef Vector Point2D;
//線を記録する構造体
struct Line2D{
Point2D startpos, endpos;
float katamuki;//傾きをラジアン値で記録
Vector speed;//移動している場合は速度をセット
};
//球体を記録する構造体
struct Ball2D{
Point2D position;
float hankei;//半径
};
//四角形を記録する構造体
struct Rect2D{
Point2D lefttop;
Point2D rightbottom;
float width;
float height;
};


//ライブラリ関数
Point2D PosInView(Point2D in);
int XInView(float inx);
int YInView(float iny);
void ScrollToLeft(float jikiposx);
void ScrollToRight(float jikiposx);
void ScrollToUp(float jikiposy);
void ScrollToDown(float jikiposy);
void DrawLineInView(float x1, float y1, float x2, float y2, int Color, int Thickness);
void DrawCircleInView(float x, float y, float r, int Color, int FillFlag);
void DrawAnimation(float x, float y, double ExtRate, double Angle,int TurnFlag,
int *imgarray, int allframe, float fps);
//ベクトル関数
Vector CreateVector(Vector in, float veclen);
Vector AddVector(Vector v1, Vector v2);
Vector SubVector(Vector v1, Vector v2);
Vector AddVectorInFrameTime(Vector pos, Vector speed);
Vector AddVectorInFrameTime2(Vector pos, Vector speed, Vector accel);
Vector Normalize(Vector in);
Vector RotateVector(Vector in, float radian);
float VectorLengthSquare(Vector in);
float DotProduct(Vector v1, Vector v2);
float CrossProduct(Vector v1, Vector v2);
void SetLine2DKatamuki(Line2D *in);
void DrawLine2D(Line2D in, int Color, int Thickness);
void DrawBall2D(Ball2D in, int Color, int Fill);
//当たり判定関数
bool HitTestLineAndBall(Line2D linein, Ball2D ballin);
bool IsPointAtLineFace(Line2D linein, Point2D ptin);
bool HitTestLineAndLine(Line2D line1, Line2D line2);
bool HitTestBallAndBall(Ball2D a, Ball2D b);
bool HitTestPointAndBox(Rect2D rect, Point2D pt);
//タイマー関数
void SetSimpleTimer(int idx, int time);
int GetPassedTime(int idx);


//グローバル変数
extern float g_frametime;
extern Rect2D g_framerect;//画面領域(当たり判定)
extern Point2D g_current_field_pos;//現在の左上座標
extern Rect2D g_stagesize;//ステージサイズ

//定数宣言
const float ZEROVALUE = 1e-10f;
const float PIE = 3.1415926f;
const int SCROLL_LIMIT = 200;
----------------------------------------------------------------
 エラー内容
1>myhelper.obj : error LNK2019: 未解決の外部シンボル "void __cdecl MyMain(void)" (?MyMain@@YAXXZ) が関数 _WinMain@16 で参照されました
1>C:\Documents and Settings\Owner\My Documents\Visual Studio 2008\Projects\my\Debug\my.exe : fatal error LNK1120: 外部参照 1 が未解決です
1>my - エラー 2、警告 0
ビルド: 0 正常終了、1 失敗、0 更新不要、0 スキップ
----------------------------------------------------------------
画像を貼り付けときます
(見えにくい場合→http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org154142.jpg.html)
初心者なのでわかりやすくお願いします

Microsoft Visual Studio 2008
Version 9.0.21022.8 RTM
Microsoft .NET Framework
Version 3.5 SP1
----------------------------------------------------------------
新しいプリジェクト→Win32 コンソール アプリケーション(ソリューションのディレクトリを作成 チェック外す)→Windows アプリケーション(空のプロジェクト チェック外す)
----------------------------------------------------------------
 プログラム

 mymain.cpp
#include "myhelper.h"
#include "mymain.h"

//自...続きを読む

Aベストアンサー

ファイル構成から推測するに
mymain.cpp というファイルに
void MyMain(void) {
// ここに処理を書く
}
という関数が必要なようです。

Qファイルやディレクトリの存在確認を行う方法

ファイルをオープンするのはfopenでOKですが、ファイルやディレクトリの存在確認を行う方法が知りたいです。

何か組み合わせて作るものなのでしょうか?
perlとか便利な演算子があるのですが、C/C++って器用ではないですね。
これは処理系?依存の内容ですか?

