マンガでよめる痔のこと・薬のこと

こんにちは、
絶版の漫画を古本で買う機会が多いのですが
小口を研磨する機械が欲しいのですが、
通販サイトで検索しても探せません。

数万円なら購入したいと考えていますが
どこに売っているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

それ専用ではないと思いますが、


「オービタルサンダー」では駄目ですか?
手でヤスル数十倍の速度にはなります。
数万円で買えます。
サンドペーパは消耗品です。
    • good
    • 4

静岡県の「三光産業」の卓上タイプの研磨機「Z530」は吸塵機付で39万円です。


http://www.3kou3.com/

同じく静岡県の会社「辰栄」の卓上タイプの研磨機「NA-800」は吸塵機は無しで39.8万円です。
http://www.kk-shinei.co.jp/shoseki.htm

大分県の会社「シータ」の研磨機は集塵機とセットで60万円以上しますが、リースがあって、これにすると月に一万数千円ですみます。
http://www.theta-net.com/pika/

新品は高いので、中古かオークションで安い物を狙った方がいいかもしれません。上記の「シータ」と「辰栄」も中古を扱っているようです。

なお、ブックオフでは研磨機を導入する前は、150番の紙ヤスリを使用していたそうです。研磨機の価格は高いので、それも一つの選択肢ではないかと・・・
    • good
    • 0

通常は、30~50万円ほどする機器ですので、殆どのお店は使い尽くしているので、なかなか市場には出ませんよ。


急な閉店などで、たまたま玉が確保されたとしても、数万円での購入は無理でしょう。

古本愛好者の人は、みなさん、サンドペーパー掛けで対応されていますよ。かなり削り粉が出るので、室外で本にドライヤーの風が当たるようにドライヤーを固定する工夫をして、サンドペーパー掛けをすれば、1時間で30冊くらいは綺麗に出来ますよ。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブックオフの「研磨」は本を痛める?

 ブックオフの店内作業を見ていると、単行本の小口を機械で研磨しています。
 あれって本を痛めていませんか?黄ばんでいるのが駄目という方が居るからでしょうけど、そもそも古本ですし。
 せっかく年月が経った紙の断面を削って新たな繊維をむき出しにしてしまうと逆に劣化が早まったりしないのかと思います。

Aベストアンサー

仰るとおりです。
最初に本が作られる時、断面は一気に切断され裁断されています。
しかし、ブックオフの研磨は、その切断されている断面を削っていますので、その部分の繊維はささくれ立ち、空気との接触面積も増加させる事になります。その為、その部分の繊維は傷みやすく、繊維の酸化も早める事になります。
ただし、こうした研磨する事は、ブックオフだけの事ではなく、古本屋さんでは昔から紙ヤスリを使って結構行われてきました。ちなみにブックオフも昔は紙ヤスリを使っていました。

また、実は出版社でもこうした事は行われています。書店から売れなくて戻ってきた本を研磨して、また売り直すという事も行われています。

研磨したからと言って、直ぐに傷むわけではないし、かなりの年月が経たなければ弊害は現れてこないでしょうし、新刊とどれほどの違いが出るのかは知らないので、私はあまり気にしないようにしています。
私はブックオフで古本を買い始めてまだ9年くらいですが、今のところ9年前に買った本に問題は起きていません。だから現状では気にせず、ブックオフで本を購入し続けています。

仰るとおりです。
最初に本が作られる時、断面は一気に切断され裁断されています。
しかし、ブックオフの研磨は、その切断されている断面を削っていますので、その部分の繊維はささくれ立ち、空気との接触面積も増加させる事になります。その為、その部分の繊維は傷みやすく、繊維の酸化も早める事になります。
ただし、こうした研磨する事は、ブックオフだけの事ではなく、古本屋さんでは昔から紙ヤスリを使って結構行われてきました。ちなみにブックオフも昔は紙ヤスリを使っていました。

また、実は出版...続きを読む

Q古本屋などで古本の小口を研磨する目的は?

古本屋でだと思うのですが、
古本の小口を研磨することがあると聞きました。
また、自分が古本屋で買ったコミックの中に、
縁と表紙の縦幅が妙に綺麗にそろっていて、表紙の端が普通のコミック本より短いものがあり、
これが研磨したものなのではないかと思いました。

研磨することがあるのだとしたら、
その目的が分からないのですが何故ですか?
小口のヤケや縁の傷があると商品価値が下がるからですか?
研磨したもののほうがよっぽど価値が下がる
ような気がするのですが…?
その理由と古本としての価値を
どなたかご存知のかた教えてください。

Aベストアンサー

以前、某○ック○フに勤務しておりました(^^;)。

ぶっちゃけた話、ああいう「新古書店」では、本の価値は
「内容」以上に「状態」で決まります。どんな希少価値の
ある本でも、表紙が大きく破れていたり、落書きがされて
いると“商品”としてはダメなのです。
結局のところ、新古書店における本の価値判断の基準は、
「どれだけ新品に近いか」がまず第一で、それに市場での
人気を加味して最終的に商品としての価値が決まります。

さて、なぜこのようなシステムになっているのか、です
が。
まず一つには、新古書店のスタンスが「リサイクル」を
主体としているところにあります。状態の良い本を極力
手頃な値段で提供する事が基本ですので、見た目の悪い
本は買い取りの時点でまず排除されます。

そして、もう一つが「目利き」の簡略化です。
古本の価値判断には本来、相当の知識と経験が必要にな
るのですが、アルバイト主体の運営をする新古書店の場
合はスタッフに“即戦力”となる事が求められます。
割り切った「目利き」を導入することで、スタッフ教育
をよりシンプルにし、効率的に仕事ができる環境を作っ
ているのです。
…と、ここまでが現場の背景。

さて、研磨の理由ですが…。
主なところはお二人の書かれた通りです。付け加えると
すれば、“手アカ”の除去、となるでしょうか。
特に女性の場合、自然な変色は我慢できるけど手アカは
ダメ、という人が結構いるんですね。

また、小口の部分にカビが生えているものもあったりす
るのですが、そういうものをそのまま棚に入れたりして
いると、売れ残ってしまった場合に他の本に被害が及ぶ
事があるんです。それを防ぐためにカビの部分を削る、
というケースもあります。

…とまあ、実態としてはこういう感じです。

以前、某○ック○フに勤務しておりました(^^;)。

ぶっちゃけた話、ああいう「新古書店」では、本の価値は
「内容」以上に「状態」で決まります。どんな希少価値の
ある本でも、表紙が大きく破れていたり、落書きがされて
いると“商品”としてはダメなのです。
結局のところ、新古書店における本の価値判断の基準は、
「どれだけ新品に近いか」がまず第一で、それに市場での
人気を加味して最終的に商品としての価値が決まります。

さて、なぜこのようなシステムになっているのか、です
が。
まず一つ...続きを読む

Qマンガ本の黄ばみの処置方

自分は気に入ったマンガを集めるのが趣味なんですがふと本棚を整理しているとマンガ本の背中(いわいる開く部分)と上部(下部)が黄ばんでいるのに気がつきました。丁寧に保管していたつもりなんですが(日焼けを避けるための処置もしていました)何故か黄ばんでいてなかには黒ずんでしまっているのもあるんです。やはり経年の黄ばみはしかたがないのでしょうか?大事にしていた本が黄ばんでいて少し凹んでいます。こういった状態になった場合処置方とかありますか?あとそもそもなんで黄ばむんでしょう?

Aベストアンサー

私の書庫の本も、黄ばんでいます。

黄ばむ理由は、酸性紙のため、紙の繊維が劣化して、黄ばみます。
黄ばんだものは、繊維がボロボロですので、除去するしかないです。
その詳細については、下記のサイトを御覧ください。
http://www.dnp.co.jp/cio/nenrin/lab/an.html

BookOffでは、買い取ったものを、グラインダーで、削っています。
自分でやるのであれば、紙やすりで、削るしか方法は無いようです。

未然に防ぐのであれば、酸性紙を中和させるやり方があります。
アルカリ溶剤で、中和させるのですが、本1冊をやるのであれば、完璧にできると思いませんが、
アンモニア水を、脱脂綿に含ませ、本と一緒に、ビニールに入れておく、方法が考えられます。
劣化緩和についての詳細サイトは下記です。
http://www.dnp.co.jp/cio/nenrin/lab/index_3.html

基本的に、空気・紫外線にに触れさせなければ、防げますので、
本を、本屋さん同様、日にあたらないところで、ワンラップのようなもので、包んでおくしかないです。
外出ししておくのであれば、黄ばむ部分を、アンモニア水で、一度拭いておくと、よいです。

焼けない紙も、あります。中性紙ですが、かなり高価なものになりますので、使われているものが限られております。
まず、マンガ本では、使われ事は無いので、上記の方法が、最善の策と、思います。

参考URL:http://www.dnp.co.jp/cio/nenrin/lab/an.html,http://www.dnp.co.jp/cio/nenrin/lab/index_3.html

私の書庫の本も、黄ばんでいます。

黄ばむ理由は、酸性紙のため、紙の繊維が劣化して、黄ばみます。
黄ばんだものは、繊維がボロボロですので、除去するしかないです。
その詳細については、下記のサイトを御覧ください。
http://www.dnp.co.jp/cio/nenrin/lab/an.html

BookOffでは、買い取ったものを、グラインダーで、削っています。
自分でやるのであれば、紙やすりで、削るしか方法は無いようです。

未然に防ぐのであれば、酸性紙を中和させるやり方があります。
アルカリ溶剤で、中和させるの...続きを読む

Q本に押した印鑑を消したい。

私は本を買うと必ず印鑑で名前を入れます。

ビニールコーティングした表紙の部分ではなく、タイトルなどが書かれている最初の一ページに印鑑を押します。

これを消す方法はないのでしょうか?

教えて下さい。お願いいたします。

Aベストアンサー

 どういった理由で消したくなったのかが分かりませんが、もともと印鑑と朱肉というものは紙の上に押印した際には「簡単には消えない・消せない」ということが前提で考え出されたものですから、こればかりはちょっと難しいと思います。

 むしろ、いろいろの方法で消そうと試みて紙質を傷めるというほうが、わたしには耐えられない思いがします。

 お売りになるという場合はなるほど困りますが、たとえば誰かにさし上げるなら、その巻頭の部分に別の紙に読後感などを書いたものを挟んでおくとか、プラス思考で押印を活用されたらと思ってしまいます。

Qブックオフなどで使用している本を削る機械は表紙のクリーニングも可能?

質問はタイトルの通りですが、古本を削り、リフレッシュさせる機械は、表紙のクリーニングも行うことは可能でしょうか。

 少し見ていると小口を削っているようですが、光沢ある表紙などはやっていないようです。

 また、表紙のクリーニングが機械できないときにはどうやっているのでしょうか。

 気長に回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

表紙は薬品で拭いていますよ。

Q源泉徴収票は、税務署に行けば再発行してもらえるのですか?

母の会社で、私の、過去3年分の源泉徴収票が必要になりました。
(しかも、1週間以内に提出しなければならないそうです。)
しかし、私はこの3年間で、2回転職しています。
それぞれの会社へ連絡したのですが、取り寄せるのに時間がかかったり、1~3月分までしか送られてこなかったり、と、らちがあきません。この際、自分で役所にとりに行って発行してもらおうと思うのですが、源泉徴収票とは、個人でとりに行っても、発行してもらえるものなのでしょうか?
また、とりに行くとしたら、税務署、市役所、区役所などの、どこへ行けばいいのでしょうか?勤務地の近くの役所へ行けばいいのか、自宅近くの役所へ行けばいいのかもわからないので、教えて欲しいです。
どうぞよろしくお願いします…!

Aベストアンサー

源泉徴収票は、各々の勤務先で発行するものです。
そして、会社が市役所に報告するのは、給与の支払額で、源泉徴収票は提出していませんから、市役所に行っても源泉徴収票のコピーは取れません。
また、税務署には、全員の源泉徴収票が提出されず、会社の役員や年収が500万円以上の人だけの源泉徴収票が提出されますから、該当しない場合は税務署で源泉徴収票のコピーは手に入りません。

別の方法として、市役所では会社からの報告を元に住民税を計算した時の、市・県民税の課税通知書があります。
これは、事情を説明すれば再発行してもらえますから、その源泉徴収票の提出先に、その市・県民税の課税通知書でも良いか聞いてください。

通常、源泉徴収票の代わりに、これを用いることが多いです。
市役所は、お住まいの市です。

Q古本をきれいにする方法

子供の頃に読んだ文学全集をきれいにして子供に読ませたいと思うのですが、本の外側がかなり古びています。本をきれいにする良い方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

子どもの頃の本を、子どもさんと一緒に読むのって素敵ですね。
あこがれます。
かつて、古本屋でバイトをしていたことがあります。
もし参考になれば幸いです。

本の外側が古びている、とのことでしたが、1番の方も仰っているように、そのままでもお父さんやお母さんが子どもの頃にその本を読んでいた、ってそれだけで興味と読書欲を呼び起こすんじゃないかな、そう思います。
それでも、どうしても気になられるようでしたら、何で汚れているのかにもよりますが、まずは、固く絞ったふきんでほこり等をふき取ります。
絞りが足りないと却って本を傷めますので、力いっぱい絞ったふきんを使ってください。
これだけでも、かなりすっきりします。
油性マジックなどで汚れている場合は、柑橘系オイル配合の洗剤をふきんに含ませて、汚れを落とし、すぐに拭き取ります。
でも、この方法、表紙のイラストの印刷や材質によってははげることがあります。
はげても大丈夫なところで、試してからやってください。

そして、本の小口に関しては、紙やすりを使います。
1番の方が書いていらっしゃるように、古本屋さんにある研磨機が使えれば楽なんですけれどね。
個人でするのであれば、紙やすりで代用できます。
目の粗い紙やすりは逆に本を傷めますので、目の細かい紙やすりを使ってください。
表紙には紙やすりをかけないように、本を立てて、裏と表の表紙を開いて、本文の部分を押さえて、紙やすりをページに平行に、撫でるようにやさしくかけていきます。
最後にもう一度固く絞ったふきんで拭きあげます。

あと、図書館の本は透明なシートで覆われていますよね。
そのシートを貼ってくれるサービスをしている図書館もあるそうです。
お近くの図書館でやっていないかどうか、お尋ねになってはいかがでしょうか?

時間と手間はかかりますが、折角の文学全集ですし、
きれいにして、子どもさんにもかわいがってもらえたらいいですね。

子どもの頃の本を、子どもさんと一緒に読むのって素敵ですね。
あこがれます。
かつて、古本屋でバイトをしていたことがあります。
もし参考になれば幸いです。

本の外側が古びている、とのことでしたが、1番の方も仰っているように、そのままでもお父さんやお母さんが子どもの頃にその本を読んでいた、ってそれだけで興味と読書欲を呼び起こすんじゃないかな、そう思います。
それでも、どうしても気になられるようでしたら、何で汚れているのかにもよりますが、まずは、固く絞ったふきんでほこり等をふ...続きを読む

Qアマゾンの「中古本で1円」って、買っても後悔しませんか?

私はアマゾンでよく中古の漫画や本を買っているのですが、
新品とさほど変わらない値段のものを買っています^^

でもよく、1円・10円などの、
信じられない値段がついている本ありますよねっ!

