出産前後の痔にはご注意!

Redhat EnterPriseLinuxES4でdfコマンドを発行すると以下の結果が表示されます。
#df -H
Filesystem Size Used Avail Use% マウント位置
/dev/mapper/VolGroup_ID_4409-LogVol1
1.1G 995M 8.5M 100% /
/dev/sda3 104M 38M 61M 39% /boot
none 1.1G 0 1.1G 0% /dev/shm
/dev/mapper/VolGroup_ID_4409-LogVol2
520M 11M 483M 3% /tmp
/dev/mapper/VolGroup_ID_4409-LogVol5
49G 2.8G 44G 6% /usr
/dev/mapper/VolGroup_ID_4409-LogVol4
520M 297M 198M 61% /var
/dev/mapper/VolGroup_ID_4409-LogVolHome
25G 110M 24G 1% /home

気になるのは[/]のUSE%が100%になっていることです。
ハード構成はDell製のPowerEdge840でハードRAID構成です。
基本的なアプリとしてApache,PHP,Vsftpd,MySQLぐらいです。
インストール手順についてはデフォルト設定で行いました。

この場合どのような方法で空き容量の確保を行えばいいのでしょうか?
調べた結果、KNOPPIXからCDブートを行ってQTPartedを試みたのですが、よく分からなかったので断念しました。

どなたかお分かりになる方おられましたら、ご教授の程宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まず、バックアップ可能ならバックアップします。



次に、「/」パーティション(正しくは、論理ボリューム)を調査して、不要ファイルを消します。/var、/usr、/homeが別論理ボリュームになっているようですので、おそらく/root以下にファイルを溜め込みすぎたのでは?

それでダメなら、LVMの機能を使って論理ボリュームサイズを変更します。「/home」にはかなり余裕があるようですから、lvreduceコマンドで、LogVolHomeを小さくして、lvextendコマンドでLogVol1を大きくします。
- ボリュームグループ名: VolGroup_ID_4409
--- 「/」の論理ボリューム名: LogVol1
--- 「/home」の論理ボリューム名: LogVolHome
になっていますね。

しかし、「インストール手順についてはデフォルト設定で行いました」とありますが、それならこんなパーティション・論理ボリューム構成にはならないと思いますが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
カーネルのバージョンが低いのと、デフォルトでインストールされていなかったので論理ボリュームの拡張ができませんでした。
論理ボリュームの拡張で問題なくできました。

デフォルトというのはパーティションサイズを自動で設定ということなんですが、どこかで私の不手際があったのかもしれません。

お礼日時:2008/03/16 18:12

解決方法でありませんがコメントさせていただきました。



#df -h

の結果がとても気になるのですが、デフォルトで/ の要領サイズが1.1Gですか????ちょっと信じられませんが。。


/dev/mapper/VolGroup_ID_4409-LogVol1
1.1G 995M 8.5M 100% /
    • good
    • 0

ANo.3です。


/rootは、/root以外の論理ボリュームの間違い。
/root以外というのは頭にあったのですが、書き間違えて
しまいました。お粗末でした。
/rootを一瞬でも消すことはできないと思いました。
    • good
    • 0

一般的には、余裕のあるパーティションに、tarでまとめて、


tarでまとめたものを確認して、削除という手順でしょう。

バックアップを通常tarで作っていれば、そこへ最新のものと
入れ替えておくとか、tarを活用するのがよいと思います。

具体的には、余裕のある大きな/usrパーティションにbackup_root.tar
をつくり、、/の/rootを削除して、backup_root.tarを、
/rootパーティションにもっていき、backup_root.tarを開いて確認
する。
100%になる前に通常はやるのでしょうけど、バックアップのための
空き容量も必要でしょう。
    • good
    • 1

バックアップをとって、HDDを交換するなり


パーティションを切り直すなりするのが確実。

また、緊急時の空き容量確保には/var/logの古いlogを
他のパーティション等に移してしまうか、単純に削除する。

うちは、余裕を見ておいたつもりがmysql関連logでよく/が埋まる。
録画システムが正常動作しなくなるので、帰宅してしおしおの…
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qディスク容量ほぼ100%になってしまいました。容量をあけたいです。

CentOS4で運用しているサーバーのディスク容量が以下のように98%になってしまいました。

Filesystem 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
/dev/md0 10080364 9344136 224164 98% /
/dev/md1 133672704 12724724 114157712 11% /home
none 1024684 0 1024684 0% /dev/shm
/dev/md2 8064432 3413728 4241056 45% /var

なので、98%になっている個所 /dev/md0 に格納されている?ファイルを削除して容量をあけたいと考えていますが、
どのディレクトリのファイルを削除すれば、良いか分からない状況です。
*おそらく /home/hogehoge/ ないのファイルを消しても /dev/md1 の容量が空くだけで /dev/md0 は変わらないと思います。

どこのディレクトリのファイルを消せば、/dev/md0 の容量が空くか調べる方法はありますでしょうか?
よろしくお願いいたします。

尚パーティション関連は怖くていじれないので、ファイル削除で対応したいと考えています。

CentOS4で運用しているサーバーのディスク容量が以下のように98%になってしまいました。

Filesystem 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
/dev/md0 10080364 9344136 224164 98% /
/dev/md1 133672704 12724724 114157712 11% /home
none 1024684 0 1024684 0% /dev/shm
/dev/md2 8064432 3413728 4241056 45% /var

なので、98%になっている個所 /dev/md0 に格納されている?ファイルを削...続きを読む

Aベストアンサー

まずは、du コマンドを使って、どのディレクトリが肥大化しているかどうか調べましょう。/tmp とか /var/tmp に、巨大な一時ファイルが放置されていたりしませんか?
他に肥大化しそうなところは、/var/chache とか /var/spool でしょうか。ここには、パッケージアップデートの一時ファイルが残っている場合があります。

 # yum clean packages

とかやってみたら、いくらか空きませんでしょうか?

あと、rootでrpmパッケージのコンパイルをしたりしている場合は、/usr/src/redhat 以下も大きくなりますね。

Qディスク容量がいっぱいになってしまいました。。。

皆様よりご教授賜りたく宜しくお願い致します。

1.SQLを実行すると、以下のERRORが出てしまいました。
ltsWriteBlock: failed to write block 1471 of temporary file Perhaps out of disk space?

2.ディスクの容量を確認すると以下のようになり./dev/hda2が、使用100%なので、
-------------
Filesystem 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
/dev/hda2 7052496 6682468 11780 100% /
-------------

3./配下のディレクトリ容量を見てみると
----------------------------------------------------------------
drwxr-xr-x 2 root root 4096 5月 27 2004 bin
drwxr-xr-x 4 root root 1024 5月 27 2004 boot
drwxr-xr-x 20 root root 118784 7月 5 12:11 dev
drwxr-xr-x 58 root root 4096 7月 5 12:07 etc
drwxr-xr-x 7 root root 4096 5月 27 2004 home
-以下省略---------------------------------------------------------

4.なのでサイズの一番大きい/devを確認してみると
-抜粋--------------------------------------------------------------
brw-rw---- 1 root disk 13, 121 8月 31 2002 xdb57
brw-rw---- 1 root disk 13, 122 8月 31 2002 xdb58
brw-rw---- 1 root disk 13, 123 8月 31 2002 xdb59
brw-rw---- 1 root disk 13, 70 8月 31 2002 xdb6
brw-rw---- 1 root disk 13, 124 8月 31 2002 xdb60
brw-rw---- 1 root disk 13, 125 8月 31 2002 xdb61
-----------------------------------------------------------------

5.この中身は削除してしまって良いものでしょうか???

■環境
OS:RedhatLinux Workstation

皆様よりご教授賜りたく宜しくお願い致します。

1.SQLを実行すると、以下のERRORが出てしまいました。
ltsWriteBlock: failed to write block 1471 of temporary file Perhaps out of disk space?

2.ディスクの容量を確認すると以下のようになり./dev/hda2が、使用100%なので、
-------------
Filesystem 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
/dev/hda2 7052496 6682468 11780 100% /
-------------

3./配下のディレクトリ容量を見てみると
-----------...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。またまた御邪魔します。

使用量が78%になれば、とりあえず使える状態ですね。
Linux の場合は、ls -la コマンドと du -sm コマンドを組み合わせて、容量を大きく消費しているディレクトリを探していくという感じですね。

あと、今ごろのご案内で申し訳ありませんが、find コマンドも便利です。

# find / -size 10000k -print

とやると、10Mバイト以上のファイルをリストアップしてくれます(ディスク全体を探すので時間はかかりますが)。
-print の代わりに -ls とすると詳細情報を表示してくれます。

find コマンドでサイズの大きいファイルを探せば、効率良く空き領域を確保できるんじゃないかと思います。

あと、ディレクトリエントリを管理する領域の使用量ですけど、一度確保されてしまった領域は、そのディレクトリの中のファイルを削除しても解放されない(ファイル名リストに削除マークがつく)ので、ディレクトリエントリの消費サイズは減らないんです。

現状で、 /dev ディレクトリを管理するために 118784 バイト使われているわけですが、仮に /dev の中のファイルを消しても 118784 というサイズは変わりません。

rmdir /dev してから
mkdir /dev すると、初期状態の 1024 バイトになるというわけです。

ちなみに /dev の中のファイルはLinuxにとって重要なものばかりなので、消さないようにしましょう。

こんにちは。またまた御邪魔します。

使用量が78%になれば、とりあえず使える状態ですね。
Linux の場合は、ls -la コマンドと du -sm コマンドを組み合わせて、容量を大きく消費しているディレクトリを探していくという感じですね。

あと、今ごろのご案内で申し訳ありませんが、find コマンドも便利です。

# find / -size 10000k -print

とやると、10Mバイト以上のファイルをリストアップしてくれます(ディスク全体を探すので時間はかかりますが)。
-print の代わりに -ls とすると詳細情報を表...続きを読む

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む

Q起動しているサービスを確認するコマンド

初歩的な質問で恐縮ですが、ご教示いただけますと幸いです。

起動しているサービスを確認するために以下の2つのコマンドを打ってみるのですが、結果(出て来るサービス名)が違います。
このコマンドの違いについてご教示いただけますでしょうか。

(1)service --status-all
(2)chkconfig --list

Aベストアンサー

(1)service --status-all

サービスの現在のステータスを調べるコマンド

(2)chkconfig --list

OSのブート時に自動起動するサービスを調べるコマンド

違いが出るのは、
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから起動したサービス
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから、あるいはエラーで停止したサービス
・ブート後に実行はされるがすぐに停止して常駐しないサービス (ntpdate とか)

あるいは、(1)ではサービス名が表示されない物もあるので、どのサービスがどんなステータス出力をするのか知っておく必要もありますね。(service network statusとか)

QPostgreSQLが起動しない・・・

はじめまして、tanu_2です。
玄箱HGをDebian化し、いろいろと遊んでいます。

PostgreSQLをapt-getでインストールし、Webアプリを動かしていたのですが、昨日より突然、PostgreSQLが動かなくなってしまいました。
原因が分からず、サーバを再起動し、
# /etc/init.d/postgresql start

$ pg_ctl start
などを試してみたのですが、動きません。
念のため、初期化(initdb)も試みたのですが、これも失敗してしまいます。
/var/log/postgresql/postgres/logを覗いてみると、

FATAL: could not write lock file "/var/lib/postgres/data/postmaster.pid": No space

となっており、上記ディレクトリにpostmaster.pid書き込みできないよ、と言われているっぽかったので、パーミッションを変更したりして
みましたが、postgresql startにしろ、pg_ctl startにしろ、それぞれのコマンドで起動すると、強制的にパーミッションが「700」に変更されてしまうようで、結果は同じでした。

どなたか、解決策をご教示願えませんでしょうか?

よろしくお願いします。m(_ _)m

はじめまして、tanu_2です。
玄箱HGをDebian化し、いろいろと遊んでいます。

PostgreSQLをapt-getでインストールし、Webアプリを動かしていたのですが、昨日より突然、PostgreSQLが動かなくなってしまいました。
原因が分からず、サーバを再起動し、
# /etc/init.d/postgresql start

$ pg_ctl start
などを試してみたのですが、動きません。
念のため、初期化(initdb)も試みたのですが、これも失敗してしまいます。
/var/log/postgresql/postgres/logを覗いてみると、

FATAL: could not wri...続きを読む

Aベストアンサー

それ以外にも、以下のようなコマンドを使ってデータベースサーバプログラムの起動が出来ますよね。

postmaster -D /usr/local/pgsql/data

ただ、以下のURLのドキュメント内には、次のような記述があります。

「何を実行するにしても、サーバはPostgreSQLユーザアカウントで起動させなければなりません。 rootであってはいけませんし、他のユーザでもいけません。」

パッケージによるインストールであれば、自動でpostgresユーザが作られているはずだと思うけど。(Debianは使ったことないので、確証はなし。)

su - postgres

上記のコマンドでログインするなり、パスワードを忘れたのならroot権限にてpasswdコマンドから変更するなりした後、もう一度postmasterを起動してみよう!

ちなみに、パーミッション関係のエラーは、「Permission denied」ですよね。

参考URL:http://www.postgresql.jp/document/pg803doc/html/postmaster-start.html

それ以外にも、以下のようなコマンドを使ってデータベースサーバプログラムの起動が出来ますよね。

postmaster -D /usr/local/pgsql/data

ただ、以下のURLのドキュメント内には、次のような記述があります。

「何を実行するにしても、サーバはPostgreSQLユーザアカウントで起動させなければなりません。 rootであってはいけませんし、他のユーザでもいけません。」

パッケージによるインストールであれば、自動でpostgresユーザが作られているはずだと思うけど。(Debianは使ったことないので、確証は...続きを読む

Qsedの置換文字に変数を使用したいのですが・・・

あるファイルの特定の文字を変換し、上書きをする処理を行いたいのですが、sedの置換文字に変数が渡せなくて困っています。

例:
X="a"
Y="b"
echo test.txt | sed 's/${X}/${Y/g}' >test.txt

sedでは置換文字に${X}といった変数を使用することはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

' ・・・' で囲まれた中の$はそのままドルマークです。変数展開をするなら、'・・・'で囲んではいけません。

何も囲まないか、"・・・"で囲むかです。

Qsqlplusで表示が変なので、出力を整形したい。

いつもお世話になっています。

サーバにアクセスしてsqlplusで、
データを調べたいのですが、
出力形式が見づらくて困っています。

よくわからいのですが、
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
---------------------------
1の値 2の値
3の値
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
---------------------------

上記のように意味不明な形式で出てきます。

例えばこんな風に

select カラム1,カラム2,カラム3 from hoge;

カラム1 1の値
---------------------------
カラム2 2の値
---------------------------
カラム3 3の値

等のように分かりやすく表示できないでしょうか?

ちなみにOracle9iR2を使用しています。
sqlに関するツールは使用できないルールでして、あくまでsqlplusのコマンド上でみやすくしなければなりません。

分かりづらくですいませんが、皆さま、ご教授お願いします。

いつもお世話になっています。

サーバにアクセスしてsqlplusで、
データを調べたいのですが、
出力形式が見づらくて困っています。

よくわからいのですが、
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
---------------------------
1の値 2の値
3の値
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
-----------------------...続きを読む

Aベストアンサー

SQLPLUSを起動して、

SQL>set linesize 列数

でどうだ。

SQL>show linesize

で確認ができる。

Qレッドハットのバージョン確認方法

自分のサーバで使用しているREDHATのバージョン確認はどうすればいいのでしょうか?

more /etc/issue
とやっても英文しか出てきませんでした。

uname -all
でもカーネルのバージョンは出るのですが、REDHATのバージョンは出ませんでした。

Aベストアンサー

> more /etc/issue
> とやっても英文しか出てきませんでした。

その英文にはRedHatのバージョンは書いてなかったのですか?
書いていなかったとしたら、管理者により編集されている可能性
がありますね。

cat /etc/redhat-release

ではいかがでしょう?
やっぱり英文ですけど。

rpm -q redhat-release

でもいいかも

QFTPコマンドでディレクトリごとファイル移動できるコマンドはありますか?

タイトルどおりなのですが、FTPでファイルを転送する際に、サブフォルダを含むディレクトリごとファイル転送するコマンドはありますでしょうか。
ディレクトリの中にあるすべてのファイルを移動したいのですが、サブフォルダがたくさんあるので、わざわざディレクトリの場所へ移動してmputを繰り返すのはめんどうで仕方ありません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご使用になるOS環境が書いてないのですが、Linux,BSD等ならncftpで、get -R dir。
Windowsならffftpを使えば良いと思います。

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング