自慢話だと思って、とばしていただいても結構なのですが、自分でも「こんなものなのかな」と不思議に思ったので質問させていただきます。バイオリンを触り初めて二ヶ月。レッスンについてからは一ヶ月で今までに3回。そんな状態なのですが、自分の好きな曲の楽譜を買ってきて弾いてみると、より綺麗に弾くというのは別として、でも一通り曲を弾くことが出来ます。昨日買ってきたパッヘルベルのカノンも買ってきて一日で弾けました。他にもG線上のアリアとか、別れの曲とか、愛の挨拶とか(他にもいろいろ)一通り弾くけど、一応最後まで弾けます。バイオリンってこんなに簡単なのかなと思いつつ、でもこれからはその曲に思いを込めて美しく自分なりの好きな曲にしていこうと思っています。目を閉じて弾くとより自分の音色が出しやすくなるみたいで、自分の思いをより込めたいときには目を閉じたりして弾いています。ピアノを子供の頃にやっていたけど、こんなに弾けるようになるとは・・と自分でもびっくりというか不思議です。もしかしたら楽譜をよんでいると言うより、私は曲を一回聴いただけで、楽譜がなくても主旋律は(ピアノで)弾けていたので、バイオリンは主旋律がほとんどなので、より私にとっては弾きやすいのかもしれません。ほんとを言うと、楽譜はほとんど見ていないと言うか、ところどころ確認する感じです。夢は大きく、いつかアマチュアオーケストラに入りたいと思っているけれど、取りあえず一年は先生のレッスンをしていただいてそれから考えたいと思っています。なんだか何が質問なのかわからなくなってしまいましたが、小さな頃楽器をしていただけでこんなに弾けるのかなと不思議に思いました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

簡単に言ってしまうと、向き不向きってやつだと思います。


私も、けん玉はなぜか短期間で凄くうまくなりました…


うっ、簡単ですみません…
    • good
    • 16
この回答へのお礼

こんな質問に答えていただいてとっても嬉しいです。向き不向きですか・・・今思うと、小さい頃ピアノだけじゃなくバイオリンをやっていたらとちょっと残念に思ったりしています。今さらだけどバイオリニストになりたいぐらいの勢いでバイオリンが好きになってしまいました。もし向き不向きの向きであるならば嬉しいなぁ。頑張ろうと思います。

お礼日時:2002/10/19 19:19

再び#7です。


プロ、というのは定義にもよりますが、有名にならなくてもいいなら絶対可能ですよ。要はやる気と運気です。うちのタウン誌で時々出てるシャンソン歌手の方はシャンソンとカラオケ好きが高じて地元で活躍するようになったという主婦の方です。一応ファンもいるらしいですよ。(^^) 私もできそう!とか思いませんか?始めは施設の慰安訪問とかから始めたりすればいいと思います。ピアノのできるお友達がいれば2人でもできるんじゃないかと思いますよ。もちろん人が集められればカルテットもいいと思います。場数を踏めば自信も自然と出てくるんじゃないでしょうか。
おじいちゃんの残したバイオリンはちょっとボロいのですが(手入れしてなかったので(汗)・・・・)、スズキのNO.5というものです。価値とかはぜ~んぜん分かりません。(爆)
フルートは素敵ですよ~。バイオリンを深く響くドラマティックな音、と表現するなら、フルートはやさしくそよいで癒す音、とでも言いましょうか。グリーグ作のペールギュント組曲「朝」をぜひ聞いてみてください。
フルートは息遣いがポイントになる楽器なのでバイオリンやピアノとは全く違うタイプだと思います。息遣いは人により習得は違いますが、ケーナよりは遥かに簡単だと思います(ファイフ(フルート系)は30分で音が出ましたがケーナは3時間かかりました)。独学はバイオリンよりは、しやすいんじゃないかと思いますが責任は持てません。値段が結構するので、ご心配でしたら、フルートを買う前にヤマハのファイフという横笛を買ってみたらどうでしょうか。音は結構フルート風です。息遣いも同様だし、値段も1000円と手頃なのでちょっと試してみるには良いと思います。私はファイフをやって物足りなくなってから(音階が限られているので)フルートを始めましたが、今でも両方吹きますよ。ファイフは手軽なところが好きです。フルートは約3オクターブ出るので、演奏できる曲が広がるのと半音が楽なところが好きです。
ただ、ご忠告としては、楽器は確かにとってもワンダフルなものなのですが、集め始めるとキリがないという事です。金銭的にはオークションなどで安く手に入りますが、練習時間は問題になりますからねぇ…。一つの楽器でプロを目指すのなら、あまり他の楽器には手を出さないほうが無難かも・・・・? ひと段落つくまで他のはお遊び程度に、というのなら大丈夫かなとは、思いますけど。(←自分の経験から(--;)
ちなみに私の今のお気に入りはウクレレです。安くて(といっても5000円以下のものはお勧めできませんが)簡単で手軽で、みんなで歌えて楽しめるところが最高です。ドライブにももって行けますよ♪音も、かなり抑えられるので、夜でも練習しやすいんです。極めれば即興でどんな歌にでも伴奏できるようになるらしいです。クラシック向きではないですが、音楽自体を楽しむのにはなかなかのものだと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

Torako3さん、レス、ありがとうございます。Torako3さんの影響があって?か、どうしてもフルートがやりたくなってしまいました。誰かに披露するとき、バイオリンも弾けて、おまけ?にフルートも演奏できたら、更に人を引きつけることができるのでは?とも思っています。調べてみると、フルートはセカンド楽器にする人が多いようです。バイオリンやピアノ(程度にもよりますが)よりも身につけやすいようです。もしよろしければまた楽しいお話をして下さい。よろしくお願いいたします。

お礼日時:2002/11/02 08:16

それは音感とセンスがいいんですよ!並々ならない才能ですね。


外国語も関係あると思いますよ。私は英語が専門ですが、中学から始めたのにネイティブみたいに訛りがないとよく誉められます。(#^_^#)音楽は趣味でやっていますがこちらでも音感はいいといわれたので、やはり耳と記憶力がいいのでしょう(ちなみに弾くと暗譜しちゃって楽譜見れません)。子供の頃は私もピアノをやってました。そして今は子持ちの主婦。ちょっと似てません?(^^)
でも私は飽きっぽいのでたぶん大成は出来ません。(爆) 色々手を出しちゃってますから。ピアノ、フルート、ウクレレ、で今度は私もバイオリンです。おじいちゃんの残したバイオリンがあって、とてもいい音なので、頑張りたくなってしまいました。(^^; 生活がもうちょっと落ち着いたら頑張るぞー。
でもきっと貴方は結構練習されている方なんじゃないでしょうか?いくら天才でも練習しないとダメですから頑張ってらっしゃることと思います。一杯練習すれば働く主婦でもプロできますよ!夢はでっかく、頑張ってください、いや、頑張りましょうね!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

読んでいて思わず「鋭い!!」と叫びそうに鳴りました。>きっと貴方は結構練習されている方なんじゃないでしょうか?・・・その通りです!二人の子供がまだ小さいので自分の時間なんてちょびっとだけど、でもそんな中でも時間を見つけだして、作り出して練習しています。ほんとに「一杯練習すれば働く主婦でもプロ出来ます・・・」か?ほんとにほんとに?!(二歳の娘の口癖です。)出来ればレストランとか、そういうところでカルテットとかをやって、仕事にしたいと思っています。そんな仕事ってほんと夢みたいだけど、夢を見るのもいいかなって思ったりもしています。上手になりたい、ほんとにそう思います。Torako3さんとは共通点多いと思います。私も語学が好きで、英語とフランス語を一応話せます。でもネイティブの友達の話だと、私の英語はちょっとフランス語っぽいらしく、ちょっと混ざってしまっているようです。自分では全然意識していないのですが。おじいさまが残したバイオリン!!!!素敵!!!見てみたいです。きっと良いバイオリンなんだろうなぁ。オールドかな。どこの国の物なのでしょうか。もし良かったら教えてください。ところで最近、楽器店にちょこちょこ行っているので、色んな楽器を見る機会が増えて、フルートもいいなと興味を持ってしまいました。フルートってどうですか?きっと素敵な音色なのでしょうね。もしよろしければそのあたりも教えてください。おねがいしま~す。

