人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

通販で買い物しました。
セール13,860円だったわけですが値引き前の値段が書いてありませんでした。

・税抜きの値段を13,860円から割り出す計算方法

・割り出した数字から元のセール前(税抜きの値段を計算する方法

が知りたいです。

”こんな簡単な問題ふざけている”と思われるかもしれませんが数学が大のニガテでいつもややこしい数字だと計算が全くできないです><

※たとえば2万円の30%offなら分かるんです。
2万円の10%が2000円だと暗算できるので、2000円の3倍(30%)を暗算で6000円と出して
2万円-6000円=1万4000円という感じです。
数字がややこしくなると理論(公式?)自体思いつかないです。

買い物のときとても困ってます。
どうか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

税抜きするには、1.05で割ります。


だって、税込って、定価×1.05 だから。逆に割算。
13860/1.05=13200

セール前を計算するには、
30%オフってことは、セールの値段は元の値段の70%なのです。
数学っぽく書くと
?×0.7=13200
13200/0.7=18857.143 割り切れないや…。

だいたいそれくらいです。

***混乱しそうならこの先は読まないでください**
なぜ割り切れなかったかって?=
先に税込みセール前の値段を計算すると、
13860/0.7=19800

税込み19800円の値段だったってことです。
税抜きだと,19800/1.05=18857.143
18858円でしたー。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

税込みを計算するのに1.05をかけるのは知っていましたが、税抜きを計算するのは逆に割り算するなんて知りませんでした(^_^;)


>18858円でしたー
端数を切り上げてるんですね?

ありがとうございました。
勉強になりましたm(μ_μ)m

お礼日時:2008/02/01 08:42

ものっすごくかんたんなほうていしきをたてたらよいですよ。


もとの値段(税抜)をx円と仮に決めておいて分かったつもりになるのです。
そうすると、税込み価格が[    ]円とxを使った式で表せます。
値引きで30%オフになりましたから販売価格はその70%ということになりますね。では販売価格はxを使って式を書くと[   ]円です。
それは実際には13860円だったんですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

χ円×0.7=13,860円

↑こういう方程式?ですか?
χを求めるとコレが値引き前の金額ですか?
小学生の時にやったような気がするのですが・・

ここからは・・・・(-_-;)

ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/01 08:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q割引前の金額を出すには?

初歩的な質問ですみません。
例えば、1000円の物を40%引きで購入したら、支払う金額は600円ですが、ここで割引前(1000円)の金額を出すにはどうのように計算すればよいですか?

Aベストアンサー

「割引後の金額」÷「割引率」×100。

Q商品を7割引の1,386円で販売、元値は?

いつも、ありがとうございます。

私は、アラフォー独女で、頭が悪くて、数学みたいな推理力系のは、ダメなんですが、今日、面接のテストで、表題のが、出ました。


いつもは、買い物で、端数があっても、適当にキリのいい数字にして、

1,000円だったら、0を、ひとつ取れば、1割が100円になるから、

3割は、300円、と計算し、1,000円ー300円
3割引きは、700円、、

みたく、計算してましたが、

今回は、試験問題なので、適当にキリのいい数字に、できず、、

それに、割引せよ、でなく、元値が?、の問題なので。

お手上げです。
どうしたら、、問題が、とけますか?

あと、このような、数学が、苦手な私も、女性ですが、独学で、ある程度まで、数学が、できるようになりますか?

あと、もし、数検を、低いのでも取ったら、何か、好評価になりますか?

こちらも、教えてください。

Aベストアンサー

>割る=分割、、なのに、
>何で、数が、増えるの?

3÷0.5を例にとって考えてみると
「3の中に0.5はいくつあるか」ということだから
答えが3より大きくなるのは当然です。

もっとわかりやすい例を挙げると……
「3リットルのジュースを0.5リットルずつ分けたら何杯になるか」というので考えてみたらわかると思います。

Q割引計算について

割引前の値段について、
簡単なことかもしれませんが、どうぞ宜しくお願い致します。

元々、Aとう値段の物を91%OFFにしたところ1995円になりました。
Aはいったいいくらだったのでしょうか?

分かりやすい計算方法を教えてください。

Aベストアンサー

1995÷0.09 ≒ 22,166

QX%引きの元の値段は計算できますか?

スーパーで賞味期限が切れかけた商品
などに張られている割引シールで

20%引き 142円

のように書かれていたのですが
商品の値引き前の値段はこの2つの
数字から求めることができるのでしょうか?

できれば小学生でもわかるように教えて下さい


もしかして常識なんでしょうか?? 

Aベストアンサー

20%引きですから,今の価格は元の値段の80%です.

80%は,0.8倍と言うことです.

ここで,「割り算は『1あたり』を求める演算」と言うことを使います.
ここでは元の値段が1あたりに該当します.
割り算はこういうときに大変便利です.
(おかしを人数で分ける場合も,一人当たり,を求める演算なのです.
 学校では割り算を「分ける」とかそういう意味で習うと思いますが,
 それでは割り算を理解出来ません.)

だから,142÷0.8=・・・,です.

Q値引きの計算

例えば
12000円のものが8800円で売られていたとすると
何パーセントOFFになりますか?
計算の仕方をお馬鹿な私に教えて下さい。

Aベストアンサー

8800÷12000=73.3%

つまり元の値段12000円の73.3%になっている訳ですから、値引率は26.7%OFFになっています。

Q消費税や割引き計算方法について

スーパーに勤めている者です。
割引きの計算がちょっと良くわからなくなったので教えて下さい。

うちのスーパーは少し変で(汗)バーコードがあるのにたまに入らない
商品が結構あります。その場合は手打ちで入力する事になります。

そこで今までは内税だった為に税抜き商品がある時は税込み価格にする為に
計算機で[商品価格×1.05]と計算して入力していました。

これで消費税の5%が加算された価格になります。

割引き品の場合は30%OFFなら
計算機で[商品価格×0.7]と計算していました。

これで3割引きの価格になります。


そしてこの度、4月の増税に向けて商品値札が内税から外税に変わりました。
ですので今度は税込み商品がある場合は税抜きで入れないとレジの端末が
勝手に消費税をプラスして計算してしまう為、内税の商品に更に5%の外税
が加算されてしまうみたいなおかしな事になってしまいます。

そこでこの度、税込み価格を税抜き価格にする方法として
計算機で[商品価格÷1.05]とやると上司に教わりました。

これで消費税の5%マイナスされた価格になります。

つまりまとめると

税込み価格にする場合は×1.05
税抜き価格にする場合は÷1.05

という事になります。
この上の理屈で言うと

パーセンテージをプラスしたい場合は掛ける
パーセンテージをマイナスしたい場合は割る

という事になります。

これは分かりやすいと思いました。
そしてこれは税率だけじゃなく割引率にも使えると思いました。

そこでこの度、30%OFFの商品を[商品価格÷1.30]で
計算しました。
しかし、、、計算が合いませんでした。

例えば1000円の30%OFFは700円です。
しかし割る方式で計算すると1000円÷1.30=769.23076・・・・
なぜでしょうか?
計算機が壊れてると思い他の計算機でやっても同じでした。

試しに1000円に30%プラスしたと過程して
1000円×1.30で計算したらちゃんと3割増しの1300円と
なります。

掛ける方式だとちゃんと計算あうのに、割る方式になると
途端に合わなくなります。

もしかしたらこの割る方法というのは5%までしか使えない方法なのでしょうか?
それとも私の計算方法が間違っているのでしょうか?

どなたかわかる方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

スーパーに勤めている者です。
割引きの計算がちょっと良くわからなくなったので教えて下さい。

うちのスーパーは少し変で(汗)バーコードがあるのにたまに入らない
商品が結構あります。その場合は手打ちで入力する事になります。

そこで今までは内税だった為に税抜き商品がある時は税込み価格にする為に
計算機で[商品価格×1.05]と計算して入力していました。

これで消費税の5%が加算された価格になります。

割引き品の場合は30%OFFなら
計算機で[商品価格×0.7]と計算していました。

これで3割引き...続きを読む

Aベストアンサー

消費税の場合、

元の価格(税抜き価格)がAとすると、5%の消費税込みなら A×1.05になります。
この価格から消費税だけを除く(税引き価格)と、 A×1.05÷1.05=Aに戻ります。

つまりあなたが言う通り、裸価格に税金を加えるなら×1.05、税込価格を裸価格に戻すには÷1.05です。


しかし値引き計算の場合、(余談ですが「割引計算」というと将来価値を現在価値に割り戻す計算と混同しますから「値引き」と呼びますが)

価格Aのものを3割引にするには A×0.7です。
Aの3割アップの価格は A×1.03です。
定価を3割アップした価格がAとすれば、それを元の価格に戻す時は A÷1.03です。

つまり、Aを1.03で割るということは「元の値に3割アップした価格を、元の値上げ前の状態に戻す時」に使う算式になります。

Q値引率を求める計算式を教えてください

初歩的な質問で申し訳ございません。
例 定価100円のものが75円で売られていました。
  値引率を求める計算式はどのようにすればよいのでしょうか。
  教えてください。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

んーと、式を作るとしたら
1-値引き後の価格÷元の価格ですかね。

1-75÷100=1-0.75=0.25
これで値引き25%ということで・・・

Q電卓で3割引とかの計算の仕方

3割引とかを電卓で計算するときはどうやってすればいいのでしょうか?
26800円の3割引の計算をしたいのですが、やり方がわからずに困っています。

Aベストアンサー

1、0.7を掛ける。3割引、ということは元の値段の7割、ということですよね。
 268,000×0.7=

2、0.3を掛けた答えを、元の数字から引く。
 268,000-(268,000×0.7)=
メモリ機能(”M+”とか)がある電卓なら、0.7を書ける計算の答えをメモリにいれ(M+キーを使う)、引き算を行うときにMR(メモリ内容を戻す)キーを使うことで一時的に計算結果を覚えさせることができます。

Qバイトの計算問題、面接が怖い

バイトの計算問題、面接が怖い

スーパーでバイトしてみたいですが、調べると面接で計算問題をやったという方が多く、不安になりました。
恥ずかしいことに、私は良い歳して算数・数学がまったく出来ません。
簡単に言えばヘキサゴンのお馬鹿さんレベル‥‥。

もし、面接で計算問題があって全然解けなかったら店員に笑われるんじゃ‥とか「こんなのも出来ないのかよwww」とかボロクソ言われるんじゃないか思うと恐くてなかなか勇気が出ません。

また、大学をわずか1年で辞めた・前バイトしてたがわずか9日で辞めたため、面接で聞かれるんじゃないかと不安です。

前バイトしてた店はバイト募集してるか問い合わせて面談で履歴書を持って行き、履歴書を渡したら「大学辞めた後は遊んでたの?」と嫌味っぽく言われました。
決して遊んではいません。母の手伝いをしてるので、家事手伝いをしてると言いましたが追求されそうで不安です。

募集してるか分からないけど問い合わせてみたい‥
でも面接等が怖い。

どうしたら良いでしょうか

Aベストアンサー

スーパーの面接で苦手な計算問題が出るのが恐いって言うんですね。
まず、自分がその職場で本当に働きたいのかよぉく考えてみてください。せっかく面接してもらうのなら自分が長くそこで働けるかどうかは十分なポイントです。その前提で回答しますね。
スーパーで出される計算問題があるとしたら、代表的なものをいくつか。
(1)お客様の会計が956円でした。最初1000円を出されたので預かり金を入力し、お釣りを44円渡そうとしました。すると「6円あった。」といわれました。どうしますか?
計算の苦手な方はもうパニックになりがちですが。単純な話、渡そうとしたお釣りの44円に6円を足せばいいだけです。正解は50円ということになります。
(2)また消費税の簡単な計算方法があります。現在5%ですから最初の金額の10分の1を出して半分にすればいいのです。こうして考えたら簡単でしょ?
(3)500円の2割引はいくら?という問題があったら、500×20%=100、500-100=400って計算するのでは遅くなります。2割引ということは全体の8割と理解していれば500×80%=400ってすぐにできます。
いずれも発想を変えれば簡単なものが多いのです。
自信もってください。
でも面接で最も大事なことは笑顔とやる気をいかに見せられるか・・・それだけだと思いますよ。

スーパーの面接で苦手な計算問題が出るのが恐いって言うんですね。
まず、自分がその職場で本当に働きたいのかよぉく考えてみてください。せっかく面接してもらうのなら自分が長くそこで働けるかどうかは十分なポイントです。その前提で回答しますね。
スーパーで出される計算問題があるとしたら、代表的なものをいくつか。
(1)お客様の会計が956円でした。最初1000円を出されたので預かり金を入力し、お釣りを44円渡そうとしました。すると「6円あった。」といわれました。どうしますか?
計算の苦手な方はもうパ...続きを読む

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む


人気Q&Aランキング