私の環境は VC6, VC2005 Windows2000です。

Aベストアンサー

int access(const char* path, int mode);
int stat(const char* path, struct stat* sb);

かな?
MSDN を引くと _access_s() を使えとか書いてあるけど。

Q【C++】静的リンクと動的リンクの違い

静的リンクと動的リンクの違いについて教えてください。

ググって、wikiにて確認したところ、
動的リンクは、実行時にプログラムの結合を行う。
静的リンクは、コンパイル直後の実行ファイル生成時に、ライブラリ等を全てリンクし、必要なコードが全て揃った実行ファイルを生成する。
というのはわかりました。

それを踏まえて、
 (1)-(1)libファイルで静的リンクさせるケース
  メソッドやプロパティのインデックスというかインタフェース仕様のみ書かれている。
  そして、そのインデックスを元にコンパイルチェックを行っている。

 (1)-(2)objファイルで静的リンクさせるケース
  objには、.cppと、.h に書かれている処理のうち、そのソース本体(そのクラス自身のモノとして持っている処理)のプロパティやメソッドのことが機械語で書かれている。
  プロパティやメソッドが書かれているため、当然インタフェース仕様もわかる。

であろうと捉えていますが、この認識で大雑把には合っていますでしょうか?

また、DLLを使う場合、動的リンクとは呼ばれているものの、
「DLLでは、objに加え、必要なリンクの情報まで持っている」と思われるので、
結局、リンカによるリンク実行時に、インタフェースで不整合が起きていないかはチェックされているという認識なのですが、合っていますでしょうか? 
(だとすると、なぜ、ある意味、DLLを使っていても静的リンクなのかなと感じ、動的リンクと呼ぶことに不自然さを感じます)

宜しくお願いいたします。
.

静的リンクと動的リンクの違いについて教えてください。

ググって、wikiにて確認したところ、
動的リンクは、実行時にプログラムの結合を行う。
静的リンクは、コンパイル直後の実行ファイル生成時に、ライブラリ等を全てリンクし、必要なコードが全て揃った実行ファイルを生成する。
というのはわかりました。

それを踏まえて、
 (1)-(1)libファイルで静的リンクさせるケース
  メソッドやプロパティのインデックスというかインタフェース仕様のみ書かれている。
  そして、そのインデックスを元にコンパ...続きを読む

Aベストアンサー

 (1)-(1)libファイルで静的リンクさせるケース
 (1)-(2)objファイルで静的リンクさせるケース

この2つは大体同じ意味です

[exe ファイル ]
obj を集めて作成します。
main関数が含まれているため、実行すると動作します。
exe ファイルを作成する際、実行されない関数等は含めません

[lib ファイル ]
obj を集めて作成します。
main関数が無い為、実行する事はできません。
当然全ての関数が lib ファイルに含まれます


上記を踏まえて再度
[exe ファイル ]
cpp からコンパイルして作成された obj ファイルや
lib ファイル内のオブジェクトから main からの一連の流れで
使用する関数を集めて exe ファイルを作成します
libファイルにある実行されない関数等は含めません

lib ファイルの中身のオブジェクトが exe の中に存在するので
静的リンクした事になります。


[dll ファイル ]
obj を集めて作成します。
main関数が無い為、実行する事はできません。
当然全ての関数が dll ファイルに含まれます
内容は lib と同じですが動的リンクであるという点が違います。

[dll の lib ファイル ]
dll から 作成する事が出来ます。
その libファイル内には、dll内の同名の関数の情報があり
中身は dllへアクセスする処理があるだけです


上記を踏まえて再度
[exe ファイル ]
cpp からコンパイルして作成された obj ファイルや
lib ファイル内のオブジェクトから main からの一連の流れで
使用する関数を集めて exe ファイルを作成します

exe の中には dll は含まれておりません
その為 exe のファイルサイズは小さく、dll が無ければ動きません

 (1)-(1)libファイルで静的リンクさせるケース
 (1)-(2)objファイルで静的リンクさせるケース

この2つは大体同じ意味です

[exe ファイル ]
obj を集めて作成します。
main関数が含まれているため、実行すると動作します。
exe ファイルを作成する際、実行されない関数等は含めません

