OCN光で最大124,800円おトク!

渋柿は、渋くて鳥も食べないそうです。
その渋柿より普通の甘い柿の方が広範囲に繁殖できるでしょう。多分。
なのになぜあの渋くて不味い柿が絶滅していないのか不思議でならないのですが、なぜなのでしょう?
また、渋柿と普通の柿の遺伝子、成分の違いとはナンなのでしょうか?

A 回答 (7件)

渋柿を鳥が食べないとは限りません。


私の家の渋柿は、烏に食べられます。渋柿も、秋の台風等で果実に傷が付くと、そこから熟し始め、最後には赤いゼリー状の甘い果実になります。また、晩秋に果実が凍結する事がしばしばあると、渋の元であるタンニンが変成し糖に変わるため、かなり甘くなります。そして寒さの強い山間部では、冬至を過ぎると、ほぼ完全に渋さがなくなり、それを人間が食す地方もあります。
また,烏の行動をよく見ますと、嘴で渋柿に傷付け、赤く熟してから食べると言う知恵を備えています。
日本の山野に自生する通称「豆柿(野生の柿)」は、実がタンニンで黒く変色するくらい渋いのですが、ある程度渋が糖に変わると、熊などの野生の動物が果実を食べ、種が糞と一緒に広範囲に排泄される事で、子孫を繁殖する事ができます。

蛇足ですが、私の家で渋柿の他に甘柿を数本植えていますが、寒冷な気候のためか、或いは糖類が十分に蓄積されないためか、実る果実は渋いです。
甘柿は前の回答者の方々が申しますとおり、渋柿の改良品種です。・・・が、糖分が比較的多いと言うだけで、渋の元であるタンニンを豊富に含んでいます。
    • good
    • 0

おはようございます。


テレビで言ってましたが、もともと柿の木は渋柿の木だけだったみたいですよ。
それが長い年月をかけて甘いものが出てきたり、
人間が品種改良してきた結果、現在のように至ったとか。

中学のときのタンニンも言ってましたが、
渋さの成分は皆さん言われるとうり、‘タンニン’です。


以下のURL参照してみてください。

http://www.yamagata.nmai.org/umaimono/kajitu/kak …
http://www.mint-j.com/fruit/01/k01.htm

参考URL:http://www.vill.nishiyoshino.nara.jp/qa.html
    • good
    • 1

大学で、柿についてこんな風に教わった記憶があります。



渋柿の苦味は確かにタンニンですが、詳しく言えば「渋柿のタンニンは水溶性がある」ということです。
普通に我々が食べている柿は、水に対して不溶性のタンニンであるために、渋みを感じないそうです。
    • good
    • 0

渋柿を食べる方法にも色々ありますが、「熟(う)まし柿」というのを知りませんか?干し柿などでは作るのに時間がかかりますが、熟まし柿はただ完熟状態にするだけのものです。

柔らかくなるまで置いておいたら甘くなるんです。カリカリ食べたい人には向かないのであまりポピュラーではないかと思いますが。

鳥にしても甘柿があるうちは確かに上手に甘いのから選んで順に食べていきますが、これからの季節、だんだんどれも熟れて落ちだす頃になれば渋柿の木にもムクドリあたりが群れてやって来ます。

それに動物は渋みやえぐみに対して人間ほど抵抗感をもっていないようです。人間ならアク抜きをしないと食べないものでも平気で食べますよね?
    • good
    • 0

ある程度渋さが落ち着いてくると鳥は食べますので、種子が成熟するまで渋さで鳥を寄せ付けないよう時間稼ぎをするという渋柿の戦略もそれなりに有効なのだろうと思います


なお、原種は渋柿の方で、甘柿は人間が交配させて作ったものだとも言われています
    • good
    • 0

完熟して、枝から落ちる時には、一般の甘柿よりも数段甘くなってるんですよ


鳥や動物だって、枝になっている時にしか食べない訳じゃないですからね

それと、渋の方は、甘柿と同じ成分ですが、甘柿と呼ばれる物は、渋の成分を包み込んでしっまっているので、渋く感じないだけなんですよ
    • good
    • 0

渋さの原因は 多分 タンニンでしょうね。

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q渋柿の渋みは柿にとってどのような意味があるのでしょうか?

柿の中には甘いものもありますから、柿にとってどうしても必要なものではないと思いますが、渋い柿もありますから何か渋みの役割があると思うのですが・・・

Aベストアンサー

植物が持つさまざまな性質の意義は、人間の直接の利用価値だけでは判断できません。
自分で移動できない植物は、成熟した種子を風で運んでもらったり他の動物に食べて遠くへ運んでもらうことで種(シュ)を維持・繁殖させています。
したがって、種子が成熟するまでは病虫害や捕食者から守るための防御機構が備わっています。十分成熟した時点で、予定通り動物に食べてもらえるよう変身する必要があります。カキの渋はそのひとつと考えれば、必要性は理解できますね。

カキには、種子ができなくても甘くなる「完全甘柿」、種子ができたときに甘くなる「不完全甘柿」、種子ができても甘くならない「完全渋柿」があります。
「完全甘柿」は種子ができない点で人間にとっては好都合ですが、植物自身としては不本意な状態といえるでしょう。
「完全渋柿」も、樹上で完全に熟せばトロトロに甘くなります。いわゆる「熟柿(じゅくし)」です。
利口で欲深い人間は、渋柿が甘くならないうちに採って、干し柿やあおし柿に加工して食べる知恵を得ました。さらには、カキ渋を絞って醗酵させを、防腐塗料や防水塗料として利用する技術も産み出しました。

植物が持つさまざまな性質の意義は、人間の直接の利用価値だけでは判断できません。
自分で移動できない植物は、成熟した種子を風で運んでもらったり他の動物に食べて遠くへ運んでもらうことで種(シュ)を維持・繁殖させています。
したがって、種子が成熟するまでは病虫害や捕食者から守るための防御機構が備わっています。十分成熟した時点で、予定通り動物に食べてもらえるよう変身する必要があります。カキの渋はそのひとつと考えれば、必要性は理解できますね。

カキには、種子ができなくても甘くなる...続きを読む

Q渋柿はどのようにして種を維持するのですか

渋柿が葉が全部落ちてもたわわに赤く実って美しい光景があちこちで見られます。

鳥が全く食べないので、タネが広がらず種の持続のルールと矛盾しているように感じます。

どうやって渋柿が進化してきたのかお教え下さい。

Aベストアンサー

こんにちは!

単純に回答すると、
「甘柿の品種を、寒い地域に植えると、すべての甘柿の品種も渋柿になります。」

甘柿と言えど、全ての品種において、実の生育期間は渋いのです。
柿の木は甘渋の品種に関わらず、渋み成分:タンニンを青柿のときは含有していますが、
甘柿は秋が深まると徐々に渋味:タンニン成分を減少さていくのです。

ある一定の地域から北部(正確な地域は、記述するだけの資料がありません)では、
この渋味がなくなる前に寒さが来るために、渋が抜けないと言うことになります。

このような甘柿を、生理的な原因から甘柿として植栽することができない地域では、
渋抜き加工の技術を応用したうえで加工する為に『大型の実』をつける、
すなわち、「渋柿として加工専用の大型の実をつける品種改良が行われた」のです。

つまり、学問的な面から純粋に言えば「進化とは言えない」のです。
あえて言えば、自然繁殖のサイクルを除いて
「人為的な『品種改良で『渋柿の品種』が作り出された』が、正しいのです。

柿の木としては、実の中の種子が成熟する以前の早い時期に実を食べられると、
柿の実は、種子としての本来の繁殖目的である、『発芽』をすることができません。

つまり、『水溶性タンニン』を、柿が持ちえた理由を推測すると、
餌とする他の動物に『未熟な実を食べられるのを防ぐ』効果が考えられます。
未熟な柿の実は、先述したように『すべての甘渋品種にタンニン分が残存』しています。

『タンニン成分』は『水に溶けやすい』ので、
口に入れると「容易に唾液に溶けて込み、結果として渋さを感じる」のです。

その渋さをなくすには、甘柿の実の中で『黒ゴマのように結晶化』して見える、
いわゆる寒さが来る前に『不水溶性のタンニン』に変化させることで、
渋く感じなくなる品種が、『甘がき』と言う品種なのです。
『不水溶性のタンニン』は、水に溶けませんから渋味を感じないわけです。

渋柿の品種とは、
その作用:『水溶性のタンニン分』を、『不水溶性のタンニン』に変化する前に、
寒さが来るので、食すると実に残っている水溶性タンニンを渋く感じているのです。
ゆえに、『渋柿』となるわけです。
つまり、『不溶性のタンニン』が減少し『甘柿』となるには、
開花~結実し、実が成長し成熟する期間に
ある一定の『気温』:温度と、成熟する『時間』と言う自然環境が必要なのです。

そこで、寒い地域に住む食糧不足の時代に生きた、
ご先祖が渋柿を少ない食料を補い食するために気付いたのが、
その渋さである『水溶性タンニン分』を減少・消滅させることが必要と、
お湯に浸す『湯がき』や、焼酎で『さわす』などと言う技術なのです。
【注意】この名称も地域によって様々な呼び方があります。

渋柿も、木の上で枝に下がった状態の実でも、完熟すると渋みは減少します。
其の原理を応用したのが、腐敗しないように皮を剥き雨露を避け、
寒冷乾燥の元で水分を抜きながら、時間をかけて『熟させる』、
つまり『干し柿』です。


ご理解いただけたでしょうか。
この回答が、ご質問者様の疑問解消のお役に立てば幸いです。

こういう場所でのご質問は、回答の真贋を見極める必要があります。
これまでも「さも本当のように誤ったことを回答している人物が多々居ます」
ある程度の回答を待ってその信憑性を、
他の文献や専門家に問い合わせるなど、確認する必要があります。
十分に心して知識の一端に収めることが必要です。

最後に『お願い』です.
貴重な時間を割いて回答をしています.
この回答でご質問に対する問題が解消できましたら,
速やかにここのルールに従って,
「回答への補足」「回答へのお礼」などと共にポイントを付けて,
次回の質問でも多くの回答をいただけるように
回答いただいた方々にも感謝を配慮して対処してください.
できれば読後のご意見など感想が欲しいですね.

こんにちは!

単純に回答すると、
「甘柿の品種を、寒い地域に植えると、すべての甘柿の品種も渋柿になります。」

甘柿と言えど、全ての品種において、実の生育期間は渋いのです。
柿の木は甘渋の品種に関わらず、渋み成分:タンニンを青柿のときは含有していますが、
甘柿は秋が深まると徐々に渋味:タンニン成分を減少さていくのです。

ある一定の地域から北部(正確な地域は、記述するだけの資料がありません)では、
この渋味がなくなる前に寒さが来るために、渋が抜けないと言うことになります。

このよ...続きを読む


人気Q&Aランキング