今回は10冊以上まとめて買うので
そのくらいの安いものを買おうと思っているのですが、
少し怖くて買う勇気がありません((
別に、新品みたいに綺麗なものがほしいわけじゃないのですが…

1円や10円と激安の値段がついた商品って、
どのくらい汚いんでしょうか? ^^;

Aベストアンサー

汚くは無いですよ。

ただ、「たった1円」で買えるわけではありません。
送料がかかります。
大概は、10個買ったら、10個を1つにまとめて同梱してくれる場合が多いですが、なかには同梱は2つまでとか、最悪同梱不可だったりします。

送料が600円として、10個全て同梱だと、送料計600円で済みますが、2個同梱までだと、2×5個の荷物になるので、送料は3,000円。
最悪、同梱不可の場合だと、6,000円になります。

となると、送料だけで元が取れてしまう場合があります。
この話は、オークションの「1円」に多いものです。

アマゾンのような通販サイトで多いと思われるのは、商品を倉庫で保管している店で、その商品が不要になった場合。
商品が不要 → 捨てるにもお金がかかる → 月々の倉庫代がかさむ → なんとか裁きたい → 1円でもいいから買って欲しい

※アマゾンの場合、その古い商品を保管しておくスペースが勿体無いのでしょう。
古い商品が倉庫に居座っている為に、新しい商品を入荷しても保管する場所に苦慮するなんて、通販会社としてはバカみたいな話です。
1日も早く捨てて、新しい商品を置くスペースを確保したいのだと思います。
特にアマゾンでは、毎日のように、次々に新しい商品が入荷します。商品は増えても、倉庫(保管スペース)の広さは変わりませんから。

私は、よく「1円」を利用しますが、特に悪質な商品に出遭ったことはありません。

汚くは無いですよ。

ただ、「たった1円」で買えるわけではありません。
送料がかかります。
大概は、10個買ったら、10個を1つにまとめて同梱してくれる場合が多いですが、なかには同梱は2つまでとか、最悪同梱不可だったりします。

送料が600円として、10個全て同梱だと、送料計600円で済みますが、2個同梱までだと、2×5個の荷物になるので、送料は3,000円。
最悪、同梱不可の場合だと、6,000円になります。

となると、送料だけで元が取れてしまう場合があります。
この話は、オークションの「1円」に多いもの...続きを読む

Q新刊書店にある漫画も研磨機にかけられているんですか?

新刊書店にある漫画も研磨機にかけられているんですか?
先日、ジ○ンク堂で購入したばかりの漫画が古本みたいに見えます…。
約10年前に出た古い本で、既に絶版になっていたのですが他店に在庫があると言う事で取りよせて貰いました。
家に帰って、さっそく読もうと本をめくってぎょっとしたんですが、頁には油でついたような茶色い誰かの指紋がくっきりとありました。
発売から大分時間が経っているので、紙がかなり焼けている事やカバー上が掠れているという点は仕方が無いと思いますが、カバーをはずすと本の表紙は指の形に所々折れているし、本のサイズが小さいです。
本棚に並べたところ、明らかに1巻よりも小さく、背表紙がささくれ立っていました。
何でかと思って触ってみたら、どうやら研磨さているようなのです。
古本屋のブックオフって漫画の小口を研磨にかけて店に出しますよね。
明らかにあんな感じなんです。
古くて汚かったから削って売っていたのでしょうか?
そもそも新書の書店も本が古くなったら研磨機をかけるんですか?
ジ○ンク堂だし、購入した価格も定価だったので、一応古本では無いと思うのですが…。
しかし、見た目と中身がどうにも古本です。
あと研磨された為に絵が少し切れてしまっている部分があります。
もう売っていない古い本なので文句は言えませんが、頁のあらゆる場所に指紋が付いています(立ち読みのあと?)
古本が嫌だから新しい本を探しまわって漸く購入したのに、何だか損をした気分です。
書店にある漫画も、古くなると研磨機にかけられているんでしょうか?

新刊書店にある漫画も研磨機にかけられているんですか?
先日、ジ○ンク堂で購入したばかりの漫画が古本みたいに見えます…。
約10年前に出た古い本で、既に絶版になっていたのですが他店に在庫があると言う事で取りよせて貰いました。
家に帰って、さっそく読もうと本をめくってぎょっとしたんですが、頁には油でついたような茶色い誰かの指紋がくっきりとありました。
発売から大分時間が経っているので、紙がかなり焼けている事やカバー上が掠れているという点は仕方が無いと思いますが、カバーをはずすと本...続きを読む

Aベストアンサー

>書店にある漫画も、古くなると研磨機に
>かけられているんでしょうか?

はい、そうです!

新刊書店から返本された単行本に小口ヤケがあった
場合、ヤケ部分を研磨した後、新刊書店に再度出荷
されます(研磨線が入っているので確認可能です)

また、カバーの退色や価格改定があったモノは
新しいカバーと交換されて再度出荷されます

ただし、返本期間を過ぎてしまった本は
返本出来ないので、ヤケや退色をおこしたママ
店頭に並び続けます(あまり見ないですけど)

これらは昔から当たり前に行われていることですが
最近では単行本の印刷部数が少ないこともあって
ヤケや退色をおこすほど長期間に渡って店頭に並ぶ
のは希なので、あまり研磨されたモノを見たことは
ありませんネ

なので、今回は運が悪かった...としか
言いようがありませんが、書店に頼めば
返金してくれると思いますよ
(複数在庫があれば交換してくれるかも?)


あと、絶版本とのことですが
絶版本は新刊書店で販売することは出来ないので
品切れ重版未定(実質注文不可状態)本の勘違い
だと思われます

大手通販サイトで取扱いがなかったり
オークションサイト等で高値で取引されている
単行本も、実は絶版じゃないことが多いのですよ!

>書店にある漫画も、古くなると研磨機に
>かけられているんでしょうか?

はい、そうです!

新刊書店から返本された単行本に小口ヤケがあった
場合、ヤケ部分を研磨した後、新刊書店に再度出荷
されます(研磨線が入っているので確認可能です)

また、カバーの退色や価格改定があったモノは
新しいカバーと交換されて再度出荷されます

ただし、返本期間を過ぎてしまった本は
返本出来ないので、ヤケや退色をおこしたママ
店頭に並び続けます(あまり見ないですけど)

これらは昔から当たり前に行われている...続きを読む

Q古本の殺菌の仕方を教えてください。

古本の殺菌の仕方を教えてください。

よく古本のネット通販で「殺菌をしてから発送いたします」と書かれていますが
どのようなものを使用しているのでしょう?
除菌ではなくて殺菌の仕方が知りたいです。

Aベストアンサー

表紙だけならアルコールをしみこませたウェットティッシュで拭くとか、市販のアルコールを薄めてティッシュなどにしみこませて拭くとか、古本屋ではそういうことをしていると聞いています。
これだと、表紙だけしか除菌できませんし(100%殺菌はできていないでしょう)、目的は除菌よりも汚れを取ることだと思います(アルコールで拭くと、汚れがよく取れ、乾きも早い)。

「殺菌してから」と書いてあるのが事実だとしたら、先の回答にあるように天日干しにしているか、あるいは紫外線をあてているか、どちらかだと思います。
散髪屋や美容院などではハサミの類を、電子レンジのような紫外線照射できる機械に入れて殺菌しています。開業医などでもスリッパを青い光の出る靴箱に入れて殺菌している所があります。
書籍専用の機械があるかどうかは知りませんが、もしかするとそういう類のもので殺菌しているのではないでしょうか。

ただ、実際に古本屋がそこまでしているとは、小生には思えません。せいぜいアルコールで拭くという程度だと思います。

「殺菌」する一番の方法は、天日干しなどで本全体に紫外線をあてることでしょう。
ちなみに、黒いビニール袋に入れて天日干しすると、日焼けも多少防げますし、中の温度が高くなって害虫もある程度駆除できますので、一石二鳥です。

表紙だけならアルコールをしみこませたウェットティッシュで拭くとか、市販のアルコールを薄めてティッシュなどにしみこませて拭くとか、古本屋ではそういうことをしていると聞いています。
これだと、表紙だけしか除菌できませんし(100%殺菌はできていないでしょう)、目的は除菌よりも汚れを取ることだと思います(アルコールで拭くと、汚れがよく取れ、乾きも早い)。

「殺菌してから」と書いてあるのが事実だとしたら、先の回答にあるように天日干しにしているか、あるいは紫外線をあてているか、どちらか...続きを読む


人気Q&Aランキング