[lib ファイル ]
obj を集めて作成します。
main関数が無い為、実行する事はできません。
当然全ての関数が lib ファイルに含まれます


上記を踏まえて再度
[exe ファイル ]
cpp からコンパイルして作成された obj ファイ...続きを読む

QDWORDの実際の型は何でしょうか

VC++.NETの環境です。
DOWRD dw1 = 1;
int i = 2; と定義し
ここで
if ( i > dw1 ){
何かの処理;
}
とコーディングすると
warning C4018: '>' : signed と unsigned の数値を比較しようとしました。
のワーニングがでます。
これは、DWORDがint型でなくunsigned int型のようにも見えます。
ある本によれば(VC++.V.NET逆引き大全500の極意)
DWORD はint型であると記述されています。
もし、int型ならこのワーニングはでないはずなのですが、
なぜでるのでしょうか。又、DWORDの実際の型は何なのでしょうか。ご存じのかたおりましたら、教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

型定義が知りたいのならば、宣言ファイルを見れば疑問を挟む余地もありません。
DWORD型はwindef.hで
"typedef unsigned long DWORD;"
と宣言されています。

Visual Studioを使っているのならば、知りたい型の上にマウスポインタを置いて右クリック、ポップアップメニューの「定義へ移動」または「宣言へ移動」で簡単に知ることが出来ます。

Qライブラリ、.libとは?

ライブラリと検索すると、標準ライブラリばかり出てきて「○○.lib」のことがいまいち見えてこないのですが、このファイルはどういったものなのでしょうか。
.h、.c、.cppなどでは代用が利かないものなのでしょうか。

あと、C、C++にはライブラリと言うものがあり、あると便利・・・
というのは何となく分かるのですが、
1.ライブラリを配布しているのをあまり見ませんが、どこかまとまって置いてある場所はあるのでしょうか。
2.あまり記載されている参考書が見当たりませんが、どのように使うものなのでしょうか。
3.「このライブラリはどういうものか覚えていた方がいい」というものはありますでしょうか。

この3点について教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>1.ライブラリを配布しているのをあまり見ませんが、
>どこかまとまって置いてある場所はあるのでしょうか。
なんのライブラリのことでしょうか?
ライブラリとは汎用性の高い関数や機能を再利用可能な形にした物を
言います。これは、目的によってプログラマが作ったり、
既に公開されたりしているものもあります。

>2.あまり記載されている参考書が見当たりませんが、
>どのように使うものなのでしょうか。
ライブラリの作りはそれを使う環境にも依存しますが、
Windows環境の場合、Libファイルにはダイナミックリンクライブラリ
(DLL)とスタティックリンクライブラリという2種類が存在します。
Libファイル(***.lib)はDLLの場合、そのライブラリが提供している
関数の関数名などの外部参照用のデータが入っています。
そして、実行には使用したLIBファイルのバイナリデータが入った
DLLファイル(***.dll)が必要です。
スタティックリンクライブラリのLibファイルは、それ自体に
ライブラリのバイナリが含まれており、使う場合はその使ったアプリ
にバイナリとして埋め込まれます。
なので、実行時にDLLファイルは必要ありません。

>3.「このライブラリはどういうものか覚えていた方がいい」
>というものはありますでしょうか。
ライブラリについては特に覚えることは多くありませんし
自分でライブラリを作るなら覚えて損はありません。
むしろ、覚えなくてはいけないのは、ライブラリにした場合に
どのようなことに注意するかです。
ライブラリの扱いは上には上にも書いたとおり、環境に依存する
ところがあるため、使用する環境に応じてある程度作り方が
違ってきます。

>1.ライブラリを配布しているのをあまり見ませんが、
>どこかまとまって置いてある場所はあるのでしょうか。
なんのライブラリのことでしょうか?
ライブラリとは汎用性の高い関数や機能を再利用可能な形にした物を
言います。これは、目的によってプログラマが作ったり、
既に公開されたりしているものもあります。

>2.あまり記載されている参考書が見当たりませんが、
>どのように使うものなのでしょうか。
ライブラリの作りはそれを使う環境にも依存しますが、
Windows環境の場合、Libファイルに...続きを読む

QLPCWSTRとchar

質問なのです・・・

現在、私は[Visual Stdio.Net 2005]を使って、C++のプログラミングをしようと思いまして、今日参考書を見てやってみたのですが、

charの配列を使って、文字列を格納しそれを使おうとしたら、LPCWSTRのキャストが必要というエラーがでました。
参考書だと普通に通るらしいのですが・・・Visual Stdio.Net 2003と2005の違いなのでしょか?わかる方教えていただけませんでしょうか??

Aベストアンサー

補足です。
2005デフォルトのUNICODEを変更する方法は
プロジェクト->プロパティ->構成プロパティ->全般 の中にある
文字セットを[Unicode 文字セットを使用する]から[マルチバイト文字セットを使用する]
に変更することで可能です。

QCString から LPCTSTRの型に変換

visual studio 2013 VC++を使用していますが、WINDOWSの関数に渡すためにCString からLPCTSTRに変換する必要があります。実際にどのようにするのかわかりません。
例えば、以下のサンプルは他の質問コーナーの回答をアレンジしたものです

CString str = _T("ABC");
int siz = str.GetLength()+1;
LPCTSTR pszFName = new TCHAR[siz];
_tcscpy_s( pszFName, siz, str );

で変換するのですが
LPCTSTRからwchar_t*へ変換できませんとエラーがでます
_tcscpy_s()は使用できないのでしょうか

Aベストアンサー

>APIはCStdioFile の Open()でファイル名を与えるところ

APIではないようですが……。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ee247566.aspx
ならば、そのままCStringの変数渡せば、よろしく処理してくれると思いますけど。

QCStringからchar*への型変換について教えてください。

以前の質問に

int型 → CString型/char型

がありましたが、

CString型をchar*型に変換する方法を
教えていただければありがたいです。

MSDNで「LPCTSTRキャスト」が説明されていましたが、
例が載ってないのでよくわかりませんでした。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

目的にもよりますが一時的にchar配列として使いたいならCString::GetBuffer()が利用できます。
char配列としての利用が終わったらCString::ReleaseBuffer()する必要がありますが。

直接CString内の文字列を扱う必要があるならCString::operator LPCTSTRで文字列ポインタが得られます。
ただし、CStringオブジェクトをいじると無効ポインタなる可能性があるので気をつけてください。

MSDNのMicrosoft Foundation Classリファレンス→CString→クラスメンバで確認してください。

QGetPrivateProfileStringでiniファイル読込む処理を詳しく知りたいのですが・・・

お世話になっています。

iniファイルを読込み、各変数に代入するC言語のDLLを作成したいのです。
このサイトの投稿や、MSDNなどにも載っていたのですが、
少し理解に苦しみます。

現在まで、理解した点がwindows.hのインクルードを
記述するところ辺りです。
iniファイルは下記のようなレイアウトです。

---<mst.ini>----------------------------
[user]
name=username
ID=userid
[pc]
pcname=FMV
----------------------------------------

#include<windows.h>は記述することまでは
分かりましたが、以下から進みません。。。

GetPrivateProfileString("")

初心者で申し訳ありませんが、お助け願います。

Aベストアンサー

こんにちは。itohhといいます。

サンプルを載せておきます。

mst.iniファイル内の[user]セクションのnameキーの値を取得する。
DWORD dwLen=0;
char strBuf[100];
dwLen = GetPrivateProfileString("user",       // セクション名
                "name",       // キー名
                "soushi_ni",     // デフォルト値
                strBuf,       // 読み込んだ値を格納するエリア
                sizeof(strBuf),   // 上記のエリアのサイズ
                "mst.ini" );     // iniファイル名

解説:
iniファイル名をフルパスで指定しないとWindowsのディレクトリにあるものと判断されます。
Win9xなら「c:\windows」、WinNT系なら「c:\WinNT」。

[user]セクションのnameキーがないときは、デフォルト値で指定した値が設定させます。

復帰値「dwLen」は実際に設定した値(文字列)の長さが返されます。

こんにちは。itohhといいます。

サンプルを載せておきます。

mst.iniファイル内の[user]セクションのnameキーの値を取得する。
DWORD dwLen=0;
char strBuf[100];
dwLen = GetPrivateProfileString("user",       // セクション名
                "name",       // キー名
                "soushi_ni",     // デフォルト値
                strBuf,       // 読み込んだ値を格納するエリア
             ...続きを読む


人気Q&Aランキング