お礼日時:2002/10/30 16:39

こんにちは!すごいですね~初めて2ヶ月…うらやましいです。


私も今度ヴァイオリンを習おうと思っています。(どこまで集中力が続くかどうか…)

多分、小さい時にピアノをやられてたのが一番プラスになっていますね。
楽譜を読むのが、ピアノをやっていた分難無く読めるはずですし、音符と出す音が一致しやすいんだと思います。(曲を1回聞いただけで覚えられる耳のよさもいいですね)
あと、指使い。ヴァイオリンは鍵盤にはなってはいませんが、音(例えばソ)を出すところは決まっていますよね。指がどこに行けばいいかが感覚で覚えているのだと思いますよ。
一番の要素は音楽性の高さでしょうかね。
これは私は天性だと思っているのですが、音楽を感覚で弾ける…というか曲を聴いたり、楽譜をパッと見ただけで頭の中で音楽の全体像が描けて表現できる人はめちゃくちゃ音楽性が高いです。私の友人にもいますが、小学校低学年でピアノをやめて以来、音大受験の高2まで全くピアノを習っていなかったのに再開するとパーっと弾きこなせる子がいました。これはプロでも持っていない人も多いのでかなりおトク(?)です。
ただ、その子はバッハ時代などの機械的に作られている曲(インヴェンションとか)は嫌いだといっていました。感覚で弾きにくいからだそうです^^;

夢は大きく頑張ってくださいね~
    • good
    • 1
この回答へのお礼

まず最初に「一緒に頑張りましょう!!!」と言わせて下さい。と言うのも、ほんとに残念なことに、私の周りには1人もバイオリンをやっている人がいません。やはりはじめるまでの敷居が高いのか、楽器が高い(ピンきりだけど)からなのか、とっても残念です。ところで音楽性が高い・・・かどうかはちょっとわからないと言うか、ちょっとだけ音楽性がちょっと高めだった・・ぐらいだと思うんだけれど、天性なのだとしたら、それはとても大事にしたいです。ピアノを習っていたときに、私がすごく覚えているのは、私はすぐに暗譜をしてしまうみたいで、全く楽譜を見なくて、そのころは先生に良く「楽譜を見ながら弾くように意識してみて」と言われていました。暗譜・・・いいのか悪いのか。でも私は見ながら弾くことがほんとに意識しないと出来ません。感情がこもって目を閉じてしまうからかな。そして逆に楽譜ばかり見ていると自分の演奏というか、音が出せません。途中で見ようと思っても、がんがん自分で進んでしまっているので、途中で見ようと思っても「いったい自分はどこまで進んでしまっているのか」という感じです。今回はほんとに趣味のバイオリンなので、多分そこまで注意されないと思うのですが。でもこれからはじめるのにバイオリンのことをいろいろ知っていてびっくり。私なんてほんとに何も知らなかった。フレットもどこかに小さくついているのでは?なんて思っていました。他に何か楽器をされたことがありますか?私はバイオリンを一通りやったらチェロもちょっと挑戦してみたいと思っています。チェロの音って自分が実際に出す音はどんなものなのか。興味あります。また話は戻りますが、これからはじめるとのこと。素敵な相性のいい先生と、良く鳴るパートナー(楽器)に出会えますように。私は自分でいろいろ調べまくってやっと先生と楽器に出会えました。でもどちらも自分にはもったいないくらい、ほんとに素敵な出会いが出来ました。バイオリンの場合はピアノのように沢山の選択肢がごろごろ転がっているわけではないので根気よく探してみてください。良い先生と楽器があればきっと続けられるし、一生バイオリンと過ごすことが出来ると思います。すみません。私だって初めて二ヶ月でした。さっきもカノンを通してやってみたら、弾けた。やっぱり不思議。ただうちはマンションなので大きな音で練習する事が出来ません。おまけに2歳と4歳の娘がいて忙しい盛りなので自分の時間はほんとにちょびっとだけど、その貴重な時間をバイオリンと過ごしたいと思っています。私はたばこも吸わないし、お酒も飲みませんが、バイオリンを触って弾くことがストレス解消になっています。とっても素敵な楽器です。一緒に頑張りましょう!!ほんとちょっと先にやっただけなのにえらそうでごめんなさい。回答ありがとうございました!

