人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

普段はフラットなコースでプレーすることが多く、平均スコアーは92~93を維持している、平均的なゴルファーで年齢は57歳です。
実は先日、千葉山奥のアップダウンばかりのコースでプレイいたしました。
自分なりに左上がり、左下がりの時のスウィングは理解しているつもりでしたが、理論どおりいかずトップ・ダフリの連続で100を割ってしまい得意とする6番7番アイアンの自信をなくしてしまいました。
左上がりの時、左下がりの時のミスをしない方法、極意をできるだけ簡単に教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

極意ではないですが、小生がいつも心がけていることです。


左足上がり → 傾斜にもよりますが、一番手大きいクラブ選択
        スタンスオープン、短く持ち、フットワーク使わず、手打ちする。

左足下がり → 同上、一番手小さいクラブ選択
        スタンススクエアー、短く持ち、フットワーク使わず、手打ちする。
*「肩のラインを、傾斜に沿って」というセオリーもあるかと思いますが、小生はあまり気にしていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/03/30 17:53

テークバックするとき、クラブから始動しないことです。

(手)
難しいラインほど上半身はリラックスしてテークバックする事が大事です。軸を中心に骨盤を回して下さい。スムーズにテークバックが出来るはずです。膝の高さを変えない意識をもつことも大事です。
下半身はどっしりと、上半身はリラックスして、そうすれば力まず自然とクラブは走るように抜けてきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます参考になりました。

お礼日時:2008/03/30 17:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング