こんにちわ、セルライトは色々な質問が来ていますが、目的の情報が見当たらなかったので質問いたしますm(_ _)m

セルライトにはとにかくマッサージと聞き、毎日マッサージをしていたら、柔らかくなりタプンタプンになりました。
次の段階としては何をすれば痩せていくんでしょうか?
筋トレはセルライトが有る時はやらない方が良いとも聞きますし、このままマッサージだけで細くなるのかどうか……
リンパマッサージもしてはいるのですが、余り変化がない気がします。

回答お待ちしてますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

有酸素運動と適度なカロリー制限ですねぇ。



リンパマッサージなどは、代謝後に出た老廃物や水分をスムーズに排出したり、むくみなどを解消する効果がありますね。ということは、代謝した老廃物を流すにはまず代謝(脂肪を燃焼)しておかなければいけないと思います。マッサージで脂肪は燃焼しないことが証明されてますから、まず運動して脂肪を燃やし、それからマッサージしたらいいと思います。

脂肪は、体にとって大事な貯蔵エネルギーなので、揉んだりマッサージした程度では溶けないように守られています。体を動かして燃焼する以外には、手術で切り取るか、熱湯で煮るかしかありません。
逆に、運動したり食事制限してエネルギーが足りないときは必ず燃焼します。ほかにエネルギーが無いので、セルライトなどで固まって燃焼しなくなるということもありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
食事は野菜中心の素食な方なので、やはり運動ですか………

マッサージで脂肪は消費しない、運動しても大丈夫、ということが判っただけでもありがたいです!
ありがとうございますm(_ _)m

お礼日時:2008/05/08 21:46

孫引きで申し訳ないんですが、こんなものを。


http://hobab.fc2web.com/sub4-zesshoku.htm

再反論は#6-7さんの通りなので割愛

参考URL:http://hobab.fc2web.com/sub4-zesshoku.htm
    • good
    • 2

 aiha_s さん、こんにちわ。



 客観的に見て、質問者さんの問題の解決の為には、「KY」とされるにはデータが必要と思われます。 
 
    • good
    • 3

 aiha_s さん、こんにちわ。

スポーツトレーナーです。

 私はセルライトというのがよく分からないです。現象のような事は知っていますが、定義が分からないという意味です。

 その時々見かける宣伝文句について考えてみると、あまり正確ではないなあ、と感じますので、私がそういう気付いたところを記したいと思います。


 脂肪は運動を行うとホルモンが分泌され、それにより分解され血中に入り、アルブミンと結びつき遊離脂肪酸となり、ATP回路で燃焼されて、減っていきます。

 マッサージは関与しないと思います。マッサージのような弱い入力でどうにかなる、柔らかくなるという事は無く、運動により分泌される内分泌系の与える影響の方が大きいと思われます。

 仮にマッサージで柔らかくなるとするとそれは物理的な分解ですから、血がにじむ程度に行わないと効果がでないと思います。
 そうだとしても、血中に溶ける大きさにはならないでしょう。血中に溶けたとしても遊離脂肪酸でないとATPの燃焼回路で燃焼できないです。

 柔らかいと燃焼するという根拠も無いと思います。
 そうだとしたら、体脂肪の柔らかいところは常に燃焼されて固いところは燃焼されないとなるはずです。その展開に沿うとあごやウエストやなどは一生体脂肪が付かないとなるわけですが、そうでは無く、柔らかい部位にも体脂肪率が上がると同時に付いてきます。

 また、「付いて凝り固まり、燃焼しにくくなる」というのも見かけますが、もしそうだとすると、付いたばかりでは柔らかいはずで、すぐに燃焼される事になります。
 そうすると「凝り固まる」という事自体があり得なく感じます。


 科学も医学もなんでもですが、学術論文が無いものは定義付けされていない訳ですから、確証されていないという事です。

 例えば「私は火星人を見た。見ていない人は遅れている」という人がおられても、火星人について検討のしようがありません。
 もし見つけた事が大事なのであれば、それを発表すれば良いだけでしょう。これは火星人を見てない人が遅れているからではなく、発表側の努力が足りないのか、論ずるだけのデータが無いから、回りが検討できないのでしょう。
 これが「火星人」がきちんと定義づけられているのであれば、対処の方法もあると思います。

 だからセルライトが重要と感じる方は、それを立証しないと周りの人は動いてくれないでしょう。
 もしセルライトというものが存在するとしたら、それを学術論文として発表しその真意のほどを外部に求めれば良いだけです。

 そのセルライトという物体そのものを捉えるのではなく、その出来上がる行程、分解される行程。こういうのが正しく立証されて初めて価値があると思います。
 そういうのが人間の代謝であるとするとノーベル賞ものの発見でしょう。他の病気の治療にも役立つかもしれません。
 それが学者や公的な研究所で「ああ、それは正しいだろう」となれば科学や医学、それに困っている人たちの進歩に役立つと思いますので、その為にもそういう業界の人には頑張ってもらいたいです。

 こういうのは医学よりも生理学の方ですから、東大とかで好きな人がたくさんいると思います。微力ながら私としても論文が出たら協力させていただきたいと考えております。
    • good
    • 5

詭弁を用いるのはエセ科学・ニセ科学の特徴ですな。



「セルライト」(あえてカギかっこ付き)なるものがどういうものであるかという言葉の定義すら、整備された科学の中にはありませんが、俗説というか商売用語の中にはあるのは確かです。
しかし、「セルライト」(あえてカギかっこ付き)ができる条件か、とか、「セルライト」(あえてカギかっこ付き)が消えていく理由などについては、「セルライト」(あえてカギかっこ付き)ということばこそ用いなくとも、医学の上では明らかになっているんです。
要は脂肪なんだからぽつぽつと凸部ができるし、脂肪全体量が減れば凸部も見えなくなります。「セルライト」(あえてカギかっこ付き)があるからやせないとか、「セルライト」(あえてカギかっこ付き)を減らすには~とかの風説は一切間違っているのです。
そんな証明もされていない新説を出さなくとも、実証されている説があるんです。新説が正しいとでも言うのなら医学論文でも書いて正しいと認められてからですよ。

ということで#2さんのおっしゃるとおり、「セルライト」(あえてカギかっこ付き)など忘れて普通に脂肪を落とそうとすれば勝手に消えてくれます。

>でもやはり「消費カロリー>摂取カロリー」になれば痩せるのは絶対でしょうね^^
それで続けないとやせません。
摂取エネルギーが減った分、体は吸収効率を上げることで今までと同じだけのエネルギーを得ようとします。この防御機能が働くためしばらくはやせにくい状態が続きます。しかし、ここで摂取エネルギーを元に戻すと、吸収効率はあがったままなので結果として今までより多くのエネルギーを取り入れることとなり、リバウンドという状態に陥ります。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3996921.html
    • good
    • 1

医学的に、セルライトが規定されてないのは、医学が遅れているだけなので、気にしないでいきましょう。


「医学が最先端。正しい」と思っているのは間違いです。
実社会で「常識」となってだいぶ経ってから、医学の学問に取り入れられる例は多いですから。

実際、脂肪の固かったものがマッサージで柔らかくなるのは、あなたも私も経験した通り事実なのですから。
柔らかくなれば脂肪が燃焼しやすくなるのも事実です。

私は、夕方17時以降食べないようにしてたら、日々、痩せていきました。
セルライトのマッサージなしで同じ事が実現出来たか?を考えると難しかっただろうと思います。
    • good
    • 3

>セルライトにはとにかくマッサージと聞き、毎日マッサージを


>していたら、柔らかくなりタプンタプンになりました。

実際のところ、セルライトって医学的には存在が認められていない物質だったってご存知でしょうか(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AB% …)?つまりセルライトって言うのは、美容・健康業界がでっち上げたウソで、セルライトが運動じゃ消えにくいっていう話も、お客さんを取るためのガセネタだったりします。セルライト「っぽい」凹凸は、マッサージにより血行が良くなったため、見えなくなっただけです。

>次の段階としては何をすれば痩せていくんでしょうか?
>筋トレはセルライトが有る時はやらない方が良いとも聞きますし、
>このままマッサージだけで細くなるのかどうか……
>リンパマッサージもしてはいるのですが、余り変化がない気がします。

セルライトのことは忘れて、適切な運動(筋トレ)と食事管理を組み合わせることで、「消費カロリー>摂取カロリー」の状態を保ちましょう。そうすれば、脂肪は自然と少なくなっていき、皮膚表面の凹凸もなくなっていきますよ。

あと#1さんのおっしゃるように、マッサージだけで細くなることは、決してありません。基本は筋トレと食事管理で、十分脂肪は燃焼されてスリムになっていきます。有酸素運動は、それに加えて脂肪燃焼のペースをさらに上げるためのオプションとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
そうなんですよねー………セルライト自体の定義がアヤフヤなので、対処法もアヤフヤというか諸説有り過ぎる気がします。
クチコミという文化が確立されてからは、余計に情報過多ですね><

でもやはり「消費カロリー>摂取カロリー」になれば痩せるのは絶対でしょうね^^
参考にします!

お礼日時:2008/05/08 21:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウォーキング&マラソン「セルライト」は消えますか?  

こんにちは!現在、週2~3回ほどのウォーキング&マラソンを1ヶ月ほど続けています。一つ、TVを見ていて、気になることがありました。セルライトが足につくと、血行が悪くなり「冷え性」「むくみ」の原因になるといっていました。その宣伝では、セルライトのでき方が図で説明されていました。その図を見る限り「こんなの一度ついたら、落とすことできんの!?」とかなり不安になりました↓(脂肪にコラーゲンが巻きついているとか何とか…?かなり頑固そう…)私は、セルライトが太ももにあるので、最近足がしびれたり、重いなと感じることが良くあります。そこで質問です。週2~3回のウォーキング(30分)&マラソン(30分)でセルライトは解消できますか?また、良い方法があれば、教えていただきたいと思います。ご存知の方は宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.2の方がおっしゃっているように医学的にセルライトなんて存在しません。

No.2の方がご紹介されているページの管理者は、医学博士
で日本内科学会認定 内科専門医、さらに日本肥満学会やアメリカ糖尿病学会の会員でもある見識の深いドクターです。
ぜひ私からもご一読をお勧めします。
特にセルライトの正体が載っているページを改めてご紹介しておきます。

私は医者ですが、医学生の頃の人体解剖実習でも(ご献体は太ったご婦人でしたが)、病理や組織学の実習(顕微鏡下で人体の細胞を観察する)でも、もちろん医者になってからの外科手術でもセルライトなんて、どんな肥満の人にも見られません。

エステの広告にまんまにアメリカも日本も乗せられちゃったんですね~。
流石に元祖アメリカでは、バカバカしいと廃れ出したそうですが、その分金満日本に流れてきてます。

正しい知識を持って、正しいダイエットに励みましょう。脂肪は運動と食事制限でしか落ちないです。
マッサージは無効です。
運動だけでなく、正しい食事も身につけて体脂肪全体を落とせば脂肪は落ちます。

ただし、太ももの筋肉が太い場合は、硬く締まって来るだけでしょう。
ご自分で、ありもしないセルライトと決め付けない事が肝心だと思います。

参考URL:http://www.page.sannet.ne.jp/onai/Diet.html

No.2の方がおっしゃっているように医学的にセルライトなんて存在しません。

No.2の方がご紹介されているページの管理者は、医学博士
で日本内科学会認定 内科専門医、さらに日本肥満学会やアメリカ糖尿病学会の会員でもある見識の深いドクターです。
ぜひ私からもご一読をお勧めします。
特にセルライトの正体が載っているページを改めてご紹介しておきます。

私は医者ですが、医学生の頃の人体解剖実習でも(ご献体は太ったご婦人でしたが)、病理や組織学の実習(顕微鏡下で人体の細胞を観察する)で...続きを読む

Qセルライト

セルライトがあると、運動しても食事制限しても痩せないのでしょうか?
下半身にセルライトがあり、毎日一時間ウォーキングして、ストレッチもしますが、全然細くなりません。

この洋ナシ体型をどうにかしたいのですが、痩せるには、まずはセルライト対策でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

ダイエットですが、オーソドックスに攻めるしかありませんね。
まずはウォーキングなどの有酸素運動、加えて
ダンベルなどを使った筋トレです。特に筋トレは脂肪を引き上げ、
しまりのある体型を作ってくれます。

また、セルライトの原因は血行不良なので、ゆっくりと半身浴をして
血行をよくしましょう。


セルライト対策グッズ、いろいろあります。試してみてください。


参考URL:http://www.eseven.jp/tuhan.com/selu/

Qほんとにやばいセルライト・・・

おしりと太もも、ふくらはぎのセルライトをとりたいんです!!もちろん大金を使ってエステに行けばとれると思いますがお金がなくて・・・
自宅でがんばればセルライトを撃退できる方法があれば教えてください。全体的には太ってないんですがセルライトがすごいんです。
お風呂で温めてかなりの力で揉むといいと聞いたのですが本当ですか?ウォーキングかランニングもしているんですがなかなかセルライトは取れなくて・・・揉んだ後にウォーキングっていうのは効果のほうは期待できますか??何でもいいので成功した人、教えてください!!

Aベストアンサー

下の方々も指摘していますが、「大金を使ってエステに行けばとれると思いますが」は間違いです。エステに行けば、マッサージなどで一時的にセルライトが目立たなくなることはあると思いますが、通常はその効果はあくまで「一時的」です。

医療機関で行われる、ラジオ波(サーマクールなど)などの治療は、もしかしたら効果的かもしれません。(理論上、真皮が引き締まることで皮下脂肪のでこぼこが目立たなくなる可能性は考えられる)
脂肪吸引は(もしかしたらメソセラピーも)逆効果になる可能性があるようです。

一般向け医療サイトなどを見ると、エステや医療機関に行くことよりも、自分で予防する方法を推奨しています。
効果のほどは分かりませんが、よかったら試してみて下さい。

A.
1.果物、野菜などの健康的な食事をする
2.水分をしっかり摂る(脱水にならない)
3.定期的に運動して、筋肉の緊張と骨の強さを保つ
4.健康的な体重を保つ(増えたり減ったりしない)
5.たばこを吸わない
参考URL
http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/article/002033.htm

B.
1.余剰の脂肪を減らすために食事を減らし運動量を増やす
2.有酸素運動と筋力トレーニングが良い
参考URL
http://kidshealth.org/teen/your_body/beautiful/cellulite.html

他にも参考になる記事があるかもしれないので、よかったら下記参考URLを見て下さい
(ただし、すべて英語です)

参考URL:http://vsearch.nlm.nih.gov/vivisimo/cgi-bin/query-meta?v%3Aproject=medlineplus&query=cellulite

下の方々も指摘していますが、「大金を使ってエステに行けばとれると思いますが」は間違いです。エステに行けば、マッサージなどで一時的にセルライトが目立たなくなることはあると思いますが、通常はその効果はあくまで「一時的」です。

医療機関で行われる、ラジオ波(サーマクールなど)などの治療は、もしかしたら効果的かもしれません。(理論上、真皮が引き締まることで皮下脂肪のでこぼこが目立たなくなる可能性は考えられる)
脂肪吸引は(もしかしたらメソセラピーも)逆効果になる可能性があるよう...続きを読む

Q下半身痩せ&セルライト除去の方法を教えてください。

現在、ダイエット真っ最中の24歳女性です。
主に、お尻周りと太ももがかなり太く、セルライトもひどいです。

今、毎日のウォーキング30分~1時間と週2回のジムに通っていますが、腹筋や腕筋はつくものの下半身は一向にヒップアップしません。

ジムでのトレーニングメニューは、ウォーキングを30分、腕や腹筋、足を鍛えるようなマシーン、プールで歩くこと30分をやっています。
自転車みたいなのは、競輪選手のような筋肉がついた太ももになりそうなので行ってません。
理想は筋肉がパンパンではない感じの足です。

何か下半身痩せとセルライト除去する方法で何かおすすめはありますか?