お礼日時:2002/10/20 13:45

>バイオリンを触り初めて二ヶ月


>曲を一回聴いただけで
>パッヘルベルのカノンも買ってきて一日で
>楽譜はほとんど見ていない

すごいですね。
あなたが今おいくつで、あなたのバイオリンから、どんな音楽が
奏でられているのか、文章からはわかりませんが、もしかして
もしかしたら、あなたはバッハやモーツァルトのような、本物の
天才かもしれませんね。万にひとつの可能性だって、決して無い
とは言い切れません。
そうだとしたら、アマチュアオーケストラなどといわず、これから
バイオリン一筋に生きていくという選択肢もあり得るのでは。
もし天才なら、普通の人が5歳から弾き始めて成人になるまでかかる
ことでも、数年で追いつくことができるでしょうから。
世界的なフルーティストであったランパルも、フルートの道を志した
のは医科大学卒業後です。

あなたの感じた「不思議」が、ひょっとしたら!ということになれば
すばらしいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とっても嬉しい回答、ありがとうございます!こんな風に嬉しい言葉をいただくと、すぐ調子に乗ってしまう私としてはほんとに真に受けて信じてしまいそうです。(ほんとは信じてしまっています!)ランパルと言う方はドクターのようですが、ちょっとだけ、ほんとにちょっとだけ似通ったことに私はナースです。ほんとにバイオリン一筋で生きていけたらうれしいなぁ。あとは心を込めて弾きたいです。どんな曲でも。そして好きな曲をやっていたい。好きな曲を弾いたり、とっても嬉しかったり、もちろん悲しい事でも、心が動くとすぐに涙がこぼれてしまいます。時々自分で演奏しててもちょっとうまくいったりするとつつーっと流れてたりして、「感情失禁ではないかな(些細な事で涙が流れてしまう、1つの病気)」と心配してしまうほどです。でもその心の動く感じが音楽に反映されるならそれでも良いかなと思ったりしています。バイオリンのことを心から好きになってしまいました。少しでも上手になって誰かに聴いてもらえるようになりたいです。だって音楽は自分一人でやっていたらちょっとさみしいですよね。

お礼日時:2002/10/20 08:32

この楽器への相性が良かったのだと思います。

そんな楽器と出会えたことはステキなことです。特にヴァイオリンは音程を自分で作っていかなちゃならない楽器なのでそれが弾いていけるのはとっても未来があるのではないでしょうか?
本来メロディーは一つの音から続く音へ移るときに「理由」が必要になります。1オクターブが均等に分割されている楽器では機械的にそれらをやっていくのですがヴァイオリンではその「理由」を自分で作っていけます。
 例えばハ長調の曲なら第七音のシの音を少々高目にとるのです。そうすることによってシからドに移ったときの安心感がより得られます。
 おそらくはそういったことが無意識にできてしまうのではないでしょうか。

 もし曲をスムーズに弾けてしまって物足りなさを感じていらっしゃるのでしたらそういったことをより意識的にやってみたらいかがですか?そうすれば難しい曲を簡単なように人に聴かすことができますよ。
 そして「歌う」ことに専念していただけるとよいのではないでしょうか。これはアマの特権です。音色はライフワークとして求めて行くものだと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

こんな、答えのあるようなないような質問なのに答えていただいてとっても嬉しく思います。回答の中央あたり・・・わかるようなわからないような。でも私がバイオリンを弾くとき、意識?してるのが、「頭で考えない・感覚で弾く」ということです。指板を目で追うと、逆に音程がずれるように思うし、フラットとか#も「この場所」と思わずに 目で追わずにとにかく「感覚で」弾くようにしているというか、その方がうまくいくようです。私は比較的ゆっくりとしたadagioなものが大好きです。曲の選択も難しいから弾くと言う気持ちもありません。ただ好きな曲を、心を込めて歌って、誰かの心に響いたらそれが一番です。ラフマニノフのヴォカリーズも大好きな曲です。今度はその曲に挑戦してみようと思っています。あと重音のあの美しい響きがとても好きなのでドビュッシーの月の光も取りあえず楽譜を買ってみました。

お礼日時:2002/10/20 08:20

耳も良く、音感もいいって事なんでしょうな・・・


それと、ピアノをやっていた事は多分役に立っている筈です。
私はピアノはダメで、ヴァイオリンもダメでしたが、
チェロだけは相性がよかったので、今は一応プロとしてやっております・・・
でも初めにピアノを習っていて良かったなぁ・・・って今でも思いますよ♪
    • good
    • 1
この回答へのお礼

意外です!!バイオリン、チェロ、コントラバス、ビオラは1つ出来たらなんだか共通点が多そうなので少し練習したら出来るようになるのでは?なんて思っていました。でもプロと言う言葉に憧れます。とても素敵です!!今からでは絶対無理だけど、ボランティアでもいいから誰かに聴かせられる域に持っていきたいと思っています。プロ・・・ほんとに素敵。(そればっかりでごめんなさい)チェロはいろいろな意味で需要も多いですよね。バイオリンよりもやっている人口?が少ないですよね。いつか触ってみたいなと思っています。プロというのはオーケストラとかですか?カルテットとかですか?とっても興味があります。憧れの存在なのでもしよろしければ何でも構いませんのでお話聴かせてください。お願いします。

お礼日時:2002/10/19 19:28

独学で音楽をマスターできる人がそうであるように、やはり「耳がいい」ということではないでしょうか。



音感が悪い私としてはうらやましい限りです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

独学ですか。そうですよね。習ってはいるけど9割以上独学の域に入りますよね。耳がいい・・・英語とフランス語が一応出来るのですが、フランス人の友達とか外人さんの友達とかにも「耳がいいね」といわれたことがあります。音楽の「耳がいい」というのと語学の「耳がいい」というのは共通点があるのでしょうか。別物かな。音感が悪いというのは訓練すれば良くなるものなのでしょうか。その訓練をピアノを習っているときに私はしていたということなのかな。回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/10/19 19:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q楽譜を見て弾くとき、頭の中では何が起こっていますか?(バイオリン)

バイオリンを習っている者です。楽譜見ながらすらすら楽器(バイオリン他)が弾ける方にぜひお聞きしたいことがあります。

【質問】
楽譜を見ながらバイオリン等の楽器を弾いているとき、あなたの頭と指は次のうちどちらの動きをしていますか?

(1)目に飛び込んだ音符の配置が、頭の中ですぐにドレミに変換されてから(つまり視覚情報が言語情報に置き換わってから)、指が動く。

(2)目に飛び込んだ音符の配置が、頭の中で指板上の指の位置のイメージに変換されてから、指が動く。

【質問の背景】
 交響曲など長いバイオリンパート譜を練習する際、私だけ非常に頭が疲れます。脳がフル回転している感じです。その割には初見も譜読みも遅く、フラットが4つもついているともうノロノロ運転です。何でなのか、今習っているバイオリンの先生に相談した結果、私が変な楽譜の読み方をしているせいではないかという結論になりました。
 バイオリンを始めた時の先生は、音符をドレミで読む代わりに、指板を押さえる指の位置を覚えて曲を弾く指導をする方でした。それで曲を弾くことが出来るようになったので、今でも楽譜をドレミで読むことはせず、音符の位置と指板の指の位置とを連動させて曲を弾いています。ただしこの方法は、時間をかけて1曲を習う個人レッスンでは通用しますが、1ヶ月で交響曲の全楽章を一通り弾けるようにするアマオケのような環境では通用しない感じがしてきたのです。
 音符の位置と指板の位置とが連動すれば、頭の中でドレミに変換する操作が入らないだけ楽譜を弾くのが速くなりそうに思いますが、実際にはこの方法で弾くと、非常に頭が疲れるし、弾くのが遅くなります。他の人も同様かと思っていましたが、どうやら先生も先生の知り合いの方もそんな弾き方はしていないし、ドレミで読まないで楽譜を弾くことを不思議がっていました。そこでネットを利用して広く皆さんの頭の働きを教えていただこうと思いました。またこの方法でバイオリンを習っている方がいましたら、楽譜をドレミで読めなくとも困らないものなのかどうか、教えていただけないでしょうか。
 なお私の方法の弱点は他にもあります。蝶々~蝶々~♪のような非常に簡単な曲でさえ、曲全体が1オクターブ上がったら、その位置に音符が書いてなければ弾けなくなります。また、シャープやフラットが複数ついている調になると、5線からはみ出した音符に対しては半音の上げ下げを忘れてしまいます

【追加の質問】
 音大では、楽譜をドレミで読むソルフェージュという科目があるようですが、音符をドレミに変換するこの訓練は、楽譜を弾く際にも有効だから取り入れられた訓練なのでしょうか?楽譜に音符で曲が示してあるのに、なぜ音符をいちいちドレミという音声に変換する必要があるのでしょうか?明快な理由をご存知の方がいましたら教えてください。

バイオリンを習っている者です。楽譜見ながらすらすら楽器(バイオリン他)が弾ける方にぜひお聞きしたいことがあります。

【質問】
楽譜を見ながらバイオリン等の楽器を弾いているとき、あなたの頭と指は次のうちどちらの動きをしていますか?

(1)目に飛び込んだ音符の配置が、頭の中ですぐにドレミに変換されてから(つまり視覚情報が言語情報に置き換わってから)、指が動く。

(2)目に飛び込んだ音符の配置が、頭の中で指板上の指の位置のイメージに変換されてから、指が動く。

【質問の背景】
...続きを読む

Aベストアンサー

 
 楽譜の風景
 
 この質問は、なかなか興味ある問題を含んでいますが、弦楽器演奏の
経験者には厄介で、未経験者にはチンプンかんぷんだと思います。
 そこで、ひとひねりして、あれこれ比喩的に語ってみましょう。
 
 たとえていえば、まさに朗読の技術に似ていると思われます。
 ナレーターは、絶妙の呼吸で、流れるような名調子をこころがけます。
 ニュース・アナウンサーは正確な発音で、語尾や結論を重要視します。
 
 どちらも一言一句を一字一字たどるのではなく、つぎにつづく文章を
先読みしているのです。活字に目を近づけて読むかたわら、ページ全体
を眺めるようなテクニックが存在するらしいのです。
 
 われわれが、新聞を読んで理解するのは、個々の活字や文章ではなく、
紙面をまるごと“網膜記憶”しているからだ、という説もあります。
 とくに楽譜には、このような能力が必要ではないでしょうか。
 
 ◇
 
 わたしの頭と指は、楽器ぬきで読むときは「1=ドレミ変換」であり、
演奏を前提とするときは「2=指板上の指」をイメージしています。
 狭い音域では音声、広い音域では楽器に依存しているようです。
 
>なぜ音符をいちいちドレミという音声に変換する必要があるのか<
 漢字にふりがなを当てるように、音声として記憶するからです。
 読めない漢字に出会うと、誰もが読もうとする衝動に駆られるように。
 
 わたしは最初、キャンプ・ソングからコーラスを通じて、メロディを
優先して楽譜を学んだので、つぎのような旋律音程に依存しました。
 ♪「ドレ、ドミ、ドファ、ドソ、ドラ、ドシ、ドド、……」
 
 つぎにヴァイオリンを独習してから、つぎの和声音程に進化しました。
 ♪「ソレ、ソミ、ソファ、ソソ、ソラ、ソシ、ソド、……」
 おそらく、歌う、聞く、弾く、それぞれに使いわけたのでしょう。
 
 ◇
 
 ドレミ唱法にも、固定式と移動式があり、わたしは後者です。
(音楽教室で学んだ人は固定式が多く、移動式は独習者に多いはずです)
 なかなか併用できないところに、なにかヒントがありそうですね。
 
 私見ですが、固定式では平均律の音程になり、ここぞという部分での、
純正率の和声が得られないのではないでしょうか。
 このあたりになると、専門家でも議論が分かれるはずですが……。
 
 わたしの経験では、初心者に二通りのタイプがあり、すぐれた音色を
もつ者は、指使いや弓使いを(教わる前に)マスターしています。
 かたや楽譜に強い者は、いちはやく全体の曲想を把握できるのです。
 
 結論としては、アマチュア・オーケストラの有力メンバーになるには
固定式が必要ですが、弦楽合奏や無伴奏(バッハのシャコンヌなど)に
専念するなら、どちらも無用だと思います。
 
 ◇
 
 この質問は、楽器の演奏よりも、指揮者の暗譜について重大な疑問を
想起させます。そもそも数十段の五線譜が並ぶようなフル・スコアを、
初見でピアノ演奏するような超能力こそ、想像を絶するのですが……。
 
 その逆に、そんな総譜を、指揮台の前に置いて、演奏会の本番最中に
めくる指揮者も如何なものでしょうか。速い曲にとって、一ページなど
一瞬にして過ぎ去ってしまうのに、なぜ暗譜しないのか……。
 
 追記(むかしの覚書から)
── 江藤俊哉氏のTVレッスンで、天才ならではの面白い発想を知る。
(以下を交互にくりかえし、合流すれば、飽きずに取組めるという)
 
 速いパッセージの練習を、速度・音程に分離独立する。
 早い部分は、音程を犠牲にして、速さだけを練習する。同じ部分を、
こんどは速度を犠牲にして、音程だけ(ロングトーンで)練習する。
 

 
 楽譜の風景
 
 この質問は、なかなか興味ある問題を含んでいますが、弦楽器演奏の
経験者には厄介で、未経験者にはチンプンかんぷんだと思います。
 そこで、ひとひねりして、あれこれ比喩的に語ってみましょう。
 
 たとえていえば、まさに朗読の技術に似ていると思われます。
 ナレーターは、絶妙の呼吸で、流れるような名調子をこころがけます。
 ニュース・アナウンサーは正確な発音で、語尾や結論を重要視します。
 
 どちらも一言一句を一字一字たどるのではなく、つぎにつづく文...続きを読む

Q主旋律と主旋律並みに動く副旋律の、上手な共存法

ファイナルファンタジー1(ファミコン版)の
「オープニング・テーマ」という曲なのですが、
http://chobi.net/~piacere/mid/ff1-2/(←1番上にある曲です)

この曲は三音で作られています。
高音の主旋律、低音のベース、
そして疑問に思ったのが真ん中で動いている
もうひとつの副旋律(という呼び方でいいのでしょうか?)のようなパートです。

ハモリでもなく、伴奏でもなく、、。
主旋律並に音の動きがあるのに、主旋律と上手く共存し
主旋律を際立たせています。
私が同じような事をしようとすると、どちらが主旋律なのか
わからなくなってしまいます。

作曲理論で言うと、どの辺りを勉強したらこのような
上手な副旋律を作りだすことができますか?
また、どのような事に気をつけて作っていけばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

通称「裏メロ」というヤツですね。

あくまでも僕のアレンジ経験だけでお話させてもらいますと、このアレンジ技は出来るメロディと出来ないメロディがあります、コードの和声音を多く踏むように作られたメロディラインの場合に考えられるアレンジだと思います。

経験上、コードの和声音を同時に2音以上外すと不協和音が発生します、これを防ぐために、2つのメロディをよく聴いて、

○メロディが和声音を外している瞬間は、裏メロは和声音を踏むようにする。

○逆に裏メロが和声音を外している瞬間は、メロディは和声音を踏むようにする。

のように、緻密な計算なのかずば抜けた感性のなしえる技なのか、両方を心地よいメロディで仕上げるのはまさに植松さんならではと言ったところですかね。

だから必要な勉強は「和声法」ってことになると思います、でももっと必要なのは「同一進行内に2つのメロディを共存させられるだけのセンス」ではないでしょうか?

Q最近ギターをはじめまして、初心者用の曲の練習をしております。これが弾け

最近ギターをはじめまして、初心者用の曲の練習をしております。これが弾けるようになりたいなぁ!という曲のなかの一曲が井上陽水さんの『少年時代』という曲なのですが、出てくるコードの B7 と F#m7-5 というコードがなかなか難しくて通してさらりと演奏することができません。

色々調べていたら代理コードという難しいコードを簡単なコードで弾くという方法があるらしいのですが、この2つのコードは代理コード等はあるのでしょうか。

もしもありましたら教えていただけると幸いです、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

B7 は、頻出コードですので、避けて通れません。
押さえ方は、
1 2
2 × (薬指で軽く触れてミュート)
3 2
4 1
5 2
6 ×
ですので、すぐできます。

F#m7-5は初心者向けの曲としては少し珍しいかもしれませんね。
押さえ方は、
1 ×
2 1(人差し指)
3 2(子指)
4 2(薬指)
5 ×(中指で軽く触れてミュート)
6 2(中指)
ですので、それほど難しくはありません。
どうしても難しい場合は、2弦を弾かずにミュートし、6、4、3弦だけで弾いても構いません。
2弦の音は、なくても一応曲としては成立しますが、結構重要な音なので、
いずれはできるように頑張りましょう。

Q対旋律、オブリガード、副旋律・・・

付け方を知りたいのですが。。
メロディを考えた後、それにどうやって、副旋律を付けるのでしょうか?決まりはありますか?ちなみに、曲はポピュラーソング、JPOPです。作曲初心者です。というか、今から始めようとしている者です。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

・「クラシック」の対位法は、難易度が高く、作法むずかしいですが、
・「ポピュラーソング、JPOP」ということで、気楽に考えましょう。

対旋律、オブリガード、副旋律とは、簡単にいうと、
「2つ」の「メロディー」がある・・・ということです。
通常は、「メロディー」は、「1つ」ですね。

もう、少しいうと、「主旋律」を引き立たせる、「副旋律」がある。
といことです。

練習方法としては、まず、簡単なものとしては、「会話」風にする。ことです。
たとえば、「Aさん(主旋律)」と、「Bさん(副旋律・対旋律)」とすると、
A:「こんにちは」
B:「こんにちは」
A:「きょうは、暑いね」
B:「そうですね」
という風に、Aメロのフレーズに、合いの手のようにします。

要するに、Aさん「(主旋律)」は、ずっととしゃべっていることはないですよね。だいたい、「2小節」か「4小節」で、「間」をとります。

そのとき、「Bさん(副旋律・対旋律)」が返してやる方法です。
-------------------------
要するに、Aさん。Bさんは、「★別々」にしゃべってますね。
それができるようになったら、「★同時」にしゃべる練習をします。(^^;
ということです。
-----------------------------
また、「ペース」でも、「ベースランニング」も、下声の「対旋律」です。
JAZZでは、普通ですが、よければ、JAZZのペースを、勉強してください。

------------------------------
少し、専門的にいうと、「対旋律」は、文字のごとく、「メロ」です。
「旋律」です。

なので、「コード伴奏(アルペジオ)」とは、違います。
「音階風」。「順次進行」。「2度進行」が中心ということです。

なので、「経過音」(外音)を使い、「線」。「波」のようにします。
--------------------------------
「Cコード」なら、
「ドミソミ」・・・・などと、普通は、弾きますが、

「対旋律」の場合は、
「ドレミファ」・・・などとします。(^^;

「レ」と「ファ」は、「経過音」(外音)といことですね。

では、がんばってね。(^^)/

・「クラシック」の対位法は、難易度が高く、作法むずかしいですが、
・「ポピュラーソング、JPOP」ということで、気楽に考えましょう。

対旋律、オブリガード、副旋律とは、簡単にいうと、
「2つ」の「メロディー」がある・・・ということです。
通常は、「メロディー」は、「1つ」ですね。

もう、少しいうと、「主旋律」を引き立たせる、「副旋律」がある。
といことです。

練習方法としては、まず、簡単なものとしては、「会話」風にする。ことです。
たとえば、「Aさん(主旋律)」と、「Bさん(副...続きを読む

Qバイオリンで弾いてかっこいい曲

バイオリンで弾いたらかっこいいorきれいな曲はありますか?

私が思い付くのは
・Let it go
・情熱大陸
・エトピリカ
・ひまわり
・アイネクライネナハトムジーク
・G線上のアリア

です

こんな感じで、クラシックでなくてもいいので
とっつきやすそうな曲があったら教えてください。

Aベストアンサー

メンデルスゾーン 協奏曲


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報