実際に経験された方や成功者の方、専門家の方のアドバイスだとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 セルライトなどというものは、美容業界が儲けのために考案した言葉遊びで、そんなものはありません(正確には「皮下脂肪」という本来の意味はあります)。どんな医学用語辞書にもセルライトという言葉はありません。老廃物がたまった脂肪とか、血行の悪い脂肪とか、落ちにくい脂肪とか、そんなものはないのです。単に脂肪が少し自然にでこぼこしただけです。普通にダイエットして皮下脂肪が減ってくれば平らになります。
 痩せたいところだけの脂肪を減らす「部分痩せ」というものも、不可能であることが医学的に実証されています。それなのに相変わらず、これができるかのような宣伝が多くて困ってしまいます。
 まずは食生活ですが、
http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2009q1/20090121.html
を大いに参考になさってください。実績のあるところから取材したもので、実際番組でも11名の隠れ肥満女性が経った2週間で1.7kgも脂肪を減らすことに成功しています。
 その上で、きれいなプロポーションを実現するのは、高強度の筋トレを置いてほかにありません。高強度の筋トレで女性がムキムキになることは(10年がかりの計画的なものでない限り)ありません。フィギュアスケートの浅田真央選手は高強度の筋トレをしていますが、ご存知の通り、すらりとしています。
 筋トレ後一両日は体が暖かく感じられますが、このとき体脂肪がバンバン燃えています。筋肉まで落ちてしまってプロポーションが悪くなることも避けられます。ウォーキングや水中歩行では、このような効果は得られないのです。高強度の筋トレに不安があればスロトレでも同等の効果が得られます。

 セルライトなどというものは、美容業界が儲けのために考案した言葉遊びで、そんなものはありません(正確には「皮下脂肪」という本来の意味はあります)。どんな医学用語辞書にもセルライトという言葉はありません。老廃物がたまった脂肪とか、血行の悪い脂肪とか、落ちにくい脂肪とか、そんなものはないのです。単に脂肪が少し自然にでこぼこしただけです。普通にダイエットして皮下脂肪が減ってくれば平らになります。
 痩せたいところだけの脂肪を減らす「部分痩せ」というものも、不可能であることが医学...続きを読む

Q太ももとおしりのセルライトがとれません!助けて下さい!

おはようございます。あられ号泣と申します。
25歳、女性、身長は152センチ、体重は43キロです。
太ももの裏のセルライトが酷いです。。。
Tバックが似合わないおしりの形も整えたいと思っています。
おしりの形は、やや四角い感じで垂れ気味です。。。
普段からよく歩くように心がけて、ウォーキングは週2でやってます。
ヴェレダのオイルでマッサージをしたり、ローラーを転がしたりと、いろいろ試しましたがよくなりません。。。
どうか、滑らかな脚(肌表面)になれるアドバイスをお願いします!!
ちなみに、貧乏なので、エステ通いは余裕がなくて出来ません。。。

Aベストアンサー

数値からすると痩せ気味の健康標準体です。
しかしながら太腿と大腿に脂肪が付いてる状態のようですが・・。
セルライト=脂肪ですので、脂肪が付いてる状態でしたら食事制限(量を減らす)とジョギングやウォーキング等の有酸素運動を行って下さい、太腿と臀部の脂肪も取れてきます。
脂肪がそれ程付いておらず、弛んだ状態、垂れてる状態ですと筋肉を引き締める必用がありますので、自重の筋トレでも充分ですので行って下さい。
身体全体的に行う意味合いで、腕立て伏せ(胸部・腕部)・腹筋運動(腹部)・スクワット(太腿・臀部)を行うと引き締めには効果的です。

トレーニングは短期では効果は出ませんので長期に考えて継続して下さい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング